^

健康

のどの痛みのためのビセプトール:服用方法、投与量

最後にレビューした人:、医療専門家、 22.03.2019

のどの痛み - 激しい痛み、咳、鼻水、のどの発赤、扁桃腺およびリンパ節の炎症、急激な温度上昇を伴う、上気道のかなり一般的な病気です。多くの場合、のどの痛みに中毒の兆候が伴います。主な理由は細菌感染症です。この場合、混合感染は最も頻繁に連鎖球菌グループの代表者の有意な有病率と細菌性およびウイルス性感染症の関連によって表されます。狭心症の治療法はたくさんあります。最も効果的な薬の一つは喉の痛みのためのビセプトールです。

喉の痛みのためのビセプトールはできますか?

多くの場合、セラピストのオフィスでは、「ビセプトールをのどの痛みにすることは可能ですか」という質問を聞く必要があります。したがって、有効成分抗菌剤は、グラム陽性菌とグラム陰性菌叢の両方に影響を与え、炎症プロセスを緩和し、停滞を防ぎ、代謝プロセスを促進します。回復ははるかに速いです。

適応症 ビセプトール

球菌に対する殺菌力を発揮します。特徴的な機能は、ビセプトールがクラミジア感染症、マイコバクテリア、腸球菌によって引き起こされる炎症と感染プロセスを克服するのを助けるということです。真菌や酵母のような植物にも役立ちます。使用のための徴候は強い咳、灼熱感、痛み、リンパ節の増加と痛み、夜間のいびきです。

  • 化膿性扁桃炎のためのビセプトール

化膿性扁桃炎の最も効果的な手段の1つです。ビセプトールは長い間治療および小児科診療に使用されてきました。

狭心症の発症原因が細菌叢である場合にのみ有効です。

リリースフォーム

唯一の形態のビセプトール放出が知られている - 黄色がかっているが大部分は白の丸みを帯びた錠剤。一方では、それらは刻まれていて危険にさらされています。組成物は、スルファメトキサゾールおよびトリメトプリルを400および80mg、合計480mgの濃度で含む。さらに、治療効果がない賦形剤が含まれています。14個と20個のカートンパックで梱包。

薬力学

我々がスルファメトキサゾールの薬力学について話すならば、それは注目に値する:それはそれぞれ細菌の合成過程の混乱、代謝過程の破綻に寄与する。次第に、細菌細胞の死が起こり、そして炎症過程がおさまる。

トリメトプリムの薬力学に関する限り、それはスルファメタキサゾール活性の増強剤として作用し、炎症を軽減し、回復する。この物質の作用はまた、微生物のタンパク質代謝を回復させそして微生物における合成過程を破壊することを目的としている。

一般的に統合された抗炎症剤と見なされます。特徴は、それが2倍の結果をもたらすことができるということです:それは腸感染症の発症を防ぎます。副作用は、細菌異化症の形で発生する可能性があります。

薬物動態

私たちが薬物動態学について話すならば、最初に焦点を合わせるべきは薬の活動です。摂取後2〜3時間以内に消化管から吸収されて血流に入ります。血中のピーク濃度は約3〜4時間で検出されます。その後、物質は組織や体液に分布し始め、治療効果をもたらします。まず第一に、それは狭心症の治療に重要である気道とリンパ器官を貫通します。

半減期は平均8〜17時間で、腎臓と肝臓の活動によって決まります。主要部分は尿に排泄されます。

妊娠中に使用する ビセプトール

一般的に、妊娠中の薬物、特に抗生物質の使用は禁忌です。しかし、感染が進行し始めた場合は、医師の処方箋だけでビセプトールを服用することが許可されています。この主な兆候は、ラクナ扁桃炎です。

この病気は炎症過程と感染がのどのラクナに広がることを意味します。そして、それは化膿性の内容物で満たされたバッグの形と形を持っています。炎症過程がこれらの裂孔内で進行し、細菌性微生物叢の繁殖および発生がある。ほとんど全ての病理学的過程が間隙で起こり、そして多くの薬物に利用可能ではないので、ラクナ形は特に治療が困難である。また、微生物はそこではるかに効率的に増殖し、遠吠えの微環境(バイオフィルム)を形成します。しかし、ビセプトールは、ラクナに浸透し、微生物バイオフィルムを破壊し、炎症プロセスを取り除く能力を持っています。

治療されないリスクは、考えられるすべての治療リスクよりもはるかに高いはずです。投与量は厳密に個々です。

禁忌

多くの禁忌はありませんが、それらのすべては十分に深刻です、あなたはそれを考慮に入れなければなりません。腎不全、寛解期にある疾患(追加の負担がかかり、腎臓が最初からそれに苦しむ)での使用にはお勧めできません。また、泌尿器系に負荷があり、薬物は中毒、浮腫症候群を引き起こす可能性があります。同じ理由で、妊娠中の女性、3歳未満の子供、個々の感受性が高い、胃の病気、腸、特に胃炎、潰瘍、および潰瘍前の状態に夢を処方することをお勧めします。

副作用 ビセプトール

それは証明された比較的安全な薬と考えられているので、副作用はめったに観察されません。腎臓、肝臓の侵害を排除しない。観察された尿路障害または胆汁の排泄、消化の違反。その結果、代謝プロセスの不均衡、すなわち、腎炎、腎盂腎炎、膀胱炎、糸球体腎炎、さらには腎不全を伴うジステリシス症が発症する。浮腫、皮膚炎、湿疹、蕁麻疹が発症します。

投薬および投与

内側に割り当てます。錠剤を飲み込む(きれいな水で洗い流す)。投与量は、標準投与量が480ミリグラムであるという事実に基づいて、年齢によって決まります。5年まで、5〜12年の1日あたりの標準用量の半分、480 mgを処方します。12の後、それは一日あたり960 mgを使用することが許可されています。安全上の理由から、適用方法、最適な投与量は医師のみが選択すべきです。

  • Biseptol 480を風邪のために服用するには?

患者から聞く最も一般的な質問の1つは、「風邪のためにBiseptol 480を服用する方法」という質問です。あなたは多くの要因を考慮に入れる必要があるので、これは非常に難しいです。

第一に、風邪が細菌性の微生物叢によって引き起こされる場合、ビセプトールは効果的かもしれません。風邪がウイルスの微生物叢によって引き起こされるとき、結果はそうではないでしょう。

第二に、あなたは正しい線量を選択する必要があります。1錠が1日の服用量なので、これは難しくありません。

成人の狭心症に対するビセプトール

ビセプトールは成人の化膿性およびラクナ狭心症に推奨されます。あなたはすぐに炎症や感染症のプロセスを排除することができます。化膿性扁桃炎は、化膿性のプロセスがほとんど常に細菌性の微生物叢によって引き起こされるので、ビセプトールの任命の直接的な指標です。ほとんどの場合、Biseptolはまさに抗菌効果があり、感染性で化膿性のプロセスを素早く取り除くことができます。

子供のための申請

子供はビセプトールを使用できますが、3歳になるまでは使用できません。おおよその治療計画は、臨床検査、既往歴データに基づいて選択されます。その複雑な形を、強い意味で受け入れることをお勧めします。一日あたりのタブレットの半分。

  • 子供に咳をするときのビセプトール

咳が細菌性プロセスによって引き起こされ、狭心症の発症の結果である場合、ビセプトールは子供を咳をするときに処方するのが理にかなっています。咳がウイルス性のプロセス、またはアレルギー反応のためであるならば、薬は予想された効果を持っていないだけでなく、状態をさらに悪化させるかもしれません。したがって、病因を正確に診断して決定することが重要です。

同時に、この薬の子供の任命について決定を下すことが不可能であることは決してないということは注目に値する。これは重大な結果と合併症を伴うことがあるからである。検査の結果だけでなく、既往歴に基づいて、適切な治療法を処方し、薬の投与量を選択する医師に必ず相談してください。

過剰摂取

過剰摂取は消化器系の異常を伴います:吐き気、嘔吐、下痢、鼓腸。中毒の兆候があります。過剰摂取の最初の症状が現れたら、できるだけ早く緊急援助を提供する必要があります:嘔吐を誘発し、胃を洗い流します。これは体から物質を排除します。すぐに救急車を呼んでください。ポリクリニック状態では、解毒、リハビリ、支持療法が通常行われます。

他の薬との相互作用

体によって比較的よく容認されて、他の薬との特定の相互作用はありません。薬のレビューを分析するとき、他の抗生物質と一緒に服用している間に過剰摂取が発生するかもしれないという少数の言及を見つけることは可能でした。説明書は、その薬が抗ウイルス薬と反応できることを示しています。

これらの薬剤の併用は排泄プロセスを阻害し、腎臓機能を損ない、排尿障害、尿路症候群、腎臓の炎症、および尿生殖器系の疾患を引き起こすので、分泌遮断薬と組み合わせることは推奨されません。ビタミン、ビタミン - ミネラル複合体および生物学的添加物との同時投与の背景に対して、抗菌活性の低下をもたらす反応が観察される。

保管条件

ビセプトールは原型の包装で保管されるべきです。通常、保管条件は取扱説明書に規定されています。あなたは部屋の状態でそれを保管することができます、それは冷蔵庫の中、ドアの上、一番下の棚の上にあります。最適温度が見出されることがそこにあり、それは調製物の一部であるそれらの成分を活性に保つことを可能にするであろう。錠剤を乾燥した場所に保管することが重要です。気温は25度を超えてはいけません。同時に直射日光が当たらないようにしてください。

賞味期限

ビセプトールは製造日から2年間保存することができます。有効期限が切れているならば、あなたは薬を服用するべきではありません、なぜなら治療に影響がないからです。

類似体

薬物の最も近い類似体はコトリモキサゾール、スルファニルアミドである。これらはビセプトールの一部である純粋な物質です。薬を他の抗生物質、例えばリファンピン、アモキシクラブ、アモキシシリン、アンピシリンと置き換えることもできます。

  • コトリモキサゾール

コトリモキサゾールは1日80mgで服用しています。それは少なくとも10日間飲むべきです。それは薬が抗凝固活性を持っていることを心に留めておく必要があります、血液を希釈します。また、抗凝固剤との組み合わせでは、それらの活性が急激に低下するため、服用しないでください。肝臓の代謝もまた阻害され、その結果として腎臓の病状が発生する可能性があり、生物の中毒になります。特に人が肝臓の問題を抱えている場合は、抗凝固薬と組み合わせて処方されることがよくあります。

それはグラム陽性およびグラム陰性微生物に対して有効である広域スペクトルの抗生物質です。通常1日当たり500 mgで処方されています(成人用)。アモキシシリンは、12歳未満の子供には推奨されません。なぜなら、それは細菌異化症を引き起こし、代謝障害や内分泌プロセスを引き起こす可能性があるからです。

  • アンピシリン

ビセプトールの類似体として考えられています。それは様々な形態の狭心症に対して(最も頻繁にはラクナ、濾胞性形態に対して)処方される。アンピシリンは一日あたり500mgを服用することをお勧めします。

それはビセプトールおよび他の同様の薬に代わる良い薬です。アモキシクラブは、のどの痛み、咳、鼻炎など、呼吸器系の疾患の治療に処方されています。有効性の主な条件は、細菌性疾患の治療に処方することです。ウイルス性疾患に関しては、他の抗生物質のように効果的ではありません。500 mgのタブレットの適量の形で利用できる。それは長期作用の薬であるため、一日の投与量は一日一錠です。コースはわずか3錠が必要です。それは薬物が嚥下障害を引き起こす可能性があることに留意すべきであるので、それはしばしばプロバイオティクスと一緒に処方されています。肝疾患に苦しんでいる人には注意が必要です(肝保護剤と一緒に服用することをお勧めします)。

狭心症の場合、さまざまな喉のスプレーが良い効果をもたらします。これらのツールの1つが誤動作です。それは抗菌効果があるだけでなく、粘膜を保湿するので、それは細菌の起源の病気のために処方されます。また、すべてのスプレーはミクロフローラを正常化し、粘膜を回復させます。咳が大幅に軽減され、炎症、発赤が消えます。インガリプト使用の適応症 - あらゆる形態の狭心症:カタル、卵胞、ラクナ、線維性。下気道の疾患(気管支炎、肺炎、気管炎)などの合併症の危険性がある場合にも推奨されます。

レビュー

私たちがレビューを分析するならば、ポジティブなものがそれらの中で勝っていることに注意することができます。否定的なレビューは非常にまれであり、主に薬物の不適切な使用、および投与量を超えた場合にのみ観察されます。狭心症のあるビセプトールは、状態を著しく緩和し、すぐに痛み、炎症を緩和します。2〜3日後、咳が減少し、リンパ節が減少し、喉の発赤と腫れがなくなります。子供と大人の両方に適用してください。特徴は、薬が素早く作用することです。約1〜3時間後にすでに、症状に著しい改善が見られます。多くの人が一日のうちに健康に感じます。完全な回復は通常5日目に起こります;これは最小の治療方針です。

知っておくことが重要です!

アンギナ - 主に口蓋扁桃腺の中咽頭のリンパ組織における炎症過程の局在を伴う連鎖球菌感染の一形態。中毒、発熱、咽頭痛および局所リンパ節に伴う。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。のどの痛みのためのビセプトール:服用方法、投与量

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.