^

健康

You are here

ファーマクセル

医薬品は、抗アレルギー性および抗炎症性の特性を有する点眼剤である。

適応症 ファーマクセル

術後期間における炎症反応を含む、ステロイド感受性の非感染性炎症性および結膜、角膜および眼前部のアレルギー状態の治療。

リリースフォーム

薬は5または10 mlの量のポリエチレンボトルで製造されます。

薬力学

コルチコステロイドは、内皮細胞、シクロオキシゲナーゼI型またはII型の血管接着分子ならびにサイトカインの形成を阻害することによって作用する抗炎症性を有する。これは、白血球の血管内皮への接着のプロセスを抑制し、炎症誘発物質の形成も防止するのに役立ち、炎症誘発物質が炎症を起こした眼組織に侵入する可能性を阻止する。

デキサメタゾンは強力な抗炎症効果を有するが、他のステロイドと比較して、それはより弱いミネラルコルチコイド効果を有する。この物質は、最も強力な抗炎症薬の1つと考えられています。

薬物動態

デキサメタゾンの排泄は、切断によって起こる。物質の約60%が、6-β-ヒドロキシ - ヒドロキシメサゾンを呈する尿を残す。尿中の変化していない物質は残らない。半減期は3〜4時間しかかかりません。血清の血漿タンパク質への結合は、約77〜84%である。同時に、クリアランスは0,111-0,225 l / h / kgの範囲にあり、分布容積は0.576-1.15 l / kgの値を有する。経口投与の場合のデキサメタゾンの生物学的利用能の指標は約70%である。

妊娠中に使用する ファーマクセル

妊婦はこの薬を使用しないでください。

禁忌

ファーマドックスは、以下の場合に禁忌になることがあります:

  • 活性物質および薬物の他の成分に対する過敏症の場合;
  • 慢性細菌感染症;
  • 急性形態の表在性角膜炎;
  • 獣医学または牛痘、ならびに結膜および角膜の他のウイルス性疾患(帯状疱疹によって引き起こされる角膜炎を除く)。
  • 真菌によって誘発された眼の構造の病気;
  • マイコバクテリアによって引き起こされる眼の感染症。

副作用 ファーマクセル

目からの副作用の可能性:

  • 短期的な灼熱感および目の不快感。
  • うずきとかゆみ;
  • 粘膜の赤み、および裂傷;
  • アレルギー;
  • 眼瞼のかゆみおよび浮腫;
  • 視力の低下;
  • 視界の狭小化。
  • IOP(眼内圧)の上昇;
  • その薄化の結果としての眼角膜の穿孔;
  • 瞳孔拡張
  • まぶたと角膜炎の省略。
  • 光恐怖症;
  • 後椀状の白内障の出現;
  • 視神経の可能性のある破壊を伴う視力のぼけ。

SCSの治療はウイルス、細菌または真菌感染、結膜炎または眼瞼炎を引き起こす可能性があり、これらの薬物は感染に対する体の免疫応答を抑制するためである。

投薬および投与

薬は大人のみが使用でき、眼用にのみ使用できます。

急性または重度の病期がある場合は、1時間に1〜2滴の痛みのある眼を注入する必要があります。状態が改善すれば、手順の頻度を減らして、同じ用量を2〜4時間ごとに注入することができる。その後、用量は1滴に減少する。3〜4ルーブル/日。

慢性の炎症がある場合は、薬剤に1〜2滴点滴する。3〜6時間ごとに所望の効果を得る。

アレルギー反応を排除するには、1〜2滴を滴下する必要があります。所望の効果が達成されるまで3〜4時間ごとに投与する。

治療コースの期間は、患者ごとに個別に設定されます。平均して、期間は2〜9日であり、最大限の治療は2〜3週間続きます。

他の薬との相互作用

ヨードキュウリジンと併用して薬物を長期間使用すると、角膜上皮の破壊過程を促進することができる。

他の局所眼科薬(Pharmadexと併用して併用療法として)を投与する場合、手技の間に約10〜15分の間隔を維持する必要がある。

保管条件

薬は、子供の手の届かないところや日光の当たらない場所に保管してください。室内の温度は15〜25℃の範囲内にあるべきである。

賞味期限

Pharmacodeは、薬の製造日から3年間使用することができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "ファーマクセル" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.