^

健康

A
A
A

心臓の急性および慢性動脈瘤:心室、中隔、梗塞後、先天性

 

生物全体の一種のエンジンである心臓の病理は、人間の生活にとって最も危険なものとして分類されていません。以前は高齢者の病気と考えられていましたが、患者の年齢を低下させる不愉快な傾向があります。心臓動脈瘤のような死亡率がかなり高い病理は、成人と新生児の両方で発症する可能性があります。そして、これは、可能であれば、その発達を防ぐために、この病理について可能な限り学ぶための信号です。

疫学

統計は、この疾患が40年後に男性に影響を与える可能性が高いと主張している。それにもかかわらず、心臓の動脈瘤が先天性である可能性のある小児でさえ、病理学的な免疫から免れている人はいない。

圧倒的多数の症例において、動脈瘤は、心臓の左心室の前外側壁および頂点において診断される。右心室の動脈瘤、右心房、左心室の後壁、心室中隔および大動脈心臓は、よりまれな診断と考えられている。

心筋の衰弱の最も頻繁かつ危険な原因は、過去の心筋梗塞(様々な情報源によると、この疾患のすべての症例の90〜95%)である。それは、心臓の左心室の動脈瘤の5〜15%の症例からそれと結びついている。心室内動脈瘤および左心室病変の症例の総数を取ると、それらは総患者数の約15〜25%を構成する。

原因 心臓の動脈瘤

ほとんどの場合、心筋梗塞後3ヵ月以内に心臓動脈瘤が発生しますが、この期間は6ヵ月まで続きます。心臓発作の可能性は、左心室および左心室を右心室から分離する中で最も高いので、動脈瘤はほとんどの場合正確に形成される。

この状況における心臓の動脈瘤は、左心室心筋部位およびその後の壊死組織プロセスの心筋梗塞における変形の結果として生じる。このタイプの動脈瘤は、心臓の左心室の動脈瘤と呼ばれています。心室の間に中隔が突出している場合、我々は心臓の脳室中隔の動脈瘤について話している。

しかし、心筋梗塞が、心臓の筋肉組織の弱い領域の出現の唯一の理由ではありません。このような状態は、心臓の作業能力および動脈瘤の発症に影響を及ぼし得る他の原因によって促進され得る。

そのような理由には、

  • それ自体が心筋の低酸素によって発症し虚血性心疾患と呼ばれ、
  • 心筋に影響を及ぼす炎症性疾患であり、最も頻繁にウイルス性または感染性病因(心筋炎)を有する。
  • 動脈高血圧症として医療界で言及されている、持続的に高血圧に関連する病状、
  • 敵対行為の実施中や平時に受けた心筋の傷害(事故の結果、高さからの落ち込み、鋭い物体の衝撃など)、心臓の傷害。ここでは、外傷後の出来事と病気の発症との間隔が10-20年のオーダーであってもよい外傷後の動脈瘤について述べています。

心臓の動脈瘤の発症を誘発するために、心臓発作後の数ヶ月間の過度の物理的な運動も可能である。このため、梗塞のある医師は、積極的にスポーツをしたり、自宅や職場で肉体労働を重視することを控えるよう勧めています。

危険因子

心臓の様々な部分の動脈瘤の発症の危険因子を考慮することができる:

  • 血管壁の変形およびその中の血流の障害につながる様々な感染病理、例えば:
    • 性病(主に梅毒)、身体の多くのシステムの仕事と完全性を混乱させ、
    • 心臓の心内膜を包含し、筋肉が能動的に収縮する能力(心内膜炎)に悪影響を与える炎症過程
    • 結核と呼ばれる重大な感染症であり、生物の様々な器官および系において合併症を引き起こし、
    • リウマチ熱。
  • 心血管系全体に悪影響を与えるタバコの喫煙やアルコール乱用などの有害な習慣。
  • 心臓手術とその結果(例えば、低品質の素材、低熟練外科医または時に考慮されていなかった患者の特性の使用によって引き起こされる術後合併症医師、術後期間中に心室における頻脈や血圧の上昇の開発など)。
  • 筋肉にその毒性や炎症を引き起こす特定の物質の心筋へのマイナスの影響は、(このケースでは、我々は毒性心筋炎について話しています)。人が過剰アルコールに興味がある場合、これは不良で摂取物質は、それが(薬物、ワクチン、及び昆虫毒等を転送する際、血液中の増加した患者の尿酸レベルによって特徴づけられる甲状腺ホルモン、腎臓の病理及び痛風、過剰の、たまたま)。
  • 心筋の「外来」細胞に対する抗体が患者の体内で産生され始める全身性疾患。この場合、心臓の動脈瘤の原因は赤色エリテマトーデスまたは皮膚筋炎であり得る。
  • Cardiosclerosis - 筋肉組織結合の徐々の置換があり、心臓壁の抵抗を減少させる疾患。この病理の原因は完全には理解されていない。
  • 胸腔臓器の照射。ほとんどの場合、胸骨に局在化した腫瘍の放射線療法中に起こる。

とりわけ、心臓の動脈瘤は、医師がしばしば直面する先天性であり、子どものこの病態を診断することができる。この病気の発症を決定する3つの要因があります:

  • 遺伝性因子。病気を継承することができます。この病理の危険性は、子供の親戚が心臓または血管の動脈瘤を有する場合に顕著に増加する。
  • 遺伝的要因。結合組織における染色体異常および関連する定性的または定量的欠損の存在。例えば、マルファン病では、子供の体内に結合組織が全身的に不足し、育つにつれて進行する。
  • 心臓組織の構造の先天異常、例えば、筋肉組織結合の心筋における部分置換、血圧を抑えることができない。多くの場合、母親(喫煙、アルコール、などなどインフルエンザ、麻疹など、放射線への曝露は、危険な労働条件、および妊婦、妊娠中に禁止、薬、感染症の摂取。)問題の妊娠に関連した子供心構造におけるこのような乱れ。

病因

心臓の動脈瘤が何であるかを理解するには、解剖学的構造を少し深く理解し、人間の運動が何であるか、つまり心臓を覚えておく必要があります。

だから、心臓は私たちの体の中の多くの器官の一つにすぎません。内部は中空で、壁は筋肉組織でできています。心臓の壁は3つの層で構成されています:

  • 心内膜(内側上皮層)、
  • 心筋(中間筋層)、
  • 心外膜(外層、結合組織である)。

心臓の中には、左右の2つの部分に分ける中隔があります。各パーツは心房と心室に分割されています。心臓の各部分の心房および心室は、心室の側に開いた弁を有する特別の穴によって接続される。左側の2つの弁は僧帽弁と呼ばれ、右側の三尖弁は三尖弁である。

左心室からの血液は大動脈に入り、右からは肺動脈に入る。血液の戻り電流は、半月バルブによって防止される。

心臓の仕事は、心筋の一定の周期的な収縮(収縮期)および緩和(拡張期)である。冠状動脈に血液を押し込む心房と心室の別の収縮がある。

上記のすべては健康な体のための典型的なものです。しかし、心の土地の筋肉が薄くなるの原因のいくつかの影響を受けている場合、それは体内の血液の圧力に耐えることができなくなります。そのような部分は、外向きに膨出総器官の背景に目立つし始める(筋緊張または障害心筋の完全性を低下させる、通常による酸素の供給不足に)抵抗する能力を失った1〜20センチメートルの直径を有する袋状にたるみいくつかの場合において、この状態は、動脈瘤と呼ばれています心臓。

心臓の壁の血液の圧力は均一で一定である。しかし、筋肉の壁の健全な部分はそれを拘束することができ、衰弱した(変形した)ものはもはや存在しません。心臓の両半分の心房又は心室を分離性能及び耐パーティションを破壊した場合、それはまた、(生理学的には、左心室が右よりも動作していることを引き起こされるように)右側に膨らむが、体内ことができます。

Ishemizirovanaya筋肉壁は、血液の流れや全身の力に影響を与えることができないリラックスした状態で主に滞在し、正常に収縮する能力を失う、ひいてはこれが健康と生活の症状に他の有害につながります。

心臓が何であるか、そして心臓のある領域の動脈瘤と同様に危険な心臓病変がどのようにして起こるかを調べました。心筋梗塞、壊死領域および酸素と栄養を供給筋肉に違反し、その抵抗を低減傷跡形成された主心臓の筋肉になった - とさえ、この疾患の最も「人気の」原因は他の生命を脅かす心臓疾患であることがわかりました。

症状 心臓の動脈瘤

心臓の動脈瘤が異なる大きさ、局在および病理の原因を有することがあるという事実は、異なる人々における疾患の顕在化に大きな相違を引き起こす。しかし、重要な寸法に動脈瘤の増殖を待たずに、最初に病気を捕捉するためには、あなたが知っていると、少なくとも特徴的であるこれらの症状のために注意を払う必要がある(臨床的に有意であっても1センチメートルの小さな領域における筋肉の抵抗の減少です)心臓の動脈瘤のタイプのいずれか。

ローカライズされた心臓の動脈瘤の最初の兆候には、

  • 心臓の領域の痛み、または左の胸骨の背後の重い感覚(圧迫)。痛みは発作性である。人が休息していて穏やかであるとき、痛みは治まる。
  • 神経筋系への酸素の不足に起因する倦怠感と衰弱。これは、動脈瘤の領域における心筋の収縮機能が不十分であるために、蒸留された血液の体積が減少するためである。
  • 呼ばれる心臓のリズム障害、不整脈、および通常は1である強力な心拍、の感が(強く心を打つ患者の苦情のために)感じることはありません。この状態の理由は、動脈瘤領域の神経インパルスの伝導率が不十分であり、罹患器官に大きな負荷がかかるためである。不整脈は、ストレスまたは重い身体的労作によって悪化する。
  • 急性疾患の場合に心臓喘息および肺水腫の発作を伴うことがある呼吸のリズム、息切れ、または単に息切れのリズムにおける障害。心臓の内部の高血圧は徐々に肺に血液を供給する血管に移行します。その結果、酸素代謝が妨げられ、人が呼吸するのがより困難になる。したがって、抑制された呼吸リズム。
  • 肌の薄い色合い。その理由は、体の組織への酸素供給の違反です。まず第一に、リソースは重要な器官(脳、心臓、腎臓)に送られ、皮膚は血液の飽和が少ないままです。
  • 寒い四肢とその急速な凍結は、血液循環の違反に関連しています。
  • 肌の感受性を低下させる、「ガチョウ斑点」の出現。
  • 風邪や感染症に関連していない乾性発作性咳嗽。心臓とも呼ばれます。これは、肺血管における停滞現象の結果であり、大きな寸法の動脈瘤を有する肺を圧迫する結果として現れる可能性がある。
  • 発汗の増加。
  • めまい、または、一般的な方法で、めまいが発生する可能性があります。
  • 腫れは、顔面と手足の両方で観察することができます。
  • 長期間の発熱(急性動脈瘤)。
  • 首に静脈を充満させ、血液をより目立たせます。
  • ひどい声。
  • 線維性変化を伴う心臓バッグ(心膜)の炎症である腹膜または胸膜腔、肝臓肥大、乾燥心膜炎、中の流体の蓄積、障害血管開存異なる(慢性動脈瘤における診断測定時間を検出することができます)。

心臓動脈瘤の症状は、心血管系および呼吸器系の他の既存病変の異なる発現を課すことがあり、これは疾患の診断を著しく困難にする。また、動脈瘤の大きさに応じて症状自体が変化することがあります。心臓の小さなまたは先天性動脈瘤では、長い間病気は一般的に疑わしい症状を起こすことなく起こり、後で自分自身を思い出すことができます。

心臓部で動脈瘤が最も頻繁に診断される場所はどこですか?

既に述べたように、最も一般的な形態の心筋病変は、心臓の左心室の動脈瘤である。他のものよりも多くの仕事が積まれているのはこのエリアです。最も大きな負担を感じる左心室は、心筋梗塞のために損傷する傾向がより強い。その結果、動脈瘤がしばしば発見されます。これはまた、心臓傷害または感染病理に寄与し得る。

診断活動中、医師は左心室の壁の突出を観察することができる。ほとんどの場合、心臓の左心室の動脈瘤は心臓の前壁である。しかし、病気の場合は、左側の心臓の上部が動脈瘤の局在(突起)の部位になる頻度が高い。

そのような病理は、この疾患の発症につながる可能性のあるこのカテゴリーの患者の理由がないため、子供にとって特徴的ではない。

患者の頻度は心臓血管の動脈瘤である。それは、心臓の上行大動脈の動脈瘤、ならびに大動脈洞壁の突出であり得る。

最初の症例では、この疾患は、主に感染性疾患の結果として生じる炎症過程によって引き起こされる。患者の苦情は、胸部の痛み、呼吸困難、大動脈の壁を圧迫する中空静脈を絞ることによる異なる局在の腫れにまで軽減される。

大動脈洞の動脈瘤は壁が心臓の右側に圧力をかけ、たるみに始まり、何らかの理由で弱体化血圧を引き起こし、冠状動脈の内腔の減少と関連しています。幸いにも、壁からの弱化に関連する心臓の血管の病理はまれである。

心室中隔の動脈瘤は先天性心疾患の一つであるため、頻繁には発生しない。しかし、すべての症例において妊娠中または誕生直後に見出されるわけではありません。心臓の心室の間の隔壁の先天性不全発達が、しばらくして動脈瘤を突出させることが起こる。

ほとんどの場合、この病変は、無症候性経過を特徴とするため、特に心エコー検査中に偶然に検出される。

動脈瘤は、心臓の他の領域(右心室または心房、左心室の後壁)にその位置を配置することを選択することができるが、これはめったに起こらない。

子供の心臓の動脈瘤

どのように変わっても、心疾患は高齢者や成熟した人に特有のものではありません。これらの病理は、若者、青年、さらには非常に幼い子供にも影響を及ぼし得る。

小児における心筋の部位の病理学的突出は、1つ以上の弁弁、心室または心房中隔の奇形と関連し、この部位で動脈瘤を生じる。

でも大人になって、自分自身を思い出させることができ、心房中隔欠損、動脈瘤、などこの希少な病理は欠陥による子宮内で発生するか、左と右心房を隔てる、心臓中隔の構造を変更します。類推により、脳室中隔の動脈瘤が形成される。

小児期には、これらのタイプの心臓病は非常にまれであり(全患者の1%以下)、それにもかかわらず子供の生活に大きな危険をもたらす。妊娠中の女性の超音波検査中でさえも病理が検出されれば。その後、出生後の子供はすぐに心臓病専門医に記録を残し、1歳になると、動脈瘤を取り除く手術の準備を始めます。

心臓の動脈瘤の可能性は、体重が軽くて早産児の方が高くなります。これは、これらのカテゴリーの子供における心臓の欠陥がより一般的であり、心臓の筋肉または心臓血管系の発育不良に関連している可能性がより高いという事実に起因する。

子供が小さいが、先天性心臓動脈瘤自体がないかもしれませんが、彼らはそれゆえに心の負荷を成長させ、運動活性の増加、および、以下のような症状が発生する可能性があります。

  • 胸部にびまん性の痛み、
  • 身体運動後の息切れおよび息切れ、
  • 心臓における周期的な痛みの発生、
  • 痰の排泄を伴わない無症候性の咳、
  • 速い疲労、衰弱および眠気、
  • 授乳中の逆流(幼児)、悪心(高齢者)、
  • 活動的な動きのある頭痛、めまい、
  • 気温に関係なく強い発汗。

診断中、医師はまた、そのような疾患の徴候を

  • 左の肋骨の領域3の異常な脈動、それを聞くと揺れる波の音に似ていますが、
  • 血行の侵害から生ずる心臓の大動脈の壁に付着した血栓、
  • 不整脈は、スポーツやストレスの結果として起こる。

大人と子供の両方にとって特別な危険は、筋肉の壁の強力な薄化による心臓動脈瘤の破裂です。そういうわけで、医師は、心筋への負荷が大幅に増加するため、このような診断をしてスポーツに行くことを禁じます。将来、患者は健康的なライフスタイルを導き、ストレスの多い状況を避け、合理的な食事を守るように勧められます。

ステージ

動脈瘤の段階は、心臓壁への損傷の程度によって決定することができる。心筋の収縮能力の完全な萎縮(無動)がある場合、深刻な循環障害を伴う重篤な病気の段階を話す。

これが観察された場合、動脈瘤壁の腫脹は、心臓周期(収縮期または拡張期)の段階に依存して、この状態は境界線とみなされる。この場合、循環障害が見られるが、その疾患の症状およびその予後は異なる。

フォーム

心臓の動脈瘤は、異なる指数に従って分類することができる:

  • 教育の時間、
  • フォーム、
  • 形成のメカニズム、
  • 寸法、
  • 動脈瘤壁の「材料」。

形成時に応じた心臓動脈瘤の分類は、心筋梗塞によって引き起こされる病状に関してのみ行われる。心筋梗塞後動脈瘤のタイプは次のとおりです。

  • 急性および最も一般的な形態の疾患。この場合の動脈瘤の形成は、心筋の壁に障害を引き起こす梗塞後の最初の2週間以内に起こる。患者は長時間38度以上の温度上昇を経験し、呼吸困難の症状を呈し、心悸亢進が急速になり、そのリズムが失われる。血液および尿の分析は、炎症プロセスの進行を示す。

心臓の急性動脈瘤は、心臓または血管の壁の病理学的突起の破裂のリスクの増加により危険であり、これにより患者が死亡する恐れがある。

  • 心臓の亜急性動脈瘤。移送された心筋梗塞後2〜3週間および2ヶ月までの期間に出現する可能性がある。この動脈瘤の壁は、急性型の動脈瘤よりも心室の血圧の変動により、より高密度で破裂しにくい。それにもかかわらず、異常な突起は、他の臓器に圧迫を与え、仕事に支障をきたす可能性があります。そして、血液循環において、心臓の壁のうちの1つの収縮機能の低下を最善の方法で反映させることはできない。
  • 心臓の慢性動脈瘤。これはすでに、心臓発作後2週間以上経っても患者が受ける不愉快な驚きです。時には、慢性型の動脈瘤は、不完全な急性の結果である。

形成されると、そのような動脈瘤は、負荷のもとで急速な成長または引き裂かれがちではない。しかし、その形成は、血栓の出現、心不全の慢性症状、不整脈を伴う。これは、最も重度の倦怠感を伴う形態です。

心臓の動脈瘤を、心エコー検査を可能にする形態で分類する。彼女のデータによれば、動脈瘤は次のようなものになります。

  • 拡散
  • きのこ
  • 服用
  • エクスフォリエイティング
  • "動脈瘤の動脈瘤"。

びまん性(平らな)動脈瘤は、小さな寸法によって特徴付けられ、その底は健康な心筋と同じレベルにある。それにもかかわらず、時間の経過とともに膨らむことは、形状を増し、変化させる可能性がある。しかし、心臓の平坦な慢性動脈瘤は、最も好ましい予後を有する病理と考えられている。

外観にキノコのような、首に立つ投手を思い出させる。玄武岩 - 幅の広い底と小さな口を持つ突起。それはびまん性動脈瘤を思い起こさせるが、大きなサイズである。動脈瘤内の血栓や壁の破裂のリスクが大きいため、きのこ形と袋状の形は危険であると考えられています。

心臓の解剖大動脈瘤は、主要な心臓動脈の直径の増加を伴う大動脈壁の縦方向層別化である。頻繁に高血圧の結果として発生します。その症状および予後は、バンドルの局在化の位置に依存する。

「動脈瘤における動脈瘤」 - 瘤既存の拡散又はバッグ型の突起の壁にさらにわずかな荷重で破損しstenochkoyは特に繊細やすい特徴と形成される病状の珍しいタイプ。

動脈瘤のサイズは次のとおりです。

  • 臨床的に重要ではない - 最大1cm。
  • 小さい - 1〜2センチメートル。
  • 大きな3~5センチメートル。

動脈瘤形成のメカニズムは、

  • 機能的。

心臓の真の動脈瘤は、心臓自体の弱化した組織から直接形成される。上記のすべてがこのタイプの動脈瘤を指しています。

心臓の偽動脈瘤は、主として癒着組織および心膜葉(心膜嚢)からなる病的な腫脹形成である。このような動脈瘤における血液の存在は、心臓の壁の欠陥に起因する。

機能性動脈瘤は、心収縮期にのみ屈曲する心筋の部位の縮小した収縮機能の背景に対して発達する。

動脈瘤壁は、以下の材料で構成することができます:

  • 筋肉組織、
  • 結合組織(フィブリン)、
  • 2種類の組織の組み合わせ(壊死性心筋の結合組織形成部位)。

これに関して、動脈瘤は筋肉、線維筋肉および線維筋肉に分けられる。

合併症とその結果

心臓の動脈瘤は単に倦怠感ではなく、患者の生活に本当の脅威である。動脈瘤の最も危険な合併症は、その破裂です。アカウントは通常、数分と数秒かかる。患者を救うために緊急の対策を講じなければ、特に動脈瘤が大きい場合には死を避けることは不可能です。

組織の破裂は主に急性動脈瘤に特徴的であり、急性動脈瘤は心筋梗塞後に発症する。心筋のより弱い梗塞組織は、第1または第2週に考慮される。この期間中に心臓の動脈瘤破裂することがあります。

動脈瘤の別の恐ろしい結果は、動脈瘤の腔に形成され、ある時点で循環系に沿って動く血栓による血管の凝固によって引き起こされる疾患の発症である。どのような種類の病気が壊れた塊を引き起こすことができるかは、その大きさと動きの方向に依存します。

一度肺動脈内や行動をとらない時は、通常の血液循環を復元する場合は、これにより、患者の死を差し迫った、血栓塞栓症と呼ばれる危険な病気の血栓の開発を誘発、それに提出。

末梢血管に到達すると、血塊がそれらを詰まらせ、四肢の壊疽(手よりも脚のほうが多い)などの合併症を引き起こす。

腸または腎動脈内の血栓との接触は、腸間膜血栓症(死亡率70%)および腎梗塞(重度の病態、しかし、うまく治療可能)のようなより少ない危険な状態の発生をトリガしなくてもよいです。

脳の卒中は、凝塊の裂傷と肩甲骨幹への落ち込みの結果でもあります。とりわけ、同じ血栓が心筋梗塞の再発の犯人になることがあります。

心臓動脈瘤の合併症として、通常、心臓の律動障害が患者に生じる。また、不整脈は、人体の様々な重要な器官の低酸素症の脅威であり、機能の中断を招く。

動脈瘤の最も頻繁な結果の一つ、と弱さの形、悪寒、皮膚の白化、めまい、息切れ、咳の心、手と足の領域内に局在する浮腫症候群で現れる心不全(心臓の通常左心室)、と考えられています。しかし、病気は肺水腫がある進行した場合、患者はすでに死の恐怖だけでなく、致命的にだけでなく脅かされています。

心臓血管の動脈瘤とは何が危険ですか?小さな動脈瘤はわずかに血液の循環に影響を与える可能性がありますが、時間をかけて、そのサイズは、血流の圧力の下で大幅に増加しますならば、それは肋骨と胸骨の萎縮につながる、と心の右側に変位心房と心室によって促進することができます。後者は、子宮頚静脈の溢れ、浮腫性症候群の発症、肝臓サイズの増大を脅かす。

大動脈洞の動脈瘤は肺幹を挟むことができます。この状態は、患者にとって生命を脅かすものです。ほとんどの場合、医師は何もする時間がないので、すぐに死が来ます。

最も危険なのは依然として大動脈瘤の急性型であり、大部分の場合、心臓が心筋梗塞または心房中隔を残した結果である。非常に頻繁に患者は手術室に行く時間がない。慢性および亜急性の病態は、時間の経過とともに医学的援助を求めることがない場合でも、患者の生命および健康に危険をもたらすものの、死亡率の割合がより低い。

あなたが見ることができるように、心臓の動脈瘤は病理学であり、それに価値がない冗談です。診断が早くなり、適切な治療が行われるほど、心臓および周囲の血管に影響を与える危険な病態の生命および健康に対する危険な結果を回避する機会が増える。

診断 心臓の動脈瘤

動脈瘤の形成は、40年以上前の心筋梗塞後の左心室の壁で診断されることが最も多い。そしてその主な危険性は、弱化した組織が爆発し、血液が心臓から飛び出し、遅れていると患者の死に至ることが多いという事実にあります。

 

連絡先

処理 心臓の動脈瘤

治療方法の選択は、動脈瘤のサイズおよびタイプ、ならびに患者の年齢および彼の状態に依存する。損傷した筋肉を元の形状と弾力性に回復させる薬物はまだ発見されていないため、薬物治療と理学療法の助けを借りて状況を修正することは不可能である。

防止

心臓動脈瘤の外科的処置は、本発明者らが見たように、疾患を制御する好ましい方法であるが、必ずしも可能ではない。小さな比較的危険でない動脈瘤に対しても医療処置が好ましい。

しかし、全体的なポイントは、1つの保守的な治療はそれに限定されないということです。動脈瘤のサイズが大きくならず、壊れないためには、患者は人生全体を修正しなければならず、何かに自分自身を限定しなければならないでしょう。心臓の動脈瘤を持つ人生は、心臓の絶え間ないコントロールであり、動脈瘤の合併症を予防するために必要な条件の達成である。

まず第一に、心臓動脈瘤の合併症の予防は、悪い習慣の拒否、特に喫煙と飲酒からの心臓への負担を増加させることを含む。ニコチンは、冠状血管の攣縮、心臓リズムの障害、それらにコレステロールの沈着による血管の狭窄を引き起こす。アルコールは、逆に、血管を拡張させ、心筋の損傷した壁を通る血液の流れを増加させ、梗塞を引き起こす。

すべての病気に必要な完全な休息だけでなく、栄養と肉体的な努力にも特別な注意が払われます。塩と辛い食べ物、揚げ物、焼きたてのパン、脂肪の肉や魚、粗繊維、強い紅茶、カフェイン入りの製品を含む食品の拒絶を意味している電源動脈瘤の食事ハート(治療食番号10)、。野菜、果物や乳製品をたっぷりとベジタリアンと光の肉料理に基づいて国会は、血液循環を正常化し、心臓患者の作業を容易にするように設計されています。

健康な人にとって有用なものは、心臓の病状を有する患者にとって危険であり得るため、心臓動脈瘤における物理的ストレスは最小限にすべきである。それは、スポーツや仕事に関連する大きな物理的な運動だけでなく、活発な動き(ランニング、階段の登り、早い歩行など)についても同様です。このような活動は呼吸の増加と心拍数の上昇を引き起こし、破裂しやすい動脈瘤の組織が弱くなると危険です。

それにもかかわらず、低体力的な生活様式を優先させることは、追加の健康上の問題を抱かないように、価値がありません。新鮮な空気の中で毎日静かに歩き、身体的に最も単純な運動は弱い心臓を傷つけることはないが、酸素の必要性を満たすだろう。

心臓の制御には、血圧の定期的な測定とそれを正常化するための措置が必要です。

患者の心臓の働きを容易にする必要性は、体重減少(正常よりも高い場合)および驚くべき症状がある場合(たとえ心臓活動に関連していなくても)、適時に医者にアクセスすることを含む。

予測

特に心筋梗塞後の心臓の動脈瘤の予後は、好都合であると呼ぶのは難しい。適切な治療がなければ、そのような患者は動脈瘤の形成後2〜3年以内に死亡する。

最良の予後は、当然のことながら、平らな動脈瘤を持っているが、ほとんどの場合、血栓および心不全の形で合併症を持っている嚢状動脈瘤とキノコは、患者の死の非常に一般的な原因です。糖尿病または腎不全などの併存疾患は、予後および患者の尊敬的な年齢を悪化させる。

何人の患者が心臓の動脈瘤に罹っているのかという疑問に明確に答えることは不可能です。心臓動脈瘤が形成されたときの動脈瘤の種類と大きさ、治療方法、患者の年齢によってすべてが異なります。例えば、小児期の早い時期に心房中隔に動脈瘤が形成され、それが除去されなかった場合、患者は40-45歳のオーダーで生存する可能性が高い。この閾値を超える人は、進行性心不全のために無効になる。

患者が投薬中であれば、薬を飲むだけでなく、一般的な生活様式について医師の指示の正確さに依存します。心臓手術後、ほとんどの患者は5歳以上(約75%)、さらには10歳以上(30〜60%)生存する。しかし、再び、人生の間、彼らは身体活動と有用な快楽から遠く離れた両方で自分自身を拘束しなければなりません。

障害に関しては、このようなシナリオは、心臓の外科的動脈瘤と手術後の一定の合併症との両方で可能であると考えられる。障害のグループは、主に慢性動脈瘤で与えられ、特に重篤な心不全により複雑になるか、または患者の状態を悪化させる病状が伴う。

グループのMCECの決定には、さまざまな要素が影響する可能性があります。退職前の年齢の患者は障害を受け、手術を受けることが不可能な人は正当な理由がある可能性が高い。能力が限られている患者が手術を単に拒否した場合、MCECは最終的な判定を下す前に手術を行うことを主張する。

動脈瘤を有する患者は、ワーキンググループ3およびワーキンググループ3の両方を受けることができる。すべては、その状態と作業能力によって異なります。場合によっては、患者は単に再認定のために送られるか、または心臓動脈瘤が労働義務の履行を妨げない別の職場で提供される。

最終更新日:24.06.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

多くの人において、この病変は、心臓発作後の心筋の変化に関連している。この場合、収縮波の通過が瘢痕部位で悪化し、これが低カリウム血症の出現につながる。

緋色の液体(血液)が循環し、人体全体の活力を支える心臓血管系は、心臓と様々な大きさの多数の血管からなる。 

緋色の液体(血液)が循環し、人体全体の活力を支える心臓血管系は、心臓と様々な大きさの多数の血管からなる。 

The latest research relating 心臓の急性および慢性動脈瘤:心室、中隔、梗塞後、先天性

長期の「悪い」ストレスは、心筋の代謝プロセスを悪化させます - この結論は科学者が来たものです。

残念なことに、多くの人々は時には、愛する人の喪失や恋愛の失望に直面しています。通常、そのような人の状態は「壊れた心」と呼ばれます。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.