^

健康

You are here

Svyatogor

Svyatogor - 新陳代謝と消化器系に影響を与える統合薬草療法。この薬の適応と特徴を考慮する。

Svyatogorは、強壮剤の薬物療法カテゴリーを指す。その作用機序は、その組成物を構成する活性成分の特性によって決定される。薬には12種類の薬草成分が含まれています。それは一般的な強化、抗炎症、抗ストレスおよび抗毒素特性を有する。精神的および物理的なパフォーマンスを向上させます。

これは、中枢神経系および生物全体の機能に刺激効果を有する。免疫状態の増加を促進する。消化器系の機能を調節し、胆汁分泌を刺激し、肝機能を改善し、血中コレステロール値を正常化させ、毒性物質の排除を促進する。この薬物の強心作用は、血圧を正常化し、高血圧の栄養障害を排除することを目的としている。

適応症 聖者

豊富な植物性組成物のおかげで、Svyatogorは使用のための多くの徴候を持っています、それらを考慮してください:

  • 肉体的および精神的ストレスが増加した体の修復および維持。
  • 衰弱状態の排除と疲労の増加。
  • 軽い神経変性疾患。
  • ストレス。
  • 眠気の増加。
  • 菜園血管ジストニア。
  • 第一段階の高血圧症。
  • 神経系の顕著な機能障害を伴う体性または感染性疾患。
  • 上気道の炎症性疾患。
  • 免疫系の矯正。
  • 重度の感染症および慢性疾患後の身体の修復。
  • 胃腸管の病変の後のリハビリテーション。
  • 消化を改善し、食欲を増やす。

この薬剤は、免疫系の弱化および効率の低下を伴う維持療法として特に有効である。温度、化学物質、または放射線の影響を受ける人々の職業病の予防に使用できます。

リリースフォーム

薬物の臨床形態は、経口投与のためのチンキーである。組成Svyatogoraは、以下の成分を含む:根茎の液体抽出物は75mgの、根茎Eleutherococcus 55mgの、根茎のムラサキバレンギク50 mgのショウブ、根茎は、bloodroot 70mgの、甘草45 mgの10 mgのelecampane、ペパーミント45 mgのオフィシナリス25mgの、草シナガワハギ属を残し、ヨモギハーブ25mgの、腰とサンザシの50mgの、ウイキョウの果実を20mg。エリキシルの補助物質は:砂糖、エチルアルコール40%、砂糖。

薬力学

Svyatogorは合成された構成を持ち、その動作メカニズムはすべての有効なコンポーネントのプロパティと組み合わせによって決まります。Farmakodinamikaは、ハーブ成分の強壮特性を示しています。活性物質は、中枢神経系および胃腸管に軟らかく影響し、転移した障害または疾患の後に迅速な回復をもたらす。

薬物動態

摂取後、活性成分は急速に吸収され、身体全体に分布する。薬物動態学は、薬物の適用後1時間以内に治療効果の発現を示す。チンキのより詳細な薬物動態学的特徴は、その成分がマーカーおよびバイオアッセイの助けを借りて研究されていないため、知られていない。

妊娠中に使用する 聖者

Svyatogorは妊娠中および授乳中に使用することはお勧めしません。これは、赤ちゃんに悪影響を与える可能性のある副作用のリスクと関連しています。エタノールを含有しているため、子供の治療には処方されていません。極度の注意を払って、メカニズムと車両を制御するとき、また注意を集中して働かせる必要があるときは、エリキシル剤を使用すべきである。

禁忌

豊富な植物の組成にもかかわらず、Svyatogorには適用に関するいくつかの禁忌があります:

  • チンキ成分に対する過敏症。
  • 虚血性心疾患の重症形態。
  • アルコール依存症。
  • 腎臓および肝臓機能の著しい障害。
  • 妊娠と授乳。
  • 小児期の患者。

上記の制限が観察されない場合、エリキシルは様々な望ましくない反応および痛みを伴う症状を引き起こし得る。

副作用 聖者

薬の使用の規則に従わないと、副作用が生じる恐れがあります。多くの場合、患者は様々なアレルギー反応、睡眠障害、頭痛およびめまいに直面する。また、吐き気や嘔吐、便障害の可能性のある攻撃。有害反応を排除するためには、薬物の服用をやめ、対症療法を行う必要があります。

投薬および投与

疾患状態の重症度から、適用方法およびチンキ剤の用量に依存する。Svyatogorは5〜10 ml(1〜2杯)の経口で使用された。薬は50〜100mlの水で希釈することができます。エリクサーは食事の30分前に1日2回服用するべきです。治療期間は10-14日を超えてはならない。必要に応じて、コースを繰り返すことができますが、1年に3回以上はできません。

過剰摂取

高用量のチンキは、さまざまな痛みを伴う症状を引き起こす可能性があります。その症状の過剰摂取はアルコール中毒に似ています。運動の調整、過度の興奮、中毒、嘔吐、意識喪失、胃腸管の障害、呼吸器の麻痺などの違反があります。

治療には、胃洗浄、吸着剤摂取などの対症療法が示される。非常に重大な場合、医師の診察を受けるべきです。

他の薬との相互作用

Svyatogorはエチルアルコールを含む医薬品と適合しません。チンキ摂取中の他の薬物とのあらゆる可能な相互作用、特に向精神薬を排除する方がよい。

保管条件

保管条件によると、バイアルは子供が手が届かない暗くて涼しい場所に保管する必要があります。貯蔵温度は25℃を超えてはならない。

賞味期限

Svyatogorは、製造の瞬間から24ヶ月以内に使用することができます。エリキシルの有効期限は、包装およびバイアルに記載されています。この時間の終わりに、薬を捨てるべきです。遅刻した薬を取ることは禁忌です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.