^

健康

You are here

心臓と血管の病気(心臓病学)

徐脈型

心臓の律動を遅らせる主観的な感覚はないかもしれません、そして、それらが存在するならば、それらのタイプにかかわらず、それらは同じように見えます。さまざまな種類の徐脈の分離は、治療戦略を決定するという点では、医師にとってはそれほど重要ではありません。

徐脈:症状、程度、効果

正常心拍数の下限は、異なる年齢層の患者についてかなり広い範囲内で変動する。労働年齢の成人の場合、これは毎分60拍と考えられています。

動悸の治療:応急処置、できることとできないこと

強心配糖体の中で、最も有名なのはDigitoxin、Celanidです。そのような薬は医者によってのみ処方されます、なぜならそれらの不合理な摂取は心停止にさえも、悲惨な結果につながることがあるからです。

動悸や他の症状の攻撃:息切れ、恐怖、痛み、脱力感

成人の1分間あたりの心拍数は60〜80倍です。この数が90〜100拍を超えると、強い心拍が発生する可能性があります。

ペースメーカー操作:長所と短所

心臓の機能を維持するために、特別な装置、すなわちペースメーカーが使用されます。本機の特長、種類、使用方法などを考慮してください。

ペースメーカー設置後の結果と治療

場合によっては、晩期合併症が発症する。患者はいわゆる症候群EXに直面している。頻繁な頭痛やめまい、意識の喪失、息切れ、血圧の急激な低下などがあります。 

ペースメーカーの種類

心拍数を維持するための医療機器にはいくつかの種類があります。それらのすべては主要な機能 - 心臓の生理学的仕事の保存 - を実行します。各ペースメーカーには、それぞれ独自の機能特性があります。

ペースメーカーメーカー

今日、医療機器市場にはペースメーカーの製造業者が多数あります。世界のリーダーはアメリカの会社です:メドトロニック、セントジュード、ボストンサイエンティフィック、ドイツのバイオトロニック、イタリアのソリングループとオランダのビタトロン。

ペースメーカーとの生活:できることとできないこと

最初に、EKSを設置した後、患者の生活は大きく変わります。これは特定の制限と長いリハビリ期間によるものです。

セットアップモードとペースメーカーモード

心臓の律動を維持する医療機器は、不活性な医療用チタン合金から作られた複雑な機器です。この装置は心臓を調節する一種のミニコンピュータです。

Pages

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.