^

健康

You are here

Mammoleptin

マンモレプチンは、植物起源の複合剤である。性的な領域に影響を与える薬物のカテゴリーに含まれています。

適応症 Mamolectin

治療で示される:

  • 乳房痛;
  • 線維嚢胞性起源のびまん性乳腺症である。

リリースフォーム

カプセルで作られ、瓶の中に60個入っています。1つのパッケージに1本のボトル

薬力学

この薬は、野菜だけでなく動物の性質を持ついくつかの粉末の複合体で構成されています。これらの物質は、互いの特性を強化し、補完するような方法で選択される。

この薬剤は、抗炎症効果を有し、組織の腫脹を除去し、麻酔を促進する。コースの治療に使用する場合、薬物は痛みを除去するか、または疼痛の強度を有意に低下させる。複雑な薬剤の使用は、線維嚢胞性起源のびまん性乳腺症に関連する組織構造内の病理学的プロセスの発達を防止するのに役立つ。薬は女性のホルモンの背景に安定化効果を持つことができます。

マンモレプチンは解熱特性を有し、また肝機能を安定化させる。さらに、カプセルは強壮効果を有する。粉末は抗菌効果を有することができる。

妊娠中に使用する Mamolectin

妊娠中にマンモレプチンを処方することはできません。

禁忌

薬は禁忌です:

  • 増加した血圧;
  • 授乳中に;
  • CNS臓器の興奮性が高まる。
  • 悪性腫瘍形成の存在下で;
  • 患者が不眠症に苦しんでいる場合;
  • カプセル剤の賦形剤と同様に、薬物の要素のいずれかの不耐性を有する。
  • 重度のアテローム性動脈硬化症;
  • 心機能に問題がある。
  • 18歳未満の小児では、

副作用 Mamolectin

カプセルの使用は、そのような副作用の発症につながる可能性があります:

  • 過敏症の全身症状;
  • 胸やけの出現、さらには勃起。
  • 皮膚反応を伴う不耐性の症状;
  • 圧痛を伴う上腹部領域における不快感;
  • 口腔粘膜の乾燥。

投薬および投与

標準用量は、1日3回、5カプセルの投薬を使用しています。しかし、初期段階では、1日6カプセルを服用し、徐々に投与量を増やすことが推奨されています(5カプセルの1カプセルにつき1カプセル)。食事後に薬を使用してください(平均して45分後に行うべきです)。 

治療コースの最適な期間は2ヶ月です。最大期間は3ヶ月です。より長いコースまたは反復療法は、治療する医師に同意する必要があります。1年間は2つ以上の治療コースを使うことはできません。

過剰摂取

必要とされる用量が過剰であるため、副作用のリスクが増加し、その強度が増加する可能性がある。

他の薬との相互作用

他の薬物との重要な薬物相互作用はなかった。理論的には、吸着剤は、マンモレプチンに含まれる物質の吸収を弱める可能性があります。強力な下剤は、カプセルの要素の消化性に影響を与える可能性があります。ビタミン、酸化防止剤および微量元素との組み合わせの場合の薬物の有効性を強化することは、研究によって証明されている。

ホメオパシー薬や中国薬と併用することは禁じられています。

保管条件

カプセルは、湿気や日光によって閉鎖された場所に保管してください。また、子供には近づけないでください。温度値は25°C以内です。

賞味期限

マンモレプチンは、薬物の放出日から3年間使用することが認められている。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.