^

健康

A
A
A

なぜ食べた後に衰弱があり、それに対処するのか

 

消化過程と同様に、食物摂取は身体を必要かつ時には不必要な物質で満たしているだけでなく、胃の中に落ちる製品の粉砕および加工のための一定のエネルギー消費も伴う。この背景に照らして、食後の衰弱は、多くの器官および系の増加した仕事によって引き起こされる身体の通常の状態であるようである。一方で、これは本当ですが、別の状態では、積極的に発症する疾患の症状であり、したがって、特別な注意が必要です。

疫学

研究は、この症状がVSDのような一般的な病態に付随している場合にのみ、摂食後の衰弱などの状態を、少なくとも一度はすべての人が経験した生活の中で、示す。彼はまた、年齢と性別の区別もしていませんが、大人よりも子供との出会いは少ないです。

今度は過食、炭水化物スナック、および消化のため、違反につながる飢えや渇きの感情を刺激する炭水化物や栄養補助食品の豊富な様々な食品の棚に大規模な品揃えに貢献を食べた後弱点の外観。胃や全消化器系に危険なこれらの「おいしさ」を買う人は誰もいません。そのような慎重な購入に私たちと私たちの子供たちはユビキタスな広告とカラフルなパッケージに押しやられます。

食べた後の衰弱感のリスクは、一般に症状の1つである関連疾患を増加させる。

原因 食べた後の衰弱

食事後の衰弱は、多くの重い脂肪の食べ物の慣習的な過食または吸収によって引き起こされる可能性があり、結果がなければ十分ではないことを理解する専門家である必要はありません。高いエネルギーコストと食物消化の困難は、食後にめまいや衰弱を引き起こし、胃の重さや眠気を伴う。

めまいは、脳内の血管の狭窄を引き起こす生体アミンチラミンの群からの物質が豊富な多数の食品中での使用によって引き起こされる可能性がある。そのような製品には、チーズ、柑橘類、保存料、発酵製品(ケフィア、ビール、カンバスなど)が含まれる。

食後に悪心や衰弱などの症状が出た場合は、できるだけ早く消化器専門医に相談してください。このような症状は、胃炎、膵炎、胃および十二指腸潰瘍、怠惰な胃の症候群、胆嚢炎などの様々な胃腸疾患の発症を示し得る。

上記の症状に嘔吐や発熱が伴う場合は、消化管の状態に特に注意する必要があります。このような体の反応は、深刻な問題の指標である可能性があります:胃潰瘍の悪化、虫垂炎、消化不良、腹膜炎(腹膜炎症)の開始。そして、ここですでに死の遅れは似ています。

食事後の衰弱および眠気は、炭水化物が豊富な食品を過剰に消費した結果生じることがあります。しかし、これらの症状が定期的になると、真性糖尿病の検査が疑問になる。以下の症状は、喉の渇き、継続的に観察される、頻繁な排尿の衝動、傷や傷の治癒の遅れ、および急激な体重減少という不快な診断の不在者の確認となり得る。

しかし、その獣はそれが描かれるほどひどくはありません。あなたはこの診断で生きることができます。主なものは、時間内に病気を認識し、一定のインスリン投与が必要なときに病気を病気に行かせないことです。糖尿病は、しかし、胃炎、膵炎および他の重篤な疾患と同様に、主に食生活であり、多くの食物およびいくつかの習慣の拒絶である。しかし、あなたはそれを助けることはできません、あなたは健康で幸せになりたいです - 正しい食べ物を愛することを学ぶ。

食べた後の弱さと動悸は、しばしば心臓血管疾患の発症の最初の徴候です。事実、それ自体が頻脈(心拍数の増加)には、衰弱、発汗、息切れなどの症状が伴う。食事の後にこのような状態がある場合、これは規範から逸脱していることを示します。

このような症状は、心疾患および血管疾患だけでなく、消化管の機能異常、肥満、甲状腺の問題、糖尿病および中枢神経系の障害を引き起こす可能性がある。

あなたが汗に投げ込まれ、食べた後に顕著な衰弱を感じる場合、これは通常のホルモンの急増による可能性があります。ホルモンの影響は、特に月経と思春期に女性の影響を最も受けます。

ホルモンの再構成と食物の消化過程に伴う血圧の低下は、妊娠中の食事後の衰弱の主な原因です。

食べた後、弱さと組み合わせる多汗症は、血管ジストニア(VVD)と診断された代謝障害を持つ人々、そしてだけでなく、熱い食べ物を摂取した後、鍋に投げ症候群フレイ、患者に対して気づくが、それさえ考えたこと。

息切れや食事後の衰弱は驚くべき症状ですが、それ自体は特定の病気を指すことはできません。彼らは、内臓の働きにある程度の逸脱の存在に関するシグナルです。衰弱および息切れによって示された病気の正確な診断は、身体の完全または部分的な検査に基づいてセラピストによって確立することができる。

食べた後の衰弱の一般的な原因は、不自然に迅速な胃内容排出が起こる、いわゆるダンピング症候群である。通常は、消化管のその後の回復で胃の大部分を除去する手術である切除が先行しますが、ときにその症状は外見上健康な人に見られます。

ダンピング症候群は、上記のほとんどすべての症状の典型的なものです。この病状の病因は、食品の加工中に体内で起こるプロセスに依存する。

加速された胃内容排出の症候群には2種類あります:

  • 食物塊の形成および腸内の浸透圧の上昇によって引き起こされる早期(食べてから直ちに、食後20分以内に)。
  • 遅く(食事後のある時間後、通常は2〜3時間後に起こる)。

初期ダンピング症候群は、以下の特徴を有する:

  • 顕著な衰弱、
  • 強い動悸、
  • 血圧および関連するめまいの減少、
  • 皮膚の蒼白とその上の斑点。

また、冷たい汗、息切れ、吐き気の吐き気の外観。

後期ダンピング症候群の場合、既に存在する苦情は次のようになります。

  • 原因のない飢え、
  • 失神、
  • 目の前のグレアおよびスポットの形の視覚障害、視点を一点に集中できないこと、目の前の暗さ、
  • 血糖値の低下、
  • 腹部にうずくまり、
  • 一般的な倦怠感。

同時に、皮膚は赤く変わり、吐き気や息切れがなくなります。シンドロームの後期投棄の段階での彼らの出現は、過食のみを引き起こす可能性がある。

過敏性胃症候群(機能性消化不良):様々な組み合わせで食べた後弱、および関連する症状が原因厳密な食事、飢餓及び現像この土壌病害であることができる過食症(制御されない食物摂取に心理的原因)、食欲不振

同様の症状が食物アレルギーに伴うことがある。あなたが食べた後、その吐き気や弱さに気付いた場合、タンパク質食品、お菓子やペストリーを食べて、プラスと同じ頭痛を伴うと耳鳴りの後にのみ発生し、すぐにアレルゲンを特定し、食事からそれを排除すべきです。

病因

食後の衰弱は異なる状態および疾患を示す可能性があるのでこの症状の病因は、食品加工の非常に手続きを伴う身体内のプロセスの観点からのみ見ることができる。食品加工プロセスは口から始まります。生物は、製品の粉砕だけでなく、その同化のためにも、さらにエネルギーを必要とする。

消化のアイデアは飢えの気持ちの出現から始まります。体は食物摂取の準備を始め、脳は信号を与え、血液は消化器官に流れ始める。保全の法則によって、閉鎖された環境では、どこかに余剰がある場合、別の場所では赤字が観察されます。脳と肺から血液ドレインは、彼らが(酸素が血流により臓器に配信されているため)酸素欠乏を経験し、それゆえ、このような一般的な弱さの背景(実際に苦しむおよび他の器官)にめまいや息切れなどの症状があります。

消化管への重くて扱いにくい食物の摂取は、糜粥の形成を伴います。このような硬い食品の塊は、胃の中に形成され、それに対処することができず、小腸にさらに移動し、そこで小腸の壁に強い圧力を加える。この「暴力」は、カテコールアミンの特殊物質の血液中への副腎放出を引き起こす。食べた後の衰弱、めまい、疲労、発汗、息切れなど過剰な症状が伴う。

我々はさらに進む。腸内の食物からの栄養素の吸収は、脳に供給される血糖値の上昇を伴う。彼にとって、これはオレキシンの生成を止めるシグナルとして役立ちます。この物質は、私たちに食糧を求めてくれるだけでなく、活気と活気を与えます。この物質のレベルが低下すると、強度が低下することが明らかである。弱さと眠気。

我々が見るように、オレキシン細胞の活性は糖またはグルコースを減少させるので、炭水化物が豊富な食品、特にお菓子を食べるときに最大の眠気と衰弱が観察されます。午後には、クッキー、お菓子、甘い飲み物を使って軽食をしていますが、実際には体内の特定のプロセスの阻害を引き起こします。私たちの体が働く仕組みと考えれば、オレキシンはガスペダルの役割を果たし、砂糖などの炭水化物はブレーキです。

そのため、適切な栄養の原則の1つは、午前中と午後に炭水化物を消費しないか、少なくともその量を大幅に制限するというルールです。しかし、高品質のタンパク質は、炭水化物の解毒剤の一種であり、ネガティブな「吸湿性」効果を著しく低下させます。

診断 食べた後の衰弱

重度の病気が治癒されるよりも予防されることが多いという声明で誰かが主張し、タイムリーな診断は治療をより効果的にするでしょうか?賢明には、賢明な人々は、神は神の世話をしていると言いました。だから食べた後の衰弱の場合。あなたが時間内に自分を捕まえると、多くの病気の治療を緩和したり治療を緩和することができます。その仲間と同様の弱点があります。または、少なくとも食事の後の状態の正常化に寄与する、最適なメニューと日の体制を開発すること。

しかし、この現象を無視することは最も不愉快なことができます結果をインスリン依存性糖尿病、胃炎や胃潰瘍や十二指腸潰瘍、他の疾患の発症、消化管の作業に関連する特にの悪化を実行しているの形で。適時に対応すれば、潰瘍の穿孔や腹膜の炎症などの危険な合併症を予防することができます。

食事後の衰弱の診断は、この事実の真実ではなく、この症状の原因および付随する疾病の特定のために、減らされる。あったときに、この目的を達成するために、医師をしながらすることは弱さの外観を先行し、すべての状況を明確にし、どのような食品の人々が消費され、多くの場合、食べた後の弱さの発作を乱すとしてどのような量で、どのような症状の弱点と一緒に存在しています。さらに、食物アレルギーに対する遺伝的素因は排除または確立される。

患者にインタビューすることに加えて、医師は、上腹部領域の触診と同様に、温度およびBPの測定を行うことができる。この検査方法は、すでに消化管の健康に関する情報を与えることができます。

起こり得る問題についてのより完全な情報は機器診断によって提供される。まず、GITを調べるべきです。胃腸管の病理の同定は、消化器専門医によって行われる。

この分野の研究で最も一般的な方法は、腹部の超音波検査と繊維腔内検査であり、内部から病理を確認し、胃液の酸性度を測定することができます。道具学的研究と無症候症に基づいて、胃腸科医は彼の結論を出します。

診断のためのダンピング症候群の疑いがある場合、患者の質問に加えて、胃の放射線写真が必要となることがあります。グルコースに対する応答を確認するための挑発的な試験があり得る。インスリンおよびアルブミンのレベルの実験室研究が行われている。

さらに、医師は、一般的で先進的な血液検査、尿や糞便、糖尿病やその他の代謝疾患の発症を検出するための砂糖の血液検査などいくつかの検査を処方することができます。代謝の正常化の原因となる内分泌系の病理を専門とする内分泌専門医に相談する必要があるかもしれません。

診断上のいくつかの困難は膵炎である可能性があります。超音波とX線に加えて、特定の研究、すなわち内視鏡検査、腹腔鏡検査、および酵素の存在についての血液および尿の2回の研究を割り当てることができる。

呼吸困難および頻脈が存在する場合、胸部X線、心電図、MRIなどの追加の検査方法を規定することができる。

何を調べる必要がありますか?

どのように調べる?

差動診断

鑑別診断で体内の病理が明らかにならない場合、セラピストは、将来の症状の再発を避けるために、1日のレジメンと食事の処方に必要な指示を患者に与える。

連絡先

処理 食べた後の衰弱

食べた後の衰弱は病気ではありません。これは体内のいくつかの病状の症状に過ぎません。この不快な症状は、それを引き起こす原因を治療する措置を取ることによってのみ取り除くことができます。そしてそのような原因がたくさんある可能性があるので、すべての病気や病的状態の治療法を詳細に記述することは不可能です。

私たちは、過食症に関連する最も一般的な疾患および状態を有する患者の状態を緩和することができる薬物について、より詳細に述べよう。胃腸管の種々の疾患の治療において、消化管における食物の消化および消化を促進する酵素調製物が広く使用されている。胃や膵臓に問題がある場合、これらの薬物は常に複雑な疾患の治療の一部として処方されています。

ところで、これらの同じ薬は過食になりやすい、あるいは単に食べた後、吐き気や脱力感を伴う心のこもった、脂肪の料理をたっぷりとお祭り、中に消化のための支援として、彼らの食欲をコントロールすることができない人のためにお勧めすることができます。

最も一般的で普及している酵素調製物は、フェスタル、メジム、クレオン、パンクレアチン、パンクレアシム、Existol、セミラーゼである。

「パンクレアチン」 - おそらく、その有効性と安価のために最も人気があるのは、食物の消化を促進することを意味します。特定の名前の酵素調製物は、膵臓の消化のための酵素の合成の障害に関連する兆候も有するはずである。これは当てはまりますが、膵臓の問題は薬を服用するための兆候の1つに過ぎません。また、医師は慢性の病状について「パンクレアチン」、消化管、肝臓、膵臓手術後、胃または照射、単一または一定の過食後の腸の十二指腸を取ることをお勧めします。彼は人々に人生をアクティブに動きの素因としないというイメージを示しただけでなく、咀嚼装置、消化管のX線や超音波の準備に問題を持っている人。

「パンクレアチン」は、ヒト膵臓によって産生されるものと同一の酵素(プロテアーゼ、アミラーゼおよびリパーゼ)を含む。これらの酵素の源はウシとブタです。経口受信酵素調製物は、体内でのこれらの物質の欠乏を満たし、タンパク質、デンプンおよび脂肪と人間の生活に必要なアミノ酸、オリゴ糖、および脂肪酸への変換の迅速な切断を容易にします。

薬局では、異なるメーカーの薬剤を見つけることができます。錠剤の形態では、パッケージあたり10〜60個の用量が変化します。「パンクレアチン」と「パンクレアチンフォルテ」の2種類があります。

適用方法および投与量。薬を飲んで食べるか、食事の終了直後に行ってください。決して食べないでください。薬物の受け取りには、多量の液体を使用する必要があります。これは、製剤中の酵素が放出され、後ではなく十二指腸に直接作用し始めるために必要である。

この使用方法により、30〜40分後に最大の効果を得ることができます。一度に摂取する錠剤の数は通常1-2であるが、酵素欠乏の進行の程度および患者の年齢に応じて、医師の指示により用量を増加させることができる。

膵臓が全く酵素を産生することができない場合、最大用量の薬剤が処方される:酵素中の消化管の生理学的必要性に対応する5錠の「パンクレアチン8000」。

「パンクレアチン(Pancreatin)」は、食後の胃の重さ、眠気、吐き気および衰弱などの過食の不快な症状をうまく取り除くことができる。この場合、通常は食事の直後に1錠ほどで十分です。

この薬は使用する禁忌が非常に少ない。これは通常通り、薬物中の物質に対する過敏症、急性型の膵炎、ならびにその慢性型の悪化である。この薬は、小児期および妊娠/授乳期に使用することが承認されています。この場合、個々の投与量を設定することができる。

この薬剤の投与は、副作用をほとんど伴わない。時には、便、吐き気、不快な腹部の感覚、血液検査の軽微な変化、アレルギー性発疹があることがあります。

予防措置。制酸薬および鉄製剤、アルコールと一緒に飲むことは望ましくない。少量のアルコールを飲んだ後、少量で "パンクレアチン"を使用することは許容されます。

小児期には、この薬剤を服用すると便秘の可能性が増します。

"パンクレアチン"の外国のアナログは"メジム"です。薬物は、後者の個々の酵素の固定用量でのみ異なる。「パンクレアシム」は、上記の薬物の国内類似体である。

「クレオン」は「パンクレアチン」の類似体でもありますが、すでにカプセルの形で利用可能です。医師によると、このような放出は、この場合より効果的です。通常の投与量は:食前に1カプセル。

「フェスタル」という薬は、以前のものとは対照的に、胆汁成分が補給され、リパーゼとヘミセルロースの作用が強化され、セルロースを分解するのに役立ちます。ビタミンや脂肪のより効果的な吸収を促進します。

この場合の酵素調製物の通常の適応症には、感染性の下痢、鼓腸、過敏性腸症候群を添加することが可能である。

薬物の組成物中の胆汁およびヘミセルロースの存在に関連して、それはまた、使用のための特定の禁忌を有する。これらは、黄疸、肝炎、肝不全、胆石症、胆嚢の膿の蓄積(膿胸)、および腸閉塞などの肝疾患である。

1日に3回、1回または2回の錠剤で投薬してください。子供の基準は医者によって確立される。

この薬の受け取りには、「パンクレアチン」と同じ副作用が伴うことがあります。

予防措置。この薬剤は糖衣錠の形で入手可能であり、グルコースの殻の内容物は真性糖尿病の患者の状態に悪影響を及ぼし得る。

注意して、厳密に医師の指示に従って、 "フェスタル"は妊娠中または授乳中に服用されます。

同じ価格カテゴリにある「フェスタル」のアナログは、薬物「エンザステラル」である。

「ソミラーゼ」は、脂肪の分裂のための酵素およびα-アミラーゼに関連するゾルザイムを見出すことができる組成物中のポリエン調製物である。この薬の原理は、以前のものとは若干異なります。酵素の欠乏は、脂肪の分裂によって補充される。

疾患と関連して胃腸管および膵臓の不適切な機能に加えて薬物の使用の適応症は、消化器系の年齢に関連する変化である。

薬物の投与方法および投与方法は、「フェスタル」と同じである。

薬物「ソミラゼ」のプラスは、使用および副作用に対する禁忌のほとんど完全な欠如である。それにもかかわらず、薬剤は医師との協議の後にのみ取られるべきである。

糖尿病に関しては、この病気のための薬の予約は内分泌学者の能力を必要とするので、会話は長く、根拠がない可能性があります。この健康障害の治療は長いとしか言えず、グルコースとコレステロールの供給源を制限した特別な食事の遵守に基づいています。

専門医によって治療される心血管疾患についても同じことが言えます。

しかし、ダンピング症候群に関しては、患者の状態を容易にし、消化過程を正常化して食後の衰弱の出現を排除するためのヒントを与えることができます。

糖尿病の場合と同様に、そして胃腸管の病気の状況では、食事が前面に来る。各疾患には、食物の質と投与量に制限があります。ほとんどの場合、1日の食事数が増え、それに対応して部分的に減量される分数栄養素に頼るだけでなく、食糧塊の形成を誘発する重い食品のメニューから除外される。

ダンピング症候群のダイエットは本格的な分数食を得ることを意味します。食べ物はカロリーが高く、必要なビタミンがすべて含まれている必要がありますが、液体と炭水化物の量は限られています。繊維が豊富な食品は、できるだけメニューから除去する必要があります。

軽度の症候群の場合、食事療法はしばしば制限される。食事後の吐き気や衰弱に加えて、めまいが観察された場合、これらの症候群の除去のために、「Immodium」、「Motilium」、「Okreotid」、および酵素調製物を推奨することができます。

「イミダゾール」は、腸壁の収縮の頻度を低下させ、そのため内容物がより遅い速度で動く。この薬剤は中等症発症症候群に必須であり、胃腸運動を低下させるアトロピン薬による治療である。「Okreotid」は、消化管の胃や他の器官の手術後の合併症の可能性を減らします。「モリウム」は、ダンピング症候群に付随する不快な症状を直接取り除く。

ダンピング症候群の厳しい経過において、麻酔薬「ノボカイン」は食事の前に処方される。この場合、各食事の後、医者は積極的に動くことを推奨しませんが、逆に安静に助言します。

すべての処置がうまくいかない場合、小腸への食物の移動を遅らせる再建性胃腸十二指腸形成術からなる外科的治療が必要となることがある。

食事後の衰弱は、食物の消化性、ひいてはその組成物中のビタミンの違反によって引き起こされる可能性があります。したがって、この状態の治療には、ビタミン複合体の摂取が含まれる。

食事療法後の衰弱状態によって引き起こされる病気については、理学療法治療が処方されています。それは泥の療法、ミネラルウォータートリートメント、理学療法練習、気候療法であることができます。

食後の衰弱の代替治療

摂食後の衰弱の薬物療法と代替療法の両方は、その原因の排除に基づいているため、医学的診断の結果に従ってのみ実施すべきである。病気が確立されたら、治療を始めることが理にかなっており、弱さやその他の症状を取り除くことができます。

だから膵炎や胃炎、新鮮なジャガイモジュースはプラス効果があるので、あなたは1日1.5から3眼鏡を飲む必要があります。

胃腸管やプロポリスの多くの病気に役立ちます。これは、アルコールチンキ剤、水溶液または天然形態の形態で使用される。病気の合併症や食事後の吐き気や衰弱の症状の出現の最も単純なことは、しばらくの間、エンドウ豆よりもわずかに多くのプロポリスを噛むことです。

シー・バックソーンオイルはまた、胃、十二指腸および腸の患者の状態を有意に緩和する。食べる前に25-30分間1ティースプーンでなければなりません。

真性糖尿病の場合、代替医療では、淡豆を7杯の量で使用することをお勧めします。夕方に100 gの水に浸す。ビーンズは空腹で食べ、食事の1時間前に同じ水で洗わなければなりません。

糖尿病とホースラディッシュの状態を安定させるのに役立ちます。それは粉砕され、冷たい場所で約7〜8時間(酸っぱいミルクの1つの品目に対してホースラディッシュ1杯分)サワークリームを主張しなければならない。1杯分の食事の前に30分かかる。

このようなレシピは素晴らしいですが、消化管の安定化と衰弱、悪心、めまいの予防に加えて、消化を改善する食品やハーブの使用を促進します。そのような行動の製品には、乾燥した果物、新鮮な果物と野菜、亜麻仁、乳製品、ふすまを運ぶ。

ホメオパシー

食べた後のハーブの弱さの治療は、消化に有用ないくつかのハーブの特性に基づいています。これらのハーブには、タンポポ、ディル、ミントが含まれます。また、カモミール、elecampane、バナナ、セントジョンズワート、ローズマリー、ジンジャールート、チコリーとアイアール、などこれらのハーブに基づいて医療費です。それらのいくつかは薬局でも見つけることができます。例えば、効果的なハーブティー、Selezneva博士。

他のホメオパシー救済策の中で、食べた後の衰弱には、以下の薬を区別することができます:

「Anacardium-Homaccord」は、消化器系の機能における様々な障害を治療するために使用される。使用の適応症の1つは、不運なダンピング症候群である。

この薬は滴の形態で入手可能である。毎日の成人投薬量は30滴であり、等しく3回に分けられる。子供は医者によって設置されます。

使用する禁忌は、成分に対する過敏症である。副作用は観察されない。甲状腺の病理を有する患者は、内分泌専門医によって決定された用量でのみ薬物を服用することができる。

"コエンザイムコンポジット"ホメオパシーアンプル、注射の形で使用。代謝を正常化し、消化管や他の器官やシステムの病状と戦うために身体の防御を活性化し、酵素の生産にプラスの影響を与えます。

注射は、薬物投与の異なる方法を用いて、1週間に1〜3回行われる。成人一回量 - 1アンプル。6歳未満の小児の場合、1ml、1年まで - 0.4ml、3年まで - 0.6ml。

この溶液は、経口的に(口を介して)採取し、処方された用量を水(5〜10ml)で希釈することもできる。治療の経過は2〜5週間で変わることがあります。

薬物の不耐性に加えて、摂食後の衰弱に対するこの救済のための他の禁忌。しかし、注射部位の腫れ、かゆみやアレルギー性発疹などのいくつかの副作用が注目されています。

この薬を同じシリンジ内の他の薬と混合することは推奨されません。

"Natrium phosphoricum" - 糖尿病の治療薬であり、脂肪の多い食品の消化が困難な状態です。ラクトースが含まれています。

この薬は、乳児を含む大人および子供の治療を目的としています。すべての年齢層の1回の投与量は、1錠1錠です。しかし、適用の頻度は、患者の年齢および疾患の経過に依存する。慢性的な状態では、この薬は1日1〜3回、急性で1〜6回服用されます。

薬物を服用する場合、過敏反応が起こりうる。妊娠時には、調剤の使用の際に医師の専門家の相談が必要になることがあります。

「ガストロナール(Gastronal)」は、食べた後の悪心および衰弱を伴う胃腸疾患の複雑な治療にその応用が見出されたホメオパシー製剤である。

この薬剤は18歳以上の成人に使用するように指示されている。過敏症反応に加えて、使用に対する禁忌は、糖尿病の欠如と、薬物の一部であるフルクトースに対する不耐性である。副作用は、禁忌を無視した場合にのみ現れる。

ホメオパシー顆粒の形態の調製物は、通常の単回用量(8個)で使用され、最大溶解が達成されるまで口中に保持される。前に(30分)または食事の後(1時間に)丸薬を取ることができます。1ヶ月間の治療コースには、1日3回投与することをお勧めします。

この製品は、妊娠中および授乳中、および有効期限が切れた後の使用には推奨していません。

防止

食事の後の衰弱および他の不快な症状の予防は、当日の既存の体制および通常のメニューのレビューから始まる。朝食、昼食、夕食は同時にしてください。食事の中で、食べる過程に焦点を当て、今後の会議の詳細を考えたり、忘れた瞬間を心配したりする必要はありません。食事中にテレビ番組を見たり、レッスンを学んだり、試験の準備をしたり、小説を読んだり、不十分に噛んだ食べ物で胃を離したりする必要はありません。

再考し、あなたの毎時の配給。午前中と午後には、炭水化物が豊富な食品の摂取を制限して、不眠症を起こさないようにします。食べた後のめまいや衰弱を防ぐには、飲むコーヒーの量、特に砂糖を含むコーヒーを制限します。

食物摂取の頻度を増やし、単一部分を減らすことは、消化管がその仕事に容易に対処するのに役立ちます。同時に、あなたはゆっくりと、慎重に口の中で食べ物をチョッピングし、軽食、果物、野菜を好むべきです。これは、食物塊の形成を避けるのに役立ちます。

特別な禁忌がない場合は、食物繊維の処理に消化管を積極的に助けるダイエット繊維を入れます。消化を改善する他の製品に注意を払う。それらは、食事後の衰弱の治療および予防の両方に有用である。

最初の食事の半時間前に清潔な水を飲む習慣をつけましょう。これにより、覚醒していない胃や腸を始めるだけでなく、蓄積した粘液から胃や腸を浄化することができます。

過食は胃腸管の最大の敵です。それは食物の過剰量であり、その大量は胃腸管の様々な病理の発生の頻繁な原因である。一杯の水が助けになります。この場合、激しい食欲を減らします。

しかし、過食ができない避ける場合は、めまい、吐き気、などのトラブルに迅速かつ効果的に取り除くのに役立ちますこれ、援助の酵素製剤と従来の活性炭に来て(通常はアルコールの多くと料理との結婚式、記念日やその他のお祝いで起こります)食べた後の衰弱。

予測

時折繰り返される不快な状態として食べた後の衰弱の予後について話をすると、食事やその他の予防措置を順守することによって、よりよい状況が明確に変わります。特定の病気の症状として食べた後の衰弱を考慮すると、予後良好な場合に病理が時間内に検出されれば、深刻で長期の治療が必要な場合があります。ここでは、1つの食事ではめったに十分ではありません。

最終更新日:26.06.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

どのくらいコレステロールが悪かったか。そして、人類の最も重要な敵であるように見えることさえあります。
糖尿病患者を除いて誰が、なぜ糖尿病患者以外の人々が血糖値を下げる食品を食べる必要があるのか、私たちは多くの人によく知られている例で答えるでしょう。
腎臓は体内にフィルターとして存在します。より有害なものが消化器官に入るほど、フィルターにかかる負荷が少なくなります。したがって、排泄システムに利益をもたらし、浄化し、維持する腎臓のための製品によって食事が支配されるべきである。

についての最新の調査 なぜ食べた後に衰弱があり、それに対処するのか

あらゆる年齢の女性は常に美しいままにしたい。40年後に美容を維持することは特に難しいので、この期間中は食事を監視することが非常に重要です。 

暑い季節には、ダイエットに可能な限り多くの植物性食品を入れる必要がありますが、タンパク質や脂肪を完全に排除することも推奨されていません。正常な身体機能のためには、物質のバランスが必要です。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.