^

健康

咳スプレー

オフシーズンでは、風邪は全員の日常的な仲間です。不快な症状を取り除き、咳や鼻やその他の特殊薬からの吹き出しを助けます。あなたは別の方法で病気を治療することができますが、この場合、状況の悪化の可能性が高いです。鼻水、咳、発熱の発症により、複雑な治療手段を開始する必要があります。

適応症 咳スプレー

今日まで、風邪のすべての苦難と戦うために設計されたスプレーがたくさんあります。その多様性にもかかわらず、使用の適応はほぼ同じです。

咳コントロールの準備は、以下の場合に使用されます。

  • 気道における急性炎症過程;
  • 感染病変の存在下で;
  • 喉頭炎、扁桃炎、咽頭炎および副鼻腔炎の発生;
  • カンジダ属の真菌によって引き起こされる急性炎症性疾患;
  • 気管支炎および気管支炎の排除のため;
  • 感染病変の予防手段として

現代の薬物は病変に正しく作用し、多くの不快な症状を排除する。ただし、これらを単独で使用することは望ましくありません。投与量は個別に割り当てられる。

また読む:

リリースフォーム

現代の薬理会社は、効果的な薬物の大量を提供しています。今日まで、各患者に対して最適なツールを選択することができる。最高の咳スプレーは、以下の名前を持っています:

  • エクササイズ;
  • 葉緑体炎;
  • タンタンベルデ;
  • ルゴール;
  • Faringosept;
  • Shunam;
  • Bioparox;
  • ヘクサール。

副作用、適応症および禁忌についての詳細は以下に記載する。

厄介な咳との戦いでの六角

薬は非常に効果的ですが、正しく使用されている場合に限ります。Geksoralは喉を潤し、不快な症状を排除しました。彼らは口を濡らすだけでなく、リンスすることもできます。解決策を飲み込まないでください、それは中毒につながる可能性があります。スプレーが肺に入ると、気管支痙攣を発症する可能性が高い。

この薬は、咽頭炎、扁桃炎、扁桃炎および病気、細菌および菌類起源の排除の症状を緩和するために処方されている。この薬は顕著な局所効果を有する。その使用後、痛みの減少、咳の重症度の低下、および潰瘍の治癒がある。最大の治療効果を達成するために、治療は朝と夕方に使用されます。治療期間は個別に合意されています。

使用する禁忌は、アレルギー反応、および4歳未満の小児である。高すぎる用量を使用すると、過剰摂取が可能である。この場合、胃腸管からの逸脱、すなわち悪心および嘔吐がある。手足の痙攣や震えの可能性は否定されません。重度の症例では、心停止が可能である。

Bioparox:Clever Cough Spray

この薬剤は、上気道の急性炎症プロセスの存在下で、局所療法として使用される。Bioparoxは、扁桃炎、喉頭炎、咽頭炎および細菌および感染による病気を排除するのに役立ちます。

この薬は、患者によく耐えられ、めったに副作用を引き起こさない。それにもかかわらず、陰性症状の発症の症例は依然として記録されていた。呼吸器系の部分では、粘膜の乾燥、喘息および気管支痙攣が起こることがある。胃腸管は、吐き気の形で薬剤の効果に反応する。それは、皮膚のかゆみや発疹を含むアレルギー反応の発症を排除していません。陰性の臨床像がある場合は、医師に相談することをお勧めします。

最適な用量は、1日4回まで2回の注射である。投与量は個別に割り当てられる。治療期間は7日を超えてはならない。

2.5歳未満の子供、妊娠中の女性、および授乳中の子供には、スプレーの使用は推奨されません。アレルギー反応のある人には、注意深く投与されます。

寒さの最初の兆候からのTantum verde

この薬剤は、上気道の感染症および炎症性疾患を排除するために広く使用されている。Tantum Verdeは次の治療に使用されます:

  • 口内炎;
  • 咽頭炎;
  • 喉頭炎;
  • パロドン症;
  • カンジダ症;
  • 唾液腺の結石性炎症;
  • これは、外傷および外科的介入後の予防手段として使用される。

噴霧の形態では、薬物は、1日当たり1.5-3時間、ただし8回以下で使用される。12歳未満の子供の場合、最適な投与量は4スプレーです。

4歳未満の小児、アレルギー反応に苦しんでいる方には推奨されません。副作用、すなわち貧血、口渇、および灼熱を生じる可能性があります。不眠症が出現した。

Ingalipt - 咳との戦いで最高の消毒剤

この製品は消毒性と抗炎症性を持っています。吸入は、咽頭炎、喉頭炎、喉頭炎および潰瘍性口内炎の炎症過程を治療するために使用される。

主成分の感度を上げて噴霧することはできません。アレルギー反応がある場合は、使用前に専門医に相談することをお勧めします。

最適な用量は1日3回から3回の注射である。口に薬物を入れておくのが7分必要です。それを飲み込むことは禁じられています!

カメコン - 咳止め薬

この薬剤は組み合わせられ、抗炎症および消毒を含む多くの機能を果たす。上気道の慢性疾患の急性発作を止めるために使用されています。この薬剤は、鼻道の治療において顕著な効果を有する。

最適用量は1日3〜4回、吸入持続時間は2分です。Cametonの使用は2日以内にしてください。

主な禁忌は、5歳未満の小児であり、薬物の主成分に対する感受性が高まる。おそらく、皮膚発疹の形での有害反応の発症。

ルゴールスプレー - 炎症プロセスの局所療法

スプレーは、感染源を含む上気道の疾患を排除するために使用される。ルゴルゲルは12歳以上の子供が使用できます。

薬剤は、口および喉の粘膜に噴霧することによって、局所的に適用される。スプレーは炎症の領域に直接塗布する必要があります。1日あたりの最大アプリケーション数は6スプレーを超えないようにしてください。治療期間は個別に選択される。

エアロゾルの使用は、主成分、および腎臓疾患および肝臓疾患の人々への感受性を高めることは不可能である。ヘルペス様皮膚炎のためにスプレーを使用すること、および内分泌系に違反することは勧められません。

おそらく皮膚の発疹、蕁麻疹、にきびなどの有害反応の発症。

子供のための咳スプレー

今日では、特別な問題なしに、最適なエージェントを選択することが可能です。しかし、子供を治療するために咳スプレーを選択するときは、慎重にする価値があります。4年までのエアロゾルの使用は非常に禁止されています。そのような効果は、子供の生活に脅威を与える気管支痙攣の発症につながり得る。

いくつかの薬は2.5歳から使用することができますが、小児科医に相談することはありません。確かに、エアロゾルは、短期間で確実な治療効果を達成するための最も有効な手段である。しかし、不適切なアプリケーションでは、深刻な有害反応を起こす可能性が高くなります。

最も一般的な陰性症状はアレルギー反応です。熟練したケアを提供しなければ、アナフィラキシーおよび成果を出すことが可能である。したがって、子供の扱いの問題では、専ら専門家に頼る必要があります。

スプレーで乾いた咳を取り除くには?

乾いた咳は、しばしば非生産的です。それは単に粘膜を刺激するが、痰は出ない。この場合、乾燥した咳だけでなく、生産的な段階に変換するのに役立つ効果的なスプレーを選択する必要があります。

エアロゾルは数年前に有効であることが判明した。その一貫性と適用方法のために、薬は炎症の領域に直接到達し、陰性症状を止める。

救済策を選択するときは、炎症の焦点に直接作用する選択肢に優先順位を付けるべきである。さまざまな薬が状況を複雑にします。それにもかかわらず、いくつかの主要な薬剤が分離されており、その高い効率のために非常に普及している。その中には

  • タンタンベルデ;
  • Bioparox;
  • クロロフィルリップ;
  • Faringosept;
  • ヘクサール;
  • エクササイズ;
  • Slbutamol。

炎症を起こした部位に影響を与え、1-2日以内に症状を止めることができます。

抗生物質に基づく咳スプレー

抗生物質は最も有効な医薬品です。しかし、彼らは誰も、特に子供たちが使うことはできません。抗生物質に基づく咳スプレーは、上気道感染症を除去するために使用されます。

最も一般的で一般的なものはBioparoxです。噴霧の間に、炎症の焦点に入り、その中の病原性微生物に積極的に影響を及ぼす。このため、毎日の使用後に状態の改善が観察される。

その特性、適応症、禁忌および投与量の詳細は上記に示されている。

薬力学

スプレーは、炎症の焦点に局所的な影響を及ぼす吸入剤である。薬力学は、上気道の感染性炎症性疾患の急速な排除を意味する。

抗生物質に基づく多くの薬物の中心には、有効成分のFusafunginがあります。それは多くの危険な微生物に対して顕著な静菌効果を有する。製品には抗炎症効果があります。薬物の作用機序は、病原性微生物の細胞膜に埋め込まれる能力に基づいている。このため、不可逆的な変化がその構造内で起こり、疾患が後退する。

炎症の焦点に能動的に曝露すると、最初の使用後に症状の重症度が低下する。多くの場合、重篤な臨床像は治療開始2日後に消失する。

薬物動態

薬物の吸入適用後、その成分の分布は粘膜の表面全体に生じる。薬物の薬物動態学は、炎症性焦点の活性作用にある。作用物質は実際には血漿に入らず、その濃度は最小限である。このため、薬は完全に安全と考えられています。

妊娠中に使用する 咳スプレー

ほとんどの吸入薬には、安全性に関する信頼性の高いデータはありません。したがって、妊娠中に咳を治療するためにスプレーを使用することはお勧めしません。救済措置を指定するとき、医師は母親の肯定的な結果と、子供に対する副作用とを比較しなければならない。

母乳中への有効成分の浸透に関するデータはない。この治療法を使用する必要がある場合、赤ちゃんの自然摂食を止める問題が解決されます。

薬物の使用中、少量は血漿中に浸透し、これは子供の全体的な状態に影響を及ぼし得る。

禁忌

いずれの場合にも、吸入は薬物の主成分に対する過敏症の存在下で使用すべきではない。これは、人が重度のアレルギー反応を引き起こす可能性があることを聞くことなく、使用するための主要な禁忌である。

エアロゾルは、窒息および死亡の可能性が高いため、2.5歳までには使用されない。喉頭痙攣のリスクがあります。

アレルギー反応に苦しんでいる人々は、薬を慎重に投与されます。製品が目に触れないようにしてください。そうしないとすばやく洗い流してください。これにより、火傷を避けることができます。

副作用 咳スプレー

多くの場合吸入のための手段で、患者が十分に耐えられる。しかし、副作用の可能性は依然として存在します。

呼吸器系の部分では、鼻と喉の粘膜の乾燥は排除されません。くしゃみ、燃焼、咳、喘息、呼吸障害の発症の可能性があります。

消化管の器官の部分では、吐き気の出現は排除されない。

感覚から、味、口の不快な後味の出現、目の涙と目の赤みを変えることができます。

最も一般的な副作用は、かゆみおよび蕁麻疹を含むアレルギー症状である。

自分で症状を排除することはお勧めしませんが、担当医にそのことを知らせることをお勧めします。

投薬および投与

薬物は排他的に口または鼻の吸入の形で使用される。使用する前に、シリンダーを2〜4回押してシリンダーを作動させる必要があります。それからそれは薬で完全に来る特別なノズルに置かれる。先端が口または鼻に挿入された後、注射が行われる。これは、咳のスプレーを使用する主な方法です。

鼻の吸入は閉口で行い、深呼吸をする必要があります。病変が上気道にある場合、処置は口を介して行われる。これを行うために、先端が口に挿入され、バルーンを押すことによって、炎症を起こした領域が灌水される。注射後に呼吸を遅らせることをお勧めします。

専門家は、使用後にノズルを消毒することを推奨します。これをエチルアルコールで行うことをお勧めします。治療期間は医師が定めている。12歳以上の子供は、1日4回の注射で十分です。2.5歳の年齢で、2回以上の灌漑なし。コースの期間は1週間です。

過剰摂取

スプレーを使用した後のネガティブ反応はしばしば起こらない。しかし、水はいくつかの要因の影響を受け、過剰摂取を引き起こす可能性があります。不快な症状は、薬物の不適切な使用に起因する可能性があります。しばしば、これは投薬量の独立した増加によるものである。

不適切な人体の適用の結果として、血液の循環が妨げられ、咽喉のめまいや灼熱感が現れます。これと共に、口腔内の痛みやしびれが増加する。

大量の薬物が胃に入ると、洗浄が示され、続いて対症療法が行われる。

他の薬との相互作用

特別研究は実施されなかった。したがって、薬物と他の薬物との相互作用に関するデータはない。それにもかかわらず、同時に複数のエアロゾルを使用することは禁じられています。これはお互いの影響を増加させ、過剰摂取の症状の出現につながります。

薬物の使用に関するいくつかの推奨事項がありますが、多くの悪影響を避けるための遵守があります。したがって、最大治療期間は1週間以内です。コース終了時に、患者は医師に相談して治療の有効性を確認する必要があります。

エアロゾルは目に噴霧することはできず、熱源の近くに保管して高温にさらすことはできません。不適切な塗布は、皮膚の刺激を引き起こす可能性があります。

保管条件

薬が割り当てられた時間を確実に守るためには、すべての手術の規則を遵守する必要があります。重要な基準は貯蔵条件である。

この製剤は直射日光を避け、乾燥した場所に置いてください。最大保管温度は30度です。缶は過熱してはいけませんが、冷蔵庫に保管することは禁じられています。バイアルが空であっても、エアロゾルを穿孔しないでください。

賞味期限

薬剤は、上記の特別な条件の下で保管しなければなりません。ほとんどのスプレーの貯蔵寿命は2年です。すべての動作条件を適切に守って、デバイスは指定された期間だけ動作します。

缶の完全性と薬物そのものの一貫性を監視することが重要です。有効期限後の咳によるスプレーは使用できません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

多くの痛みを伴う状態は、乾いた咳のような兆候から始まります。したがって、治療を開始するときには、ほとんどの人がまず咳を取り除こうとします。つまり、最も厄介な症状です。
バターは軟化効果があり、創傷や傷跡を完全に回復し、炎症や停滞現象の残存物を取り除き、細胞の自己再生のプロセスを開始します。
マスタードは受容体、粘膜を積極的に刺激し、潮紅を引き起こし、局所循環を改善する治療薬として証明されています。結果として、腫脹が迅速に排除され、炎症が除去される。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "咳スプレー" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.