^

健康

A
A
A

口からのアセトンの匂い

 

成人および子供においてアセトンの口臭を引き起こすことができる内臓器官および病状の多数の疾患が存在する。

集中的なアセトンの香りは、体内で起こる積極的な病理学的プロセスを示している。その理由は、タンパク質、脂質や炭水化物のプロセスの完全な消化を妨げたときに、本体(高い数字に栄養要因を引き起こし、体温上昇)のためのストレスの多い状況に、応答として、発生した全身循環中のケトン体のレベルの大幅な増加です。ケトンまたはケトン化合物は - アセトン(プロパノン)アセト酢酸(アセトアセテート)及び3-ヒドロキシ酪酸(ベータ - ヒドロキシブチレート)の組み合わせからなる、脂質、タンパク質および炭水化物代謝の中間体です。さらに分割すると、エネルギーの追加供給源として機能します。肝臓および脂質組織における酸化的形質転換中に形成される。

全身循環におけるケトン化合物の存在は、身体にとって正常と考えられる。ケトンの安全なレベルは、口からのアセトンの病的な臭いの出現および全体的な健康の侵害を引き起こさない。

主として脂質およびタンパク質からなる不均衡な食事は、ケトン化合物の過剰な蓄積を促進する。これは、身体が分割されていない代謝産物を中毒させ、アセトニズム症候群およびアシドーシスの形で現れる酸性度の増加に向けて生物の酸 - 塩基バランスの変化を引き起こす。酵素の欠乏と、消化管が脂質を必要なレベルまで分解できないことから、条件が生じる。その結果、ケトンの病理学的増殖が起こる。重大なレベルに達すると、その誘導体を含むアセトンは体に悪影響を及ぼす。

原因 口からのアセトン臭

アセトン口臭の主な原因は次のとおりです。

  • ストレスの多い状態。
  • 糖尿病;
  • 食物および毒性中毒;
  • 食事中に十分な量の炭水化物が欠如している;
  • 長引かれた断食;
  • 腎不全;
  • 先天性消化酵素の欠乏。
  • 感染症および炎症性疾患における体温の有意な上昇。

危険因子

口からのアセトンの臭いの出現の誘発因子は以下の通りである:

  • 体温が高い桁まで上昇した細菌感染症(特に、膿性炎症性)
  • 心血管系の疾患(心筋梗塞、脳卒中)、
  • 膵臓の炎症、
  • 腎臓病理、
  • 甲状腺の仕事の問題、
  • アルコール乱用、
  • 酵素不均衡および食物不均衡。

症状 口からのアセトン臭

症状は、体内のアセトン化合物の蓄積レベルによって異なります。軽度のフォームで - 衰弱、不穏な気分、吐き気。尿検査はケトン尿によって確認される。

中等度の重症度の症状は以下の症状で:乾燥、コーティングされた舌、過度の口渇、重いアセトン口臭、息を頻繁に息切れ、腹痛明確なローカライズせずに、乾燥肌、悪寒、吐き気、混乱を観察することができます。尿中では、ケトン化合物が増加する。

アセトン危機の深刻な状態は、潜在的な患者の無意識を伴う平均状態の場合と同じ症状である糖尿病性昏睡と同一である。

ケトアシドーシスの診断は、臨床症状および臨床検査に基づいている。血液血清検査は、高ケトン血症(0.03-0.2mmol / lの速度で16-20mmol / lまで)および尿中の高レベルのアセトンの存在を示す。

大人の口からのアセトンのにおい

小児期と成人期の口からのアセトンの匂いの原因は同じです。特徴的な特徴は挑発的な要因です。成人のアセトン口臭は、ほとんどの場合、第1および第2のタイプの糖尿病で観察される。成人患者におけるシャープアセトン息は、多くの場合、神経障害、食欲不振、甲状腺および副甲状腺の病理、(特に長期の医療飢餓に関連した)腫瘍組織とダイエットの増殖に関連しています。

大人は不利な生活条件に適応する可能性があります。全身血流における長期間の蓄積および長期間の高レベルのケトン化合物は、代償的可能性の枯渇および口からのアセトンの臭気を伴う潜伏性疾患の症状の能動的発現をもたらす。

アルコール後の口からのアセトンの匂い

アルコール飲料の長期間および頻繁な使用により、アセトンの匂いがあるかもしれない。その理由は、アルコールが肺を介して肝酵素によって分裂すると、アセトアルデヒドのアルコール毒素が放出され、これは口からアセトンの臭いのような外部者によって感じられるからである。

これは、酸性側の酸 - 塩基バランスの急激な変化(アシドーシス)を示す。肝臓のアルコールへの耐性を低下させることにより、アルコール含有飲料の使用による口からのアセトンの臭いの出現が誘発される。

口からのアセトンと尿の臭い

腎症および腎不全の発症により、口からのアンモニア臭がアセトンの臭いに加えられる。腎臓は体内の毒素や老廃物を取り除きます。腎臓濾過機能が損なわれると、有害物質の排出効率が低下し、それらの蓄積が起こる。その兆候の1つは、アセトンに似たアンモニア臭です。彼らはしばしば混乱します。アンモニアまたはアセトン口臭の場合の腎臓の病状を判断するには、泌尿器科医または腎臓科医に相談する必要があります。

病気の症状としての口からのアセトンの匂い

アセトンの匂いは、重篤な病気の症状であり得る

真性糖尿病はアセトンの匂いを引き起こす最も一般的な疾患である。

I型糖尿病は、膵臓の機能に関連する病理によって引き起こされる。グルコース(主なエネルギー源)の体内への流れに関与するインスリン合成の急激な減少または停止があります。インスリンは、細胞膜を通して分裂糖を送達する能力を有し、血流中の安定したレベルのグルコースの維持を確実にする。II型糖尿病では、ホルモンインスリンが完全に生成されるが、細胞は送達されたグルコースを認識しない。このため、過剰な量のグルコースと大量のインスリンが血流に蓄積します。ホルモンが過剰であれば、受容体は脳に食物の必要性を知らせる。食品の偽りの必要性があり、その結果は肥満になります。重要な指標に到達する過剰なグルコースは、高血糖の昏睡につながる。

糖尿病はアシドーシスとケノミミー、特に小児期に特徴的です。全身循環におけるノルムケトンはアセトン体の患者割合で糖尿病の存在と、5-12 mgの%であると考えられるので、アセトン息を感じ、50~80 mgの%に増加します。尿の高い含有量は、ケトンを検出しました。

ときに高血糖昏睡は、アセトンの臭いを発生します。患者の全身状態の重篤度は徐々に増加している。発作の開始時 - 頻脈、瞳孔の狭小化、肌の薄くて乾燥した、おそらく胃痛の出現。

糖尿病性昏睡の症状の出現とその悪化は、緊急医療を求めて病院で治療する理由です。

栄養切断の生成物が尿中に排泄されないので、抽出される空気中で、患者が腎機能を損なう場合、アセトン臭がある。

アセトンの匂いは、腎尿細管の破壊および濾過および排泄機能の侵害によって引き起こされる腎臓腎症または異栄養症の出現の最初の徴候である。これらの疾患は、身体からの脂質代謝物の排除障害に関連する代謝過程の異常を特徴とし、血液中のケトンの蓄積をもたらす。腎症は、慢性感染(結核、リウマチ)の仲間になる可能性があります。

アセトンの口臭の発生に寄与する別の疾患は甲状腺機能亢進症である。この甲状腺の病理は、甲状腺ホルモンの合成レベルの安定した上昇を伴い、ケトン化合物の形成および蓄積の影響による代謝プロセスの増加をもたらす。

アセトン含有化合物の増加は、長期の治癒的飢餓、不合理な栄養(単調および不均衡)で起こる。

厳重な食事と断食の頻繁な期間を愛好する人々には、口からアセトンの臭いが出る可能性があります。炭水化物および脂肪を排除することにより、カロリー摂取量を減らした食事は、代謝障害を引き起こす可能性があり、制御されない使用では、不可逆的な結果につながります。アセトンの臭いを取り除くためにガムを噛む口腔清涼剤を使用することは無用です。第一に、その出現原因を確立し、除去する必要があります。

2型糖尿病の口からアセトンの臭い

特に注目すべきはII型真性糖尿病である。それは急速な肥満(患者の80〜90%)を伴う。細胞壁が著しく厚くなり、糖分解産物の膜透過性は、体内の細胞への主なグルコース伝導体であるインスリンに対する感受性の喪失のために損なわれる。その結果、アセトン臭があります。あなたは効果的に余分な体重を取り除くことができます特別な治療食を適用することによって、病気の進行を安定させ、含むことが可能です。容易に消化可能な炭水化物の少ない含有量の食品の食事療法を遵守することは、身体のアセトンの重要な指標を低下させるのに役立つ。

昏睡状態の口からアセトンの臭い

昏睡状態の差別的診断は、昏睡状態、事象、または昏睡状態の合併症の可能性のある患者の診断歴における存在の前に、わかっていなければ、困難である。ほとんどすべての場合、口からのアセトンの臭いおよび/または尿中のその存在がある。

アルコール昏睡。アルコール含有飲料の頻繁で無秩序な摂取で起こる。少量のアルコールは、その人がエチルに絶対不耐性である場合に昏睡を誘発することもできる。あなたが時間の解毒を開始しない場合、アルコールと昏睡の過剰摂取は致命的である可能性があります。客観的に、深いアルコール性昏睡状態では、意識の欠如、反射の退色、糸状パルス、血圧が非常に低い数値に低下する。顔の肌は淡いチアノーゼの色合いを獲得し、体は冷たい粘着性の汗で覆われている。口からアルコールとアセトンの鋭い匂いがあり、アルコールとアセトンは血液と尿中で測定されます。アルコール性昏睡はまた、メチル(技術的)アルコールの消費の結果として生じることがある。死亡の頻度はエチルアルコールを使用する場合よりもはるかに高い。解毒療法の治療措置は専門部署で行われます。

尿毒症昏睡。慢性尿毒症性昏睡は、糸球体腎炎、腎盂腎炎、および動脈硬化性シワ状腎臓の背景に対して生じる慢性腎不全の最終段階と考えられる状態である。症状や重症度は長期間悪化する。遅滞、衰弱、渇きが徐々に進行し、口元からのアンモニアおよびアセトンの顕著な匂い、息切れ、吐き気、嘔吐、嗜眠があります。中毒の結果として、呼吸器の中心が苦しみ、病的呼吸がチェインストークスまたはクスマウルとして現れる。

血液検査では、クレアチニン、尿素、残留窒素の量の増加が記録され、アシドーシスが進行する。阻害は混乱に置き換えられ、患者は無意識の状態に陥り、死にます。

血液検査は、高度の代謝性アシドーシス、クレアチニン、尿酸および残留窒素の進行性の増加を確認する。

尿毒症のための複雑な治療の成分の1つは、血液透析の使用である。

肝性昏睡は重度の肝臓障害の症状を呈する複合体である。中枢神経系の機能が阻害されて進行し、昏睡状態になる。昏睡かもしれ徐々にまたは急速に開発しています。それは、広範な壊死過程の後、またはウイルス性肝炎における肝臓の硬変変化のために、急性毒性ジストロフィー肝臓損傷で起こる。それは、遅れ、方向の混乱、眠気、意識の混乱を増加させること、口からの肝臓の特徴的な匂い、皮膚の黄疸を伴う。状態がさらに悪化すると、意識の欠如、病的反射の出現、患者の死があります。

血液分析では、総タンパク質およびアルブミンの値が低く、胆汁酸レベルが上昇し、ビリルビンが増加し、特定の肝酵素の活性が増加し、血液凝固およびコレステロールが減少する。

ある温度での口からのアセトンの匂い

熱反応が熱分解物質の作用下での熱伝達を超えると、温度反応が起こる。増加した熱産生は、化学反応が熱を放出して体内で起こる代謝過程の増強により起こる。これらの反応では、ほとんどすべてのグルコースポテンシャルと褐色脂肪の大部分が関与しています。脂肪族化合物の増強された変換は、ケトン体の形成による脂質の過酸化をもたらす。過剰のアセトン化合物は吐き気や嘔吐の原因となることがあります。腎臓を排泄できないケトンは、肺を介して分離し始め、これはアセトンの臭いの出現を招く。気温が上昇する病気の期間中、医師は十分な水を飲むことを推奨します。ARIまたは他の感染症から回復した後、または高熱を止めた後、口からアセトンの臭いが止まる。口臭が目立つ場合は、飲酒の遵守にもかかわらず、それは驚くべき要因であり、医師のアドバイスを求める弁解である。

片頭痛時の口からのアセトンの匂い

アセトン危機と片頭痛では、めまい、吐き気、嘔吐、重度の発汗など、同様の症状がみられます。口からの片頭痛のアセトン臭い。通常はない。尿中のケトン体の測定結果もまた陰性である。片頭痛がアセトン口臭を引き起こす疾患の付随症状である場合、根底にある病理の治療が必要である。生化学的血液検査、尿中のケトン体の存在の判定、腹腔器官の超音波検査など、特定のタイプの研究を行う必要があります。医師によって決定される研究の別のリストがあります。自宅では、テストストリップを使用して尿中のアセトン化合物を測定することが可能です。

断食中の口からのアセトンの臭い

アセトンの口臭を引き起こす要因には、モノ飼料および断食が挙げられる。食物が存在しない場合、脳は、肝臓内のグリコーゲンのいくつかの有機供給のために、全身血流におけるグルコースの増加を活性化するインパルスを伝達する。生物は、しばらくの間、グルコース値を生理学的レベルで維持することを管理する。複雑な炭水化物グリコーゲンの供給は限られている。その後、身体は、脂肪組織の成分である代替栄養源およびエネルギー源を積極的に使用しなければならない。脂質有機化合物を崩壊させるとき、細胞は放出されたエネルギーおよび栄養素の組み合わせを使用する。脂肪の能動的な変換は、アセトン含有化合物の形成で起こる。脂質代謝物のレベルの上昇は、体に有害な影響を与えます。それらの蓄積は、口からの不快な臭いの出現をもたらし、肺を通して毒素を除去するための身体による試みである。断食が長引くと口臭はより明確になります。食事の意図しない使用は、予測できないマイナスの結果につながる可能性があります。

子供の口からアセトンの臭い

不完全性および多くの臓器および系の形成は、栄養の変換および代謝過程の反応において頻繁な失敗の発生をもたらす。アセトン危機の症状の発現傾向は、5歳までの小児で観察される。一次および二次のタイプのアセトネニアが存在する。

アセトン危機の主要なタイプは、食事の誤差、栄養の不均衡、飢えの期間です。第2のタイプは、体性疾患、感染病理、内分泌かく乱または腫瘍プロセスの存在に起因する。子供の体内では、ケトン化合物はより速く蓄積し、顕著な毒性作用を有する。アセトンの口臭、食欲不振、吐き気、嘔吐、頭痛、血液中のケトン体の上昇、尿中のアセトンの出現など、第1および第2のタイプの危機の症状は同じである。この子は、アセトネミアの遺伝的素因を有する可能性がある。

子供のアセトン危機の症状を誘発する要因は、身体的疲労、強い神経ショック、精神過敏、気候条件の変化である。

適切な治療は、医学的検査、検査室診断、および正確な診断の設定を行った後、医師によって処方される。

新生児の口からアセトンの臭い

新生児は生まれてから28日までと考えられています。アセトンの臭いの存在は、炭水化物(エネルギー)代謝の違反を示す。アセトンの匂いが持続し、乳児にとって常に懸念があるため、小児科医は助けが必要です。自宅で、独立して、新生児の尿中のケトン化合物の存在は、テストストリップの助けを借りてチェックすることができます。これは、問題のある収集、特に女の子のために、分析される物質の収集が困難であるが、可能である。

高温の病気の後に現れるアセトンの臭いは、熱分解反応に関与するグルコースの枯渇した貯蔵を示す。小児では、肝臓のグリコーゲンは成人に比べてはるかに少なく、早く消耗します。

消化器系の不完全性や酵素欠乏のために、人工授乳中にアセトンの臭いが現れることがあります。

アセトンは、隠れた腎臓の問題で、代謝産物が完全に排泄されていないために出現します。飲酒療法や新生児の過熱の非遵守も、アセトンの臭いが現れることがあります。嘔吐の追加やアセトンの臭いが増えた場合は、緊急の診察が必要です。

子供の嘔吐と口からのアセトンの匂い

過度のケトンの蓄積、中枢神経系の嘔吐センターのすべてのシステムおよび刺激に対するそれらの毒性効果は、持続的なアセトニック嘔吐の出現を導く。血液中では、グルコースレベルの低下が記録される(低血糖症)。

アセトイソ嘔吐の典型的な臨床像:重度の衰弱、代謝代償不全および急性脱水症を引き起こす嘔吐感の再発。この現象は、18才から5才までの子供に共通する現象です。嘔吐は、アセトンレベルの有意な増加およびアセトン尿症の出現により先行する。ケトン化合物が血液中で臨界レベルに達すると、口からのアセトンの特有の臭気が感じられ、不透明な嘔吐が現れる。アセトニズム嘔吐を引き起こす最も一般的な要因は次のとおりです。

  • 感染症 - ウイルス性および細菌性、熱中に少量の液体を伴う;
  • 食事の間に長すぎる休憩。
  • 不均衡なタンパク質、脂肪、炭水化物の食事;
  • 心身の障害。

この状態は、代謝プロセスの持続的な障害の発生、酸 - 塩基および水 - 電解質のバランスの変化をもたらし、子供の健康および生命に命を脅かす結果につながるので、緊急の入院治療を必要とする。

ティーンエイジャーの口元からのアセトンの臭い

十代の時代までに、多くの臓器や系の機能形成がほぼ完了しています。したがって、十代の若者の口からのアセトンの臭気は、体内の代謝プロセスの病理学的障害の兆候となり得る。アセトン口臭は、特定の健康上の問題があり、軽く治療してはならないことを意味する可能性があります。口からのアセトン臭の存在は証言になることがあります:

  • 明白な臨床症状に達していない真性糖尿病の初期段階;
  • 食事の不正確さ。
  • 消化管、腎臓病、甲状腺、副甲状腺および膵臓腺の部分の病理;
  • 急性および慢性の肝臓疾患;
  • 急性および慢性の感染性炎症性疾患が挙げられる。

診断 口からのアセトン臭

アセトニック性口臭を引き起こした原因を正確に診断するためには、正確な病歴を持つことが重要です。検査室検査と超音波診断を割り当てます。診断手技の必要性およびリストは、医師によって決定される。専門家の遂行が定義できれば、それは口からアセトンの臭いの形成につながった。

分析

口からアセトンのにおいがある場合は、以下の検査診断手順が標準的に規定されています。

  • 詳細な生化学的血液分析(全タンパク質、タンパク質画分、マルターゼ、膵臓アミラーゼ、リパーゼ、総コレステロール、尿素、クレアチニン、ALT、ASTなど)。
  • 一般化された血液検査;
  • 血糖を測定する。
  • 必要であれば、ホルモンのレベルが診断される。
  • 一般的な尿分析(ケトン体、グルコース、タンパク質および沈殿物の顕微鏡検査);
  • (膵臓腺および肝臓の酵素活性を測定するための)コドログラム。

臨床的徴候に基づいて、専門家が推奨するさらなる実験室試験が可能である。

インストゥルメンタル診断

検査室の分析と同時に、腹腔、腎臓、および甲状腺の超音波検査が処方される。

差動診断

口腔からのアセトンの臭いは、独立した別個の病理学的単位ではなく、多くの疾患の症状複合体の一部である。それは、代謝過程のメカニズムの侵害に関連する重篤な疾患、および食生活における致命的な誤りのように現れる可能性がある。正確な診断を確立し、その状態に適した適切な治療を処方するためには、診断と研究結果の専門家による徹底的な検査が必要である。個々のケースでは、研究の手段と手段の助けを借りて、州の区別が必要です。診断の正確さから、治療の戦術と成功に依存します。

処理 口からのアセトン臭

アセトンの口臭は独立した病気ではありません。治療は口からアセトンの臭いを引き起こす基本病理の矯正にある。インスリン依存性真性糖尿病 - 一生のインスリン投与は、厳密に規定された用量で処方される。糖尿病2型 - 血液中のグルコース濃度を低下させる薬物を服用する。

特別な状況は、子供のアセトン症候群です。それは吐き気や嘔吐の発作から始まり、水 - 電解質バランスの重大な違反およびグルコースレベルの致命的な低下をもたらす。治療は、グルコース中の子供の体の必要性の補充と水 - 電解質平衡の回復に基づいている。甘いお茶やドライフルーツの煎じ薬を飲むことをお勧めします。水 - 電解質平衡の回復に寄与する薬剤の推奨水溶液:レハドロン、ヒト電解質。

Regidron。パッケージは1リットルの温水で希釈され、1時間または1回の嘔吐の後、患者の体重1kgあたり5〜10mlを服用します。治療量の副作用を適用することは観察されない。

少量(5〜15 ml)を飲むが、10〜15分ごとに飲むように吐き気や嘔吐を伴う子供の体内の液体と電解質の量を満たすことができる一定の規則がある。

子供に嘔吐すると無敵になった場合は、一般的な健康状態は、明確なローカライズせずに腹痛、病院での更なる治療上の専門医に相談し、輸液療法を実施する必要があるかもしれない(悪化疲労、脱力感、無気力)が悪化しています。

体内の液体の容量を満たすために、点滴注入用の溶液:rheosorbilact、sorbilact、trisol、disol、Ringer's solution、neohemodes。

Trisol。この溶液を40〜120滴/分の速度で滴下し、36〜38℃の温度に予熱する。1時間以内に、溶液の許容量は患者の体重の7~10%である。注入中に、心臓の仕事に悪影響を与える高カリウム血症を避けるために、血液の電解質組成の制御が必要である。

リンゲルの溶液。この薬剤は、体液量不足の非経口置換に理想的である。大人の1日当たり1-2リットルの溶液の許容量。通常の血行力学的パラメータでリンガーの解を止める。溶液の塗布前および塗布中に、血液中の電解質含有量を監視することは必須である。高カリウム血症および高ナトリウム血症を引き起こすことがある。術後期間に高齢患者に注意深く適用する。

病院で脳催吐中心に影響を与える処方:. Metoklopromid、Reglan、osetron、オンダンセトロンなどの制吐剤は、主にW /投与のW / OまたはWの溶液の形態で割り当てられます。

Reglanまたはmetoklopromid。嘔吐を止めるために非経口投与が意図されている。アセトニソの治療では、長期間の嘔吐は予定されていないため、副作用の可能性は最小限に抑えられています。例外はコンポーネントに対する過敏です。治療用量:成人と青年(14歳以上) - 10mgメトクロプラミド(1アンプル)を1日3-4回; 小児(3歳から14歳まで) - 0.1mgメトクロプラミド/ kg体重。

腎機能障害を有する患者には非常に注意深く適用する。

スタージョン。嘔吐の排泄目的で使用される。IM、IV注射およびIV注入のためのRR。オーセトロンは、r-ラムデキストロース、r-ラムリンガー、生理学的r-ラム塩化ナトリウムの5%を希釈することができる。標準溶液は、それぞれ4mgおよび8mgのアンプルで使用される。薬物の投与量および頻度は、医師によって決定される。2歳未満の子供、妊娠中および授乳中の女性の成分に対する個々の過敏症の患者にはお勧めできません。

親戚の1人がケトン尿症やアセトニズムの危機に悩んでいる家族では、アセトンの尿中の尿のレベルを測定するための特別なテストストリップが必要です。テストは薬局で販売されています。

アセトンの危機の後、弱体化した生物はビタミン複合体を必要とする:askorutin、revit、undevit。

理学療法的治療

専門家は特別なアルカリ性ミネラルウォーター(Borjomi、Luzhanska)を使用することを推奨しましたが、まずガスを取り除く必要があります。

主治医は、アシドーシスの影響を排除するために、暖かい(41℃まで)アルカリ性浣腸(3%または5%ソーダ溶液)のコースを取ることを決定することができる。ソーダ浣腸を行う前に、大腸をきれいにする必要があります。

代替治療

代替医療では、消化を改善し、口からアセトンの臭いを減らすのに役立つ処方があります。しかし、アセトン口臭の原因を取り除く必要があるため、これは一時的な対策であることを覚えておく必要があります。

あなたはクランベリー、シーバソーンからのコンポートまたはジュース、ローズヒップの煎じ薬および注入液を調製することができます。これらの果実は完全に体に影響を与えます:免疫力を強化し、代謝プロセスを改善し、消化管の仕事を正常化します。

ハーブトリートメント

使用口腔粘膜における糖尿病、胃炎、胃潰瘍、慢性腸炎、赤痢栄養疾患、肝疾患、下痢、腎臓や膀胱の炎症、歯周病やアフタ性潰瘍のための代替医療でブラックベリー。その果実は含まれています:ブドウ糖、果糖、ショ糖、アスコルビン酸、カロチン、ビタミンE、有機酸などの葉を-アスコルビン酸を大量に...

10万センタウルスが広く使用されている。それは、胆汁分泌促進及び駆虫剤として、胃内容物、消化不良、発熱、嘔吐、肝疾患、糖尿病の増加した分泌と胃炎のために使用されています。Centauriumには、アルカロイド、各種グリコシド、アスコルビン酸、オレイン酸、精油があります。

ホット注入:1-2 tsp。原材料を沸騰した水で1杯分注ぎ、5分間沸かしてください。注入はその日中に行われる。

ホメオパシー

Arsenicumアルバムはヒ素をベースにしたものです。アセトニズム症候群の発生の場合、アシドーシスおよび顕著な全身衰弱を伴って発症する感染性起源の病気で受け入れられる。Arsenicum Albumum CH30を1回投与することで、アセトン症候群の重篤度を大幅に軽減し、基礎疾患の症状を緩和することができます。5〜20粒の顆粒は、沸騰水の半分のガラスに溶解する。5〜20分おきに1杯のティースプーンを飲む。

奇形細胞は、ホメオパシーの制吐薬です。

神経系に強壮作用を及ぼし、血管拡張作用を有する。これは、めまいの神経原性の血管発生の間に起こる精神的な欲求の軽減のために使用され、軽い形態の頭蓋脳損傷を伴う。平均は1タブの標準を取る。3リットル/日、めまいと吐き気の激しい攻撃で、レセプションは15分ごとに10滴または1タブレットで1〜2時間開始します。

ヌークスVomica homaccord - 制吐性ホメオパシー薬。

腸に鎮痙作用、消炎作用があります。使用する:頭痛の軽減のために、積極的に肝臓に、消化器系疾患に影響を与えます。3 p /日の標準10滴を取る。

口からアセトンの匂いを嗅ぐダイエット

口からのアセトンの激しい臭いが出現する疾患の急性期に、食事は豊富な飲酒の規制の遵守を遵守する(消費された液体に制限がない場合)。脂肪およびタンパク質食品、肉製品、酵母の新鮮なマフィン、新鮮な野菜および果物、全乳を除く。この期間の食品は、主に炭水化物を含む、簡単に消化可能でなければなりません:軽い水、焼きリンゴ、ビスケット、お茶。1週間後、発酵乳製品を食餌に導入する。2週間後、ゆで肉、バナナが許可されます。許容される製品の範囲は、牛乳を除いて徐々に拡大しています(その使用は1〜2ヶ月間放棄すべきです)。

防止

予防措置は以下のとおりです。

  • 毎日のルーチンの遵守;
  • 睡眠(1日8時間以上);
  • 新鮮な空気の中にいて;
  • 過度の強度のない投薬された定期的な運動による体育;
  • 水の手続きの毎日の受信。

太陽の過熱や神経系の過負荷を避ける必要があります。正しい食生活を維持する必要があります。

主治医はmezhkrizisnye期間脂質代謝を正常化薬、肝臓保護薬、鎮静剤をお勧めします可能性があります。(主にハーブのカノコソウ、motherwort、パーシー新しくPassito、sedasenaフォルテらを。)食欲刺激剤(胃液、abomin、ビタミンB1・グループ、B6)。代替発酵療法の準備。

アセトニズム症候群の再発により、基礎疾患の予防治療の定期的(少なくとも2回)の抗再発サイクルが必要とされる。

予測

アセトン症候群の予後は良好である。子どもたちが成長するにつれて、アセトン危機の出現は止まる。医師へのタイムリーな訴求と根底にある疾病の有能な治療法は、ケトアシドーシスの軽減に寄与します。

口からのアセトンの臭いは、身体からのメッセージであり、彼の仕事には問題が現れています。このメッセージは反応でなければなりません。医者への訪問を待つことはありません。資格のある専門家が健康チェックを行い、体内のどのシステムがアセトン化合物の出現を引き起こしたかを知ることができます。理由を知っていると、アセトンの臭いを取り除く方が簡単になります。

最終更新日:05.10.2018
!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

子供の口からアセトンの臭い

親が子供の口からアセトンの臭いを感じると、疑問が生じます。理由は何ですか?医療援助を申請することを躊躇しないでください。この症状は、子供の体内の内分泌系の破壊と重大な代謝病理の発症のシグナルです。

口からの酸っぱい臭いがいくつかの病気の結果、時には深刻なものになることはほとんどありません。どのように病気を認識するのですか?

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.