^

健康

You are here

List 分析 – N

NST(nitrosinium tetrazolium)を用いた自発検定により、インビトロでの血液の貪食細胞(顆粒球)の酸素依存性殺菌機構の状態を評価することができる。これは、細胞内NADP-H-オキシダーゼ抗菌システムの活性化の状態および程度を特徴付ける。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.