^

健康

You are here

乳頭腫からの軟膏

パピローマは、いぼとして発症する良性の皮膚形成である。時にはそのような成長が不便を引き起こし、患者を取り除くことを考えさせるものを妨害し、さらには傷つけることさえある。ほとんどの場合、乳頭腫は液体窒素、レーザーまたは電流の助けを借りて外科的に除去される。しかし、より穏やかな方法、例えば、乳頭腫からの軟膏は、病気の初期段階で助けることができます。

適応症 乳頭腫からの軟膏

乳頭腫から処方される軟膏に基づく適応症は、外用薬がウイルスプロセスのすべての段階で機能しないため、医師によって決定される。

軟膏は、乳頭腫(疣贅)の独立したまたは複雑な治療のために、ならびに他のウイルス性疾患の局所薬物として使用される:

いくつかのタイプの軟膏は、ウイルス病変を予防するために使用することもできる。

リリースフォーム

軟膏は、形成に直接影響する唯一の方法であるため、乳頭腫からの薬物放出の最も便利な形態の1つである。さらに、脂性薬物は、通常、副作用の可能性を有意に減少させる全身的な効果を有さない。この点は、小児および妊婦の乳頭腫の治療に特に関連する。

薬剤の最も適切な形態は、通常、特定の患者およびウイルスの病状を考慮に入れて、医師によって選択される。軟膏に加えて、丸剤はしばしば丸剤、注射剤、坐剤および坐剤を使用する。治療の有効性はこの選択に直接依存するため、薬剤を単独で選択することは推奨されません。

パピローマ由来の軟膏の名称

乳頭腫からの抗ウイルス軟膏:

  • Oksolinovaya軟膏 - 抗菌剤および抗ウィルス剤。インフルエンザ流行時の予防目的でよく使用されます。軟膏は身体によって容易に知覚され、子供の治療にも使用することができる。乳頭腫は、1日3回まで軟膏で潤滑させることができる。無効な薬が処方されている場合は、より強力な薬です。

  • 軟膏Viferonはインターフェロンをベースにした薬剤で、薬剤の抗ウイルスおよび免疫調節能力を説明しています。Viferonは、1週間に4回まで乳頭腫に適用されます。ときには治療中に、皮膚のかゆみや刺激が起こることがあります。

  • 軟膏パナビルは、生物学的に活性な薬物であり、ウイルス性の効果を有する。5〜10日間、1日5回のパナビルの推奨使用。注意:薬へのアレルギーが可能です。

酸およびマイクロエレメントに基づく軟膏:

  • 乳頭状軟膏からのサリチル酸軟膏は、比較的弱い殺菌作用を有し、ウイルスには全く作用しないので、しばしば処方されていない。それにもかかわらず、発達の初期段階では、軟膏の目的は正当化できる:それは1日3回適用するために使用され、包帯することが可能である。乳頭腫では、通常10%の調製物が使用される。

  • 亜鉛 - サリチル酸軟膏は、薬剤の皮膚軟化特性に関連する乳頭腫の治療に使用することができる。パピローマの組織は軟化して乾燥し、これにより疾患の局所症状が減少する。この薬物は、1日約2回、約1週間適用される。

  • 乳頭軟膏からの亜鉛軟膏は、あなたが外観の初期段階でそれらを取り除くことを可能にする形成物を軟化させ、乾燥させることを可能にする。軟膏の適用頻度は1日3回である。副作用はアレルギーや皮膚刺激の徴候に限定されています。

天然成分に基づく軟膏(野菜を含む):

  • 軟膏由来の軟膏Vishnevskyは、そのような形成の炎症および化膿を助ける。軟膏は、朝と夕方に1日2回、皮膚の小さな領域に塗布されます。軟膏による治療は、組織の望ましくない発疹および腫脹が現れることがあるので、延長してはならない。

  • 軟膏ステファリンは、望ましくない毛斑、いぼ、乳頭腫を除去するための一般的な治療法です。製造者は、調製物の薬草組成のみを保証し、同時に、正確な数および成分のリストは特定しない。軟膏の作用は、組織を壊死させることに基づいているため、健康な皮膚領域に適用することは推奨されない。原則として、調剤の1回の施用が行われ、その後、最終的に消える望ましくない形成の場所に焼かれた地殻が形成される。必要に応じて、製品を再適用してください。
  • San Fen Zhongの乳頭腫からの中国軟膏は、殺菌性の焼灼効果を有し、その後、乳頭の部位に化学的な熱傷が形成される。注意:広範な皮膚表面、健康な皮膚、粘膜、開いた創傷および目に軟膏を塗布することは容認できない。薬は非常に正確でなければなりません。治療の経過は2-5の適用から成り立つことができる。

獣医用軟膏:

  • パピローマからの牛の軟膏は、家畜や小さな家畜の乳頭腫を除去するためのものです。サリチル酸とレゾルシノールが含まれています。軟膏は、1日2回、1〜2週間使用される。この製品を内部に入れないでください。また、皮膚の広すぎる部分にも適用してください。

その他のタイプの軟膏:

  • Bonofontは、ブロモナフトキノンの活性成分を含む、まぶた上の乳頭腫からの軟膏である。下まぶたには1日3回まで軟膏を塗布します。通常、彼らは2日間で間隔を置いて3つの5日間のコースを練習します。時には、この薬に対するアレルギー反応があるかもしれません。

  • マラビットは、平坦な乳頭腫および顆粒腫からの生物学的に活性な軟膏である。不快感の重症度を軽減し、炎症を排除します。通常、問題が完全に消えるまで、薬物は1日2回適用されます。

乳頭腫による除去後の軟膏

乳頭腫を除去した後、医師は患者に損傷した皮膚をどう扱うかを詳細に伝える。通常、1日3回程度の消毒液と軟膏を使用することをお勧めします。

組織修復のための良好な効果は、ビタミンAまたはEの油溶液ならびにヒアルロン酸に基づく軟膏によって提供され、組織を乾燥させない損傷した皮膚上に一種の保護層を形成する。

あまり一般的に使用されないホルモン軟膏 - 例えば、ヒドロコルチゾン軟膏は、炎症プロセスの兆候を完全に排除し、創傷の迅速な治癒を促進する。

創傷部位に乾燥した外皮を形成する場合、早期再生を促進するソルコセリル軟膏を使用することが可能である。ソルコセリルは、1日1回、1週間適用される。

薬力学

パピローマの軟膏からの外部手段の薬理学的特性は薬剤の組成に100%依存するため、このような手段の間に1つの動的な線を描くことは不可能である。したがって、抗ウイルス軟膏の主な効果は、それ自体が乳頭腫の発症を阻害し、場合によっては新生物の退行を招くウイルスの破壊である。

さらに、局所的に適用すると組織壊死を引き起こす多くの薬物が存在する。通常、このような製剤には、強酸およびアルカリに基づく軟膏および液体が含まれる。同様の調製物は、化学的方法によって乳頭腫を「推測」する。同時に、健康な皮膚を含み、近くにある。この方法は非常に危険です。

薬物動態

乳頭腫に由来する抗ウイルス性軟膏の大部分は皮膚の深い層によく浸透し、深いところにある新生物の治療に使用することができます。同時に、全身循環に入る軟膏の量は通常は少ないので、薬剤は全抗ウィルス効果を発揮することができない。体内のウイルスを破壊したい場合は、錠剤や注射剤の形で治療を受けてください。

焼灼などの特性を備えた局所調製物は血流に浸透しないので、それらの運動能力はまったく考慮されない。

妊娠中に使用する 乳頭腫からの軟膏

乳頭腫の軟膏の全身作用が証明されていないにもかかわらず、妊娠中および授乳中の患者にこれらの薬剤を使用することは、医師の許可がある場合にのみ可能である。事実、女性の生涯の生理学的期間中は、胎児と赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるため、薬物(外用および内服)による治療は非常に望ましくない。したがって、急いで、薬の選択で急いではいけません。まず、妊娠を導く医師からアドバイスを受けたり、授乳期間について助言を受ける必要があります。

場合によっては、乳児の母乳育児の終了前、または乳児の出生時まで、乳頭腫の治療を遅らせるように医師に指示することがあります。すべては、具体的なケースと具体的な女性に依存します。これは個人的なものです。適切な決定を下すために、医師はウイルスによる感染の程度を評価し、さらなる治療の必要性および緊急性を判断するためのテストを処方することができる。

禁忌

乳頭腫からの軟膏の使用に対する禁忌は著しく異なる可能性があるため、注釈を注意深く読んでからこれを適用するか、または外部の薬剤に注意することが非常に重要です。多くの場合、そのような薬物は、妊娠中および授乳中の患者、ならびに子供の使用には推奨されない。

細心の注意を払って、軟膏の組成物中に存在する成分のいずれかにアレルギー反応を起こす傾向のある個体を使用する。アレルギーがないことを確認するには、アームフォールドに少量の薬物を塗り、反応を観察します。1日中何も疑わしいことが起こらなければ、乳頭腫に関連して軟膏を使用することができる。しかし、このような薬剤は、健康な皮膚に塗布すると重度のやけどを引き起こす可能性があるため、このような実験は、酸およびアルカリに基づく壊死薬では実施できない。そのような軟膏を使用する前に、経験豊富な医療専門家に相談する必要があります。

副作用 乳頭腫からの軟膏

副作用は、外用薬が誤用されている場合や、アレルギーがある場合に発生することがあります。原則として、副作用は次のようなローカル変更の形で現れます。

  • 皮膚の充血;
  • 火傷や痛みの感覚;
  • かゆみ;
  • 局所的な刺激の症状;
  • 組織の小さな腫脹;
  • 限られた皮膚炎;
  • 軟膏の使用場所での火傷のタイプによる傷およびびらんの出現。

同様の兆候がある場合、乳頭腫からの軟膏の使用を止め、医師に向ける。

投薬および投与

乳頭腫からの軟膏は、局所的にのみ局所的に使用され、病的な形成を引き起こし、最も近い健康な組織に影響を与えないようにする。このような薬剤の適用頻度は、医者の推奨に応じて、1日に5回まで(朝から夜まで)2回である。

指示書に別段の記載がない場合、乳頭腫の軟膏による治療期間は10〜14日である。すべての軟膏が毎日適用されるわけではありません。そのうちのいくつかは週に1〜2回のみ使用されます。

医師の処方計画を自分で調整することはお勧めしません。これは直接的に治療の質に影響するためです。しばしば、軟膏の外部適用に加えて、医師は錠剤または他の薬物の使用(通常は抗ウイルス作用)を含む追加の治療を処方する。

過剰摂取

薬物が体に全身作用を及ぼさない場合、過剰投与はほとんど不可能と考えられる。中毒の症状は、あなたが誤ってまたは故意に内部の軟膏を使用すると発生することがあります。このような状況では、胃を洗浄し、収着剤を摂取し、その日に大量の液体を飲むことをお勧めします。

原則として、外部の軟膏の過剰摂取は不可能であるが、長期間の軟膏の使用により有害事象のわずかな増加が可能である。

他の薬との相互作用

1つの皮膚部位で複数の外部薬剤を同時に使用することは、製剤の活性成分の予測できない相互作用が起こる可能性があるため、推奨されない。このため、軟膏とクリームを1つの領域に塗布してはならず、塗布の間に2時間の最小時間間隔に耐えられません。

望ましくない相互作用の発現に加えて、薬物の特定の組み合わせは、アレルギー反応の発症につながる可能性がある。治療計画を規定する医者は、必ずこれを考慮する。

パピローマの軟膏を単独で使用することにより、それらを混沌または非系統的に適用することにより、互いに組み合わせまたは組み合わせることは容認できない。

保管条件

乳頭腫の軟膏の保存条件はありますか?

他の医薬品と同様に、軟膏は特定の医薬品の指示書に記載されている特定の要件に準拠して保管されています。いくつかの薬物は、厳密には冷たい状態(例えば、冷蔵庫内)で、温度体系および他のものに制約を受けずに保存することができる。後者はしばしば抗ウイルス薬を指し、温かい部屋では抗ウイルス活性を失う可能性がある。例えば、Panavirゲルを+ 4℃〜+ 25℃の温度、オキソリン軟膏を+ 10℃に保つことが望ましい。同時に、薬用軟膏を凍結することは厳しく禁じられています。そうでなければ薬の能力を失います。

賞味期限

乳頭腫からの軟膏の正しい保管方法は有効期限を通して薬効を保つことを保証するものであり、必然的に治療薬パッケージに記載しなければならない。軟膏が正しく保存されていないと、期待される効果が得られません。さらに、製剤の濃度、匂いおよび色調も変化することがあります。これらの徴候はすべて、投薬が使用に適していないことを間接的に示す可能性があります。

この期間またはその薬剤が適切である期間は、パッケージの目に見える部分に書かれていなければなりません。治療の質はこれに依存するので、この事実には特別な注意を払うべきである。

それでも、乳頭腫の有効な軟膏はありますか?皮膚科医の大部分の医療専門家は、乳頭腫の治療が統合アプローチの場合にのみ有効であることを保証します。

  • 抗ウイルス治療(局所および全身の両方);
  • 免疫の刺激;
  • 形成の外科的除去。

治療はしばしばかなり長く、かなりの忍耐と持久力が必要です。それにもかかわらず、病気は治癒することができ、乳頭腫からの軟膏はこれを迅速かつ効率的に行うのに役立つ。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

今日までの多くのヒト乳頭腫ウイルス株のうち、3つ以上が性器および肛門領域に感染し、それらの中に発癌性物質、特にHPV51またはHPV51が潜在的に存在する。
皮膚の深い層、すなわち膜の基底細胞におけるその位置。HPVは、生殖器および成長の鼠径部に原因があるだけでなく、前癌または癌のリスクを高めることがある。
パピローマウイルスの二十面体ヌクレオカプシドは、二本鎖DNAの断片を含み、その複製のために外来タンパク質が必要である。HPVは、細胞受容体のエンドサイトーシスを介してヒト細胞に侵入し、細胞膜のタンパク質からその膜を形成する。

についての最新の調査 乳頭腫からの軟膏

ヒトパピローマウイルス - 皆が知っておくべきこと

HPV(ヒトパピローマウイルス)は、一般的な性感染症です。

科学者たちは子宮頸がんに対する新しいワクチンを開発した
オーストラリアの科学者は、子宮頸がんに対する新しいワクチンを開発しました。このワクチンの開発は、乳頭腫ウイルス感染の存在によるものです。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "乳頭腫からの軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.