^

健康

You are here

ヨット

イソホンは抗結核性の薬です。

適応症 イソホン

これは、結核(5〜16歳の子供、成人)の併用療法だけでなく、ハンセン病やその他のマイコバクテリア症も併せて示しています。

この薬剤は、結核の初期段階で最も効果的に働くだけでなく、免疫不全で発症する他の非特異的な病状も治療する。イソニアジド不耐性の人々に投与することができます。

他の抗ミコバクテリア剤と組み合わせて使用し、必要に応じて広範囲の効果を持つ抗生物質、化学療法剤、免疫調節剤と併用します。

イソホンは、結核予防薬(特に小児)に使用されることがあります。

リリースフォーム

ガラスの瓶の中に100(50番)または200mg(20番)の容量のカプセルで製造されています。また、ブリスター№10(100mg)のカプセル、パッケージあたり5枚または№10(200mg)、パッケージあたり2枚のブリスター。

薬力学

イソホンは免疫防御特性を有する抗マイコバクテリア剤です。

薬剤にハンセン病、結核の発症を引き起こす微生物に対する抗ミコバクテリア活性を有し、加えて、他の細菌との性的接触(クラミジア)によって送信される病状の個々の薬剤。

この調製物によって行われる免疫学的作用は、免疫系の機能を刺激し、その3つのリンクのそれぞれに影響を及ぼす。これは、しばしば免疫不全を伴って発症するマイコバクテリア症(結核のハンセン病)の治療において極めて重要である。この薬剤は感作性も刺激性もなく、線維素溶解活性および血液の凝固速度に影響しない。

薬物動態

内部受信後、6時間後にピークインジケータが観察される。ピークレベルでは、それは次の12-18時間の間、漸進的に減少する。これにより、1日2回薬を飲むことができます。生物学的利用能指数は50%であり、排泄の主な方法は胃腸管である。

妊娠中に使用する イソホン

妊婦の薬の安全性に関する臨床データはないため、この期間中に薬剤を使用することは禁じられている。

禁忌

禁忌:薬物に対するアレルギー反応、泌乳期間、重度の腎臓/肝不全、ならびに5歳未満の子供。

副作用 イソホン

一般に、この薬は十分に耐容性があるが、場合によっては頭痛やめまいがあるかもしれない。このような反応は、さらなる治療手段なしに、迅速に消滅する。

投薬および投与

この薬は経口で使用されます - 成人の用量(単回用量)は400〜800 mgで、1日800〜1,600 mgのLSを摂取できます。5〜16歳の小児には、10〜12mg / kgの量のカプセルが処方されているが、1日に1回の投与量は600mg以下である。毎日およびコース用量のサイズは、医師が各患者別に決定する(これは、病態の経過およびその重症度に依存する)。

ハンセン病や結核の初期段階の治療コースは、1〜6ヶ月間続きます。病気が慢性の場合、1年まで延長することができます。毎日の投薬量(800mgの割合)は、2回に分けずに朝に摂取することが推奨されるが、医師によって規定されたより高い投薬量は、朝と夕方のレセプションに分けられる。飲み物のカプセルは、食事の前に30分、または食後に2時間でなければなりません。

過剰摂取

薬物過量の結果として、昏睡が進行し、さらに末梢神経炎の徴候が現れることがある。

この薬には特定の解毒薬は含まれていません。治療は、胃洗浄、活性炭の使用などの症状を取り除くことを目指しています。血液透析の手順は効果的です。

他の薬との相互作用

イソホンは、抗生物質、コルチコステロイド、ならびに抗炎症薬および抗ミコバクテリア薬の特性を高める。薬物は、アミノグリコシドなどの抗生物質、ならびにマクロライドとのセファロスポリンと組み合わせた場合に有効である。加えて、免疫調節剤、および他の抗真菌剤および化学療法剤と組み合わせることができる。

保管条件

薬は薬に必要な状態で保管され、日光や子供には近づきません。温度制御- 15-25 についての C.

賞味期限

Isofonは、医薬品の放出日から2年間使用することが認められています。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "ヨット" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.