^

健康

You are here

アルコール中毒の治療:どのような薬を取るか?

軽度と中程度の中毒度は特別な措置を必要とせず、飲酒をやめ、吸収剤を服用し、就寝して安静にしても十分です。

アルコール中毒のための応急処置

人は重度の症状がある場合は、アルコール中毒のを-が、彼はまだ必要なアクション、自宅で与えることができ応急処置を実行することが可能であることは、胃洗浄、活性炭、Enterosgelya:及び吸着剤の受信が。胃洗浄は、吸収されていないアルコールの残留物を除去するために行われる。この手順は、患者にできるだけ(5〜10リットル)の清潔な水(一度に3〜4眼程度)を飲ませ、嘔吐を引き起こさせるように強制される。それは、過マンガン酸カリウムの弱いピンクの溶液、ソーダ(水1リットルあたり小さじ)または食塩(2リットルの水)の溶液を使用するのが良いです。すすぎ溶液の温度は約37℃でなければならない。この手順は、通常、(洗浄水を洗浄するために)数回繰り返される。嘔吐はしばしば必要ではないが、このプロセスは単独で進行する。犠牲者が嘔吐しない場合は、舌の根元にあるスプーンやきれいな指を押すことができます。胃を洗浄した後、患者は、以下に議論される収着剤および他の必要な調製物を与えられ、休息を提供する。

小さな子供は、直腸を通した浣腸によって胃で洗浄される。

人が前房状態または昏睡状態に陥って意識不明になった場合や、アルコール中毒が発生した場合は、救急車を呼び出す必要があります。意識のない人では、家で胃を洗うことはお勧めしません。あなたはハンカチ、綿棒に適用され、アンモニアによって意識の中に人を持参しようとすることができます(意識を取り戻すことからではなく、ボトルから、被害者が手からそれをノックし、顔のやけどを得ることができます)。犠牲者が意識を回復したら、胃をすすいでください。

救急車旅団が到着する前の昏睡状態の男は、その側に暖かさで覆われていなければならない。気道内の酸素にアクセスできるようにします。口腔を清潔にし、舌を固定して沈み込みを防ぎます。呼吸が停止して脈がない場合、間接的な心臓マッサージが行われます。

アルコール含有飲料による急性中毒は致命的な結果をもたらす可能性があり、ほとんど常に死亡は最初の専門的援助を提供できなかったために起こる。迅速な診断の兆候に頼っている専門家だけが、被害者の状態を正しく評価し、多数の薬物を処方し、適用することができる。ほとんど常に急性アルコール中毒で、蘇生が必要です。

病院では、必要な診断が行われ、胃がそこに残されたアルコールが浄化された後にのみ、呼吸機能(挿管、人工換気、酸素化)を回復する手段がとられる。解毒のための処置は、プローブ法による胃洗浄、強制的な利尿、対症療法、ビタミン療法、アルコール代謝の刺激過程を含む。

循環血液の正常な容量を回復させ、そのレオロジー特性を標準化することを目的とした、適切な血液循環の更新および維持は、滴下注入によって行われる。注入溶液の組成は、患者の状態に基づいて、診断後に割り当てられる。この形態の薬物送達は、経口薬を摂取できない弱く無意識の患者にとって非常に便利である。患者が意識しているときでさえ、アルコール中毒のためのドリップは、迅速かつ快適に体内からエタノールを排除することを可能にする静脈血流に直接入る薬剤の迅速で迅速な吸収を提供し、必要な薬剤を組み合わせ、点滴により、血液が希釈され、心筋への負荷が軽減される。

デキストロース(5%および10%)および生理学的溶液(塩化ナトリウムの0.9%)の溶液に基づいて種々の物質を注入する。デキストロース溶液で低血糖を除去するために、インスリンは4:1の比で投与される。

嘔吐中の生理食塩水の損失は、カリウム、カルシウム、塩素、ナトリウムおよび水の供給源であるリンゲル溶液またはChlosol、Trisol、Disolの溶液の助けを借りて回復される。これらの溶液の滴下導入により、循環血液量が増加し、密度が減少すると脱水が減少し、血液が毒素から放出される。

(必須アミノ酸(メチオニン、グリシン、シスチンなどの基を含む)は、血液循環を改善し、急性中毒コロイドzhelatinol溶液を和らげる、Hemodez溶液(同時に結合および)ポリビニルピロリドンを用いて毒素をもたらし、ナトリウム、カルシウム、カリウム、マグネシウム、塩素のイオンバランスを回復させます。

鎮静剤 - 抗不安薬Relax、Diazepam、精神安定剤(Fenazepam)は、痙攣症候群、感情的緊張、筋肉の弛緩の除去のために処方することができます。抗精神病薬、例えば、プロパンジンは、禁断症状(幻覚、妄想、他の禁断症状)の症状を和らげるために処方されている。

酸素、血圧、心臓および神経活動(アルコール振戦)の他の障害を停止するために、心臓の筋肉の必要性を下げるために、プロパノールまたはその同義語。

ビタミン療法を行い、ビタミンB1、B6、Cをブドウ糖溶液に滴下し、神経症状を和らげ、アルコール性精神病を予防し、体内の代謝を正常化させる。

私たちは、アルコール中毒の治療のために作られた薬物、特殊解毒薬を使用して、代謝およびアルコールの排泄を促進する。並行して、肝保護および神経保護特性を有する。

Metadoksil - エチルアルコールによる中毒の解毒剤は、溶媒の半分リットル900mg、300の割合でデキストロース溶液または生理食塩水で1時間半かけて静脈内投与されます。筋肉内注射が可能である。アルコール中毒のための解毒剤の使用は、毒のタイプが分かっている場合にのみ使用することができます。さもなければ毒性の影響が増えます。Metadoxilは代理アルコール製品の中毒に禁忌です。

メチルアルコールおよびエチレングリコールの解毒剤は、4-メチルピラゾールである。これは、アクロハイドゲネーゼの酵素活性を阻害し、切断プロセスおよび有毒な代謝産物の形成を妨害し、変化しない形でのこれらのアルコールの排除に寄与する。これは、犠牲者の体重1kgあたり10mgの割合で、エチルアルコールの水溶液200mlに溶解させて採取する。このような飲み物は、3〜4時間ごとに患者に与えられる。

薬の治療

中等度のアルコール中毒では、外来で修復治療を行うことができます。良い効果はアルコール中毒のための吸収剤を持っています。彼らは胃腸管にまだ残っていて、血液を吸う時間がなかった有毒物質を吸収するので、病的中毒の最初の徴候の出現で最も効果的です。したがって、これらの薬剤を最大用量で1回服用することは理にかなっている。

アルコール中毒のための活性炭は、重量から10キログラムあたり錠剤1個を取ります。犠牲者が多くのアルコールを飲んだり、低品質の製品で被毒されると予想される場合は、その服用量を増やすことができます。石炭の一回分の最大量は、1キログラム当たり4錠です。それらは粉砕され、水の半分のガラスでかき混ぜることができます。平均して1日に最大120錠を服用することができます。

アルコール中毒のための白炭は一度に3〜4個ずつ、より少ない量で摂取されます。最大レセプション数は4です。

腸内微生物(消化酵素)の有益な成分に影響を及ぼすことなく、メチルケイ酸が主な有効成分であるEnterosgel は、胃の腔から有毒成分を吸収します。最大一人の大人は飲料水を6杯まで与えることができます。本当に、この線量は圧倒するのは難しいですが、少なくとも3つのテーブルスプーンを飲み込むべきです。

POLYSORB -シリカに基づく吸着剤、有害物質の排出に取り組んでは、そこに接続し、除去、胃腸管ではなく、それらの濃度および生理学的体液中を循環胃出力毒素に浸透圧勾配にだけでなく、含まれていました。強力な中毒を伴う、水で100-200mlの水で希釈した粉末状の物質2〜3杯を毎時100mlの水のスライドで大さじに摂取することができる。

ラクトフィルトラムは、2種類の活性物質、すなわち、収着剤 - リグニン加水分解、様々な毒素、ならびに代謝の過剰な毒性生成物を吸収する調製物である。プレバイオティクスラクツロース、再生病原性微生物の発達を阻害する乳酸菌およびビフィズス菌の成長培地として、腸内細菌叢を正規化します。一度にアルコールで中毒を取る、ちょうど8または10錠剤、他のantipohmelnyeは1時間より早く取る。

マンガンは、一般に消毒剤として知られている。その溶液は中毒時に胃で洗浄される。しかし、過マンガン酸カリウムの溶液はまた、アルコールを酸化することができる。酸化生成物は不活性であり、身体を傷つけず、実質的に腸の壁に吸収されない。1回のリンスでは、成人は約1リットルの溶液が必要です。それは薄いピンクの色でなければならず、必然的に十分にひずんでいる(少なくとも8層のガーゼ)。解決策を飲むには、嘔吐の原因となるために、少量で、2〜3分で座っておく必要があります。現代医学の中毒で過マンガン酸カリウムを使用することが疑問視されるが、この物質は毒性がある。胃を過マンガン酸カリウム溶液で洗い流すには、それを体から取り除く必要があります。現在、多くの異なる効果的で現代的なツールがありますが、利用可能なものがなければ、このツールは成人患者に適しています。

Fosfalugel - 胃液の活性を中和する吸着剤。有効成分はリン酸アルミニウムです。それは、ゼリーのような形をしており、毒性物質の積極的な作用からそれを保護して粘膜を包みます。活性物質と塩酸との反応は、実質的に腸壁に吸収されない塩化アルミニウムの生成により起こり、糞便で排泄される。ホスファルゲルはゼリーとして採取するか、100 mlの容器で水で希釈します。一回の投与量は、1つまたは2つのサシェである。あなたは1日に3回服用することができます。

Smecta - 活性成分として、アルミニウムとマグネシウムの立体構造の二重ケイ酸塩を含んでいます。その高い包絡線および結合能力のために、胃腸管の粘膜を積極的な作用から保護する。消化器官と吸収剤の粘膜の保護剤として塗布する。アルコール中毒の成人は、1日に最大6つのパケットを受け取ることができます。幼児期の子供はスメクタを水、スープ、コンポート、ベビーフードと混合することができます:液体の50mlあたり1つの小袋。

吸収剤に加えて、アルコール中毒は中毒の症状を緩和し、水 - 塩バランスを回復させ、痛みを止め、下痢および嘔吐を排除するために他の薬物を使用する。

Enterofurilの腸内消毒剤はアルコール中毒の治療に使用される薬剤と呼ばれることがあります。少なくとも、彼は聞いている。一部の麻薬学者は、アルコールを拒絶する手段として患者に処方する。この使用法は正確ではなく、腸内感染症を治療するために設計されています。さらに、アルコールとの相溶性がなく、同時に使用すると皮膚発疹、発作、呼吸障害、吐き気および神経症状などの多くの不快な副作用を引き起こす。実際、患者が生き残った場合、その後、アルコール拒絶反応が起こることがあります。アルコール中毒の場合、Enterofurilは患者の状態を悪化させ、合併症を引き起こすだけです。その助けを借りて、すでに体の重大な状態を緩和し、中毒の症状を取り除くことは不可能です。この薬を使用してアルコールを拒絶する行為は、毒物学者が受け入れられるとは考えられていませんが、これは別の問題です。

Regidron は、下痢や嘔吐における電解質損失の再水和と回復のための低浸透圧液体製剤です。薬物の一部であるグルコースは、エタノールの代謝および排泄を促進し、腸の膜による塩の吸収を促進し、クエン酸塩は酸 - 塩基バランスを正常化する。Regidronの袋は1リットルの水に溶解され、患者は溶液を少し飲む。昏睡状態では、プローブの再水和が行われる。

アルマゲル所定胃腸管の陰性症状を中和する - シメチコン阻害ガス発生との組み合わせで、アルミニウムおよびマグネシウムの水酸化物のゼリー状の混合物と、消化管の上皮細胞を保護し、制酸効果を有し、それは鼓腸を排除するのに役立ちます。推奨量は1日4回1パケットです。

しかし、アルコール中毒(および中毒)のための最も普及した鎮痙薬でないシャペは良くない、それはエタノール、低体温および低血圧の同様の作用を増強する。よく知られている鎮痛薬であるアナルは、中毒の状態にある人に軽いものや中等度のものを与える価値がありません。この薬はアルコールの効果を増強し、その結果が中毒につながる可能性があります。毒物学者は、夜の前夜にアルコールを摂取すると、少なくとも翌朝、アルコールの最後の投与から12時間以内にこれらの薬物を服用することを勧めます。

グルコースはアルコール中毒に必要であり、エタノールはグルコースを破壊し、体内での合成を阻害する。急性アルコール中毒のためのグルコース溶液では、代謝プロセスを改善し、解毒を促進するために、ビタミン、インスリンと混合されるドリップフラップが作られる。

酵素薬Pancreatin はアルコール中毒の場合、酵素の欠乏を補うエタノールの毒性作用により中断された膵臓の負担を軽減するのに役立ちます。Pancreatinは個別に処方されていますが、膵臓の酵素の欠乏に応じて、2〜4錠を飲む必要があります。また、レセプションの頻度は医師によって設定されます。

同じことが別の酵素製剤、Mezimにも当てはまります。これらの資金は、消化酵素の不十分な生産を補い、膵臓がアルコール中毒から回復するのを助けます。患者が既に食べ始めているときに、アルコール中毒の後に使用されます。

コハク酸は、多くの生化学反応に関与するヒトを含む全ての生物の内因性成分である。健康な生物は十分な内部埋蔵量を持っていますが、ストレスの多い状況になるとその欠乏が起こります。アルコール中毒は体に重いストレスであり、コハク酸とそれを含む製剤は中毒の影響に対処するのに役立ちます。

コハク酸は代謝過程を促進することができ、その結果、毒性物質が身体をより速く残し、損傷を少なくする。それは強力な抗酸化物質であり、組織の酸素供給を促進し、免疫、神経および心臓血管系をサポートし、他の医薬品の作用を増強する。アンバー酸は、アルコール中毒の影響を治療するために多くの薬物に認められています。

  • リモナール - この調製では、クエン酸と複合体である。この薬物は、急性中毒の状態でアルコールの毒性効果を低下させ、1~2.5時間後に錠剤1つを指名する(錠剤は大さじに溶かしてもよい)。
  • Reamberin - ドロッパー用のコハク酸に基づく解毒剤。
  • レマキサロールは、静脈内注入のためのコハク酸との併用製剤であり、中毒の合併症および予防のためアルコール性肝炎に示される。

急性アルコール中毒の状態の制吐薬は適用されない。嘔吐は、過剰なアルコールを取り除き、血液を吸うのではなく、体の保護反応です。このような薬物は、後に、精製手順を行った後、身体が既にアルコールから守られている場合、必要に応じて、気道管腔の狭窄を防止するために、ガッギング、しゃっくりを止めるときに使用される。Cerucal 、経口 - メトクロプラミドを静脈内投与した  。

アルコール中毒の治療には、患者の状態、合併症および慢性疾患に応じて様々な薬物が使用される。肝プロテーゼ、鎮痙剤、鎮痛剤、抗生物質が使用される。深い昏睡を伴う重度の中毒は、血液透析およびその修正によって治療される。異なるプロファイルの専門家に相談する必要があるかもしれません。

自宅でのアルコール中毒の治療

アルコール中毒の明らかな徴候を持つ患者が意識を持ち、生命を脅かすものがなければ、中毒の不快な症状を取り除くための自宅療養に自分を限定することができます。

まだ吸収されていないアルコールの残留物からの胃の精製が最優先事項です。より早期かつより慎重に手順を実行するほど、毒性の低い物質が血液に吸収されます。

吸収剤(家庭の胸部にあるもの)の摂取は、洗浄する前と後に行うことができます。

あなたがメチルアルコールまたはエチレングリコールを使用したことを確実に知っていれば、一度200ミリリットルの高品質エチルアルコール40%を最初に取った時に解毒剤として働くことができます。または、患者に3時間ごとに50ml(ウォッカ、コニャック、ウィスキー)を与えることができます。

いずれにしても、被害者は純粋な水、ハーブティー、蜂蜜が溶解した水をたくさん飲む必要があります。

犠牲者が胃を洗った後に休息したい場合は、胃をよく覆い、犠牲者がより良く、本当に眠り、意識を失わないようにする必要があります。

アルコール中毒では、患者が背中に寝ることを許してはいけません(嘔吐、沈んだ舌で窒息が起こる可能性があります)。

アルコール中毒の代替治療は豊富な経験と長い歴史を持っていますが、重篤な状態の人を医師に委ねることは依然として優れています。奇跡的な手段によって、被害者が意識があり、抵抗しず、彼に求められる行動を実行することができる中等度の中毒を治療することができる。

飲用のための古典的な家庭療法は、塩漬け(キュウリ、キャベツ、トマト)であり、好ましくはピクルスからであるが、マリネも適している。

トマトジュースはまた、エタノールの代謝および代謝産物の排除を促進し、水 - 電解質バランスを回復させるのに役立ちます。レビューによると、トマトのジュースはアルコール中毒から多くの助けになります。それは酸(アンバー、リンゴ、レモン)、フルクトースとグルコース、ペクチン、ビタミン、ミネラルを含んでいます。

アルコール中毒のミルクは、非常に論争の多い製品です。彼は確かに非常に便利です、積極その後、ミルクが咽頭反射のみ激化することができ、必要ではない彼を提供し、患者の病気の場合は、しかし、重要な臓器のパフォーマンスに影響を与えると吐くことができます。もう1つのことは、患者自身がミルクを求めている場合です。

アルコール中毒では、代替医学では、卵白を混ぜたミルクを飲むことができますが、そのような飲酒からサルモネラを得ることができます。

発酵乳製品 - ケフィア、ヨーグルトもお勧めします。それらは全乳と同じ有用物質を含有するが、胃腸管の震えた微生物叢にも有用である。

ここでアルコール中毒のための蜂蜜は確かに便利です。この製品には大量のフルクトースが含まれており、アルコール性毒素の処理およびそれに伴う排泄が促進されます。主なことは、犠牲者は普通に蜂蜜を負わなければならないということです。この製品はエタノールに対する天然の解毒剤です。それを取ることが推奨されます:

  • 2〜3回の摂取で100〜200g;
  • 20分ごとに3つのティースプーン(6回)、その後2時間の休憩の後、コースが繰り返されます。

アルコール中毒のためのソーダは、胃を洗うときに使用され、それは推奨され、代替のヒーラーであり、医療機関でも使用されます。この手順のためにソーダ塩溶液を製造することも可能である:水(≈37℃)塩とソーダの2〜3グラムを追加する1リットル当たり、よくかき混ぜ、その後嘔吐原因、小さな一口を飲みます。米国の科学者たちによって最近確立されたように、アルコールと組み合わせたソーダとソーダの水がその効果を増強し、中毒を悪化させるため、解決策は胃から取り除かなければならない。

アルコール中毒後のレモンは、エタノールおよびその有毒な代謝産物の代謝ならびに排泄を促進し、利益を得ることができる。

多くの人々はレモンのような精神を食べるのが大好きですが、重度の中毒を予防すると主張しています。クエン酸は、リモナーのような有効な薬剤の成分である。

アルコール性毒素の効果をすばやく中和するには、1つの大きな果物を剥がし、1つずつ(オレンジのように)それをゆっくりと噛んで、それぞれをうまく噛むことをお勧めします。その効果は、処置の終了後10分で約束される。

一度に砂糖なしでレモン全体を食べることができない人は、不完全な水の中に汁を搾り、すぐに飲み物を飲むことをお勧めします。

より控えめな勧告は、砂糖や蜂蜜で絞ったレモンジュースで水を甘くすることです。

自宅で使用され、ハーブで治療されています。解毒の特性は、ハーブ、ライムブロッサム、タイムとミントのようなハーブの輸液と煎じ薬です。

アルコール中毒を緩和するには、大麻の大根、繁殖と草原のゼラニウムの混合物を作ることができます。ハーブを同じ割合で混ぜ合わせた後、500mlの沸騰水でソロスプーンを淹れます。それが冷えると、その日の間にひずみと飲みます。毎日あなたは新しい部分を作り出す必要があります。

ただの目的でタンポポの根を煎じるだけです。割合で準備する:冷たい水のガラス - 乾燥罰金のティースプーン。1時間の3分の1のために沸かして煮る。さらに30分放置して排水してください。

Melissa(ガラスの茶さじを作る)と紅茶を使用することは、衰弱させる悪心からあなたを救うことができます。

(メタノール、エチレングリコールと中毒の例を除いて)彼が横になるしたい場合は歩いたり、移動させ、(映画のような)ありのままの冷たいシャワーの影響を受け、またはアルコールを得るために再び放置することはできません。

ホメオパシー

アルコール中毒を含むあらゆる中毒に使用される普遍的なホメオパシー症候群救済策は、チリブク(Chilibuk)工場または嘔吐薬から作られたナックスボミカ(Nux vomica)である。それは、消化管全体の粘膜を治癒し、肝臓、膵臓および胆道の働きを正常化させる。

中毒症状時の慢性アルコール依存症は、多くの場合、ラナンキュラスbulbosus(Ranunkulyusのbulbozus)規定とアガリクス(アガリクス)が発生してせん妄を中毒のためにあなたを停止します。

強い酒中毒の解毒剤がLedum(Ledum)、応急手段はまた、トリカブト(トリカブト)、アルニカ(アルニカ)とすることができることができ、コーヒーノキ(コーヒー)が増強しました。

メタノール中毒はPlumbumの摂取によって止まる。

急激なアルコール中毒による薬局の組み合わせ製剤とその結果から、Nux-Vomica Gomakkordという薬を推奨することができます。中毒のための主なホメオパシーの治療に加えて、この薬には次のものが含まれます:

  • ブリオニア根アルバ(ブリオニア根) - 頭痛、めまい、呼吸困難、咳、嘔吐、胃の中で肝臓や重さの痛みの対症療法として、
  • Licopodium(Lycopodium) - 中毒後の消化プロセスの正常化。
  • Colocynthis(Colozintis) - 痙攣、痛み、痙攣を和らげ、嘔吐を排除します。

6歳から、薬の単回投与は10滴で、水小さじで希釈されています。2歳未満の子供には、2歳から5歳までの5つの小滴が与えられます。薬剤の一部は、1日3回舌の下に溶解される。8時間ごとに3回の食事のために、あなたの口の中に保持して、水と飲み物の半分のガラスで毎日の線量を希釈することができます。

急性症状では、最初の2時間に1回の投与量を1時間ごとに1回投与することができます。

薬は食事の前(15分)または1時間後に服用されます。

身体から有害物質を除去するために、患者は、患者の状態に応じて、Lymphomyosot、Renel Hおよび他の手段と組み合わせて処方することができる。

アルコール中毒後の回復力は?

アルコール中毒は体の脱水と水 - 電解質バランスの崩壊、ビタミン欠乏、肝細胞、脳、膵臓、消化管の粘膜への損傷につながります。健康を促進し、作業能力を回復させるためには、身体を解毒するために数々の措置を取る必要があります。

朝に目を覚ましてコントラストシャワーを浴びると同時に、温水と氷を交互にする必要はありません。温度差を感じるだけで十分です。

それから、水のバランスを取り戻す必要があります。ガスなしで、そして少しずつ、しかし文字通り、15分ごとにミネラルウォーターを飲むことが最も簡単です。水に加えて、野生のバラのブイヨンを飲むことができます、それはビタミンC、ザクロジュース、ドライフルーツコンポート、緑茶が豊富です。この期間中に甘く炭酸化された飲料を摂取すべきではなく、コーヒーを飲むことも推奨されていません(液体の損失を引き起こす)。

アスコルビン酸のショックを受ける必要があり、専門家は可溶性ビタミンをアドバイスします - 彼らはより迅速に吸収されます。新鮮なものや凍ったものを2〜3個ほどスプーンで食べることができます。より良いカトラント、クランベリー、クランベリー。シトラス - オレンジ、グレープフルーツ、レモンもそうです。

吐き気から、あなたはシナモンで飲み物を飲むことができます - 半分の小さじ1杯のお湯で一杯のお湯。この飲み物は吐き気がなくなるまで繰り返し飲酒することができます。

重度の中毒後に脳細胞の働きを回復させるために、グリシン、Nootropil、Cinnarizinを飲むことができます。過剰な有毒物質は、吸着剤の助けを借りて除去され、浣腸が浄化される。肝臓の作業を調整するには、酵素剤(パンクレアチン、メジム、フェスタル)を使用して、エッセンシャルまたはミルクシスル、膵臓を使用することができます。もちろん、医者が薬を処方する方が良いでしょう。

重度の中毒の場合には、注入療法が行われる 

アルコール中毒の栄養と食事

専門家は、急性アルコール中毒食品の後、消化プロセスに関与する臓器をオーバーロードしないように、失われたビタミンやミネラル、だけでなく、穏やかに回復するために、それらが完全に回復することを可能にするだけでなく、高品位でなければならないことを信じるように傾斜しています。この記事の中の食中毒についてもっと読む

最初の日に、アルコール中毒の後、頻繁で豊富な飲み物、主に室温のミネラル非炭酸水で絶食をすることが推奨されています。

その後、食肉、スープ、穀物、野菜のシチュー、コテージチーズ、酸っぱい乳製品などのブイヨンを入れることができます。

過剰なガス生産を引き起こす脂肪、スパイシーな、揚げ物、新鮮で生地から作られた製品を排除する必要があります。食べ物は、茹でて、煮込み、蒸しておくべきです。

メニューには、食物の魚や肉、コテージチーズ、硬質チーズなどのタンパク質が必要です。野菜、果物、天然ジュース、蜂蜜、ナッツは失われたビタミンや微量元素をすばやく回復させます。

1日に5〜6回の小分けが必要です。中毒後、時にはいくつかの食べ物はそれのように感じることはありません - あなたは(体を聞く)必要はありません。

原則として、ほとんどすべてが可能で、徐々に通常の食べ物のスタイルに戻ります。この移行には2〜3週間かかります。

前提条件は、アルコールを完全に排除することです。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

アルコールはいつ登場したのかは誰も知りませんが、しっかりと私たちの生活に入りました。多くの人が、アルコール飲料を持たない様々なイベントのお祝いを想像して、リラックスしたり、応援したり、友人とチャットしたりするのにぴったりです。

エチルアルコールは、天然水域の水や大気中の降水、その他の天然液体、土壌層、植物組織、動物、人間のあらゆる場所で見られる発酵の親水性有機生成物です。 

急性膵炎のほとんどの攻撃は非常に高速であり、それは、膵臓に回復不能な損傷を引き起こす消化酵素、インスリンおよびグルカゴンのようなだけでなく、そのような重要なホルモンを生成しません。

についての最新の調査 アルコール中毒の治療:どのような薬を取るか?

エタノールから得られるアセトアルデヒドは、毒性のある生化学物質を心臓から取り除く酵素を活性化することができることが判明した。

科学者の新たな発見:新しい情報を受け取った後のアルコールの受け取りは、その複製を最適化することが判明しました。この予想外の事実は、エクセター大学の専門家によって発見されました。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.