^

健康

You are here

List 病気 – 表

4 A B C D E F G H I K L M N O P R S T V W X Y Z 便 姿 尿 湿 穿 西
表皮母斑は、良性の発達異常であり、原則として、異常胚形成起源である。母斑の3つの形態が知られている:局所性、炎症性、全身性。それらはすべて出生時または幼児期に出現する。
表皮嚢胞(青色の漏斗状嚢胞)は発達上の欠陥である。それは、頭皮、石灰、頚部および胴に局在する、ゆっくりと成長する真皮 - 皮下結節形成である。
多くの人々は、「表在性胃炎」の診断を真剣に認識していません。それは、胃炎の程度は容易であり、それ自体は通過することができます。
表在性皮膚の病気の病気は本質的に比較的良性である。これは、生きている、すなわち正常な組織を消化することができない幼虫が、膿および腐敗した壊死組織の腐敗にのみ限定されるという事実による。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.