^

健康

You are here

List 分析 – ラ

ライム病では、移動性紅斑の発症の2〜4週間後に特異的IgM抗体が通常血液中に現れ、抗体のピークは6〜8週目に起こる。ステージ1では、40〜60%の患者でIgM抗体が検出されます。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.