^

健康

You are here

List 分析 – 麻

急性感染の期間中に検出された麻疹に対するIgM抗体( - 7日後に80% - 6日発疹の発症後の患者の95%)が、彼らは2~3週間後にピーク濃度に到達し、そして4週間維持し、その後徐々に消失する(患者の50%は4ヶ月後に血清陰性となる)。麻疹に対するIgG抗体は回復期に現れ、回復した者では10年まで持続する。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.