^

健康

You are here

Tseruloplazmin

セルロプラスミンは、解毒薬である赤血球形成プロセスの刺激薬です。これは、ヒト血液のα-グロブリン血清画分の糖タンパク質である。

適応症 セルロプラスミン

次の状況で使用されます。

  • 造血過程の刺激のために - 造血;
  • 中毒の程度を低減し、腫瘍学的病理の併用治療の間に免疫機能(免疫の回復および増強)を補正することに加えて、
  • 貧血、中毒、または疲労に苦しんでいる弱体化した患者のための手術前の準備中;
  • 術後期間の早期段階で(手術中の過剰な失血を伴う);
  • 敗血症性の合併症(感染に起因し、微生物による血液の感染、組織における潰瘍の形成を招く)の排除のために、術後期間の初期に;
  • 軽度の中毒の場合には、ガンとの戦いにおける複雑な化学療法中(造血幹細胞の細胞から形成された腫瘍である。

セルロプラスミンは、慢性および急性の骨髄炎(骨髄の領域および骨組織に隣接する領域における炎症過程)の治療中のさらなる治療薬として使用することができる。

リリースフォーム

この方法で/中に導入された溶液の調製のための凍結乾燥物として生成され、パック内の0.1容量のアンプルまたはバイアルに5つのかかるバイアル又はアンプル10を含んでいます。

薬力学

セロロプラスミンは血漿タンパク質であり、体に重要な生物学的機能を多数付与しています:

  • 細胞膜の安定性を強化する。
  • イオンの代謝だけでなく、免疫学的プロセスおよび反応(身体の保護機能の形成における)に関与している。
  • 抗酸化特性を有する(脂質細胞の膜における過酸化過程を防止する)。
  • 脂質過酸化のプロセスを遅らせる;
  • 造血プロセスを活性化する - 造血。

血清中のセルロプラスミン物質の含量は、肝臓恒久性変性(銅およびタンパク質の代謝の障害のために脳および肝臓に発生する遺伝病理)の存在下で有意に減少する。この指標は診断にとって非常に重要です。

妊娠中に使用する セルロプラスミン

この薬は、2回目と3回目の貧血の併用療法のために処方されています。一緒に鉄(フェリチンレベルが血清中アカウントと鉄中に取り込まれる)、セルロプラスミン、さらに100mgの(5日間の期間で投与毎日点滴溶液/方法)の量で使用される使用される薬物です。

第1期の妊娠中および授乳中には(安全に関する情報はなく、このグループの患者に薬物の使用の有効性がないので)、このソリューションを使用することは禁じられています。

禁忌

タンパク質様の薬物に対する人間の不耐性の場合に使用することは禁忌である。さらに、乳児では6ヵ月まで使用されていません(このグループの患者では、投薬の使用に関する情報がないため)。

副作用 セルロプラスミン

この溶液の使用の初期段階では、吐き気、顔面の皮膚への皮膚の紅潮、皮膚(蕁麻疹)の発疹、寒さおよび一時的な温度上昇などの副作用を発症する可能性がある。このような障害の場合、溶液の投与量および投与速度を低下させるか、または薬物を無効にする必要がある。

投薬および投与

この方法で/その方法で注射を行う(毎分30滴)。操作の前に、アンプルまたはバイアルの内容物を塩化ナトリウムまたはグルコース(5%)の溶液(200ml容量)に溶解する必要があります。

手術のための患者の準備中の腫瘍学的病理では、1.5〜2.0mg / kgの速度で溶液を入れることが必要である。治療コースは、同時に7〜10回の注射(毎日または隔日 - 患者の健康状態に依存する)である。

術後期間中、1.5 mg / kg(少量の血液が失われた場合)から6 mg / kg(重度の失血の場合)まで、失血の大きさに応じて単回投与が規定されています。コースは毎日(1日に1回)の手順で7〜10日です。

化学療法の期間中、単回用量は4〜6mg / kgであり、治療コースは10〜14回の処置(3回の注射は7日間)を含む。血栓塞栓症の患者は1.5-3mg / kgの単回用量を有し、注射の回数は毎日1日1回実施される7-10回の処置である。

急性型の骨髄炎を排除するために、単回投与量は2.5mg / kgであり、コース期間には5回の処置が必要である(毎日または隔日)。慢性病理の治療のためには、溶液を2.5mg / kg(1日おき)の用量で3-7回の処置を行った後、1~2日間隔で1日2回/ 3回5mg / kgの速度で投与する必要があり、 。

小児の治療では、セロロプラスミンのそのような投与量が処方される:

  • 6ヶ月/ 1年の年齢の子供 - 50mg(または100mlの注射液);
  • 1〜12歳の子供 - 100mgの量;
  • 13〜18歳の青年 - 200 mgの割合で。

出血後出血性貧血(手術中)を治療または予防する場合、外科手術の2日前、術中および外科手術後2〜10日の間に小児に投薬を与えるべきである。

膿性外科的病変の病変を有する小児の貧血の治療または予防の間、抗菌治療を行う場合、毎日7〜10日の期間内に溶液を投与する必要がある。

放射線療法による貧血の発症型を治療または予防するためのがん病変を有する小児は、放射線療法コース全体で1週間に1回セルロプラスミンを投与する必要があります。

有害な貧血の形態を治療または予防する場合、その処置の日に化学療法コース全体にわたって溶液を投与する。

化学放射線療法(放射線または毒性の形態)に起因する貧血の治療または予防は、全治療期間中の処置の日に週に1回投与される。

保管条件

このソリューションは、小児がアクセスできない場所に保管されています。温度指数は2〜8℃以内である。

賞味期限

セルロプラスミンは、薬物溶液の放出後2年間に使用することができる。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.