^

健康

心筋梗塞を伴うECG

、医療編集者
最後に見直したもの: 24.06.2018
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

心筋梗塞を伴うECGは高い診断値を有する。それにもかかわらず、その情報性は絶対的ではありません。

緊急および終末状態では、通常、II標準リードが評価に使用され、多数の定量的インジケータ(例えば、小規模心室細動の収縮との区別)のより優れた区別を可能にする。

急性冠動脈症候群における心電図の診断上の有意な変化は、狭心症状態の最初の臨床症状よりもずっと遅れて発生する可能性がある。診断上重要な変化をタイムリーに検出するには、可能な限り早期に心筋梗塞でECGを除去し、特に患者が狭心症発作を再開した場合には、繰り返し記録する必要があります。登録は12リードで行われなければなりません。必要であれば、追加のリード線(背側腋窩および肩甲骨線(V7-V9)、IV肋間腔内のV3RおよびV4Rなど)を使用する必要があります。

場合によっては、既存の狭心症発作の発症前に登録された心電図との比較は、診断に役立ちます。

STセグメント上昇心筋梗塞でなく、早期再分極症候群、脚脚ブロック、心筋における広範な瘢痕、慢性左心室瘤、心膜炎および他の条件を左完全封鎖だけでなく観察することができます。したがって、急性冠症候群の異なる変異体の診断は、特徴の組み合わせに基づいており、疾患の臨床像と相関すべきです。

trusted-source[1], [2], [3], [4], [5], [6], [7]

STセグメントおよびT波の形態は正常である

急性冠動脈症候群の治療法選択のアプローチの主な基準はSTセグメントの変化であるため、STセグメントおよびT波の形態をノルムおよび病理学でよく表すことが必要である。

セグメントSTは、QRS複合体の端部とT波の開始点との間の心電図のセグメントであり、両心室が完全に励起されている心周期の期間に対応する。

四肢のリードでは、STセグメントは、±0.5mm以内の小さな変動を伴う等高線(等波 - T波の終わりと次の心周期のP波の始まりとの間の間隔)に位置する。時折、III標準のリードでは、健康な人ではSTセグメントの減少が0.5mmを超えることがあります。特に、その後の低振幅T波がない場合は、胸部リードVI-V3では、標高STは3.5mm以下であることが許され、セグメントSTは「アークダウン」の形態を有する。健康な個体で通常深い歯S及び高い正歯T.胸部と組み合わされ、このSTセグメント上昇は、V4、V5-V6小さな許容ST低下が0.5mm以下であるリード。

「水平」、「斜め」、「斜め」、「トラフ」およびSTセグメントの鬱病「アーチアップ」の5つの変種がイソリンの下に記載されています。

典型的な場合、心筋虚血は、STセグメント鬱病を伴う心電図上に現れる。虚血性心疾患では、STセグメントのうつ病は、より多くの場合、「水平」、「歪んだ」または「トラフ」として特徴付けられる。冠状動脈性心疾患で最も特徴的であるのは、STセグメントの水平変位であるとの十分に確立された意見がある。典型的には、STセグメント低下の程度は、通常、冠動脈不全の重篤度および虚血の重症度に対応する。それが多いほど、心筋の衰えは深刻です。ST> 1mmのうつ病は、心筋虚血を示し、2mmを超える - 心筋の損傷または壊死について示す。それにもかかわらず、この基準は絶対に信頼できるものではありません。いずれのリードにおけるSTセグメントの鬱病の深さも、冠動脈不全の程度だけでなく、R波の大きさにも依存し、また呼吸数および心拍数から変化し得る。STの診断上有意なうつ病は、心電図の1ポイントおよび2リードにおいて1mm以上である。狭窄したSTうつ病は、虚血性心疾患の患者ではあまり一般的ではない。ジゴキシン等を服用している患者では、心室の肥大、バンドル枝の遮断が観察されることも多い。

STセグメントを評価するためには、STセグメント変位の事実だけでなく、その持続時間も重要である。合併していない狭心症の患者では、STセグメントの変位は一時的であり、狭心症の発症中にのみ観察される。STセグメント抑圧のより長い期間の登録には、心内膜下心筋梗塞の除外が必要である。

心筋梗塞のECGは、急性の損傷または心筋梗塞がSTうつ病だけでなく、STセグメントのイソリンからの上方への移動につながる可能性があることを示唆している。この場合のセグメントSTの弧は、ほとんどの場合、変位方向に凸の形をしている。STセグメントにおけるそのような変化は、プロセスの焦点を反映するECGの別個のリードで観察される。急性損傷および心筋梗塞の場合、動的ECG変化が特徴的である。

歯Tは、心室の再分極の期間(すなわち、心室における興奮の停止のプロセス)に対応する。これに関して、通常のT波の形状及び振幅は非常に可変である。ノーマルでTine T:

  • リードI、II、AVFにおいて陽性でなければならない。
  • Iリードの振幅はIIIリードの振幅を超える必要があります。
  • 四肢から増幅されるリードの振幅は3〜6mmである。
  • 持続時間0.1~0.25秒;
  • 鉛VIにおいて陰性であり得る;
  • 振幅V4> V3> V2> VIとなる。
  • T歯はQRS群と一致しなければならない、すなわち歯Rと同じ方向を指していなければならない

通常、STセグメントはT波にスムーズに通過するため、T波の最初のSTセグメントの終わりは実質的に区別されません。心筋虚血におけるSTセグメントの最初の変化の1つは、その端部の平坦化であり、その結果、セグメントSTと歯の始まりとの間の境界がより明確になる。

T波の変化は、冠動脈灌流欠損の診断のためのSTセグメント偏差よりも特異性が低く、感度が低い。T波の逆転は、ノルマルの変形として、または他の心臓または心臓以外の原因による虚血の非存在下でも観察することができる。逆に、虚血の存在下でT波反転が存在しないことがある。

したがって、STセグメントおよびT波の形態の分析は、ECGのすべての要素および疾患の臨床像の評価と併せて実行される。様々な病理学的状態に対して、STセグメントは、イソリンから下方にまたは上方に混合され得る。

心筋梗塞、虚血、損傷および壊死を伴うECG

心電図の助けを借りて、約90〜95%の症例で心筋梗塞を診断し、その局在、サイズおよび処方を決定することも可能である。これは、梗塞(心臓の電場の電位の変化)の場合の心筋における機能的電流の違反に関連して可能であり、壊死的に変化した心筋は電気的に受動的であるためである。

心筋梗塞を伴うECGは、虚血、損傷および壊死の3つの領域を区別する。壊死領域の周りの心筋には、経壁損傷の領域があり、これは、次に、経壁虚血の領域によって取り囲まれている。

trusted-source[8], [9], [10], [11], [12], [13], [14]

心筋虚血を伴うECG

虚血ゾーンは、T波(QRS複合体およびSTセグメントは通常の形態を有する)を変化させることによって心電図上に現れる。ほぼ対称虚血等辺、彼の大きさが等しく、膝、及び一般的に虚血ゾーンに再分極を遅らせるにより増加歯幅Tの最初と最後から等距離の鋭利な先端の両方の間のT波。心電図リード線に関連する虚血部位の位置に依存して、歯Tは、

  1. 負の対称性(トリム電極の下での経壁虚血または活性電極の下の心外膜下虚血を伴う)。
  2. 高陽性対称急性冠状動脈(活性電極の下の心内虚血または反対の電極壁の経壁虚血を伴う)。
  3. (活性電極が虚血ゾーンの周辺に位置している場合)、二相である。

trusted-source[15], [16], [17], [18], [19], [20], [21]

心筋損傷を伴う心電図

心電図的には、心筋病変はSTセグメントの変位に現れる。活性電極およびその位置に対する損傷領域の位置に依存して、STセグメントの様々な変化が観察され得る。したがって、電極下の経壁損傷については、STセグメントは、隆起部を有する上向きの円弧によってイソリンの上に上昇するように見える。反対側の電極壁に貫壁損傷があると、STセグメントはアーチを下方に向けてイソリンより下に減少する。場合心外膜下電極下の心内膜下の損傷と、上向き円弧凸部と等値線の上方に位置する電極STセグメントの下で破損 - 下向きに円弧凸部を有する下部輪郭線。

trusted-source[22], [23], [24], [25], [26], [27], [28]

心筋壊死を伴うECG

心電図上の心筋壊死はQRS複合体の変化によって示され、その形状は壊死領域に対する電極の位置およびその大きさに依存する。従って、経心筋梗塞では、0.04秒以上の幅を有するQS歯が電極の下にマーキングされる。壊死と反対の領域では、R波の振幅の増加の形で相反的な変化が記録される。非経絡的な心筋梗塞では、QRまたはQrの歯質が心電図上に観察される。Q波の振幅および幅は、概して、病変の深さを反映する。

心筋梗塞を伴うECGは、以下の処方の心筋梗塞を区別する:

  1. 3日間までの心筋梗塞(急性、新鮮)。セグメントSTが正のT波(病理的Q波の有無にかかわらず)と合流するとき、単相曲線の形のイソリンの上のSTの上昇によって特徴づけられる。
  2. 心筋梗塞は2〜3週齢までである。アイソリンより上のセグメントSTの上昇によって特徴付けられ、負の対称波Tおよび病的なQ波の存在。
  3. 心筋梗塞は3週間以上続く。輪郭上のセグメントSTの位置、深い負の対称波Tおよび病的なQ波の存在によって特徴付けられる。
  4. 心筋梗塞後の食細胞変化。これは、イソリン上のSTセグメントの位置、正の、平滑またはわずかに負のT波および病的なQ波の存在によって特徴付けられる。

trusted-source[29], [30], [31], [32], [33], [34]

心筋梗塞を伴う心筋梗塞のST上昇

単相曲線としてST-セグメント上昇円弧STセグメント上昇を伴う心筋梗塞の特徴、下方歯R膝は等電位線に到達しないように。この場合のST立ち上がりの大きさは、リードV2-V3では0.2mV以上であり、他のリードでは0.1mV以上である。この上昇は、2つ以上の連続リードで観察されるべきである。単相性曲線は数時間続く。その後、心電図画像は、プロセスの発達段階に応じて変化する。

疾患の発症の数時間または数日心電図歯病的Qに表示された後、振幅が減少またはR歯起因心筋壊死の形成に、QS-心室の複雑な形状を生じます。この変更により、大規模またはQ-形成心筋梗塞を診断することができます。

ほぼ2日目の初めまで、負の冠状動脈Tが現れ、セグメントSTが徐々にイソリンに降下し始める。3〜5日の終わりに、負の歯の深さが減少し、8〜12日にT波の2回目の反転が起こり、再び深くなる。

trusted-source[35], [36], [37], [38]

STセグメント上昇なしの心筋梗塞を伴うECG

STセグメント上昇のない急性冠動脈症候群では、心電図は:

  • 心電図の変化の有無;
  • STセグメントの鬱病(2つ以上の隣接するリードにおいて1mmを超える診断的に有意な変位);
  • T波の反転(優勢なR波を有するリードでは1mm以上)。

trusted-source[39], [40], [41], [42]

知っておくことが重要です!

乳酸デヒドロゲナーゼ活性の測定1は、主に心筋梗塞の診断のための臨床診療において使用される。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.