^

健康

You are here

抗生物質による前頭炎の治療:薬物、レジメンのリスト

フロントタイトは比較的頻繁な病変であると考えられ、これは粘膜鼻前頭洞の炎症である。病気は、初期段階にあるので、多くの場合、患者は炎症が一般的になった場合にのみ、医療の助けを求める、陳腐な寒さとすることができる - 温度が上昇し、激しい頭痛があり、等のような状況では、前面に抗生物質を処方することは非常に重要..です - 抗生物質療法のみが疾患を治癒させ、有害な合併症の発症を避けるのに役立ちます。

抗生物質による前頭炎の治療

前部に抗生物質を服用する前に、前部がウイルス性またはアレルギー性であるため、その細菌病因を確認する必要があります。

薬物を選択する際には、その薬理学的特性を注意深く研究し、その活性成分が鼻腔に入ることを確認することが重要である。また、病原性菌叢が抗生物質療法に耐性を示すことも非常に重要です。

鼻分泌物の検査室での研究により、細菌の所属を特定し、抗菌薬に対する感受性を評価することができます。これにより、将来適切な薬を指定することが可能になります。これは、特定のケースで最も効果的です。

何らかの理由で耐性を評価する可能性がない場合、可能な限り広範囲の抗菌活性を有する抗生物質を選定することに頼る。処方された治療の有効性は、治療の開始から2〜3日後に決定される。前炎の陽性動態がない場合、抗生物質は別の作用スペクトルで別のものに取り替えられる。

適応症 正面の抗生物質

治療の開始前に、前立腺炎の細菌性を確認するために診断を受ける必要があります。医師がこの疾患のアレルギー性、真菌性またはウイルス性を示す場合、抗生物質を前立腺に処方することは実用的ではない。

したがって、抗菌薬治療を処方するための適応症は、

  • 前立腺炎の診断された細菌病因;
  • 長期および重度の発熱;
  • 鼻の通路からの豊かな化膿排出物の存在;
  • 患者の健康の致命的な悪化;
  • 著しい白血球増加症;
  • 耳鼻科手術介入後の期間。

正面の抗生物質と副鼻腔炎

炎症と組み合わせた抗生物質は、抗生物質療法に対する病原体の耐性を考慮して、前頭炎および副鼻腔炎の形態で処方される。このような炎症過程はかなり複雑な疾患と考えられているため、いつでも自己薬物療法に従事してはならない。抗生物質による前頭炎および副鼻腔炎をうまく治療するためには、このような規則に従うことが必要です。

  • 医師の処方に従って抗生物質を服用してください。
  • 以前に薬を服用していた場合は、必ず医師に伝えてください。
  • あなたは抗生物質療法を自分で調整することはできません。
  • 誤って錠剤を逃した場合は、二重服用をしないでください。薬物をできるだけ早く服用してください。
  • 約200mlの量で温かい水で抗生物質をよりよく飲む;
  • 抗生物質療法中にアルコール飲料を飲むことは禁止されています。
  • ダイエット乳製品に含めることが望ましい。

大人用抗生物質

前炎症は感染性プロセスであるため、前の抗生物質が主要な薬剤であると考えられている。それらは以下の原則に従って選択されます:

  • もし病原性微生物(前炎の原因物質)が同定されていない場合、最も広いスペクトルの活性を有する抗生物質を処方しなければならない。
  • 治療の初期段階では非常に有効な量の薬剤が処方される - 注射剤の形態で抗生物質を使用することが好ましい(急性症状の軽減後、抗生物質の錠剤形態に切り替えることが可能である)。
  • 前成人における抗生物質治療の持続時間は、たとえ数日後に疾患の症状が止まったとしても、約1.5〜2週間である。
  • 前立腺炎における抗生物質使用の用量および頻度は、それぞれの場合に別々に医師によって決定される。
  • 補助療法のために処方薬を投与する必要があります - これらは痛みを取り除き、温度を下げ、鼻からの排出量を減らします。
  • 抗生物質が摂取開始後3〜4日以内に肯定的な効果を示さないならば、それは養蜂の結果を考慮して、別のものに取り替えなければならない。

前の子供のための抗生物質

前庭の子供が抗生物質を服用しているときは、炎症過程が骨膜、骨、そして脳に広がることがあるので、重要なポイントです。このような合併症を避けるためには、可能な限り早期に抗生物質を処方する必要があります。

病原体および炎症過程の段階に応じて、抗生物質が処方される。この場合、抗生物質療法の初日に薬剤に対するアレルギー反応が発生する可能性があるため、子供の幸福を注意深く監視する必要があります。この場合、直ちに子供に抗ヒスタミン薬を与え、抗菌薬の投与をやめ、小児科医に知らせる。

原則として、子供の前に抗生物質を適格に任命することは、薬物の最初の投与後2日目または3日目に症状が顕著に改善する。改善はわずかである、あるいは全くなし、またはさらに悪いが存在しない場合 - 条件が悪化し始め(膿、敷設鼻腔の温度を保つ)、主治医は強い効果で、別の薬剤を置き換えてください。

リリースフォーム

前庭炎の治療に対する有能で統合されたアプローチの使用は、患者が前頭洞を開いて排水する操作を回避することを可能にする。前頭洞への抗生物質溶液の注射は、比較的稀であり、重度の兆候がある場合にのみ、この処置は非常に外傷性であると考えられているため、実施される。

鼻腔内(腔内)使用のためのスプレーおよびエアロゾルなどの抗生物質のこのような形態の成功。そのような薬剤の活性成分は、しばしば、アミノグリコシド系抗生物質、例えば、ポリデックス(Polydex)またはイソフラ(Isophra)である。

抗生物質療法の初期段階では、抗生物質溶液の注射可能な投与を使用することが好ましい。これらは、筋肉内または静脈内注射であり得る。

前炎の流れが容易で、疾患の急性症状を排除した後、抗生物質は錠剤またはカプセル剤の形態で服用することができる。

タイトル

前もって抗生物質を使用することは様々であり、薬剤は病原体の種類と活性に応じて投与することができる。

  • マクロライド抗生物質 - アジスロマイシン、エリスロマイシンなど。このような薬は、体が正面を引き起こした細菌の増殖と発育に悪影響を与えるという事実に影響します。慢性前頭炎の場合、または病原体を同定する機会がない場合には、特にマクロライドの使用を推奨します。
  • ペニシリン抗生物質 - アモキシシリン、オングメンチンなど。そのような薬物療法は比較的狭いと考えられているので、病原体のタイプがわかっている場合にのみ任命される。
  • セファロスポリン抗生物質 - セファゾリン、セフェキシンなど。このような薬物はペニシリンに似ていますが、抗菌活性の広範なスペクトルを持っています。セファロスポリンは、他の抗生物質による前頭炎の治療が効果がないことが判明した場合に処方される。
  • テトラサイクリン系抗生物質は、主に外部から、または患者がペニシリン耐性でない場合に処方される。

薬力学

正面における抗生物質の薬力学的および動態的特性は、セファゾリンおよび錠剤化された薬剤Sumamedの注射可能な溶液の例によって都合よく検査されるであろう。

  • セファゾリンは、最も活性な抗菌薬の1つです。彼ように、ブドウ球菌、連鎖球菌、コリネバクテリウム属、大腸菌、赤痢菌、クレブシエラ、プロテウス、腸内細菌、およびに悪影響を及ぼす。、しかし、リケッチア、ウイルス、真菌および原生動物に対して無力です。セファゾリンは、病原性微生物の細胞壁の構築に対して阻害効果を有する。
  • SumamedはAzalidであり、マクロライドの比較的新しいサブグループを表しています。組織中の特定の濃度では、殺菌作用を示す。Sumamedは、グラム陽性球菌叢、グラム陰性微生物、いくつかの嫌気性菌に影響を与える。Sumamedは、グラム陽性の微生物の前に無力であり、エリスロマイシンに対する耐性を示している。

薬物動態

  • 筋肉内注射後、セファゾリンの有効成分は直ちに吸収される。血液中の限度レベルは60分間認められ、治療濃度は8時間から12時間のままである。排泄は泌尿器系(90%以上)を通じて起こる。セファゾリンは胎盤を通過し、母乳中で決定される。これは滑液を関節腔に容易に入れる。

静脈注射は、血液中の抗生物質の濃度を高くすることを可能にしますが、薬はより速く表示されます。

  • Sumamed錠剤は消化器系から完全に吸収されます:活性成分は酸性媒体の影響を受けません。患者が0.5gの薬物を摂取する場合、血清中の最大濃度は2.5〜3時間観察され、生物学的利用可能性は37%と推定される。

妊娠中に使用する 正面の抗生物質

妊娠中は、強い適応症がある場合に限り、セファゾリン治療が可能です。

妊娠中の女性のための錠剤のSumamedは使用されていません。

両方の薬物は授乳期間に処方され得るが、治療期間中の授乳は中止される。

禁忌

正面に抗生物質を任命するための明確な禁忌は、妊娠期間および投薬に対する個々の反応である。他の状況では、任意の場合に禁忌ではない抗生物質を選択することができます。

正面の抗生物質治療に対する相対的な禁忌は:

  • 肝機能障害;
  • 子供の年齢;
  • 腎機能障害。

患者に相対禁忌がある場合、医師は特定の症例において最も最適な薬物を選択する。

副作用 正面の抗生物質

正面に規定されている抗生物質を含め、絶対にすべての抗生物質には特定の副作用があります。私たちはあなたに最も一般的で望ましくない症状のリストを提示します。

  • 皮膚または粘膜の真菌病変。
  • 消化管、下痢、腹痛の炎症。
  • 血液の変化 - 白血球減少、好酸球増多。
  • 食欲不振
  • アレルギー。
  • 頭痛、めまい、味覚の変化、感受性障害、睡眠障害、重症筋無力症、精神運動障害。
  • 一過性の視力障害。
  • 頻脈、血圧の変化。
  • 呼吸困難、鼻からの出血。
  • 肝炎、胆汁うっ滞。
  • 筋肉、背中、関節の痛み。
  • 疲れて、熱を感じる。

投薬および投与

  • セファゾリンは、筋肉内および静脈内注射剤または点滴剤の形態で使用することができる。成人患者の前の抗生物質の平均1日量は0.25〜1gであり、頻度は3〜4回である。セファゾリンの最大1日量は6gです。治療期間は医師が決定します。
  • 正面のSumamed錠剤は、1日1回、0.5gの量の成人患者に3日間服用される。従って、薬物の投与量は1.5gである。

自己投薬に従事しないでください:医師は、診断の結果および患者の個々の特性に基づいて、フロンティアを治療します。

過剰摂取

前向きな抗生物質の摂取量は、有害事象の増加を伴い得る。最も一般的な症状は吐き気、一時的な聴覚機能の悪化、嘔吐、下痢です。

過量の場合の治療措置は症状がある。

他の薬との相互作用

  • セファゾリンは、抗凝固薬および利尿剤と同時に使用されない。

1回の注射でセファゾリンとアミノグリコシドを混合しないでください。

  • Sumamedは抗酸薬、ジゴキシン、麦角アルカロイドをベースにした医薬品、シクロスポリンを同時に服用することは望ましくない。

保管条件

セファゾリンは、室温で、子供に届きにくい場所に保存されています。暖房器具や日光を避けて保管することをお勧めします。

また、錠剤またはカプセル剤のSumamedは、+ 25℃までの通常の室温で保存される。

正面に他の抗生物質を使用している場合、薬を保管するための規則の詳細は付属の説明書に記載されています。

賞味期限

ガラス瓶中のセファゾリンは、適切な条件の下で24ヶ月まで保存することができます。

Sumamedは錠剤またはカプセル剤の形で最大3年間保管することができます。

他の抗生物質の有効期限に関する情報は、パッケージまたは特定の薬物への注釈で規定されています。

正面にある最良の抗生物質

多くの人の目の前で抗生物質の最も便利なフォームは、薬を検討するので、この剤形で最も最適で効果的な薬を選んでみてください:

  • マクロペンは、マクロデカイシンの有効成分を含むマクロライド製剤の代表的な代表例である。Macropenは、肺炎球菌(肺炎球菌)の発生を抑制する。錠剤の推奨摂取量 - 食事後1日3回、2週間。
  • オクレメンチンは、多種多様な活性を有するポリ合成ペニシリン剤の最も顕著な代表例である。治療のコースAugmentinは、消化不良、微生物叢の不均衡などの副作用の発症につながる可能性があるため、2週間以上継続することはお勧めしません。
  • Sumamedは、マクロライド系の現代の抗菌剤の一つです。錠剤は、1日1回、食事の間に5日間しか取られない。
  • フレモキシン(Flemoxin Solutab)は、副作用が比較的少ないペニシリン製剤です(投与量が厳密に観察されている場合)。
  • アモキシラブは抗生物質であり、成人患者の様々な呼吸器感染症によく使用されます。アモキシクラブは、半合成ペニシリン製剤のカテゴリーに属する。
  • ジトリオライドは、比較的強力で顕著な抗菌作用を有するマクロライドアクセサリーの調製物である。投薬は1日1回、食事の間に行うべきです。

この病気の初期段階では、抗生物質の注射がしばしば処方されている:より大きな生物学的利用能を有するので、薬物溶液はより迅速に作用する:

  • セフトリアキソンは、セファロスポリン系抗生物質の第3世代を代表するものです。この薬は急性の前頭に効果があります。これは、溶液を作製するための凍結乾燥物の形態でアンプルに分配される。セフトリアキソンは、静脈内または筋肉内に投与することができる。
  • セファゾリンは、強力な抗菌活性を有する半合成セファロスポリンである。それは身体によく受け入れられますが、場合によってはそれでもアレルギーや不安症を引き起こす可能性があります。

抗生物質を含まないフロントの治療

前炎の治療のために抗生物質を使用することは必須であるが、病気の細菌病因の場合にのみ必要である。前炎のアレルギー性が有効な場合、抗炎症、解熱および免疫刺激治療の背景に対して処方された抗ヒスタミン薬が有効である。医薬品の複雑な処方は、痛みを和らげ、鼻粘膜の腫れをなくし、体を強化し、感染症と戦うために調整するのに短時間で役立ちます。

ウイルスフロントでは、特別な薬剤 - インターフェロン - が救助に来るでしょう。ヒトインターフェロンα-2bを含むこれらの薬物 - この物質は、耳介性ウイルス感染症において免疫応答を活性化する。この方向で最も人気のある薬は:

  • グリップフェロン;
  • グリピフェロンとロラチジン(抗アレルギー成分を含む);
  • ラフェロン。

正面の治療全体の間、腸内の微生物叢の状態を制御下に保つことが必要である。dysbacteriosisを防ぐために、抗真菌薬、例えばFluconazoleを服用することが推奨されます。時間が失われ、不妊症がすでに発症している場合は、できるだけ早期にプロバイオティクスとプレバイオティックの追加摂取を開始することが重要です。

微生物の性質の前にある抗生物質は、この疾患の治療において重要かつ不可欠な段階である。しかしながら、薬剤は医師のみによって選択され処方されるべきであることを考慮しなければならない。文盲カオスと抗生物質は、患者の悪化顕著に引き起こし、薬を服用するための抵抗の原因となる細菌を引き起こす可能性があります。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.