^

健康

A
A
A

ネバスセトゥン

 

皮膚カバー上の新生物は、その所有者に懸念を引き起こす。このような皮膚の病理をセトンの母斑とみなすならば、この場合、悪化する傾向がないので、心配する必要はありません。それにもかかわらず、この病気についてもっと知ることは余計なことではありません。

疫学

Nevus Settonaは性別にかかわらず人間で発症する可能性があります。より多くの場合、この疾患は小児および青年にみられるが、成人期にも現れる可能性がある。

最新の統計によると、世界人口の約1%がセトゥー母斑に悩まされています。この疾患は、白斑と診断された患者の25%に認められる。

原因 ネバスセトゥン

Settonの母斑の出現につながる明確な理由は、専門家はまだ列挙できません。しかし、彼らは、そのような形成が白血病(白斑症)または自己免疫病に苦しんでいる人々に時々見られることに気づいた。

白斑に罹患した人々の直接の親戚からのセトンの母斑の出現の症例もあった。

いくつかの専門家は、Setton母斑の形成は、過度の太陽活動に対する皮膚の特異的反応であると示唆している。この仮定は事実に基づいている:確かに、セトンの母斑は、日差しのある人の長期滞在後にしばしば発生する。

しかし、病理学の起源についてもう一つの理論があります。したがって、細胞毒性抗体は血流中の多数の患者に見られるので、多くの科学者が自己免疫プロセスによって疾患の病因を説明している。この理論を考慮する専門家は、母斑周辺の特徴的な色素脱失が免疫細胞の作用下でのメラノサイトの破壊のために形成されることを示す可能性が高い。

危険因子

  • 太陽光線を頻繁に、長期間暴露したり、ソラリウムを乱用したり、日焼けによる日焼け。
  • 身体の自己免疫プロセスへの傾向。
  • 直接の親戚からの白血病(白斑)の存在。
  • 過剰な単一または複数のストレスの多い状況。

症状 ネバスセトゥン

セトンの母斑の出現は2つの段階で起こる:

  • 第1段階は、1モルの形態の通常の顔料スポットの出現によって特徴付けられる。
  • 第2段階では、卵巣の周囲に薄い縁が形成される。

時には、中間色の段階があり、淡い肌が縁のぼろぼろになる前にピンク色になることがあります。

モルモットの形態の母斑は、明確な輪郭を持ち、皮膚の表面上に浮上する半球の外部徴候を有する。色の範囲は、コーヒーから暗褐色、時には赤みがかった色にまで及ぶことがあります。

後の淡いバンドは、常に、丸印の直径よりも大きい直径を有する。この場合、モルは薄い斑点の中心にあります。

ほとんどの患者では、Settonの母斑は上肢の皮膚、背中、胃および胸に見られる。新生物は、病理学を対応する種に分けることを可能にする、単独または多数に配置することができる。

Settus母斑の最初の兆候は、小児期または青年期の初期のように、および成人においても現れる可能性がある。しかしながら、小児では、病理がより頻繁に検出される。

ほとんどの場合、子どものセトンの母斑は数年間排除されています。しかし、新生物を観察する必要があり、ある種の兆候がある場合は、医師に連絡することが絶対に必要です。そのような兆候は、

  • スポットの境界を変更する、ファジー(ぼやけ)の外観。
  • 母斑の領域における皮膚の炎症の出現;
  • 新生物の有意な暗色化;
  • 痛みの感覚、剥離の出現、出血。

複数の母親が特別な管理を必要とし、何人かには数十もある。理論的には、複数の局在のみが悪性腫瘍に変換され得ると考えられている。

早い時期の子供のように、ティーンエイジャーのネヴィル・セトゥーンはいつも目に見えないほどに流れています。原則として、この母斑はかゆみがなく、傷つきませんし、炎症もなく、出血もなく不快な感覚を引き起こさない。

合併症とその結果

Settus母斑の合併症は、染色が損傷している場合(例えば、ブラッシングされた場合)にのみ起こり得る。微生物が損傷母斑に入ると、炎症が始まり、膿が傷口に蓄積し、毒素が血液に入り、中毒に至る。

このような結果を避けるためには、子どもに、生まれつきに触れることができないことを説明することが重要です。晴れた日に通りに入るときは、日焼け止めを使うか、母斑の場所にパッチを貼るべきです。

診断 ネバスセトゥン

原則として、セットの母斑の徴候は、経験豊富な医師が診断薬を使用せずにそれを認識できるように非常に特徴的である。Settonの母斑を決定するのがやや難しく、胴体の写真は白斑(白斑)の背景に対して作られています。この状況では、他の種類の診断テストが必要な場合があります。

  • 血液検査は、炎症プロセスの存在を示すことができ、血液凝固の質も示すことができる。
  • 機器による診断は、病気の段階とその特徴を確立することを可能にする:
  1. siascopyは、あなたがSettonの母斑の構造を確立するだけでなく、腫瘍がメラノサイトと真皮のメラニンを含むかどうかを調べることを可能にする痛みのない診断手順です。
  2. 皮膚鏡検査法は、母斑の疑わしい変化(例えば、痛みが起こるとき、または色が変化するときなど)によく使用されるハードウェア方法です。
  3. 生検は、悪性度を判定するために母斑組織の小さな片を採取する手順です。

メラノーマの個々の品種には、セトンの母斑と多くの類似した症状があることは注目に値する。例えば、メラノーマは色のついたハローを中心とした色素沈着した中心の外観を有することがある。黒色腫の疑いがある場合、医師は教育組織の組織学的分析を伴う生検を処方する。

差動診断

メラノーマに加えて、セトゥンの母斑の鑑別診断は、通常、神経線維腫、白血病、青母斑および下痢のような病気で行われる。

連絡先

処理 ネバスセトゥン

Nevus Settonはほぼすべてのケースで治療を必要としません。新生物の発生を監視するために、定期的に皮膚科医を訪問することが推奨されます。そのような訪問は、母斑の退行が始まるまで継続する必要があります。

セトゥンの母斑は通常患者を邪魔してはならないので、投薬を受ける必要はない。体の一般的な強化と母斑の退行を加速するために、あなたはビタミンや他の免疫賦活薬を取ることができます:

投与と投与

副作用

特別な指示

アベイト

1日1回、1ヵ月間、1ヵ月間服用してください。反復治療は3ヶ月後に行うことができます。

吐き気、腹痛、睡眠障害、無関心。

膵炎や胆石症の頻繁な悪化には推奨されません。

エキナセアエキス

1日2〜3回、水で10〜15滴のチンキーを服用してください。治療期間 - 最長2ヶ月。

まれに - 吐き気、嘔吐、寒気。

この薬は7歳未満の子供や妊婦に処方されていません。

インパクト

1~2ヶ月間、1錠を1日3~4回服用してください。

アレルギー、白血球減少症。

4歳までの子供は、解決の形で薬を処方されています。

Vitrum Beauty

食べた後、毎日2錠を服用してください。

まれにアレルギー。

薬物は成人患者にのみ使用されます。

コエンザイムQ10

少なくとも1ヶ月間、1日2回1カプセルを服用してください。

アレルギー反応、過敏症の全身症状。

この薬は14歳未満の子供には使用されません。

その不利な点を考慮して、セトゥン母斑における理学療法の治療は適用されない。

外科的処置は母斑が悪性腫瘍の徴候を示す場合にのみ使用される。この場合、脱色素部位全体を捕捉して新生物の手術的除去を行う。

代替治療

代替治療を使用すると、回復プロセスを大幅に加速することができます。すぐに母斑を取り除いても、Settonは成功する見込みはない。

腫瘍の退行を促進するには、そのようなレシピに注意を払う必要があります:

  • 1日2回、4週間、マグネシアの粉末を食べる(ナイフの先端で食べる前に)。
  • あなたは純粋なチョークを取って粉にして母斑とそれを振りかける必要があります、そして、それを毛糸のショールで結ぶ必要があります。チョークに水を加えることはできません!
  • あなたはバナナから皮を剥いて内側の母斑につなげることができます。このような包帯は夜中にすることをお勧めします。
  • Settonの母斑に天然のお茶の油を注ぐ必要があります。

ハーブトリートメント

  • 内部では、虫を使用することが推奨されています:3杯のハーブを沸騰水(1L)で注ぎ、少なくとも2時間主張します。大さじ1をとる。リットル。食事の前に、1日3回。
  • 毎朝1杯を飲むべきです。リットル。150mlの水と混合した天然リンゴのサイダー酢。この方法は、消化器系に問題がない人に適しています。
  • 毎日、セランディンの母斑ジュースに油を注ぐことが可能です。

さらに、ニンニク、ターメリック、クミンを調理する際には、定期的に皿に加えることをお勧めします。これらの調味料は、セトゥーヌス母斑のような美的問題を取り除くのに役立ちます。

ホメオパシー

ほとんどの場合、セトンの母斑で、そのようなホメオパシー製剤を処方することができます:

  • Apis;
  • アルニカ;
  • ベラドンナ;
  • ヨウ素;
  • Creosotum;
  • Silicea;
  • Carbo vegetabilis;
  • Mercurius iodateus flavus;
  • Lapisalbus。

ホメオパシーは、副作用のない列挙された製品は、セトゥンの母斑を2〜3回撲滅するプロセスを加速する可能性があると確信しています。

ほとんどの場合、30分の1希釈が使用されます:100mlの水で穀物を希釈し、1 tspを取る。毎日、食事の30分前、または食事後30分。しかし、そのような用量は標準的ではありません:原則として、そのような薬物を服用する特定の特徴は、ホメオパシーの医師と個別にチェックする必要があります。

防止

病変の出現の原因は依然として研究段階にあるので、母斑を予防するための具体的な手段は存在しない。次の一般的な推奨事項を作成できます。

  • 太陽の下で過ごす時間を制御する必要があります、黄褐色を乱用しないでください。
  • すべての可能な方法で紛争やストレスの状況を避ける必要があります。
  • 体の衛生の規則に従うことが重要です。
  • あなたは完全に食べる必要があるので、体は必要な栄養素とビタミンをすべて受け取ります。

皮膚に形成や病気があるときは、できるだけ早く医師に相談してください。多くの病理は、開発の初期段階

予測

すべての医学的推奨事項を守れば、セトン洞の患者の予後は良好と考えられる。

小児期に発見されたセトトンの母斑は、ほとんどの場合、それ自体で消滅する。しかし、この回帰は何年も続く可能性があります。

それにもかかわらず、悪性腫瘍へのセトンの母斑の変性症例は公式に記録されていない。これにより、この疾患に対する好ましい予後が可能になる。

最終更新日:26.06.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.