^

健康

You are here

医者の機能診断

人体ではすべてが相互に接続されています。ある器官の機能に違反すると、他の多くの器官やシステムの動作が変化しています。試験結果が正常範囲内であり、人はまだ体調不良と感じたときに、機能的な関係は、疾患の慢性型に関する特に重要な情報をするだけでなく、健康に影響するだけでなく、病気の経過インチ 身体がその機能、適応能力、資源、病理発生のメカニズムにどのように対処しているかを医師が機能診断に役立ててください。

機能的診断薬は誰ですか?

患者が診断の紹介を処方されている場合、彼はしばしば自分自身に質問をします。セラピストからの調査を行うスペシャリストと機能的な診断者の違いは何ですか?

医師診断医は、より高い医学教育、専門分野の「機能診断」の大学院の訓練を専門としています。医師は、実際にそれらを適用し、知識とスキルの次の量を持っている必要があります: 

  • 保健省の法律の基礎と医療機関の活動を規制するすべての文書
  • 病因学、病理学的プロセスの発症の病因機構、臨床症状およびコースの特異性、疾患の発症。正常および病理生理学のすべての法則、生理学的機能のシステム分析の方法。
  • 主要な疾病の共通かつ特定の症状を特定するための規則と技法。
  • 臨床症状、緊急状態の症状および援助方法。
  • 主要な病状、疾患の複雑な治療の原則。
  • 人体の器官および系の機能の臨床的、実験的、器械的診断の一般原則および基本原則、方法および方法。
  • 一次診断を明確にするために患者を検査するための基本的な機能的方法および方法を決定するための規則。
  • 使用機器の計量特性の分類と基準。
  • 機能診断部門の組織と計測のための一般規則。
  • 関連する医療記録および記録の作成に関する規則および規則。

機能診断の医師は、第2、第1、およびより高い適格なカテゴリーを有することができる。

機能診断にはいつ行かなければなりませんか?

理想的には、すべての合理的な人は、主なリソース(健康)の価値を理解し、定期的に器官やシステムの機能の包括的な検査を含む健康診断を受けなければなりません。これが行われた場合、「機能診断のために医師に行く」という質問は単に起こらない。残念なことに、ほとんどの場合、患者は主治医の指示で、すなわち疾患の最初の症状が既に現れているときに診断室に入る。

そのようなイベントの前にあなたの健康を総合的にチェックすることもお勧めします: 

  • あなたがDelneyの旅に出かける前に、特に身体に異常な気候の国では、条件があります。
  • さまざまな健康改善イベントの前に、リゾート、サノゲリウムなどへの旅行(多くの場合、機能診断やその他の研究は必須です)。
  • スポーツやフィットネスを始める前に。
  • 意識的な子育て、概念を守っている人には包括的な検査が必要です。

このような予防措置は、内臓器官および相互に関連するシステムの作業レベルを評価するとともに、起こり得る合併症および悪化のリスクを排除するのに役立つ。赤ちゃんの概念の場合、両親の機能検査は、健康状態を修正し、所望の赤ちゃんの外観を知的に計画するのに役立つ。

医者に機能診断を依頼するとき、どのようなテストを受けなければなりませんか?

一般に、機能の研究は、患者が既に特定の疾患の臨床症状を有する場合に行われる。機能診断の医師に引き渡す検査は、治療の専門家によって決定され、患者の状態および病理形態 - 急性、慢性または初期段階に依存する。機能試験は実験室試験の前に、またはそれらと並行して行われます。

予備的な分析が実際に必要とされるいくつかのタイプの機能的方法があります。 

  • 外伤 - 拡散肺機能の評価。ヘモグロビンのレベルを決定するためには、血液を提供する必要があります。
  • 自転車エルゴメトリーでは、予備的な心電図と心エコー検査が必要です。
  • 経食道心エコー検査 - FGDの結果が必要です。
  • Spirographyでは、肺のX線撮影と蛍光撮影が必要です。

以下のタイプの試験では、試験や特別な訓練は必要ありません。 

  • 甲状腺の超音波。
  • リンパ節の超音波。
  • 唾液腺の超音波。
  • 子宮頸部の血管の二重超音波。
  • 上肢および下肢の血管の二重超音波走査。
  • 心エコー検査。

診断はすべての診断情報の分析に基づいて行われるため、より重要なことを言うことは不可能です。すべてのタイプの検査は重要であり、医師が設定した課題に従って体の状態を評価します。

機能診断医師はどの診断方法を使用しますか?

機能的診断の検査の主な方法は、5つのカテゴリに分類することができます。 

  1. ECG - 臨床心電図:
  • 毎日の心電図のモニタリング。
  • ストレステスト。
  • ベクター心電計。
  • 心膜マッピング。
  • 心音検査。
  • 心拍数オプションの決定。
  1. 外部呼吸の機能状態: 
  • 吸入挑発試験。
  • 肺容積の変化のグラフィカルな記録 - スピログラフ。
  • 気道閉塞の程度の評価 - ピークフロー測定。
  • 肺の機能状態の評価 - 体脂肪測定法。
  1. 神経系(中枢神経系および末梢神経系)の機能状態の評価および分析: 
  • 脳波 - 脳波検査。
  • 睡眠障害の原因の特定、無呼吸症候群 - PSGまたは睡眠ポリグラフ。
  • VP - 脳の潜在的な誘発電位。
  • 筋電図。
  • TMS - 経頭蓋磁気刺激。
  • エコー脳波検査。
  • VKSPは、誘発された皮膚交感神経ポテンシャルの方法である。
  • 機能テスト。
  1. 心臓の超音波 - 心エコー検査。
  2. 血管系の状態の評価: 
  • 支配する。
  • オシロスコープ。
  • ドプラ法。
  • Phlebography。
  • Vaginography。
  • 負荷試験方法。

医学のこの領域は非常に急速に進化していると毎年の病状の早期発見のための新しい、より高度で正確な方法を追加するなどの質問に答えるために、診断どのような医師の機能診断で使用される技術は、非常に困難です。また、この方法の選択は、身体、システム、それらの機能的相互関係に直接関連している。

上記の方法に加えて、医師は以下を使用します: 

  • 心臓のドプラ法。
  • NPVは経食道のペースメーカーである。
  • 変動性脈拍計。
  • 自転車エルゴメトリー - 運動を伴うECG。
  • 熱画像診断。
  • Pneumotachometry。
  • レオプレチスモグラフィ。
  • 脳のドップラー撮影。
  • 二重、血管(動脈、静脈)の三重超音波診断。
  • 音響インピーダンス測定。
  • エンドラディオソンディング。

機能診断医は何をしていますか?

機能診断の医師部門の主なタスクは、 - それは明白な臨床症状や身体の変化の発展への違反の可能性を除外するか識別するために、国家機関やシステムを検討するためには、病気の早期発見のための可能性を徹底的かつ包括的な検査です。

医師は段階的に何をしますか? 

  • 疾患の早期発見とその発症を防ぐためのリスクのある患者の検査。
  • 疾患の異なる段階における臓器および系の作業における解剖学的および機能的異常の同定および評価。
  • 治療介入中の身体状態の変化を動的に観察することを目的とした調査。
  • テストの実施 - ローディング、薬用、効果的な治療の適切な選択のための機能的。
  • 治療効果の評価と分析。
  • 定期的かつ予定外の手術前の患者の検査。
  • ディスペンサリー・テスト。

また、医師が作成して問題の調査の結果を報告し、ピアに参加することは、複雑な臨床例の分析、その専門に同僚に助言 - 機能診断、継続的に特別なイベント(コース、フォーラム、会議に参加し、最新の動向、技術及び装置を開発します)。

どのような種類の疾患が機能的診断薬によって治療されていますか?

機能診断の医師は治療を扱わず、投薬を処方せず、彼は別の仕事をしている。疑問が生じたら、医師がどのような病気を治療するのか、それはむしろ彼が研究している器官やシステムの問題です。これらは、次のようなタイプの調査です。 

  • 呼吸機能の検査と評価 
  • 心臓機能診断。
  • 消化器官の機能診断。
  • 腎臓の機能診断。
  • 内分泌機能検査。
  • 婦人科機能診断。
  • 神経学的機能診断。

概して、患者は主治医(セラピストまたは狭い専門の医師)の指示に従って機能的診断室に入る。機能診断の医師は、以前に決定された予備診断を明確にし、修正し、確認するために検査を行う。診断はすべての結果の分析に基づいて行われるため、機能検査は疾患の治療ではなく診断の助けとなります。

機能診断のための医師のアドバイス

機能的診断とは、絶対に安全で無痛なタイプの検査を指します。各手技の前に、医師は患者の会話を行い、方法の本質とプロセスがどのように起こるかを説明します。これは、患者の不安を軽減するだけでなく、高感度デバイスが被験者の栄養上の変化に敏感に反応するので、生物の機能状態を定性的に評価するのにも役立つ。この点に関して、トレーニングの基本的な推奨事項に加えて、ほとんどすべての診断医は、物理的および感情的な刺激要因を排除するように患者にアドバイスする。特定の準備ルールも存在し、どのボディが評価されるのか、どのような方法で評価されるのかによって異なります。特定の手順を実行する場合は、食べることはお勧めできませんが、他の同様の制限はありません。

しかし、主な提言は現代人の話題となる別の問題に関連しており、名前は予防である。

予防することにコミットしている、機能診断科の医師が、また、医学に関連したすべての他の専門家だけではないが、そのような人間の臓器やシステムのタイムリーな評価として、病態の早期発見は、病気を識別することができ、開発の初期段階でそれを停止します。

医学診断の医師のアドバイスは、まず、翻訳の意味でよく知られている「Bene dignoscitur bene curatur」というステートメントがよく定義されているため、よく扱われています。システムの機能と資源の包括的な研究では、すでに病気になっている人だけでなく、比較的健全な人に分類される人にも、臓器の状態が必要です。現代の技術、方法、完璧な診断装置により、機能レベルでの最小限の初期変更、違反を最大の精度で明らかにすることができます。これは迅速で効果的な治療のためのユニークな機会を意味します。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

超音波走査(超音波)による器具による診断は、超音波検査とも呼ばれ、内部臓器および腔における異なる音響密度を有する領域を検出することができる(高エコーまたは低エコーの形成)。

子宮頸部の超音波
子宮頸部の超音波は、女性生殖器官だけでなく骨盤内器官の病理発生の主な原因を特定する最も有益な方法の1つである方法である。
妊娠初期の超音波
妊娠初期の超音波は例外なくすべて処方されています。多くの女性は、超音波が害を及ぼすことがあり、発達し始めた生物のみを傷つけることを経験している。

についての最新の調査 医者の機能診断

ほとんどの人は超音波のようなこの種の診断に精通しています。標準的な超音波装置はどのように見えますか?これは、恒久的に設置された、または特別な車輪の部屋の周りを移動することができますホテルのモニターではかなり面倒なインストールです。同意すると、必ずしも便利ではありませんか?

超音波検査は、医師の処方に従って、通常12-14週間で、ならびに第2および第3の治療期間に実施される。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.