^

健康

You are here

List 病気 – 僧

4 A B C D E F G H I K L M N O P R S T V W X Y Z 便 姿 尿 湿 穿 西
僧帽弁逆流 - 僧帽弁の機能不全。収縮期に左心室(LV)から左心房への流れが発生します。
僧帽弁の脱出は、収縮期中の左心房への僧帽弁フラップの偏向である。最も一般的な原因は特発性粘液腫性変性である。僧帽弁脱出は通常良性であるが、合併症には僧帽弁逆流、心内膜炎、弁破裂および可能な血栓塞栓症が含まれる。
僧帽弁脱出の診断は、主観的症状の分析、典型的な聴診データおよび心エコー検査の徴候を含む包括的な臨床的および器械的検査に基づいて行われる。
ほとんどの患者において、僧帽弁脱出の症状はなく、無症候性である。愁訴がある場合、複雑でない僧帽弁脱出の臨床像は、自律神経系機能障害の症状によって決定される。

僧帽弁逸脱の治療はcardialgias症状、動悸、疲労や不安を解消することです。

単離された一次僧帽弁逸脱(特発性、遺伝性、先天性)の原因に応じて、遺伝的及び先天性または結合組織の障害によって引き起こされる任意の疾患に関連していない独立した病理です。
僧帽弁狭窄症(左房室開口部の狭窄症) - 僧帽弁の高さで左心室の血流が閉塞し、拡張期の適切な開口を妨げる。

僧帽弁逸脱(アングル症候群、バーロー症候群、メソシストリッククリックおよび後期収縮ノイズ症候群、拍動症候群) - 左心室の収縮期における撓み、左心房の空洞への弁尖の突出。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.