^

健康

You are here

止血システムの研究

凝固率

凝固塊のノルムは非常に重要です。実際には、分析は許容可能な数字に対応する必要があります。偏差があれば、人体に問題があることを示します。この問題の詳細については、下記をご覧ください。

凝固塊

凝固塊は血液検査の一種です。それは凝固の能力を研究する目的でのみ行われます。これは今日の非常に緊急な問題です。

D二量体

フィブリン繊維が切断されると、断片が形成される(D-ダイマー)。特異的抗血清の助けを借りてD-ダイマーの含量を決定する場合、フィブリン溶解はフィブリン溶解ではなくフィブリン分解でどの程度発現するかを判断することができる。Dダイマーの含量の増加は、止血系の活性化の主なマーカーの1つである。なぜなら、研究中の血液中のフィブリンの形成およびその溶解を反映しているからである。

フィブリノゲン/フィブリン分解物

フィブリノーゲン/フィブリンの分解生成物は、フィブリン溶解系の活性化(プラスミンとフィブリノゲンおよびフィブリンとの相互作用)の際に体内で形成され、血管内フィブリン形成に応答して発達する。フィブリノゲン/フィブリンの分解生成物は、抗トロンボプラスチン、アンチトロンビンおよび抗重合酵素作用を有する。

アルファ2アンチプラスミン

Alpha2-antiplasminは主要な速効型プラスミン阻害剤です。これは、フィブリン溶解およびエステラーゼ活性をほぼ即座に抑制する。その作用メカニズムは、それがこのように血餅の表面に発生するプラスミンの量を低減し、それによって劇的に線維素溶解が遅く、フィブリンへのプラスミノーゲンの吸着を防止するという事実に基づいています。

プラスミノゲン

プラスミノゲン(プロフィブリノリシン)は、プラスミン(フィブリン溶解素)の不活性前駆体である。プラスミノーゲンの測定は、フィブリン溶解系の状態を評価するために重要である。

プロテインS

プロテインSは、ビタミンK依存性血漿糖タンパク質である。それは血液中で遊離(40%)と補体のC4成分(60%)との2つの形態で循環する。それらは動的平衡状態にあるが、遊離タンパク質のみが活性である。プロテインSは、凝固因子のVaおよびVIIIaの不活性化過程におけるプロテインCの補因子である。

プロテインC

プロテインCは、血漿のビタミンK依存性糖タンパク質である。それは、トロンビン - トロンボモジュリン複合体の影響下で活性型に変化する不活性プロ酵素の形態で肝臓によって合成される。活性化プロテインC - 選択的イオン化カルシウム、リン脂質および補因子の存在下でのそれらの加水分解により因子Va及びVIIIa因子を不活性化する抗凝固酵素 - プロテインS、それによってトロンビンへのプロトロンビンの移動を防止します。

活性化凝固時間(ABC)

活性化凝固時間(ABC)の決意のための方法は、制御及び人工臓器(人工心肺、人工腎臓、肝臓、hemosorbtion)カウント中和用量硫酸プロタミンの動作中に患者のヘパリンのレベルを調整し、ヘパリンの中和の完全性を評価することを可能にします。

血漿中のヘパリン

ヘパリンは肥満細胞で合成された硫酸化多糖であり、胎盤には浸透しない。肝臓や肺にはその多くが見られます。アンチトロンビンIIIを即時抗凝固剤に変える。フィブリノーゲンでは、プラスミンおよびアドレナリンは、抗凝固および線維素溶解作用を有する複合体を形成する。

Pages

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.