^

健康

A
A
A

女性の早期閉経

 

女性の早期閉経は45歳以前に診断され、月経周期の部分的または完全な停止として現れる。このような問題は、閉経の発症の原因が遺伝因子である場合を除いて、身体の特定の違反を示すことが最も多い。

早期閉経は、閉経によって特徴付けられ、これは1年以上観察される。この病理の原因は、卵ストックの枯渇から、女性生殖器系の手術、外科的介入、またはホルモン障害の機能不全に至るまで、異なる可能性がある。早期閉経の発症の主な症状は、月経周期の機能不全であることに留意すべきである。最初は、「致命的な日」の遅延期間は1週間であり、それ以上であり、これは早期卵巣機能不全の明確な徴候である。この問題の女性は診断を確認するために婦人科医に連絡する必要があります。医師はホルモン検査を行い、月経不順の根本原因を特定します。

卵巣の機能不全にもかかわらず、早期閉経期には卵の枯渇はまったくなく、この場合排卵は可能です。「早期閉経」と診断された女性の約10%は、依然として妊娠して健康な子供に耐えることができます。これは早期閉経の主な違いであり、排卵は起こらず、女性は永遠に母親になる能力を失います。

事実、すべての女性が早期閉経を経験し、ホルモンの変化によって引き起こされる不快感を経験する。この「ホットフラッシュ」、気分の変化、睡眠の問題、仕事能力と記憶の障害、過度の発汗などの不快な症状。

原因 女性の早期閉経

女性の早期閉経は様々な理由から発症する。45歳未満の女性が閉経の症状を示す場合、これは婦人科医、内分泌学者、乳腺腫瘍学者、腫瘍専門医を訪問するための強力な議論です。女性の体内のホルモンレベルを判定するためのテストに合格してください。

女性の早期閉経の主な原因は次のとおりです。

  • 遺伝的素因および染色体異常(X染色体の3つのX染色体または欠損の存在、ターナー症候群 - ゲノム疾患など);
  • 急加速。
  • 自己免疫障害(慢性関節リウマチ、甲状腺機能不全);
  • 甲状腺疾患;
  • 婦人科疾患;
  • 肥満;
  • 免疫低下。
  • ウイルス感染;
  • 骨盤領域の放射線療法または化学療法;
  • 卵巣の除去(両側卵巣摘出);
  • 子宮摘除術(子宮摘出術);
  • 経口避妊薬とホルモン剤の無識字摂取;
  • 悪い生態学;
  • 絶食と厳格な食事;
  • 不健康な生活習慣(過度の喫煙)。

遺伝的要因は早期閉経の発症に重要な役割を果たします。つまり、近親者が比較的早い時期に閉経が始まると気付くと、早期閉経が起こりそうです。外科的介入(女性器官 - 卵巣および子宮を除去する手術)は、すぐにホルモンのレベルが急激に低下するために閉経が始まる。

性の欠如と早期閉経

女性の早期閉経は多くの要因の結果であり、その中でも親密な生活が重要な役割を果たします。

性の欠如と早期閉経 - これらの概念はどのように関連していますか?長期の性的禁欲は、女性の心理的および身体的健康に悪影響を及ぼし、ホルモン障害を引き起こすことが証明されている。したがって、性の欠如または完全な不在は、急速な疲労、過敏症、無関心、うつ病に至ります。性的不満の別の重要な「マイナス」は、月経前症候群の悪化であり、これは下腹部に重度の痛みが生じ、女性の過度の感情および過敏性が現れる。

性的に不活性な女性の早期に閉経が起こるという意見は、ホルモンバランスの違反に関連している:長期の性的禁欲の結果として、プロゲステロンおよびエストロゲンの合成が減少する。単一の女性では、尿生殖器系、子宮の子宮筋腫および子宮筋腫ならびに悪性新生物の仕事の失敗がより頻繁に起こる。

不規則なセクシュアリティと不安定なパートナーの不在は、女性の性行為の状態に悪影響を及ぼします。そのため、早期閉経の問題を避けるために、この瞬間を考慮に入れることが非常に重要です。

早期閉経に危険なのは何ですか?

女性の早期閉経は40歳以上で起こる可能性があり、それは顕著な病理である。閉経は、卵巣の活動の変化に直接関連し、エストロゲンのレベルの低下、または黄体形成ホルモンおよび卵胞刺激ホルモンのレベルの上昇の結果である。

月経の突然の停止は、卵巣又は卵巣の損傷をもたらす可能性癌に特異的な治療(化学療法または放射線療法)を除去するために、多くの要因、とりわけ、手術によって誘発することができます。統計は、閉経に問題が発生し、3〜4のうち、女性がため、特にエストロゲン、ホルモンのレベルに依存している視床下部の機能不全の「潮」(温度の発作性の上昇)の影響を受けやすいことを確認してください。

早期閉経を経験する女性は、しばしば感情的体験を経験し、うつ病、睡眠障害、および他の不快な症状に苦しむ。性的関係が悪化し、これはしばしば膣の乾燥および尿毒症性感染症の発症の高いリスクと関連している。このような不可逆的なプロセスが閉経となるような悪影響を軽減するためには、医師の推奨に従うことが必要であり、必要であれば治療のコースを取る必要があります。

女性の早期閉経はほとんどの場合痛みを伴い、重度の不快感を引き起こす。頻繁に気晴らしと忘却、知的レベルの減少:これは、時期尚早の皮膚の老化と体にシミの出現、乳房の形状や弾力性の喪失、しわの増加、脂肪埋蔵量を増加させ、およびその他の不快な影響を指摘しています。

早期閉経に危険なのは何ですか?まず第一に、コレステロール代謝の過程の悪化、それはアテローム性動脈硬化症、ならびに心臓血管系の他の疾患をもたらし得る。早期閉経の症状に苦しむ女性では、発作または心臓発作のリスクが数倍に増加する。

さらに、インスリンに対する体の免疫力を高めることに注意する必要があります。これは、II型糖尿病の発症を誘発し得る。ホルモンの不均衡のために、腫瘍、例えば乳癌の発生。ホルモンのレベルが低下するため、骨量の密度が低下し、骨粗鬆症が発症する。

ホルモン障害による可能性のある病理を特定する時間に、40年後の女性は、婦人科医に6ヶ月に1回、少なくとも1年に1回、マンモグラフィを行うことが推奨される。

病因

女性の早期閉経は、早期卵巣不全のプロセス、すなわち卵母細胞の数の減少と関連している。卵巣の「オフ」機能は、エストロゲン欠乏、神経ホルモンの分泌障害、内分泌および代謝性神経および精神障害、大脳辺縁系および臓器損傷の機能の変化に貢献します。

病因(すなわち、病理の起源のメカニズム)は、全体として体内の分子障害および機能不全の両方に起因する。病因を研究し、医師は早期閉経の発達の方法を明らかにする。視床下部はホルモン放出を引き起こすため、月経周期の主な調節要素と考えられています。自己調節システム「視床下部 - 下垂体 - 卵巣」は、フィードバックの原則で長い間機能する。視床下部のインボラティブな変化において、性腺刺激ホルモン(フォリフロートロピンを含む)の放出が中断される。早期閉経は、卵巣によって産生されるホルモンの数の減少と関連している。そして、これは、follicotropinのレベルの低下と生殖機能の停止につながります。

したがって、閉経は、性的および性腺刺激性の両方のホルモンの分泌に違反することを特徴とする。古典的なエストロゲンの数の減少は、アテローム性動脈硬化症および骨粗鬆症、ドーパミン - 栄養血管反応の「ホットフラッシュ」、血圧上昇および栄養障害の発生につながる。

このようなホルモンの「嵐」に対する体の反応は個体です。しかし、女性系統における遺伝的接続の主要な役割に注目することは可能である。もちろん、40歳未満の更年期の症候群の出現は、自然な生理的過程ではありません。リスクグループには、性的に不活動であり、多数の中絶を経験した喫煙者およびアルコール依存症の女性、ならびに内分泌障害、婦人科、自己免疫および腫瘍学的疾患を有する女性が含まれる。

症状 女性の早期閉経

女性の早期閉経は、気分、めまいや頭痛の攻撃で頻繁に変更され、その中の不快症状の数を伴う血圧、動悸、神経および精神障害にジャンプしています。

また、女性の早期閉経の以下の症状を強調することもできます:

  • 不規則な月経周期または数ヶ月の月経不足。
  • 膣の乾燥;
  • ホットフラッシュ;
  • 眠気;
  • 排尿の問題(尿失禁);
  • 感情的不安定性(気分の揺れ、過敏症、軽いうつ病);
  • 性欲の減少。

これらの症状が現れたら、医師に相談することをお勧めします。不安、パニック、(特に夜間)過度の発汗、動悸:により以下の症状の増加に身体のホルモンレベル(黄体と卵胞)に表示されます。

エストロゲンのレベルが低下すると、乾燥した皮膚、尿路感染症、頻繁な排尿の形で慢性症状を引き起こす。閉経が始まった後のエストロゲンの数の減少に関連する不可逆的過程の主な「マイナス」は、冠状動脈性心疾患および骨組織の破壊の危険性の増大である。

最初の兆候

女性の早期閉経は、遺伝的素因、生活習慣、一般的健康、ストレスに対処する個々の能力に依存する徴候によって特徴付けられる。

この病理学的過程の最初の兆候は、月経周期の機能不全、この背景で生じる「潮」(体温の急激な上昇に関連する発作)である。夜間発汗は早期閉経のもう一つの明るい症状です。他の邪魔な "鐘"から、あなたは夜の睡眠、感情的不安定、めまいと強気な動悸、速い疲労、記憶障害の障害を区別することができます。

早期閉経の問題に直面したほとんどの女性は、感情的および肉体的状態の顕著な変化を記録しています。統計によると、女性の30%が多くの症状を呈し、クリマクテック症候群の重度の経過を示しています。しばしば、閉経の最初の徴候の出現は、女性に、恐怖、恐怖および混乱の感覚を引き起こし、適切な治療の不在下でうつ病に発展する可能性がある。したがって、閉経の問題を経験している女性にとっては、適格な援助のために医師に診てもらうことが非常に重要です。

合併症とその結果

女性の早期閉経は、特に骨粗鬆症、歯周炎および白内障などの疾患を発症する可能性の健康低下をもたらすエストロゲンの低下したレベルの背景に対して起こる。

ホルモン不全の結果はより深刻かもしれません。早期閉経は、卵巣癌、乳癌または結腸癌を発症するリスクの増加と関連しています。更年期症候群の危険な結果には、以下も含まれる:

  • 心臓血管系の疾患(動脈性高血圧、虚血性心疾患、脳卒中、梗塞);
  • アルツハイマー病;
  • 2型真性糖尿病;
  • 肥満。

これらの疾患および病状は、早期閉経を診断してから約5年後に現れる。しばしば、エストロゲン欠乏の主な原因は、卵巣の両側の除去である。このような手術を受ける女性の大部分は、健康な時代に比べて数回心臓病に苦しんでいます。 

ホルモンの中止の背景に体脂肪の再分配は、肝臓の脂肪浸潤につながる肥満、胆石症、変形性関節症、およびその他のリスクの増加を発生するために。このような効果を避けるために、医師は早期閉経経験した女性は、定期的に監視することをお勧めします血液中の砂糖の量を制御することができる。

女性の早期閉経は、生物の生殖能力の早期消滅に関連する病理学的過程である。この病理の主な理由のうち、遺伝因子に注目することができます。早期閉経の発達は、内分泌障害、化学療法および放射線療法、クラミジアを無視し、さらには性的生活の延長をも引き起こす可能性がある。

早期閉経の合併症は、ホルモン系の不可逆的変化の背景に対して発症し、不妊症の形で発現され、免疫低下による様々な疾患が発現する。更年期症候群によって引き起こされる最も一般的な疾患の1つは、

  • 高血圧;
  • 心臓病;
  • 真性糖尿病;
  • アテローム性動脈硬化症;
  • 神経精神障害。

閉経期日が期日よりも早く始まった場合、この病変はしばしば一時的なホルモン障害をマスクしているので、女性は慌ててはいけません。もしあなたがclimacteriumを疑ったら、最初にする必要があるのは、病理学の正確な診断と原因の特定のために婦人科医に頼ることです。医師が更年期症候群を確認するには、まず、身体の免疫賦活と合併症の予防に集中して、合併症の発生を予防する必要があります。

診断 女性の早期閉経

女性の早期閉経は、患者からの苦情に基づいて診断されます。必要なすべての研究は、医療機関の条件で行われます。婦人科医に加えて、女性は、併存疾患が更年期の症候群の正確な診断を妨げる可能性があるため、他の医師(心臓医、内分泌学者、神経科医)からアドバイスが必要です。

女性の早期閉経の診断は、多段階のプロセスであり、適格なアプローチが必要です。卵巣の状態を調べるために、子宮内膜の掻爬と膣の汚れに基づく細胞学的検査が必要です。早期閉経の複雑な過程において、血液中のエストロゲンレベルならびに黄体形成ホルモンおよび卵胞刺激ホルモンを決定するための分析が行われる。

診断は、婦人科医が明らかにした場合に確認される:

  • 子宮壁の圧縮および拡大;
  • 乳腺の小さなシール。
  • 子宮頸管粘液量の増加;
  • 膣の壁の変化;
  • 新生物および筋腫の節;
  • 大いに機能不全の出血。

長期の無月経が1年以上続くと、生殖機能を回復することはほとんど不可能です。婦人科医は、症状を調整するために定期的な遅延がある間に治療を受ける必要があります。医師は、婦人科検査、骨盤超音波検査、核型検査、FSHレベルモニタリングおよび自己抗体スクリーニング、およびホルモン検査のための以下の検査を処方する。早期閉経は、下垂体または甲状腺の病状を伴って発症する可能性がある。包括的な診断後にのみ、卵巣疲労症候群の検出が可能である。

分析

女性の早期閉経は、各患者が生殖機能を効果的に治療し、維持することができるように、タイムリーな診断を必要とする。

卵巣機能不全症候群(卵巣機能の消滅)の診断のために血液検査を提出する必要があります。以下の診断基準を区別することができます。

  • エストラジオールのレベルを低下させる;
  • 卵胞刺激ホルモンの量を増加させる;
  • 陽性および陰性のプロゲステロン試験。

細胞遺伝学的研究は性腺を含む一組の染色体の数を決定するために性腺発育異常を同定するのに役立つ。これにより、遺伝的症候群を特定することが可能になる。

数ヶ月以内に、FSHの濃度がモニターされる。数週間、血液中のホルモンのレベルを測定し、診断を明確にする。エストロゲンのレベルの低下を背景にした卵胞刺激ホルモン(20mU / ml以上)の含有量の増加は、閉経の発症を示している。エストラジオールのレベルも低下し、35pmol / l以下のレベルに達する。超音波検査では、粘膜の乾燥、子宮の減少、および早期閉経の発症を示す他の欠陥が明らかになる。

インストゥルメンタル診断

女性の早期閉経は、異なる研究方法を用いて診断されるべきである。体の包括的な検査は、卵巣機能の消滅の程度と患者の全体的な健康状態を判断するのに役立ちます。

器械的診断は、機械的装置を使用して体内の女性器官を検査することを含む。早期閉経を検討する手段的方法から、我々は以下を区別することができる:

  • 細胞診(細胞の構造を明らかにするために子宮頸部粘膜から採取したPapスメア)。
  • 骨盤臓器の超音波(卵巣の卵胞の数を決定するのに役立ちます)。
  • 経膣超音波(子宮内膜の可能性のある病理を特定するため)。
  • X線法(骨デンシトメトリー) - 骨組織密度のレベルを決定することができます。骨粗鬆症の早期診断の目的で使用されています。

医師 - 婦人科医は、すべての症状を考慮して、苦情に関する患者の状態を評価する。早期閉経の診断の他の方法から、我々はホルモン(LH、エストロゲン、プロラクチン、FSH、TSH、テストステロン)のレベルの決定に注意することができます。生化学的血液検査、凝固塊、マンモグラフィ、脈拍および血圧の結果もまた必要である。

差動診断

女性の早期閉経は、他の疾患および病理学的過程の存在を示す症状を伴うことがある。この場合、医学研究に基づいて閉経があるか否かを決定する鑑別診断を行うことは非常に重要です。

早期閉経の差別的診断は、副腎、甲状腺および膵臓疾患、高プロラクチン血症、卵巣腫瘍または下垂体の排除を意味する。多くの場合、更年期症候群の症状は、卵巣栄養失調症候群の症状に類似している。これらには、無月経、「熱いフラッシュ」、過度の発汗、情緒不安定、不妊が含まれる。閉経の診断のために、実験室の血液検査、超音波および他の研究が行われ、これは、濾胞装置の枯渇および閉経の特徴であるエストロゲンの急激な減少を明らかにする。

アンモニアと甲状腺中毒症との鑑別診断には、ホルモンT3およびT4の含有量の血液検査が必要です。病状の一般的な徴候は、熱感、月経周期の違反、強い動悸、発汗である。甲状腺中毒症の患者は薄く、充血性の弾力性のある肌をしており、神経質であり、過敏である。

早期閉経を識別するために避ける必要が神経失調症発作動悸、めまい、脱力感、発汗、感覚異常、漠然とした痛み、四肢のしびれを伴います、。これらの2つの病理の相違は、神経循環異常を伴う卵巣の機能の保存と子宮出血の不在である。

連絡先

処理 女性の早期閉経

タイムリーな治療を受けている女性の早期閉経は、過度の不快感を引き起こさない。さらに、正しく選択された療法は、卵巣の生殖機能を維持するのに役立つだろう。早期閉経時の危険な合併症を予防するために、医師はプロゲステロンとエストロゲンを含む患者ホルモン補充療法を処方する。

女性の早期閉経の治療は、医学研究の結果に基づいて包括的でなければならない。ホルモンに加えて、 "ホットフラッシュ"の重症度と頻度を減らすための抗うつ薬の使用を示しています。骨粗鬆症を予防するために、ボホスホン酸塩、ビタミンD、カルシウムおよびシリコン製剤、ならびに骨組織の形成を刺激する他の薬物(リセドロネート、アレンドロネート)を処方することができる。エストロゲン含有クリームは、皮膚および粘膜の改善に寄与する(乾燥感および不快感を和らげる)。医薬品は主治医が処方しなければならない。

それぞれの個々の症例において、患者は症状を緩和することを目的とした矯正治療プログラムを割り当てられる。錠剤に加えて、プラスターおよび子宮内器具ならびに膣座薬を使用することができる。これらのすべての薬物は、血液中のエストロゲンの用量を増加させることを目的としています。

ホルモン療法と並んで、患者は食事を修正する必要があります。毎日の食事では、新鮮な野菜、ハーブ、果物を含めることが推奨され、同時に動物製品の受け入れを排除する必要があります。健康を改善するために、適度な運動と毎日のウォーキングツアーが勧められます。健康なライフスタイルは、早期閉経を診断する際に求められるべき主な目標です。

早期閉経期のホルモン

女性の早期閉経は、働く能力と生きる能力に深刻な障害となります。したがって、ホルモン療法は治療の主要な方法の1つです。

初期の閉経期のホルモンは、閉経の経過に応じて選択される。ホルモン療法は、月経周期を正常化し、エストロゲン欠乏を補充する目的で、コース(例えば、Estriol + Ovestin)によって処方される。子宮内膜の変化に伴う出血を防ぐために、ホルモン含有薬物は一定の体制で服用すべきである。

ホルモン補充療法のための薬物の選択は、常に患者の個々の特徴および健康状態を考慮する専門医のために残される。錠剤の形態で、ならびに注射剤、軟膏、パッチおよび膣座薬の形態のホルモン剤がある。ホルモン摂取の禁忌は、特定の種類の腫瘍、血栓性静脈炎、重度の肝臓病、心臓発作または脳卒中後の状態である。 

女性ホルモンklimonorma、クリマ、Trisekvens、ディヴィナ、サイクロProginovaのほてり、過度の発汗、緊張感を排除するのに役立つと、骨粗鬆症やアテローム性動脈硬化症などの疾患の発症を防ぐことを含む組合せ製剤。

VAGIFとOvestinは、泌尿生殖器系の不規則性を訴えた女性、およびProginova準備のestrofemにお勧め、Divigelは婦人科の手術を受けた患者を任命(例えば、子宮の除去)。

ハーブの準備KlimaktoplanとRemensは健康の状態を正常化し、エストロゲンのレベルを正常化するのを助け、また鎮痙作用、降圧作用、鎮静作用を有する。

早期閉経を伴うZGT

女性の早期閉経は、治療法の選択に有能なアプローチが必要です。多くの場合、患者は、組織の正常状態を回復し、更年期の症状を軽減するためにホルモン補充療法を処方されている。

早期閉経におけるZGTは、しばしば、植物起源のエストロゲンを含有する大豆製品の摂取による適切な栄養補給によって補われる。HRTを使用すると、早期閉経の不快な症状を排除し、骨粗鬆症、アテローム性動脈硬化症、泌尿生殖器疾患などの合併症を予防するために身体機能を正常化するのに役立ちます。また、HRTは皮膚の老化の原因を取り除き、皺や老人の色素沈着を減らします。他の利点の中でも、心身の状態の正常化に注意することができる。

「早期閉経」の診断を確認した後、医師はホルモン補充療法を処方します。従って、患者は、骨粗鬆症を予防するために一定量のエストロゲンを摂取する必要があり、不快な症状を顔面紅潮と発汗の形で減少させる必要がある。エストロゲンと他の薬剤との不適合性の場合、ホルモン補充療法を中止すべきであることに留意すべきである。この場合、医師はビスホスホネート、ビタミンDおよびカルシウム製剤を骨粗鬆症を予防するように指名する。

誤って選択されたホルモンの投与量が体重増加と子宮出血を引き起こすことが強調されるべきである。ホルモン補充療法には、プロゲステロンおよびエストロゲンを含む併用薬の使用が含まれる。これらの薬剤には、Pausogest、Indinina、Klimonorm、Premarin、Divisek、Tibolonなどが含まれます。1 r./day、主に同じ時刻に。錠剤を服用する期間は1〜2年です。 

医薬品サポート

女性の早期閉経は、治療に関連する多くの疑問を引き起こす。薬は医師によって処方されなければなりません。なぜなら、自己投薬は、特にホルモン薬の摂取に関係する場合、否定的な結果につながる可能性があるからです。通常、早期閉経期では、患者はエストラジオール製剤またはこのホルモンとプロゲストゲンの併用を処方される。

早期閉経で処方された医薬品は、錠剤の形態で最も頻繁に発行されますが、膣ゲル、クリーム、およびホルモンを含む皮膚パッチ(エストロゲル、クリマラ、アンジェリーク)もあります。これらの薬物は、長期の治療のために処方され、子宮出血を起こさず、迅速に症状を排除し、早期閉経の合併症を予防する。ホルモンの摂取は、早期老化の発症を予防することを目的としています。これらには以下の薬が含まれます:

  • Ovestin;
  • Femoston;
  • ディヴィナ;
  • Divisekなど。

薬物療法は、皮膚の弾力性を維持し、血圧を正常化させ、症状を除去し、アテローム性動脈硬化症および他の合併症の発症を予防するのに役立つ。複雑に、あなたはハーブの準備と同様に、ハーブの注入と煎じ薬の摂取を含む代替療法を使用することができます。

早期閉経のためのフェンストン

女性の早期閉経は、更年期症候群の重篤度および患者の健康状態を考慮に入れた併用ホルモン療法で治療される。医薬品の選択は、医学研究の結果に基づいて行われるべきである。自己投薬は望ましい結果につながることはありませんし、害を及ぼすこともありますので、担当医師の推奨に従うことが重要です。

初期の閉経期にフェムトロンに任命されることが多い - エストロゲン - プロゲストゲン製剤であり、連続的な入院を目的とした抗プラスミン作用を有する。この組み合わせは、機能不全の子宮出血の治療と同様に、血液中のエストロゲンの不十分な量の症状を排除するために使用される。

Femostonと効果的に早発閉経(ほてり、頭痛、多汗症、不眠症、神経症、不安)によって引き起こされる栄養や心理感情的な障害を治療しました。薬は6ヶ月後に処方されます。最後の月経後に。この薬の予防投与は、骨粗鬆症の予防を目的としています。錠剤は食物摂取量に関係なく採取される。治療レジメンと薬物療法の禁忌は、指示書に記載されています。用量は、治療の臨床結果に基づいて調整される。

早期閉経期におけるオバリナミン

女性の早期閉経は、医学的実践によって証明された栄養補助食品で首尾よく治療されている。生物学的に活性な添加物の摂取は、月経周期およびホルモンの背景を正常化することを目的とする複合療法に含まれる。

初期の閉経期のオバリナミンは、活発な卵巣の生体調節物質として取られている。この薬剤はエストロゲンの天然類似体であり、155mgの錠剤形態で入手可能である。各錠剤には、動物(牛)の卵巣から採取した微量元素、タンパク質、ビタミン、核酸のセットであるシタミン10mgが含まれています。オバリアアミンの主な機能は、FSH(卵胞刺激ホルモン)の合成を阻害する能力である。この薬の目的は、月経周期と生殖器系の状態を正常化することと、閉経の症状を平滑化することです。

複雑な薬剤であるオバリアミンを服用する正確な手順は、主治医によって決定されるべきである。指示書に記載されている治療レジメン:1-3表。1日3回、10-14日のコースで食事前。治療への禁忌は、妊娠、母乳授乳、ならびに個々のアレルギー反応である。自己投薬が望ましくない結果につながる可能性があるので、栄養補助食品を自分で使用することは望ましくありません。

ヤリナプラス早期更年期

女性の早期閉経は、治療法の選択において有能なアプローチを必要とする。患者は医師の処遇に厳密に従わなければならない。これは、ホルモンの錠剤の適用 - 顕著な避妊効果だけでなく、治療および予防効果だけでなく、を持っている経口避妊薬を、出血の痛みを軽減、子宮内膜および卵巣腫瘍のリスクを減らします。

初期の閉経期のヤリナプラスは、活性錠剤、ならびにレボモルホリン酸カルシウムを含む補助錠剤を含む複合製剤として使用される。この薬剤の避妊効果は、排卵プロセスの「ソフトな」抑制によって達成される。

避妊薬に含まれるドロスピレノンは、女性の体内で産生される天然ホルモンプロゲステロンに似ています。この機能は、ホルモンの背景を正常化する際の錠剤の役割を決定します。「Yaryna」治療月経困難症や月経障害、子宮内膜症、乳腺炎のリスク低下、良性と悪性の腫瘍、女性の骨粗しょう症の炎症性疾患を持ちます。欧米でホルモン避妊薬「ヤリナプラス」を広く使用したことで、これらの疾病の数が大幅に減少しました。

代替治療

女性の早期閉経は、薬物療法と組み合わせて実績のある代替方法で治療することができます。代替医療では、茶飲料、煎じ薬、更年期の症状を軽減するハーブティークを提供しています。

代替薬草治療は、根底にある症状を取り除くのに役立ちます。いくつかの薬用植物はホルモン様物質を産生することができ、それによって体内のホルモンバランスを回復させることができる。"ホットフラッシュ"の頻度を減らすことは、沼地、沼地、甘草の根、ホーステール、アラルリア、およびブラックベリーを助けるでしょう。蜂蜜とリンゴまたはビートジュースの混合物をとって、早期閉経の重症度を経験している女性は、侵略と刺激に対処し、神経系を強化することができます。

カノコソウチンキ、スギナの煎じの代替手段は、セージ、カモミールとカレンデュラの注入は、軽度のうつ病を取り除くことができますし、ストレスや感情的な経験に対処します。これらの植物に含まれる有用な物質は、心臓活動の正常化に寄与し、睡眠の問題を排除し、片頭痛のリスクを軽減する。

早期閉経の状態を改善するには、健康的な食事、特別な衛生規則、運動を守り、悪い習慣を放棄する必要があります。

ハーブトリートメント

女性の早期閉経は、代替医療を含む様々な方法を用いて包括的に治療されるべきである。

ハーブトリートメントは、女性の健康を回復させ、閉経の不快な症状を取り除くのに役立ちます。最も効果的な植物は、様々な婦人科疾患を治療するために使用される赤いブラシおよびホウ素子宮である。

ウシの子宮は、ブイヨンおよび輸液の形態で採取される。原材料(大さじ1杯)湯の中に注ぎ、その後10分間沸騰させます。水浴上で冷やす。1 tbspの煎じ薬を取る。スプーンは1日5回まで。 

赤いブラシのチンキは、次のように準備されています:50グラムの根は、1リットルのウォッカを注ぎ、1カ月間拘束し、ろ過して30キャップを取る。食事の前に1日3回。

早期のクライマックスでは、代替ヒーラーは水の注入の形でミズトーを使用することをお勧めします。そのためには、原料(15g)を沸騰した水のガラスで注ぐ必要があります。1日3回、大さじ1杯。リットル。食事の前に。

また薬局で販売されているRhodiola Roseチンキを取ることもできます。ディルウォーターは潮の数を減らし、睡眠を正常化させます。その準備のために、沸騰水(0.5リットル)3 tbspを注ぐ必要があります。リットル。乾燥種子と1時間の魔法使いを主張する。次に、ブロスを水で希釈して1リットルにする。食前に100 mlを1日数回、30分ほど服用してください。

牡丹のチンキはまた、潮の点滅を減らし、更年期の他の症状を和らげます。さらに、ミント、クローバー、カモミール、ホップ、羊飼いの袋、馬の栗、ローズマリーおよび他の薬用植物を使用することは有用である。

ホメオパシー

女性の早期閉経は、ホメオパシー薬でうまく治療可能であり、その作用は、閃光、不眠、心理的不快感の形で症状を軽減することを目的としている。

この場合のホメオパシーは、植物抽出物、ミネラル、ビタミン、必須アミノ酸を含む天然製剤の使用を意味します。これらの薬物には、植物エストロゲンを含む天然物質の複合体を含むエストロエルが含まれる。これらの特殊な天然物質は気分を改善し、骨粗しょう症の発症を予防し、自律神経系の正常化を促進する。

Klimafitは、骨粗鬆症から身体を保護し、ホルモンの背景を正常化させ、閉経の症状に苦しんでいます。それは、マクロおよびマイクロエレメント、ビタミン、大豆エキス、バレリアン、サンザシ、ホーステイルを含む。Alliterは、更年期の症状を排除するのに有効であることが証明された別の薬剤である。それには、月見草油とニンニクエキスが含まれ、免疫力を高め、脳のパフォーマンスを改善し、早期閉経の不快な症状を止めます。

植物性エストロゲンKlimadinonとKlimadinon宇野有する薬物は、女性の幸福を向上させる、使用しても安全で、効果的にほてりを解消抽出tsitsifugi・ラセモサ及び助剤を含んでいます。

他のホメオパシー療法のうち、Feminalgin、Tsi-Klim、Feminal、Femikaps、Menopace、Inoklim、Tribestanが挙げられる。

外科的治療

女性の早期閉経は、大きな心理的不快感を引き起こし、頭痛、まばゆい発疹、圧力の跳躍の腹を立てる頻繁な発作をもたらし、急激に現れる。

外科的治療は、特に患者が卵巣手術を受けた場合に、更年期症候群の早期発生につながる可能性がある。この場合、女性は一般的な倦怠感、急速な疲労、不整脈、悪寒、心臓発作および片頭痛の形で陰性症状を経験することがある。外科的介入のために、女性の体は閉経の自然な期間を準備する時間がないので、早期閉経の徴候は予想外に起こり、極めて困難に進行する。非常にしばしば、外科的閉経は、長期のうつ病の根本的な原因となる。

卵巣を取り除く手術を受けた女性では、頭痛、失神、血圧が急激に現れることがあります。ホルモン不全のために、心臓の効率は低下する。外科的治療の結果として起きた早期閉経の発症の他の兆候のうち、無関心、過敏性、攻撃の流行、頻繁な不眠症に注意することができる。

ホルモンの変化は内分泌系に悪影響を与え、甲状腺や副腎の崩壊を招く。このような問題は、慢性疲労の発生と骨疾患の発症を引き起こす。

医薬品

防止

女性の早期閉経は、予防措置を使用して免疫をサポートし、女性の健康を守ることによって予防または緩和することができます。

予防には健康的な生活習慣、悪い習慣の拒絶が含まれ、これは卵巣の保護を維持するのに役立ちます。40年後の女性は、厳しい食生活をあきらめ、より多くの運動をし、エネルギーと生活の質のバランスを保つために好きなことをするべきです。健康的なライフスタイルの条件の1つは、疲労のない毎日の運動です。この目的のために、フィットネスクラス、ピラティス、ヨガ、水泳、新鮮な空気のジョギング、そして呼吸運動は完璧です。

感染症、ストレスの多い状況を排除し、個人の食生活を観察し、気分を悪くし、心理的疲労や慢性疲労などの重い負荷を避ける必要があります。あまり重要ではない、良い休息、適切な栄養、運動負荷です。

40代の女性は自分の考えを見る必要があります。青少年が過ぎ去ったと考える必要はなく、自分で働くために時間を割いたほうがよいでしょう。仕事をやめて楽観主義を再開すれば、さまざまな都市や国に旅行するのに役立ちます。新しい感情、鮮やかな印象、興味深い知り合いは精神をそらすのに役立ちます。

予測

女性の早期閉経は劇的に起こり、不快感を引き起こし、不快感を引き起こす可能性があります。しばしば、卵巣機能の消滅が徐々に起こり、これがホルモン活性の変動を引き起こす。

予後は、閉経の原因およびこの病状の経過の特徴に依存する。月経の流れが長期間存在しない場合(6ヶ月〜1年以内)、寛解の可能性は減少しますが、まれに妊娠する機会がまだありません。受胎能の肯定的予後は、以下の徴候に基づいている:超音波の結果(卵巣の正常状態、FSHのレベルは、歴史的に化学療法または自己免疫状態の変化)に基づいている。

したがって、女性の早期閉経は婦人科的問題であるだけでなく、女性の体全体の問題でもあります。エストロゲンの全身作用のために、このプロセスの多面的な性質に注意する必要があります。ホルモンは、多くの臓器および系に保護効果があります。治療は包括的であり、患者の寿命を延ばし、危険な合併症、特に心臓血管の発症を予防する必要があります。

最終更新日:01.06.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

閉経の最初の徴候、または女性の生活の新しい時代の始まり

女性は美しい生き物です。その真の目的は、世界を美しくするだけでなく、人類を続けさせることです。

病的閉経
クライマックスは、女性だけでなく男性にとっても自然な時代です。この生理学的期間は、原則として3〜5年続く。
重度の閉経の症状と治療
彼女がすでに45歳であることに注意を払っていないすべての女性は、エネルギーが豊かで、陽気で、若く美しいこの時期に自分自身を感じています。閉経の兆し - 肌になってたるんだが、たるんだ、しわがより顕著間引き髪になった場合でも、重量は電源が正しくても、月経周期が規則的ではないになり、急速に成長してきた、薄くなったと色あせました。

についての最新の調査 女性の早期閉経

統計によると、閉経のアプローチをしている女性は、多くの不快な症状だけでなく、性別への無関心からも苦しんでいます。

閉経困難な時期は、卵巣を若返らせることによって解決することができます
医学の老年医学者であるAubrey de Greyが保証するように、四半世紀の間に、女性は閉経期にもはや問題を抱えません。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.