^

健康

You are here

子宮頸管炎のための抗生物質

ほとんどの場合、子宮頸管の膣部分の炎症過程である子宮頸管炎の治療には、抗生物質の投与が必要です。この病気のウイルス病因の場合にのみ、治療のために抗ウイルス剤が使用される。子宮頸管炎のための抗生物質は、感染の検出された病原体に応じて、選択的に任命される。

抗生物質による子宮頸管炎の治療

子宮頸管炎の発症の初期段階では、病気を引き起こした細菌を中和するために適切な投薬を行うことが非常に重要です。微生物学的分析の結果から、常に準備が整えられます。

特定の病原体が患者に見つかった場合、特定のタイプの細菌に影響を及ぼす厳密に指向された薬物(両方とも性交渉相手によって治療されなければならない)を用いて治療が行われる。病気がトリコモナドや細菌叢に起因する場合、抗生物質の使用は必須です。

抗生物質療法の経過後、膣微生物叢の品質を回復するためのレジメンを受けることが推奨される。膣座薬がこの目的に適している - 例えば、Bifikol、Atzilact、Vagilak、Lactobacterinなど。

適応症 子宮頸管炎のための抗生物質

子宮頸管炎はすべての場合において抗生物質で治療すべきでない。治療は常に個別に選択されます。これはまず第一に病気の根本原因に左右されます。従って、子宮頸管炎における抗生物質の使用は、炎症過程が病原性微生物によって引き起こされる場合にのみ適切であると考えられる。この場合、特定の抗生物質の選択は微生物の種に依存する。例えば、クラミジア自然の子宮頸管炎は、マクロライドまたはテトラサイクリンのような抗生物質で治療されるべきである。

しかし、必ずしも子宮頸が細菌病因であるとは限らない。炎症過程の原因は真菌になる可能性があります。この場合、医師は抗真菌剤(FlucostatやDiflucanなど)で治療を行います。

さらに、子宮頸管炎の発症はしばしばウィルス感染を引き起こし、そのような患者は抗ウィルスおよび免疫調節薬による治療を受けなければならない。このような療法は、より長く、より複雑である。

子宮頸管炎のもう一つの可能性のある原因は、ホルモン障害です。このタイプの疾患は、抗生物質療法の対象でもありません。それは、生殖管の組織における萎縮性変化を防ぐために、ホルモン薬の使用によって治療される。

診断中に特定の感染性因子が患者に見つかった場合、その後の再発の再発を避けるために、治療は女性だけでなく、性的パートナーによっても行われるべきである。

慢性子宮頸炎のための抗生物質

慢性型の子宮頸管炎を治癒するために、しばしば外科的処置が用いられる。しかし、身体の感染の病巣を事前に排除することなく、外科手術の方法を開始することは不可能です。したがって、凍結療法の前とレーザー治療の前の両方で、抗生物質の摂取は必須です。

この状況における抗生物質は、診断結果に基づいて感染性因子の最終的な診断および検出の後に処方される。抗生物質療法の背景に対して、身体の免疫機能を安定させる物理療法効果および薬物療法がしばしば用いられる。

子宮頸管炎における抗生物質の使用および急性期から慢性期への疾患の頻繁なオーバーフローは、しばしば、子宮頸管の腺への細菌侵入に関連する。この場所では、微生物が薬物曝露に達することが難しくなり、再感染のリスクが高い。そして、他の感染症の存在と免疫の弱化の場合、子宮頸管炎の再発はほとんど不可避です。これらの理由から、子宮頸管炎における抗生物質の使用は、特に、慢性疾患

リリースフォーム

子宮頸管炎のための抗生物質は、いくつかの変種において使用することができる。最も一般的な錠剤化抗生物質、またはカプセル中の薬物。彼らは取るのが便利です、彼らはうまくいきます。しかし、病気の初期段階では、血液への薬物のより迅速かつより集中的な送達がしばしば必要とされる。そのような場合、注射、筋肉内または静脈内の抗生物質溶液を使用することが好ましい。

抗生物質の放出の形態の別の変法は懸濁液である。この薬は、主に子供の治療に使用されます。

子宮頸管炎で使用される抗生物質の名称

いくつかの抗生物質群が子宮頸管炎の治療に適している。

  • 抗生物質ペニシリン群(半合成、保護、複合作用)は、錠剤または注射液の形態で入手可能である。子宮頸管炎のために処方される最も一般的なペニシリン薬は:
  1. アンピシリンは、粉末または錠剤で、受領当り250mgから1日平均4回、
  2. アモキシシリン(アモキシシリン) - カプセル剤で5〜7日間服用します。
  3. カルベニシリン(Carbenicillin) - しばしば重篤な疾患の点滴として処方される。
  4. Augmentin、Flemoclav - 併用療法の薬物を指し、しばしば慢性型の子宮頸管炎の治療に使用される。
  5. トリファモックス(Trifamox)、アンミシド(Ammiside)は、増強された作用を有する抗生物質であり、多発性感染症の急性経過(複数の感染性病原体が一度に検出される場合)において特に適切である。
  6. サンタ、タザシンは、抗生物質の静脈内点滴に使用される溶液である。
  • セファロスポリン群の抗生物質は、広範囲の抗菌活性を有する強力な薬物である。このような抗生物質は、しばしば、セフトリアキソン(Ceftriaxone)、スプラックス(Suprax)、セフロキシム(Cefuroxime)の形態で処方される。
  • フルオロキノロン群の抗生物質は、しばしば腎臓へのそれらの増加した毒性効果のために回避される。さらに、フルオロキノロン類は、子供、妊娠している患者、さらに母乳育児の女性に処方するのに適していない。そのような製剤の中で最も知られているものは、レボフロキサシンおよびシプロフロキサシンである。
  • ほとんどの場合、アミノグリコシド群の抗生物質は、日和見的嫌気性細菌によって誘発される、重篤な形態のこの病気の非経口投与のためにのみ使用される。ゲンタマイシン、シゾマイシン、アミカシン、トブラマイシン、およびN-メチルマイシンなどのアミノグリコシドを処方することができる。
  • など、クラミジア、マイコプラズマ、ureaplasmosis用 - テトラサイクリン系抗生物質のグループは、子宮頸管炎は、細胞内の病原性細菌を誘発するためにしばしば不可欠です。テトラサイクリン抗生物質の典型的な代表はドキシサイクリンである。

薬力学

子宮頸管炎における抗生物質の薬物効果は、Cefotaximeのような一般的なセファロスポリン薬の例を考慮する。セフォタキシムは、泌尿生殖器系の疾患、特に細菌性嚢胞腎炎の治療によく用いられます。

セファトキシムは、非経口投与に適しており、広範囲の抗菌活性を有する。これは、グラム陽性菌およびグラム陰性菌に影響を及ぼすために、ならびにペニシリン、アミノグリコシド、スルホンアミド調製物の効果に耐性の微生物に影響を及ぼすために使用することができる。

セフォタキシムの抗菌特性は、ペプチドグリカンを阻害することによる酵素トランスペプチダーゼの活性の阻害、ならびに細菌細胞壁の形成の分解にある。

セファトキシムは、ペニシリナーゼ、第1世代および第2世代のセファロスポリン抗生物質、アミノグリコシド調製物に対する耐性を示す多剤耐性株に破壊的作用を及ぼすことができる。

セファトキシムは、第一世代のセファロスポリン抗生物質とは対照的に、グラム陰性球菌叢と比較して弱い活性を示す。

薬物動態

セファトキシムを体内に筋肉内注射した後、血中の限度は30分で固定されます。血液中には、30〜40%の抗生物質が血漿タンパク質と接触する。この薬剤の殺菌効果は、最大12時間続くことがあります。

セファトキシムは、組織や体の環境に完全に分布し、胎盤層を克服し、母乳に含まれています。

薬物の最大90%が体内に排泄され、残りは糞便と母乳で排泄されます。筋肉内注射による半減期は、1時間半である。

妊娠中に使用する 子宮頸管炎のための抗生物質

妊娠中の子宮頸管炎は、その合併症が妊娠の自発的終結、衰弱または胎児の発達障害でありうるので、非常に危険な疾患であると考えられている。したがって、子宮頸管炎を開始するためには、できるだけ早く治療が必要です。

妊婦に子宮頸がんのための抗生物質を指定する前に、医師は感染性物質の種類を決定しなければならない。このために、以下の診断が実行されます。

  • 子宮頸部分泌物;
  • ポリメラーゼ反応(クラミジアの疑いを伴う);
  • 酵素イムノアッセイ。

それにもかかわらず、抗生物質を使用する必要がある場合、この場合の薬物は、例えば、ドキシサイクリンのような最も安全で安全なものから選択される。妊娠後期に子宮頸管炎で抗生物質療法を行うことが好ましい。

禁忌

虫垂炎に対する抗生物質は、特定の薬物群に対する過敏症の場合には使用されない。

相対禁忌は、妊娠、母乳育児および子供の年齢である。

他の可能性のある禁忌の存在は、特定の抗生物質の指示書に記載されている。

慎重に抗生物質を適用する:

  • 造血機能が損なわれている;
  • 腎臓の効率が不十分である。
  • 肝機能の違反で
  • 重度の内分泌障害を伴う。

さらに、子宮頸管炎における抗生物質の受容は、すべての薬物が組み合わされているわけではないので、他の薬剤による治療と協調しなければならない。

副作用 子宮頸管炎のための抗生物質

子宮頸管炎における抗生物質の受容は、しばしば望ましくない副作用の出現を伴う。ほとんどの抗生物質の主な欠点は、その毒性です。したがって、自分の健康を損なわないように、自分でこのような薬を飲むべきではありません。

有害症状は:

  • 聴覚障害、耳鳴り(特に長期の治療または抗生物質の不適切な投与を伴う);
  • 乾燥口、喉の渇き、尿の排出量の変化;
  • 呼吸抑制、呼吸困難;
  • 協調障害、めまい;
  • 感覚異常、視力障害。

しかしながら、最も一般的な有害症状はアレルギー反応であり、これは皮膚発疹、腫脹、かゆみとして表される。重篤な症例では、アナフィラキシーショックが発症することがあります。

投薬および投与

子宮頸管炎のための抗生物質は、個々のスキームに従って処方される。抗生物質の作用に対する検出された細菌の感受性が必ず考慮され、そうでなければ治療は無駄になる可能性がある。

子宮頸管炎のために抗生物質を使用する前に、治療をより効果的にするのに役立ついくつかの簡単な推奨事項を覚えておく必要があります。

  • 医師によって処方された薬の投与量を変更することはできません。
  • 錠剤は水で洗い流すべきです(牛乳ではなく、温かいお茶ではありません)。
  • 抗生物質治療の過程では、たとえ少量でもアルコールを飲むべきではありません。

セファロスポリン系抗生物質セフォタキシムの例を検討すると、8〜12時間ごとに1gの筋肉内投与が推奨されます。1グラムの抗生物質を4mlの溶媒で希釈する。これを行うには、注射用水、または1%リドカインを使用することができます。

抗生物質療法後の異常症を予防するために、プロバイオティックおよび抗真菌薬を服用することについて医師に相談する必要があります。

過剰摂取

抗生物質の不当に高い金額を受信すると、神経筋の興奮性を高めるために、増加した副作用の重症度だけでなく、痙攣の外観、脳症、四肢の震えにつながることができます。

過量投与はほとんどの場合、対症療法のみが使用されます。症候性医薬品の作用は、抗生物質の体に対する毒性作用の排除、ならびに呼吸器系および心臓血管系の維持に向けられている。

他の薬との相互作用

1つの注射シリンジまたは1つのドロッパーで異なる薬剤を混ぜることは推奨されません。

抗生物質セファタキシムは、非ステロイド性抗炎症薬または抗凝集物と組み合わせた場合に出血を引き起こす可能性がある。

ループ利尿薬とアミノグリコシド系抗生物質を含むポリミキシンBを組み合わせると、腎臓を破壊するリスクが高くなります。

テトラサイクリンは、金属イオンを含む薬物と組み合わせてはならない。制酸薬、鉄、カルシウム、マグネシウムの製剤は、そのような医薬品に言及することができます。

テトラサイクリンとペニシリンとセファロスポリン系抗生物質を併用しないでください。基本的に薬物の作用メカニズムが異なるためです。

抗酸剤、エチルアルコールは、消化管からの抗生物質の吸収を損なう。さらに、エタノールは薬物の毒性作用を増大させる。

保管条件

子宮頸管炎を治療するために使用される抗生物質は、直射日光や湿気の侵入から保護された場所に保管されています。+ 15〜+ 25℃の温度条件下での医薬品の最適な保管

子供が医薬品の貯蔵施設にアクセスできないという事実に注意する必要があります。

賞味期限

抗生物質の平均有効期間は、特定の調製物に依存して、2〜3年である。いかなる状況下でも、抗生物質はその有効期限が切れた後に子宮頸管炎で使用されるべきではない。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.