^

健康

滲出性中耳炎の治療法:抗生物質、シャント、手術

炎症プロセスの無視に応じて、抗菌薬およびタンパク質分解酵素が、カテーテルを介して聴覚管の内腔に導入される。理学療法を行う。重篤なアレルギーの中でこの病気が発生した場合、患者は血管収縮剤の点鼻薬および抗ヒスタミン薬を処方される。また、薬剤は粘液溶解剤を使用し、中耳に蓄積した体液を希釈する。

患者には強化薬、ビタミン、免疫矯正薬が処方されている。保存的治療が1〜2週間以内に所望の結果を与えない場合、鼓室からの秘密を避ける外科的方法が示される。

薬の治療

慢性中耳炎の治療は包括的でなければならない。薬物療法には特に注意が払われており、民間療法を利用することは可能です。医薬品は、病気の重症度、患者の年齢および病状の他のニュアンスに焦点を当てて、医師によって処方される。

薬物治療は、薬物のそのような群からなる:

  • 抗生物質- その使用の実現可能性は依然として疑問です。しかし、この病気が細菌や感染症によって引き起こされた場合、抗生物質なしでは治療はできません。治療指名のために:Garazon、Deksona、Normaks、Otofa。
  • 抗ヒスタミン剤 - 粘膜浮腫を和らげ、肝臓やその他の臓器の薬物治療を促進します。アレルギー性耳炎で効果的です。患者は、そのような薬物を推奨することができます:Zodak、Ketotifen、Otrivin、Suprastin、Tizin、Tselfaks
  • Vasodilating点鼻薬 - Vibrocil、Nazivin、Naphthysine、Polydex、Protargol、Sanorinの鼻呼吸と中耳の働きを促進します。
  • 粘液溶解薬 - 中耳に蓄積した液体を希釈して、除去しやすくします。この薬のグループには、Gelomirtol、Rinofluimucil、Sinupret、Fluviertがあります。
  • 抗炎症薬 - 炎症過程を止め、病気の初期段階にも、また無視した場合にも適用します。痛みを和らげます。治療には、アナウラーン、ベクロメタゾン、ベタメタゾン、デキサメタゾン、ニメスリド、フェナゾン、サリチル酸コリンが適用されます。
  • イムノモジュレーター - 免疫系に調節作用を及ぼし、それを強化し、病原体に対する抵抗性を増加させる:Gepon、Derinat、Imudon、IRS-19、ポリオキシドニウム。

すべての投薬は、診断の結果に基づいて、各患者について個別に主治医によって選択される。

滲出性耳炎のためのドロップ

聴覚管および鼓室の粘膜の持続的な漿液性炎症の治療の必須成分 - これらは局所適用の滴である。原則として、患者は消毒薬および抗炎症薬を処方されている。痛みを伴う感覚がある場合、麻酔薬を使用して、感染を排除する - 抗菌剤。

滲出性中耳炎で発音し、治療効果など持っている点耳剤を:Kandibiotik、組み合わせデュオ、otinum、Sofradeks、Unifloks、Tsipromed、Sofradeks、Unifloks、Tsipromed。すべての薬物は、治療の推奨用量および期間とともに、医療目的のために厳密に使用される。

中耳炎のナソネックス

有効成分 - モメタゾンフロエート50μgを含む薬剤。グルココルチコイド局所適用。それは、抗炎症性および抗アレルギー性の特性を有する。炎症メディエーターの放出を抑制し、体に全身的な影響を警告します。

Nazonex は、好中球の蓄積を防ぎ、炎症の焦点における滲出液の蓄積を減少させるのに役立つ。リンホカインの産生を減少させ、マクロファージの移動を阻害し、浸潤および造粒の速度を低下させる。炎症性およびアレルギー性のプロセスの治療において高度に活性である。

  • 使用の適応症:季節性アレルギー性鼻炎、小児および成人の一年生鼻炎、12歳以上の患者の慢性副鼻腔炎の悪化。
  • 使用法:薬は鼻で使用され、1日1回各鼻孔に1回注射されます。最大1日量は4回の注射、すなわち400μgである。
  • 副作用:鼻出血、咽頭炎、鼻の炎症および鼻粘膜の刺激。また、頭痛の可能性、くしゃみ、眼内圧の上昇。
  • 禁忌:薬物の成分に対する過敏症、2歳未満の患者、呼吸器系の結核、最近の鼻腔または外科手術。それは、呼吸器系の真菌性、ウイルス性および細菌性病変には使用されない。妊娠中の使用は医療目的でのみ可能です。
  • 過剰投与:薬物の生物学的利用能が低く、血清中に検出されないため、全身反応は起こらない。長期間使用すると、視床下部 - 下垂体 - 副腎系の圧迫が可能になります。

フォーム放出:120回分のプラスチックボトル/スプレーおよび保護キャップ付き18gの鼻スプレー。

滲出性中耳炎のOtypax

耳の滴は耳に使用されます。それらは2つの有効成分:フェナゾンとリドカインを含有する。第1の物質は抗炎症性および鎮痛性を有し、リドカインはアミド基の局所麻酔薬である。これらの成分の相互作用は、鎮痛および抗炎症効果をもたらす。

  • 使用の適応症:中耳の急性中耳炎、炎症性炎症および気管支内炎症。
  • 適用方法:1カ月以上の成人および小児の場合は、鼻で鼻にかかっています。この薬は、耳の外耳外耳道に1日2〜3回消化して4滴とする。治療期間は7-10日です。
  • 禁忌:薬物の成分の不耐性、感染性または外傷性の起源の鼓膜の穿孔。
  • 有害症状:局所アレルギー反応、外耳道の刺激および充血、かゆみおよび皮膚発疹。過剰摂取のケースは修正されていません。

フォームリリース:ドロッパーボトルの耳の滴。

滲出性耳炎を伴うErespal

有効成分を含む抗炎症薬 - フェンピリド塩酸塩。それは浸出を抑制し、気管支収縮を防止する。アラキドン酸代謝を阻害する。セロトニン、ヒスタミン、ブラジキニンの産生を減少させることにより、抗気管支収縮作用を有する。

  • 使用の兆候:耳炎、副鼻腔炎、鼻炎、鼻咽頭炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、慢性気管支炎。急性呼吸器感染症、はしか、百日咳の場合の痛みを伴う症状の軽減。
  • 投与方法:14歳以上の患者には、午前中および夕方またはシロップ3~6杯の医薬品1カプセルが処方される。重度の症例では、毎日の投与量を320mgに増やし、2〜3回に分けて投与することができます。14歳未満の患者には、シロップのみが使用され、患者の体重1kg当たり4mgが1日2回投与される。薬は食事の前に取られます。
  • 副作用:吐き気、嘔吐、上腹部不快感、アレルギー反応、眠気の増加、頻脈。
  • 禁忌:薬物の成分の寛容、妊娠および授乳。
  • 過剰摂取:吐き気、嘔吐、激しい興奮、眠気。特定の解毒剤はありません。治療のために、胃洗浄およびさらなる対症療法が示される。

製品:150および100mlのシロップ、パッケージ当たり30個の腸溶コーティングを有する錠剤。

滲出性耳炎を伴う粘液溶解剤

鼓室の中耳の炎症の慢性形態は滲出液を蓄積する。粘液溶解剤は、それを希釈して排泄するために使用される。

  1. ACC

活性成分である粘液溶解性および去痰薬 - アセチルシステイン。秘密の粘性を低下させ、その分離を促進する。それはアルデヒド、フェノール、パラセタモールによる急性中毒の解毒剤として作用する。

  • 適応症:その低い粘性の粘液蓄積と放電と滲出性中耳炎、気管炎、気管支炎、急性および慢性気管支炎、喉頭炎、副鼻腔炎、嚢胞性線維症、気管支拡張症および他の疾患中間体。
  • 使用法:口で、食後に。14歳以上の患者の場合、400〜600mg、6〜14歳の子供、300〜400mg、2〜5年、200〜300mgを2回に分けて投与する。生後10日目から2年目までの乳児の場合、1日2〜3回50mgが処方されます。
  • 副作用:アレルギー反応、悪心、嘔吐、胸やけ、下痢、頭痛、耳鳴り、心臓の動悸、動脈低血圧。
  • 禁忌:薬物の成分に対する過敏症、フルクトースに対する耐性不全、肺出血および喀血、肝炎、腎不全。妊娠中および授乳中の使用は主治医が規定した場合にのみ可能です。
  • 過剰摂取:小児期の患者における過分泌反応。治療は症状がある。

フォームリリース:発泡錠剤20個、ホットドリンク剤6個分、20袋。子供のためのサスペンションの準備のためのチューブと粉体の10個のアクションの持続的な発泡錠剤。

  1. Karbotsistein

それは痰を希釈し、その容量を増加させ、体からの排泄を促進する。滲出液の成分の物理的および化学的特性の標準化に貢献する。

  • 使用の適応症:粘性分泌物の大量放出による呼吸器系の急性および慢性疾患。
  • 使用法:1日3回経口2錠。シロップを1日3回15ml摂取し、次いで1日3回10mlに用量を減少させる。子供のための投薬量は、彼らの年齢に応じて、平均処方10-2.5 ml 1日3-4回。治療期間は主治医が決定する。
  • 副作用:皮膚アレルギー反応、胃腸出血。治療は薬物の撤退を伴う症候性である。
  • 禁忌:薬物の成分に対する個々の不耐性、胃潰瘍および十二指腸潰瘍の悪化。妊娠中や授乳中の使用は、健康上の理由からのみ可能です。

形態放出:1パック20個および1000個、バイアル中のシロップを経口投与するためのカプセル。

  1. Fluimuite

粘液溶解性で、効果的に喀痰を希釈し、その体積を増加させ、分離を促進する。有効成分 - アセチルシステインが含まれています。活性物質は、滲出液中でその活性を保持し、抗酸化作用を有する。

  • 使用の適応症:高血圧および冠動脈炎、副鼻腔炎、副鼻腔炎および貧弱な分泌を伴う他の状態。喀痰の排出に伴う呼吸器系の病気。術後期間または外傷後の気道からの粘性分泌物の除去。
  • 適用方法と投与量は、薬物の放出の形態に依存するので、患者ごとに医師が個別に選択する。
  • 副作用:悪心、嘔吐、下痢、皮膚アレルギー反応、耳鳴り、鼻出血。過量投与はより顕著な反応を示し、治療は症状を示す。
  • 禁忌:薬物の成分の耐容性、胃および十二指腸の消化性潰瘍、妊娠および授乳。発泡錠は18歳未満の患者には禁じられています。

形態放出:1gの袋に可溶性顆粒、アンプル中の注射液、発泡溶液の錠剤。

  1. 粘液

粘液膜の杯細胞のシアル酸転移酵素に影響するカルボシステインを含む。気管支分泌の粘性を調節し、粘液の粘弾性を正常化し、排泄を改善する。

  • 使用の適応症:中耳の炎症に伴う悪い滲出液排出。呼吸器系の感染症および炎症性疾患:気管支炎、気管支喘息、気管支炎、気管支拡張症。
  • 施用方法:食事後に口に出し、温かい水で洗う。大人は1日3回2カプセルを処方されています。所望の治療効果が達成されると、投薬量は1日当たり4回1錠に減少する。治療の経過は8-10日です。小児処方シロップの治療のために、用量は個別に選択される。
  • 副作用:吐き気、嘔吐、歯肉の炎症、心窩部地域の痛み、下痢、鼻水、消化管出血、頭痛、アレルギー反応。
  • 禁忌:薬物の成分に対する過敏症、消化管の潰瘍性病変、消化器系のびらん性および潰瘍性疾患。妊娠初期や母乳育児には使用しません。
  • 過剰:消化管の障害、腹痛、吐き気、嘔吐。治療は症状がある。

フォーム放出:10個のブリスターで375mgの経口投与のためのカプセル、パッケージ当たり2ブリスター。

ビタミン

中耳の漿液性炎症は、炎症性感染症の疾患に属する。それは様々な要因の作用により発生し、その一つは免疫系の弱化である。滲出性耳炎のためのビタミンは、身体を強化し、治癒プロセスを加速することを目的としています。

耳の病気では、このようなビタミンを使用することをお勧めします:

  • C - アスコルビン酸は抗酸化作用があります。
  • A - レチノールは免疫システムを強化します。
  • B群 - 聴覚の質を改善し、内分泌系、神経系および心血管系にプラスの影響を与える。

有用な物質で体を豊かにするために、薬局で既製のマルチビタミン複合体を購入するか、食事を注意深く修正することができます。聴覚器官の健康を維持するために最も有用な製品は次のとおりです。

  • ニンジン - 鼓膜に正常な血液供給を提供する。
  • ウォールナッツ - 内耳の機能を改善し、自己浄化機能を刺激します。
  • ホウレンソウは、耳や耳を聴覚障害や聴力障害から守る栄養素が豊富です。
  • 海ケール - 大量のヨウ素を含み、これは前庭装置の正常な機能、すなわち中耳に関与する。
  • 魚の脂肪の種類 - オメガ3、聴覚幻覚、耳鳴りを防ぐ含まれています。
  • 鶏肉と卵 - 鶏肉はタンパク質が豊富です。つまり、臓器の内部構造のための建築材料です。卵にはルテインが含まれており、耳によって知覚される音の範囲が広がります。
  • ダークチョコレート - 血液循環と酸素供給を改善します。

聴覚の器官や体全体に有害なものがあります:

  • アルコール飲料 - 幻覚につながる血管のけいれんを誘発します。
  • 強いコーヒーと紅茶 - 血行を妨げるカフェインが含まれています。
  • 脂肪や揚げ肉 - 血液中のコレステロールのレベルを増加させ、耳介の血液供給に悪影響を及ぼします。
  • 耐久性のあるストレージ製品 - 前庭器具を壊す成分が含まれています。
  • 塩分 - 腫れを引き起こし、耳に騒音感があるために血圧を上げます。

マルチビタミン製剤とのバランスのとれた健康栄養は、身体の免疫防御を強化し、聴力障害を含む様々な疾患を予防します。

理学療法的治療

中耳の炎症を伴う他の治療法の有効性を高めるために、患者は処方された理学療法を受ける。このタイプの治療は、顕著な抗浮腫、静菌性、抗炎症性、血管拡張剤および再生効果を有する。

漿液性排出による耳炎の治療のために、これらの理学療法技術が最もよく使用されています。

  1. 覚せい剤 - 腫れを取り除き、血流を正常化する。
    1. 空気式マッサージ - 特殊な装置は、高血圧と低圧の空気量を交互に変え、鼓膜の振動を刺激し、筋肉の緊張を高めます。
    2. 磁気療法 - 低周波磁場を持つマグネットが罹患した器官に適用されます。それは、リンパ排液プロセスを活性化し、腫れを軽減する。この方法は、内臓器官の炎症性病変、外傷性傷害に対して有効である。
    3. DiaDinamotherapy - デバイスは、皮質および皮質下の中心を活性化し、中耳の血流を高め、耳小骨の可動性を正常化する、周期的な電流フローを生成する。
  2. クレンジング - 外耳道をきれいにし、蓄積された分泌物を除去することを目的としています。
    1. 吹き出る - 中耳の炎症を伴うユータキー管の開存性を回復させる。この手技は外来で資格のある医師が行います。
    2. 洗濯 - 感染の広がりや合併症の発症を防ぐために、中耳の敗血症の化膿性の形態で行われます。手技は、耳が落ちるごとに行われます。洗浄には、過酸化水素、暖かいウォッカまたは他の消毒剤を使用してください。治療は医師によって行われ、炎症を起こした臓器を単独で洗う試みは、その機能に悪影響を及ぼし、鼓膜の穿孔を引き起こす可能性がある。
  3. 温暖化 - 炎症をなくし、疼痛症候群を軽減する。
    1. 電気泳動 - 皮膚と粘膜を通して体内に薬を導入すること。これには、副作用が少なく、顕著な治療効果があります。
    2. UHF - 慢性炎症の悪化に使用されます。罹患した臓器は空隙に曝される。これにより、腫れが減少し、急性炎症過程が低下する。化膿性耳炎では、10〜15回のセッションをそれぞれ7〜10分間行います。

理学療法は、医療処方に従って行われます。耳鼻咽喉科医は、患者の異常所見および病気の臨床像を考慮して、最も有効な処置を選択する。

滲出性中耳炎による電気泳動

聴覚管と鼓室の粘膜の持続的な漿液性炎症に有効な、一般的な理学療法の方法 - これは電気泳動です。滲出性耳炎では、薬物を患部組織に浸透させ、有害反応を最小限に抑えます。この手順は特別な装置を用いて行われる。

電気泳動の有用な特性:

  • 炎症プロセスを軽減します。
  • 浮腫を除去する。
  • 麻酔する。
  • 生物学的に活性な物質の生成を刺激する。
  • 中枢神経系への効果を和らげる。
  • 損傷した組織や粘膜の回復を促進します。
  • 身体の防御を有効にする。
  • リラックスして筋肉の緊張を和らげます。
  • 血液の微小循環を改善する。

この理学療法手順の治療作用のメカニズムは、薬物が皮膚へのより良好な浸透のために電荷を有するイオンに変換されることである。薬物の大部分は皮膚に残っており、残りの部分は体全体に広がっています。薬を輸送する際には、汗や皮脂腺の排泄管、毛嚢、細胞間領域に参加します。

患者の年齢、装置に供給される電流は、薬物の濃度及び投与量、処置の持続時間、電極の場所:電気の効率は、以下の要因によって影響される薬剤の吸収の程度に依存します。手順は理学療法室で行われます。セッションには10〜15分かかり、コース全体の期間は約10〜20回、毎日または隔日です。

滲出性中耳炎の液体を除去するための運動

治療的体操は、耳鼻咽喉を含む多くの疾患の補助的な方法です。滲出性耳炎の体液/粘液分泌物の除去を促進する一連の練習があります。

  • 円運動は、耳の葉の下のピットを叩いていきます。時計回りには左に、右に向かって。最初の週は、耳当たり7つの動きを行い、最大21の動きを加えます。
  • 中指と人差し指で耳を挟みます。円運動で回転させる。最初の週は7回の研削を行い、徐々に1から21の動きを加えます。
  • 親指が背中から持ち、他の指は前方から握るように耳をつかみます。両方の耳を同時に横に引きます。反復回数は、上記の演習と同様です。
  • あなたの手のひらを絞って、急にそれをリリースし、ポップがあるようにしてください。スキームは以前の演習と同じです。

治療複合体は、急性炎症プロセスが経過するまで行わなければならない。中耳炎や頻繁な風邪を起こしやすい患者には練習をおすすめします。

滲出性耳炎による吹き出物

場合によっては、鼓膜の圧力を正常化する唯一の有効な方法はパージである。滲出性耳炎の場合、この方法は、厚い分泌物を除去し、鼓膜の穿孔を防止するために使用される。この手技は、Politzerの方法を適用して、耳鼻咽喉科医によって行われる。

このような症状がある場合は、手順が示されます:

  • 前庭装置の違反。
  • 難聴の大幅な減少。
  • 耳の中で長引く混雑。
  • 聴覚幻覚と頭の中のクリックの感覚。
  • 粘性滲出液の蓄積。
  • 危険な耳の炎症。

吹き付けは、様々なサイズのチューブを備えたゴム球であるPolytzer装置の助けを借りて行われる。チューブの先端を鼻腔に挿入し、指で押さえつけて緊張させる。外耳道を使用して、医者は外耳道を接続する。患者は唾液を飲み込んで、医者が指示するいくつかの言葉を聴聞会で繰り返す必要があります。

下顎の筋肉が動くと、ENTはバルーンを圧縮し、空気の流れがEustachianチューブに入ります。彼らの聴覚管は鼓膜の領域に流れ込む。膿や粘液の沈着があると、患者は音や騒音が急激に増加すると感じます。処置の期間は、病状の重篤度に依存する。原則として、吹き飛ばしは20分を要しません。それは2週間に2〜3週間行われます。

また、聴覚や宅内の臓器を吹き出す技術を開発しました。しかし、それを実行するには、膜の穿孔の危険性および他の多くの合併症を考慮する必要があります。手順はzalozhennostiの理由が確立された場合に実行されます。患者は、楕円形の先端に付いているゴム球を準備する必要があります。ブローダウン技術は上記と同様である。

外科的治療

中耳の炎症の保存的治療が滲出液の放出によって所望の結果をもたらさなかった場合、外科的処置が指示される。滲出性耳炎では、髄腔切開術、すなわち、シャントまたは腺切除術の挿入のための鼓膜の切開が行われる。

  • Myringotomyは、内容物の吸引または特別なシャントの設置を伴う鼓膜の一部である。この方法の速度と有効性にもかかわらず、それは病気の再発を引き起こす可能性があります。この場合、組織の治癒は1週間以内に起こり、聴覚管の機能は1〜2ヶ月以内に回復する。
  • 鼓膜腔をシャントすることは、聴覚器官の機能的能力を回復させ、中耳炎の発生率を低下させることを目的としている。シャントを長時間設置すると、中耳の粘膜の構造が正常化する。

場合によっては、外科的治療後に、患者は合併症を発症する:耳鼻咽喉、鼓膜硬化症、鼓膜の穿孔。顆粒化、真皮摘出、感音難聴を形成することも可能である。

滲出性耳炎による手術

滲出性耳炎で最も一般的で効果的な手術の1つは、鼓膜の分路である。この方法は、鼓膜に特別なシャントを設置することに基づいている。シャントは、外耳道と鼓室との間の一時的な通信の機能を果たす。

漿液性形態の炎症において、手術は、蓄積された滲出液を除去し、ユスタキス管の仕事を正常化することを目的とする。バイパス手術に加えて、穿刺を施行することなく穿刺、すなわち鼓膜の切開を行うことができる。この方法では、滲出液が切開を通して排泄される。

7歳未満の患者では、全身麻酔下で、および7歳以上の患者および局所麻酔下の成人に対して手術を行う。外科的介入は、患者の病的状態を緩和し、聴覚の進行性悪化を止めることができる。

滲出性耳炎の穿孔

穿刺または鼓膜切開術は、鼓膜の穿刺であり、蓄積された滲出液からその腔を空にする。そのような適応症がある場合、治療が行われる:

  • 急性の痛み。
  • 聴力の漸進的な低下。
  • 高熱と発熱。
  • 鼓膜の強い突き出し。

鼓膜の穿刺は全体的な健康状態を改善し、温度を低下させる。この手順は、この病気の3〜4日目に行われる。まず、耳道を消毒し、消毒剤で消毒する。ほとんどの場合、手術は麻酔なしで行われますが、患者が過敏であれば、麻酔の後に麻酔をかけて神経終末を凍結させます。リドカインによる鼓膜の局所治療も可能である。

操作後、ドラムキャビティの注意が示されています。定期的にトゥンダを交換し、耳をきれいにする必要があります。滲出液の量が減少するとすぐに、医師は耳鼻鏡検査を行う。傷の縁が一緒にくっついている場合、穿刺が再び行われる。

この方法の有効性にもかかわらず、多くの合併症を引き起こす可能性があります。まず第一に、これらは外耳道の外傷、鼓膜の内側壁への損傷である。滲出液が完全に排除されていない場合、急性感染および難聴を起こす危険性があります。

滲出性中耳炎における鼓膜のシャント

鼓膜の切開およびシャントの設置による外科的介入はバイパスである。治療には厳格な証言があります。

  • 大量の分泌と難聴の蓄積。
  • 大型アデノイドと小児の硬口蓋の裂け目。
  • 中耳の炎症。
  • 鼻咽頭の腫瘍新生物は排泄物を排泄できない。

この処置は、全身麻酔下で行われる。切開を顕微鏡下で行い、次に漿液を中耳から除去し、シャントを設置する。手術後、患者は数時間にわたり医師の監督を受けてから、家に帰ってすべての医師の診察を受けます。

患者は、液体が息切れした耳に入り込まないように、水の処置に注意する必要があります。これは炎症を引き起こす可能性があるためです。治療の合併症は、中耳の腔の感染およびシャントの早期脱落である。第1のケースでは、治療に抗生物質が使用され、第2のケースでは、第2の操作が行われる。徐々に、鼓膜の穴が締められ、聴力障害は起こらない。

中耳炎のアデノイドの除去

耳鼻咽喉科医への最も頻繁な呼び出しのいくつかは、アデノイドおよび耳炎である。両方の病状は、1〜15歳の患者にとって典型的であり、重篤な治療を必要とする。アデノイドは、鼻咽頭扁桃組織の病理学的増殖である。それは、 "粘着性の"耳の症状を引き起こす大きなアデノイドです。

薬物療法の経過後に所望の回復が起こらない場合、操作が示される。Adenotomyは、一般的なまたは局所麻酔の下で行われます。鼻咽頭の領域には、アントメトム、すなわち特別なリング状のナイフが導入されている。それは冒された組織に生き残り、それらを単独で動かす。

ほとんどの場合、アデノイドの除去後、滲出性耳炎は保存的治療に適している。これが起こらない場合は、鼓室を洗浄するために鼓室に手術が行われる。

滲出性中耳炎を伴うレーザー鼓室切開術

鼓室の開口が行われ、鼓膜切開が行われる手術は、鼓室切開術である。治療は、中耳の炎症の持続または再発を示す。紅斑性滲出型では、レーザー鼓室切開術が可能である。

手術は、中耳のすべての部分から粘液状の滲出液の蓄積を取り除くことを可能にする。これを行うには、特別な吸引を使用してください。防腐剤の溶液で洗浄した空洞を空にし、徹底的な監査を行う。

手術後、組織を創傷上に置き、平らな手袋のゴムで固定する。これは、頭蓋内または敗血症の合併症のリスクを有意に減少させる。治療の有効性は、疾患の持続期間および中耳の病理学的変化の重症度に依存する。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

中耳の病理学的プロセスは、厚い秘密の形成を伴い、滲出性中耳炎である。この病気の特徴、診断方法、治療方法、予防方法について考えてみましょう。

急性の痛みや発熱が常に自分自身を感じさせるわけではありません。したがって、聴力損失の最初の徴候では、耳鼻咽喉科医に相談する必要があります。早期診断と治療は多くの合併症を避けることができます。

小児の「接着性」耳は、しばしば3〜7歳で発症する。中耳と鼻咽頭をつなぐユスタキス管の機能に違反して発症する。 

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.