^

健康

You are here

ネフロロッグ

腎臓専門医 - 医師、腎臓に直接結合しているのアクティビティ(dr.-gr.«nephros»から - «腎臓»、«ロゴ» - «教育 ") - 医学の分野、特に腎機能検査、などに起因する様々な疾患これらの重要な臓器の仕事の失敗。

さらに、腎臓病専門医の能力は、腎臓疾患の診断および非外科的治療ならびにある理由または他の理由で腎臓を移植された患者の観察である。

腎臓に影響を及ぼす疾患の発症のために、生物の一般的な障害が明らかにされることに留意すべきである。現代医学は、慢性腎疾患のために、例えば心臓血管疾患の進行など、他の重要な臓器の仕事が悪化することを証明している。

腎臓病専門医は誰ですか?

腎臓専門医は、様々な腎臓疾患を患っている患者の検査と治療と直接関連しています。特有の臓器で、過大評価は困難です。腎臓は人体において最も重要な機能を果たします。腎臓は水分を取り除き、それに溶解した物質を消失させます。スラグと交換の最終製品。想像するのは難しいですが、そのような強力な「フィルター」を通る一日は約180リットルの血液です!この数字は、腎臓の巨大な負荷を示しているので、機能の低下が何をもたらすかは驚くことではありません。

だから、「腎臓専門医とは何か」という質問に対する答えは明白です:それは、様々な腎疾患の診断、治療(を含む外来)を行っ医師で、病気の再発症状の予防を目的とした予防措置を割り当てます。基本的に、腎臓科医は患者の投薬とフィトプロテオリシスを指名します。慢性電流や病院の患者の腎臓病医効果的な治療の急性増悪で、および代謝性疾患を持つ患者のために個別に十分な栄養療法を選択し、腎機能の低下。経験豊富な腎症専門医からの有用な助言と勧告は、患者が安定した体制で正常な腎機能をサポートする最適な食事療法を遵守するのに役立ちます。

腎臓科医にはいつ行くべきですか?

腎臓病専門医は、腎機能にさまざまな問題を抱えている患者さんを支援します。腎疾患の治療が効果的な結果を出すためには、医師が臨床検査や診断試験に基づいて正確な診断を行うことが重要です。特定の腎疾患を発症する際に生じるいくつかの症状がある。それらが検出されると、専門医と緊急の相談が必要です。

腎臓科医にはいつ行くべきですか?まず第一に、腎臓病の発症を示す以下の症状と徴候に注意する必要があります。

  • 頻繁な/まれな衝動および鋭い痛みの排尿時;
  • 腰痛(腰痛)。
  • 尿の色や臭いの変化(血液不純物の存在)。
  • 身体の特定の領域での腫れ(手足の顔)。
  • 血圧の急激な上昇。
  • 尿失禁(コントロールされていない排尿);
  • この疾患の無症状の経過を伴う温度の上昇。

上記の症状の1つでも腎症患者への訪問の理由があるはずです。したがって、状況の重大さを覚えておく必要があるため、医者への旅行を遅らせるべきではありません。これは人間の生活にとって危険な、厄介な結果を伴います。

腎症専門医の相談は、以下の場合にも適切です。

  • 脂質代謝の侵害;
  • 尿の一般的な分析(特に、尿中のタンパク質レベルの上昇)における明らかな異常;
  • 高血圧;
  • 真性糖尿病の発症

腎臓病専門医は、痛みを伴う排尿を訴えれば子供が必要です(これは、毎回、あなたが排尿するたびに泣くことによって証明できます)。また、断続的または非加圧の可能性がある排尿時のジェットの性質(特に男児の場合)に注意を払う必要があります。親は、子供の毎日の尿排出量の減少、または逆にその有意な超過に注意する必要があります。小児腎臓専門医での協議の理由は、医師は、子供の夜の4歳に達し排尿、だけでなく、尿(色、透明度、臭い)で変更する必要があります。

腎臓科医に連絡する際にはどのような検査を受けなければなりませんか?

患者の入院時の腎症医は、疾患の診断、その経過および重症度を最大限正確に確立するのに役立つ調査を任命する。これは、検査の結果に応じて最適な治療法を決定するために必要であり、腎臓のさまざまな障害および機能不全に関連する問題を取り除くのに役立ちます。

多くの場合、問題に興味を持って医師、腎臓専門医、多くの人が訪れる前に:「?テストは腎臓専門医への参照渡しに必要なもの」もちろん、腎臓病の主な原因の設置のために、病歴に加えて、テスト結果が必要とされています。検査室検査の評価は、尿素、ESR、クレアチニン、電解質、尿分解の結果、C反応性タンパク質(CRP)の分析尿分析のレベルに従って実施される。24時間尿収集の助けを借りて、いくつかの腎疾患の発症に伴って観察される、腎臓機能のレベル、それらの濾過能力およびタンパク質損失に関する信頼できる情報を得ることができる。

腎症専門医が頻繁に処方する他の医療検査や検査の中でも、

  • 血液/尿の生化学的分析;
  • 腎臓、尿路および腹腔器官の米国;
  • 腎臓(CT)のコンピュータ断層撮影;
  • 腎臓のX線検査;
  • 腎生検;
  • 腎臓(MRI)の磁気共鳴イメージング;
  • 検眼鏡検査(眼底検査)。
  • シンチグラフィ(放射性核種医療);
  • 血管病変における血管造影検査;
  • 排泄尿路造影および尿培養;
  • 腎臓の放射性同位体研究。

腎臓病患者自身が、腎臓疾患の経過の症状および特異性に応じて、患者が検査室検査を受ける必要性を決定する。すなわち、個々の症例において、医師は、疾患の診断を正確に決定するために、最も最適な検査および検査を選択する。

腎臓病専門医はどのような診断方法を使用していますか?

腎症医師は、効果的な方法を用いてその後の投薬管理のために腎臓病を正確に診断することを目指している。医師は、血液および尿の検査室検査に加えて、診断の診断に役立つ追加の検査手順を患者に処方する。

腎臓病専門医はどのような診断方法を使用していますか?基本的に、これは腎臓の内部調査であり、その機能のレベル、既存の障害の原因および疾患の性質を確立するのを助ける。腎臓の超音波検査、腎臓生検(診断不可能の場合)、CT(コンピュータ断層撮影)および腎臓のMRI(磁気共鳴映像)がこれらの目的に使用される。これらの研究に加えて、患者は、腎臓の放射性核種検査(シンチグラフィー)およびX線検査(血管造影)を必要とすることがある。診断手技の予約は、腎症専門医によって個別に行われる。

人体の重要な器官としての腎機能の完全な破壊をもたらす不可逆的過程を防ぐために、腎臓疾患の適時検出の重要性に留意すべきである。したがって、慢性腎不全への疾患の進行に伴い、透析および腎臓移植がしばしば必要とされる。従って、治療目的のための疾患のタイムリーな診断は、患者の検査において重要な役割を果たす。医療センターで使用される最新の装置は、排泄尿路写真、超音波、CTおよび腎臓のMRI などの高品質の診断方法を提供することを可能にする。

医療専門家としての腎臓科医は、現代の知識を持っていなければならず、腎臓の様々な病理および障害を有する患者の治療およびリハビリにおいて十分に豊富な経験を有していなければならない。患者の治療の最終結果は、腎症専門医のスキルに依存する。

腎臓科医は何をしていますか?

腎症患者は、尿石症、腎盂腎炎、ネフローゼ症、腎不全および全身に危険をもたらす他の病気の患者が最も多い患者です。

腎臓科医は何をしていますか?まず第一に、彼は特定の病気の発症の様々な段階で腎疾患を診断し、治療する。確かに、手術台での生活のために戦う不可逆的なプロセスのためにではなく、できるだけ早く病気の発症の早期に適格な助けを医者に求める方が良いでしょう。

腎症患者の中には、水腎症、糸球体腎炎および腎臓嚢胞を有する患者が多い。いずれにせよ、医師は、患者の状態および実施された検査の結果に応じて、正確に診断し、次いで最も効果的な治療を指名することが非常に重要である。したがって、腎臓疾患では、治療の最終結果だけでなく、人の生活もこの段階に依存する可能性があるため、正確な診断が重要です。

レセプションでは、医師は患者を診察し、苦情を聞いて、遺伝的素因の問題を含めて不機嫌を描く。次の段階は、検査の検査と服用であり、その結果、腎臓科医は病気の診断を慎重に行う必要があります。その後、患者は自宅または外来で治療され、すべてが腎臓疾患の重篤度に依存する。さらに、医師は患者のために適切な食生活を処方することが義務付けられており、これは腎臓の侵害または腎臓結石の存在の場合に特に重要である。

腎症専門医はどんな病気ですか?

腎臓病専門医は、泌尿器科医とは対照的に腎臓疾患の診断と投薬のみを扱っており、男性の泌尿器系のすべての器官および男性の生殖器系の疾患の外科的治療が最も頻繁に行われる。

腎症専門医はどんな病気ですか?私たちの時間に、この専門医の患者の間で、あなたはますます苦しんでいる人々に会うことができます:

  • 腎臓の薬物損傷;
  • 尿石症(尿石症);
  • ヒスイ(腎臓病、これは炎症性である);
  • 腎盂腎炎(感染性炎症過程の結果としての腎実質の関与);
  • 慢性腎不全;
  • 糸球体腎炎(腎臓の免疫性糸球体);
  • 腎臓のアミロイドーシス(いわゆる「アミロイド」(内臓に影響を与える物質)の発生をもたらす代謝障害);
  • 高血圧性疾患、腎臓損傷を伴う

例えば、結核および大きな石の腎臓における腎腫瘍形成の様々な、異常な構造または腎臓の不正確な解剖学的位置の存在:医師腎臓専門医の能力は、外科的介入を必要とする疾患を含みません。このような場合、患者は泌尿器科医に紹介されます。

腎疾患には、しばしば、激しい発熱、発熱、悪寒、腰部または骨盤内の痛み、尿中の様々な変化などの症状が伴う。これらの症状は、ウイルス性またはカタラーム性の疾患、または投薬および中毒のために起こり得る。それが何であったとしても、その痛みはその病気の発症を示しているので、この非常に危険な過程を遅らさないために腎症専門医に時間をずらすことが重要です。

腎臓専門医のアドバイス

腎臓病専門医は、腎疾患の診断と治療だけでなく、予防にも積極的に参加し、患者に貴重なアドバイスやアドバイスを提供することが義務付けられています。

腎症専門医のアドバイスは、とりわけ適切な栄養と関連しています。塩分の過剰な消費は喉の渇きにつながり、それは順番により多くの水の摂取を必要とすることが知られている。その結果、膨潤が生じ、圧力もまた増大し得る。腎臓に問題がある人は7グラムですが、毎日の服用量を測定した後、食べ物を直接食べることをお勧めします。

腎不全に苦しんでいる患者にとっては、缶詰食品、揚げ物、魚、豊富な肉汁、ならびに豆類および乾燥果実の摂取を除いた特別な食事を開発する必要があります。乳製品と新鮮な果物は、限られた量で消費されるべきです。好ましくは、家禽、子羊、蒸気で調理された様々な料理を食べる。あなたは脂肪や炭水化物の助けを借りて、オリーブオイル、マカロニ、ポルシェ、キッス、蜂蜜を食事に加えて、食事のカロリーを補充することができます。

腎臓を切除する外科的介入の後、患者は彼の生活様式を再考すべきである。だから、彼は悪い習慣を放棄し、特別な食事を観察し、タンパク質が豊富な食品だけでなく、燻製製品、揚げ物、スパイシーな調味料を消費しなければならないでしょう。野菜の食べ物は食事に勝つ必要があります。操作の後のある時間、毎日の液体の量は2〜2.5リットルを超えてはならない。

腎臓を含む内臓器官の異常を適時に検出するためには、6カ月ごとまたは4カ月ごとに血液検査と尿検査を受けることをお勧めします。できるだけ頻繁に腎臓病専門医に診察することをお勧めします。

腎臓科医は、人が腎臓の作業に逸脱している場合には必ず助けてくれるでしょう。危険な疾患の発症を防ぐために経験豊富な医師に時間をずらすことが重要です。なぜなら、治療はより困難で時間がかかるからです。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

ダイエットは医薬品のプラスの効果を高めることができます。これは、各患者について、覚醒を考慮して個別に開発される。自己選択の食事はできません。
腎臓病では、あなたはいつも食生活に従わなければなりません。あなただけが治癒することができます。食生活を守らなければ、治療は効果がありません。腎臓のための食事療法は、処方された投薬の効果を有意に増加させる。それは個々の患者のために栄養士によって個別に作成されます。
腎臓は体内にフィルターとして存在します。より有害なものが消化器官に入るほど、フィルターにかかる負荷が少なくなります。したがって、排泄システムに利益をもたらし、浄化し、維持する腎臓のための製品によって食事が支配されるべきである。

The latest research relating ネフロロッグ

幹細胞の使用は新しい発見につながる。最近、科学者はヒト幹細胞を齧歯類の体内で直接ネフロンに変えることができました。得られたネフロンは、高級腎臓で通常と同じように血液を濾過した。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.