^

健康

子供用皮膚炎用軟膏

小児のあらゆる種類の皮膚炎の治療は、薬物療法、非伝統的療法、物理療法の異なる治療法を使用して複雑な方法で行われます。外部の医薬品はその中で特別な場所を占めています。この疾患の不快な症状と戦うための最も有効な薬物は、様々な軟膏である。

適応症 子供用皮膚炎用軟膏

小児では、最も一般的な種類の皮膚炎は次のとおりです:

  1. 脂漏性
  2. Atopicheskiy

皮膚疾患の治療に人気があると思われる様々な軟膏は、病気の最初の症状の外観を適用することができます。脂漏性タイプの皮膚炎では、主におむつ領域および毛髪が成長する頭部の部分において、発疹および乾燥した皮膚である。アトピー性皮膚炎では、最初の徴候は病変の領域でのかゆみ、浸出である。合併症が生じる前に適切な治療を開始することは非常に重要です。したがって、あなたの子供が皮膚に最初の発疹を持ってすぐに、皮膚が乾燥しすぎたり、他の兆候があるとすぐに、赤ちゃんを専門の子供の皮膚科医に直ちに見せなければなりません。

また読む:

リリースフォーム

まず、様々な種類の皮膚炎を治療するために使用できるすべての軟膏は、非ホルモン薬とホルモン薬に分けられるという事実を覚えておく必要があります。有効な非ホルモン性軟膏の中で、医師はそのようなものを区別する:

  1. D-パンテノール。
  2. 亜鉛軟膏。
  3. スキンキャップ。
  4. ラデビット。
  5. Naphthermine。

D-パンテノール。表皮の再生と栄養改善薬。デクスパンテノールの有効成分をベースにしたこの薬は、皮膚組織の正常な機能をサポートし、細胞の代謝を正常に導き、軟化させて表皮に栄養を与えます。

子供の様々な皮膚炎を治療するために、軟膏は罹患した皮膚にのみ適用され、その成分が表皮に吸収されるまで、軽いマッサージの動きでこする。24時間以内に4回以上使用しないでください。乳児に皮膚炎が発生した場合、医師はおむつを交換した後、または入浴後に毎回軟膏を塗布するようアドバイスすることができます。

デクスパンテノールに寛容でない患者は、この医薬品の使用を禁じられています。副作用は発生しません。

亜鉛軟膏。大人や子供の様々な皮膚炎を治療するために広く使用されている治療法。薬は酸化亜鉛の活性成分に基づいており、追加の物質は石油ゼリーである。それは吸着し、乾燥し、消毒し、結合する。さまざまな皮膚炎で表皮に現れる炎症や炎症を除去するのに役立ちます。

少量の軟膏を使用して24時間以内に3回以上塗布することをお勧めします。患者が皮膚に亀裂や傷を持っている場合、まずは消毒剤で治療されます。皮膚炎のおむつタイプの治療のために、より頻繁に使用することができますが、医師の推薦の後にのみ。

アレルギーに苦しんで酸化亜鉛を許容しない患者は、この薬を使用することは禁止されています。皮膚の潮紅やアレルギー性発疹を起こすことがある。

スキンキャップ。この薬は、様々なタイプの乾癬および皮膚炎の治療において十分に確立されている。ピリン酸亜鉛をベースにした薬は、微生物、菌類、細菌と戦います。 

小児の皮膚炎の治療は、以下のように実施される:薬物は、損傷した皮膚に24時間以内に3回以上塗布される。治療は2週間続きます。

ピリオン酸亜鉛に対する耐性がない患者は、この薬剤を使用できません。グルココルチコステロイドをベースにした軟膏と共に皮膚にこすることは禁じられています。アレルギーの原因となることがあります。

ラデビット。肌の再生を促進し、炎症を和らげる薬。レチノール(ビタミンA)、エルゴカルシフェロール、トコフェロールをベースにした矯味肌は、肌に潤いを与え、触ってもやわらかく心地よくさせ、かゆみやはがれを和らげます。

皮膚の患部に加え、24時間以内に2〜4回隣接地域に塗布する。肌が非常に薄れている場合は、包帯を使用することができます。皮膚に欠陥や傷がある場合は、それらを消毒剤で処理し、次に軟膏を塗布する必要があります。

薬物成分に不耐性の患者、次亜ビタミンA、薬を使用する皮膚の炎症プロセスは禁止されています。アレルギーの原因となることがあります。

Naftaderm。ナフタレン精製油に基づく薬。抗痒み性、消毒性、抗炎症性および創傷治癒効果が異なる。主に脂漏性皮膚炎に使用されます。

24時間で2回病変の皮膚に貼付することをお勧めします。治療期間は個人であり、主治医によって定められますが、通常は2〜4週間続きます。

薬物成分、出血性症候群、腎不全、貧血に対する耐性のない患者は、この薬物の使用を推奨しません。毛包炎、乾燥肌、アレルギーの原因となることがあります。

皮膚炎の最も一般的なホルモン軟膏は次のとおりです。

  1. Loridern S.
  2. Advantan。
  3. ftorokort。
  4. セレウスデムB

しかし、子供の治療には必ずしも適しているわけではないことを理解しておく必要があります。使用する前に、医師に相談したり、指示をよく読んでください。

Lorinden付き。クリオキノールとピバル酸フルメタゾンの有効成分に基づく薬剤。それは、抗炎症、抗真菌および抗菌作用によって異なる。

病理学的プロセスによって損傷を受けた皮膚の部分にのみ適用することが推奨される。軟膏の最初の日は24時間で2〜3回使用することができますが、陽性の動態があるとすぐに、使用は1〜2回に減ります。治療期間は2週間を超えてはならない。

皮膚結核、水痘、梅毒の皮膚、ピンクや尋常性ざ瘡、口周囲皮膚炎、栄養潰瘍、皮膚感染症だけでなく、物質の軟膏を容認することができない人の患者は、薬剤を使用しないでください。10歳未満の子供は、医師の推薦の後にのみ適用することができます。アレルギー、火傷、乾燥肌、かゆみ、萎縮を引き起こすことがあります。

Advantan。メチルプレドニゾロンアセトネートの活性成分に基づく薬剤。皮膚に現れるアレルギー反応や炎症反応を抑制します。4ヶ月齢から使用できます。

24時間に1回、影響を受けた肌にのみ適用することをお勧めします。小児の治療期間は4週間を超えない。軟膏は死に至る傷には使用できません。

結核や梅毒、皮膚、酒さ、皮膚のウイルス性疾患、口周囲皮膚炎と同様に、メチルプレドニゾロンアセポン酸アレルギー、薬物使用とのそれらの患者は禁止されています。アレルギー、かゆみ、燃焼、小胞発疹を引き起こすことがある。

フルオロカルト。トリアムシノロンアセトニドの活性成分に基づく薬剤。抗炎症、抗浮腫、抗アレルギー効果が異なります。

適用は、24時間で2〜3回(ただし、1日あたり15g以下の軟膏ではない)少量で行うべきである。包帯を使用する場合、1日量は10gに減量され、治療期間は15日以内です。

皮膚梅毒、皮膚の結核、真菌や皮膚のウイルス性疾患、口周囲皮膚炎、腫瘍または癌と同様に、トリアムシノロンアセトニドを容認することはできません人々、軟膏を使用している患者は禁止されています。高血圧症、紅斑、二次感染性皮膚疾患、アレルギーの原因となることがあります。

tselestodermで。ベタメタゾンバレリの活性成分に基づく薬物。それは、アラキドン酸の代謝を阻害し、炎症およびアレルギー発現を緩和する。

24時間で1〜3回皮膚に塗布する。投与量は患者の状態に依存し、主治医によって決定される。状態を改善するために、1日に1回のみ適用する必要があります。

アレルギーや活性物質の服用不能に苦しんでいる患者は、その軟膏を使用することは禁止されています。妊娠中の女性と児童には6カ月まではお勧めできません。アレルギー、乾燥、燃焼、毛嚢炎、接触性皮膚炎、皮膚の萎縮を引き起こすことがある。

小児アトピー性皮膚炎の軟膏

アトピー性皮膚炎の皮膚にアレルギー性発疹がある場合、皮膚は乾燥し、剥がれ始める。小児におけるこのタイプの皮膚炎を治療するための最も一般的な手段は、様々な抗炎症性軟膏である:

  1. Pimafukort。
  2. ロコ

ピマフコート。ネオマイシン、ナタマイシンおよびヒドロコルチゾンの活性成分に基づいて微粉化された薬物。それは、抗炎症、抗真菌および抗菌作用によって異なる。

24時間で2〜4回の使用を推奨します。子供の治療のために、少量の薬物が皮膚の限られた領域にのみ適用される。治療期間は主治医が決定する。

酒さ、皮膚結核、ウイルス感染症、皮膚潰瘍、魚鱗癬、腫瘍、肛門性器の痒み、および任意の物質軟膏を容認することはできません人々、ツールを使用している患者は禁止されています。アレルギー、皮膚の薄化、傷の治癒遅延、多毛症、接触性皮膚炎を引き起こすことがある。

ロコイド。ヒドロコルチゾン17-ブチレートの活性成分に基づく薬物。抗痒み、抗炎症および抗浮腫効果が異なる。

24時間以内に1回または3回投与してください。患者が陽性動態を有する場合、軟膏は週に2〜3回しか使用できない。薬の浸透を増やすには、軟膏をこすることができます。包帯を使用することができます。

その個々の感度ヒドロコルチゾン17酪酸への患者は、創傷または皮膚潰瘍を持つ結核や梅毒皮膚、ウイルス性皮膚疾患、寄生性皮膚感染症やにきび酒さに苦しむ、真菌性皮膚病軟膏の使用は推奨されません。皮膚やアレルギーに刺激を与えることがある。

子供用アレルギー性皮膚炎用軟膏

アレルギー性皮膚炎が皮膚に潤いを与えるために非常に重要である場合、すぐに炎症および不快なかゆみを取り除きます。このために、以下の軟膏がしばしば使用される:

  1. Elobase。
  2. Bepanten。

Elobase。リン酸、パラフィン、鉱物油、水酸化ナトリウムをベースにした製品。乾燥した肌に潤いを与え、肌に特別な保護膜を作ります。

軟膏を塗布する前に罹患した皮膚の部位を徹底的に洗浄し、乾燥させるべきである。損傷した部分に少量の軟膏を塗布すると、軽い動きで擦る必要があります。

まれにアレルギー反応、かゆみ、灼熱感を引き起こすことがあります。

Bepanten。デクスパンテノールに基づく薬用調製。それは肌に再生効果があり、細胞間の交換を改善します。

破損した皮膚にBepantenを塗布し、少し擦ることをお勧めします。24時間で1回または2回使用します。おむつ交換時に毎回おむつ皮膚炎軟膏を塗布する必要があります。

アレルギーに苦しんでいて、治療薬の有効成分に個人が寛容でない患者は、それを使用することができません。

子供用おむつ皮膚炎用軟膏

おむつ皮膚炎では、おむつの下にある皮膚が炎症を起こします。これは赤ちゃんの肌の構造の特徴によるものです。子供のおむつ皮膚炎の治療のための最も一般的な軟膏は:

  1. Drapelen。
  2. Desitin。

Drapolen。セトリミドおよび塩化ベンザルコニウムの活性成分に基づく薬物。それは外部使用のための消毒剤です。それは抗菌作用が異なる。

幼児のおむつ皮膚炎を治療するには、まず患部皮膚を洗い、乾燥させてから、軟膏を塗布する必要があります。病気の最初の徴候が初めて現れたとき、その薬は24時間で3回使用されます。予防のために使用することができます。

薬物の有効成分にアレルギーや不耐性を訴える患者は、使用を禁じられています。アレルギー反応を起こすことがある。

Desitin。酸化亜鉛の活性成分に基づく薬物。乾燥と収斂作用を相違させる。

おむつ皮膚炎の最初の徴候が現れただけであれば、24時間で3回軟膏を塗布する必要があります。製品を使用する前に、皮膚を洗浄し、乾燥させる。

アレルギーや活性物質の服用不能に苦しんでいる患者は、使用を禁じられています。アレルギーの原因となることがあります。

1歳までの子供用皮膚炎用軟膏

最大1年までの子供の皮膚は非常に敏感で、非常に薄く、簡単に過敏です。そういうわけで、いろいろなタイプの皮膚炎が、子供の方が年長の子供よりも頻繁に現れます。1歳未満の子供の治療は主治医の監督下にあるべきである。すべての軟膏は非常に注意して使用する必要があります。

乳児に最も適したものはスキンキャップです。それは非常に迅速に炎症を除去するのに役立ちます。また、長時間使用することができます。また、場合によっては、BepantenまたはD-Panthenolを使用することを推奨します。彼らの助けを借りれば、病変の治癒を加速するよりも、細菌の数を最小限に抑えることができます。

1年未満の小児を治療するために使用できる一般的な治癒軟膏には、クリオジン、メチルウラシル軟膏(10%)、Actoveginがあります。Radevitは、損傷した皮膚の再生を刺激するために使用されます。

一般的な薬物「D-パンテノール」の例では、子供のための皮膚炎のための軟膏の薬力学および薬物動態を考慮する。

薬力学

皮膚の再生を促進する、外部使用に使用されます。製剤はパントテン酸の誘導体であるデクスパンテノールを含有する。それはアセチル化に積極的に関与し、炭水化物からエネルギーを放出し、脂肪酸を合成し、分解する働きをします。

パントテン酸のおかげで、皮膚の保護機能が維持されます。D-パンテノールは皮膚を再生し、細胞の代謝を正常化し、炎症を和らげ、皮膚を潤し、潤いを与えます。

薬物動態

Dexpanthenolは分子量が低く、極性が低く親水性があり、活性物質は皮膚のどの層にも容易に入り込むことができます。吸収は速やかに起こります。

禁忌

  1. 薬物の成分の不耐性。
  2. 皮膚の梅毒。
  3. 皮膚の結核。
  4. 酒さまたはざ瘡。
  5. Ihtioz。
  6. ウイルス性皮膚疾患。
  7. 真菌性および細菌性皮膚疾患。
  8. 腫瘍または皮膚癌。

副作用 子供用皮膚炎用軟膏

  1. アレルギー。
  2. 燃える感覚。
  3. かゆみ。
  4. 皮膚の萎縮。
  5. 接触皮膚炎。

保管条件

皮膚炎の軟膏を幼い子供が完全にアクセスできない場所に保管することは非常に重要です。空気の温度は+25度を超えてはいけません。

賞味期限

棚の寿命 - 約2年。

詳細については、製品マニュアルを参照してください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

ほとんどの実用的な世界住民にとって、日焼けした日にさらされても日焼け以外の影響はありません。しかし、人口の5分の1の皮膚は、強烈な日射には不十分に反応します。

多くの両親は、生後1年の子供のおむつ皮膚炎、すなわち鼠径部の臀部および襞の皮膚の炎症のような問題に直面する。

妊娠中、慢性疾患は以前には女性を悩ませたことのない新たな問題や悪化を招くことがあります。

についての最新の調査 子供用皮膚炎用軟膏

科学者たちは、妊娠の最後の3ヶ月間に母親を喫煙することは、子供のアトピー性皮膚炎のリスクを高める

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "子供用皮膚炎用軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.