^

健康

You are here

診断

診断とは、診断を行う専門家です。リスニング、プロービング、ようにタップして:専門は、彼女はほんの数十年だが、関係する医師の診断が長く、最も簡単な方法に基づいている、非常に若いです。

誰もが通常のセラピストであり診断医ですが、時間がたつにつれて、医学的にはX線、MRI、超音波、心電図などの新しい研究方法が登場しています 新しい診断装置の登場により、特定の装置の助けを借りて重要な情報や内臓の状態や仕事を強調し、正しい診断を行うことができる新しい狭い専門分野を特定する必要性が生じました。各医師は治療を行う前に診断する必要がありますが、診断を決定することが難しく、その後医師診断医によって行われる追加の検査が必要な状況があります。

この診断者は誰ですか?

診断は、人のすべての内部器官およびシステムの研究に従事しており、受信したデータに基づいて、患者に対する正しい診断を定義する。診断に基づいて、狭い専門化の主治医がさらなる治療を提供する。このように責任を分散することで、医療従事者の時間をより効率的に過ごすことができ、効果的かつタイムリーな治療を行うことができます。

現時点では、治療を開始する前に診断の定義は各専門家の責任ではあるが、診断医はすでに医学の別個の専門である。一般に、セラピスト(または他の専門家)は一般的な疾患の診断を決定するが、困難または疑いがある場合は、診断医に追加検査のために患者を送る。

私はいつ診断医に行くべきですか?

現在、診断機能は非常に多様です。今日、血液や尿のX線や生化学的成分だけでなく、特殊な装置の助けを借りて内臓を検査することも目的とした診断手術を行うことができます。このような手術は平均的な医療関係者によって実施されることが多く、研究の結果は適切な結論を下す専門医に送られます。

担当医は、診断を行うことが困難であると判断し、追加の検査を推奨する場合には、診断医などの専門医に相談する必要があります。あなた自身も診断者に連絡することができます。あなたが弱点、一般的な健康状態の悪さ、特定の器官または身体の一部の痛みを感じる場合は、別の専門家の紹介なしに、また、完全な診断評価は、深刻な疾患の発症を予防または早期の段階で任意の病理を明らかにし、予防措置することができ受ける(それが要因であり、特にとき:ように不健康な労働条件、家族歴など)。

診断者に連絡する際にはどのようなテストを受けなければなりませんか?

医師 - 診断医は、分析に多くの注意を払い、生物の仕事や状態について多くのことを伝えることができるので、貴重な助けとなります。

現代医学では、実験室での尿、糞便、血液の様々な(物理的、顕微鏡的、化学的)研究が広く行われている。異なる器官および組織(肝臓、骨髄、脾臓、リンパ節など)からの穿刺または生検によって得られた他の材料は、

診断者にとって重要な価値は、様々な病原性微生物の発見を助ける血清の使用による研究方法である。

呼吸器系の病気では、原則として、感染または悪性腫瘍を検出するために喀痰を採取する。この液体の研究は、体内の細菌の存在を決定する最も効果的な方法です。

血液の研究では、血小板、白血球、赤血球の総数に加えて、各タイプの白血球の量、ヘモグロビンおよび赤血球の形態が決定される。

多数の血液検査があり、それぞれが特定の器官(システム)の状態を判定するために必要です。例えば、クレアチンホスホキナーゼの画分が血液中に現れ、心筋の活動が中断された場合、画分のレベルが増加すれば、心筋梗塞について話すことができる。

ヘマトキシムは、様々な種類の貧血の同定に役立ちます。これは、赤血球のレベルを測定する特別な装置です。診断において、重要な分析は、抗体の存在についての血液の研究であり、これにより感染の正確な診断が可能になります。

典型的には、血液サンプルは、静脈から、または指から採取されるが、特別なカテーテルの本体は、心臓の室または主要血管に静脈(動脈)と移動を通って挿入されたとき、多くの場合、例えば他の方法、心臓カテーテル法を必要とします。このような分析により、血液の酸素および二酸化炭素含有量を決定することができる。

診断者はどのような診断方法を使用しますか?

医師 - 診断医は、まず、患者の質問を行い、患者の状態の全体像を自分自身で判断するのに役立ちます。インタビューされると、医師は、客観的(温度、脈拍、血圧、検査結果および追加の検査)および主観的(感覚的な感覚)の2つのタイプの症状を特定する。通常、医師は、病気の最初の症状が現れたか、どれくらいの頻度で繰り返されたか、親戚が同じ病気や症状を患っているかどうかを知るでしょう。診断者の標準的な質問には、栄養、喫煙、アルコール、ライフスタイル、職場などに関する質問が含まれます。このすべては、専門家が患者のより完全な画像を形成するのに十分重要です。

小さな子供を調べるとき、医師は両親から受け取った情報から始めます。また、医師は、妊娠と出産がどのように進行したか、子供が何歳になったのか、何らかの合併症があったかを聞いて、最初の措置を講じることができます。両親が症状を説明しようとしたり、病気の可能性について自分の意見を持っている場合、これは診断者の仕事を複雑にするだけです。小さな子供は、どこにどのように傷つき、どのように感じるかなどを正確に説明することは難しいので、自分の状態を正しく説明することができません。この場合、両親は正確な診断の策定に貢献するために、専門家が提出した質問に可能な限り正確かつ完全に対応する必要があります。

質問の後、医者は患者を検査する。まず、外部の検査(皮膚、舌、目、喉、扁桃腺、温度測定など)が行われます。また、専門家は体重、身長を測定します(これは、乳幼児の体重や身長の増加を予測できるため、子供にとって特に重要です)。

複雑な症例には、非特異的な経過や症状の混乱があります。病気の使用を特定するには:

  • コンピュータ断層撮影(computer tomography)。内部器官の画像を得ることができます。このメソッドは、ほとんどすべての器官や体の部分(膵臓、副腎、胸郭、腹膜、四肢、心臓など)を研究するために使用されます。この診断法は、胆管の開存性、臓器、関節、腫瘍、嚢胞、膿瘍、骨盤臓器、肺、消化器系、感染症、癌の開存症を同定することができる。
  • X線(X線)はここでは使用されないため、MRI(磁気共鳴イメージング)は多くの人々にとって最も安全な診断方法です。MRIでは、脊髄と脳の特定の構造をよりよく見ることができます。ほとんどの場合、この方法は、腫瘍学の存在および蔓延のために、神経系の腫瘍を検出するために使用される。MRIの助けを借りて、腫瘍、ジストロフィー、炎症、心臓や血管、リンパ節、腹膜、胸部、寄生虫病などの多くの病気を検出することができます。
  • 内視鏡では、特殊な装置(内視鏡)で中空の臓器を見ることができますが、通常は軽度の症状に使用されます。この装置は体を内部から見ることができ、診断目的だけでなく、多くの病気の治療にも使用されます。この方法の助けを借りて、多くの病気の初期段階、特に多くの器官の癌(胃、肺、膀胱など)を認識することが可能です。通常、内視鏡検査は、生検(さらなる検査のために組織片を採取する)、治療手順(薬剤の投与)、鳴らすことと組み合わせる。
  • 超音波(超音波)は、現代の診断の広く使用されている方法です。超音波には禁忌はなく、治療中は何回も行うことができますが、必要が生じた場合は一日に数回行うことができます。利用可能な術後瘢痕を伴う肥満、鼓腸、方法は、十分に有益ではなく、達成するのが難しいかもしれない。この方法では、腹膜、小さな骨盤、腎臓、甲状腺、胸、血管、心臓の器官の病気を診断することができます。
  • マンモグラフィーを使用して、早期段階の女性の乳房疾患を特定することができます。この方法では、低線量のX線を使用します。医学において、実際の成果は、乳腺およびデジタルマンモグラフィにおける病理学的プロセスを検出するためのコンピュータシステムの出現であり、専門家にとってより有益である。

診断医は何をしていますか?

診断は、正確な診断を確立するために体の研究に従事しています。これを行うために、専門家はさまざまな診断ツールを使用します。医者は、人体で何が起こっているのかを知るために、得られた知識、経験、医療ツールを使用します。また、診断前の医師は、サーベイ、患者の視覚検査を行い、病気の臨床的徴候を判定し、特定の臓器が病理学的プロセスが可能であるかどうか、どの特定の症例においてどのような診断方法が必要かを判断する。

医師の任務には、患者の診断だけでなく、通常、専門医は疾患の重篤度を評価し、疾患のさらなる進展についての予測を行い、有効な治療を示唆する。病気が1つの器官に発生する場合、良い専門家は患者に正確な診断を与えるために単純な検査を必要とするだけであるが、病気がいくつかの器官またはシステムに影響を及ぼす場合、医師はより詳細な総合検査を行い診断を確定する。

どの病気が診断薬を扱う?

診断者である医師の主な任務は、患者の診断です。通常、さらなる治療は専門の専門医によって任命され、彼はまた回復過程を制御する。良い専門家は、正確な診断を行うだけでなく、その病気の有効な治療法を規定します。原則として、診断に困難がある場合、診断医が送られる。

診断は、疾患全体の画像を見ることができ、内部器官の状態を評価することができる

通常の診療での診断は、いかなる疾患の治療にも対処しない。そのような専門家は、(他の狭い専門家が診断において無力であった)彼の貧しい健康の原因を決定するために人体の診断を行う。

治療を施す前に、疾患の原因を決定することが必要であるので、各開業医は診断者である。診断をする。各専門家は、彼の地域(ENT - 呼吸器系疾患、セラピスト - 内在性疾患、外科医 - 臓器および傷害の疾患)における疾患を診断する。人の診断が困難な場合は、X線、心電図、超音波、MRIなどの追加検査に行きます。医師診断医は、検査を研究し、患者に質問し、検査などを行い、適切な結論を出し、専門医に治療のために送る。

診断者の医師のアドバイス

他のすべての医師は、アルコールを乱用したり、喫煙をやめたり、積極的な生活をしたり、食べたりしないで、健康的なライフスタイルに従うことを勧めます。

症状(痛み、めまい、幸福の悪化など)がある場合、早期に明らかにされた病気はほとんどの場合完全に治癒しているため、専門医に連絡することを延期しないことが推奨されます。

診断は身体を研究し病気を明らかにする専門家です。さまざまな診断方法の助けを借りて、専門医は病気の原因を特定し、診断し、狭い専門医に治療のために指示します。必要があれば、医師は治療法を個別に処方したり、予防法をアドバイスしたり、疾患の経過を予測したりすることができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

についての最新の調査 診断

医学はその場では踏みつけませんが、それは時代とともに歩み続けています。間もなく医師の中には、病気を診断できるガジェットに置き換えられる可能性が高い。

病気の遠隔診断の方法が発明された

すぐに医療専門家は、特殊な壁掛けレーダーを使って基礎疾患を診断することができます。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.