^

健康

You are here

盛んな傷のための軟膏

化膿性内容物を含む創傷を含む創傷は、抗炎症性および消毒性を有する消毒剤で治療されることが多い。しかし、誰もが、化膿性創傷のための軟膏もあることを知っているわけではありません。通常、その効果はより長く、創傷表面の質の治癒にとって重要です。現代の軟膏は、殺菌作用および有害事象の最小限の量しか有さず、これにより実質的に無制限に適用することが可能である。

適応症 化膿性創傷用軟膏

膿疱性創傷は開封可能であり、漿液浸潤性および化膿性壊死性であり得る。化膿性プロセスは、壊滅的な性質のものであってもよく、または膿瘍または痰のタイプに従って進行してもよい。

軟膏が使用できる最も頻繁な膿性皮膚病変は以下のとおりです。

  • フルンケル症の形態で形成する単一および複数の両方のフルンケル;
  • 吹き出化膿性壊死塊の解放を伴います;
  • 膿瘍 - 化膿性莢膜の形成に伴って発達する組織における局所的な化膿性炎症過程;
  • - 脂肪組織内の炎症性の化膿性プロセス;
  • 表面組織の他の非広範な凝固プロセス。

これらの創傷および疾患の治療のために、皮膚層の栄養および呼吸を妨害することなく、膿性塊を引き抜き、炎症プロセスを停止させる能力を有する軟膏が選択される。

リリースフォーム

軟膏のようなそのような調製形態は、通常、軟質構造を有し、創傷表面上に滑らかで、連続的で抵抗性の保護フィルムの形成を促進する。膿疱性創傷の場合、フィルムは酸素が創傷に入るのを防ぐべきではない。

軟膏よりも軟膏が適用された場合、軟化温度が高い場合でさえ、顕著な流動性の兆候なしに厚い懸濁液になるので、軟膏は、より安定である。さらに、化膿性創傷のための軟膏は、医薬品に加えて、吸収効果も有する。同時に、厚い形態は、皮膚表面および組織の深部に治療成分の高濃度を達成することを可能にする。

注射や内服薬とは異なり、簡単かつ安全に、膿性創傷の軟膏を使用してください。同時に、外部の濃厚剤は、適用するとより経済的である。

もちろん、ほとんどのこのような調製物が損傷の治癒を妨げる重要な「温室効果」を生じるので、すべての軟膏が化膿性創傷の治療に使用できるわけではない。しかし、特別な外部手段があり、特に対応する皮膚病変を対象としています。

化膿性創傷用軟膏の名称

化膿性創傷の軟膏は、以下の要件を満たす必要があります。

  • 創傷内の感染症を破壊する。
  • 膿および壊死組織からの創傷の浄化に寄与する。
  • 炎症過程の発症を抑制する。
  • 膿の遊離を妨げないでください。
  • 追加の外部感染を防ぐ障壁を作り出す。

治癒の最初の段階(通常3日目)では、レボメコール、ダイオキシン5%、スルファメコールなどの軟膏を水ベースで使用することが可能です。

損傷を受けた組織の修復のためにクリアされた創傷には、細菌の増殖を抑制し、再生プロセスを活性化する薬物が使用される。高品質の顆粒形成を促進するために、ゲンタマイシン、テトラサイクリンなどの抗生物質で軟膏を塗布することが可能である。

また、治癒を刺激し、膿の形成を排除する傾向のある、膿性創傷のための普遍的な組み合わせ軟膏がある。そのような調製物の中で、最も一般的なものはビシュネフスキー軟膏、レボメトキシンおよびオキシサイクロゾールである。これらの薬剤は、瘢痕組織の形成を刺激する包帯に特によく使用されます。

化膿性創傷治癒用軟膏

 

レボメコル軟膏

イチチオール軟膏

薬力学

薬物動態

抗生物質クロラムフェニコールおよび免疫賦活性メチルウラシルによる化膿性創傷のための結合した軟膏。

鎮痛剤、防腐剤および抗炎症剤の特性を有するイチチオールによる防腐剤。

体循環に入りません。

妊娠中の化膿性創傷のための軟膏の使用

これは、皮膚の小さな表面で短時間使用することができます。

妊娠中の患者と看護の患者を使用することは許可されています。

使用の禁忌

身体のアレルギー反応の確率。

アレルギーの確率、12歳未満の子供。

化膿性創傷に対する軟膏の副作用

アレルギー。

まれにアレルギー。

投与と投与

軟膏は滅菌ガーゼワイプで拭き取られ、傷口をそれらで満たす。推奨される治療期間は4日間です。

包帯の下で、1日3回までこすることなく塗布する。

化膿性創傷のための過量の軟膏

確率は最小です。

それは不可能と考えられています。

他の薬との相互作用

観察されない。

皮膚の1つの領域に複数の外部エージェントを同時に適用すると、予測できない影響を及ぼすことがあります。

保管条件および保管期間

通常の状態では最大3.5年保存できます。

暗くなった場所で最大5年間保管してください。

化膿性創傷のための抗生物質を含む軟膏

 

ゲンタマイシン軟膏

リンコマイシン

薬力学

薬物動態

広範囲の活性を有する抗生物質による軟膏。動力学的性質は研究されていない。

リンコサミド群の抗生物質。

妊娠中の化膿性創傷のための軟膏の使用

禁忌。

禁忌。

使用の禁忌

アレルギー、妊娠。

妊娠、授乳、アレルギー感受性。

化膿性創傷に対する軟膏の副作用

アレルギー症状。

アレルギー症状、カンジダ症。

投与と投与

予め洗浄した傷口に1日3回まで塗布してください。

皮膚の患部に薄い層を配します。コースの期間は医師が決定します。

化膿性創傷のための過量の軟膏

情報は提供されません。

それは観察されなかった。

他の薬との相互作用

耳毒性および腎毒性作用を有する抗生物質と同時に使用することは推奨されない。

1つの皮膚部位に他の抗菌剤と共に使用することは望ましくない。

保管条件および保管期間

2歳まで涼しい場所に保管してください。

涼しい場所で3年間保管してください。

創傷の酵素的洗浄のための軟膏

 

薬力学

薬物動態

クロストリジウム・ペプチダーゼおよびクロラムフェニコールに基づく化膿性創傷用軟膏。負の副作用なしに創面の酵素的洗浄を提供します。造粒プロセスを加速します。

妊娠中の化膿性創傷のための軟膏の使用

医師の監督の下で許可する。

使用の禁忌

血液の病気、アレルギー症状の傾向。

化膿性創傷に対する軟膏の副作用

ごくまれに - 一時的な一時的な燃焼。

投与と投与

1日に1回、湿った創傷に塗布し、創傷表面全体に広げる。

化膿性創傷のための過量の軟膏

過剰摂取の症例はなかった。

他の薬との相互作用

他の外部手段と同時に使用することはできません。

保管条件および保管期間

5年間は涼しい場所に保管してください。

腐った傷からのアルタイの自家製軟膏

有名なアルタイの薬草学者の知識に基づいた代替医学も、化膿性創傷の治癒を加速するための独自のレシピを提供しています。しかし、アルタイの代替手段の有効性の保証にもかかわらず、広範囲の化膿性皮膚病変の治療には推奨しません。

  • Rannozazhivlyayuscheeはクランベリーを意味します:
    • 大さじ2。リットル。ハーブアロー;
    • 1大さじ リットル。セントジョンズワート;
    • 最大10の赤いビルベリー。

これらのハーブの注入を準備する必要があります。ベリーは沸騰して拭く。手技のために、ガーゼナプキンには煎じ薬が漬けられ、傷の上に置かれ、ワイプされた果実はナプキンの上に置かれる。傷を40分間保持する。

  • アロエの一番下のシート、小さなニンジン、蜂蜜の大さじ、バターを溶かして準備します。アロエは、ニンジンで粉砕され、バターとハチミツと混ぜられ、包帯の下で数時間適用されます。
  • ライラックの葉からジュースを絞って、ナプキンを浸し、1日に数回傷口につけます。
  • ブドウの葉のジュースをタマネギのジュースと混ぜる。化膿性創傷のローションには、1日3回まで使用してください。

軟膏は保存成分を含まず、長期間保存することができないので、直ちに大量の治療薬を調製する必要はない。

化膿性創傷のための最高の軟膏

化膿性創傷の治療には多くの有効な軟膏がある。どの薬局でも、さまざまな企業や生産国の少なくともいくつかの外部製品が提供されます。例えば、非常に人気のある軟膏は、ドイツ、イスラエル、インドで開発および製造されている。例えば、死亡した海洋ミネラルに基づいた化膿性傷を治癒するためのイスラエルの軟膏は、しばしば、炎症性炎症の問題に迅速に対処するのに役立つ。

しかし、疑いもなく、化膿性創傷を治療するための最良の軟膏は、医師が処方する軟膏である。この薬剤の有能な目的は、微生物の感受性の分析結果に基づいている。

事実、外部薬剤の不適切な選択は、組織壊死、微生物の増殖増加、毒性物質の吸収およびプロセスの一般化を招く可能性がある。その結果、合併症は、リンパ節炎、丹毒、敗血症、血栓性静脈炎の形態で起こり得る。短期間での膿性炎症は、他の組織にも広がる可能性があります。このような合併症の治療は、何度も複雑で永続的になるでしょう。そのため、傷つきやすい創傷のために盲目的に軟膏を選択すべきではありません。その選択を有資格の医師に委ねる方がよいでしょう。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.