^

健康

You are here

ガストロマックス

消化器系全体の病気が呼吸器感染症に近づいていることは誰にも知られていません。この点に関して、製薬業界は、病気を治癒しない場合に役立つ新しい有効な薬剤の放出を心配し、少なくとも「脳室」が他の人と同等の生活を楽しむことを妨げる不快な症状を取り除く。胃の健康や痛みの最も一般的な原因は、胃液の組成物中の酸であり、これは主な消化器官の粘膜に刺激作用を有する。さまざまな薬の助けを借りてこの問題と戦う。胃潰瘍になると、「ファモチジン」と「炭酸カルシウム」(安く怒っている)が選択されます。しかし、胃液の酸性度を正常化するためには、両方の薬剤の効果を組み合わせた薬物とより興味深いものがあり、名前は "Gastromax"です。

適応症 ガストロマックス

製薬会社Yunimaks研究所とテミスメディケア株式会社のインドのメーカーである隅に優しいグリーンミントの葉と美しい鮮やかなブルーのパッケージ「Gastromaks」薬、胃の順になっていない特に人、バイヤーの注目を集めるためにバインドされています。確かに、名前がすでに薬が治療胃腸疾患に従事胃腸科の患者のために意図されていることを教えてくれる。

薬物の名の下にある推測と刻印を確認します。大きな文字は薬物の主な有効成分を示し、最初はファモチジンです。薬剤の組成物におけるその存在は、薬剤は、「胃と十二指腸潰瘍」または粘膜の保護が不可欠である「胃ezofagoreflyuksnaya病」の診断すべき人には有用であろうことを示しています。

しかし、製造元の指示に従って、薬も胃炎や機能性胃腸症(消化管潰瘍のプロセスに関連付けられていないもの)などの病態で、胃の酸性度に関連した不快な症状を緩和するために使用することができます。

この場合の薬物の使用の適応症は、胃の中の痛み、痛みおよび重さ、急な彩度、過密感を伴う胸焼けのような疾患の兆候である。

リリースフォーム

「ガストロマックス」はチュアブル錠の形で入手可能であるため、経口投与のためにのみ示される。錠剤を10個のブリスターで密封し、光沢のあるパターンのほぼ正方形の容器で梱包する。1つのパッケージは、十分に大きな直径の丸い白色の錠剤10個を含む。タブレットの片面にはエンボスが見えます。エンボスは薬の名前が英語で書かれており、「ガストロマックス」のように見えます。

1つの錠剤は10mgの(標準錠剤同名の薬物に含まれる半用量)を含有するファモチジン製剤に加えて、主な活性物質は、依然として修正デュアル薬物効果を提供する炭酸カルシウム(800mgの)及び水酸化マグネシウム(165mg)、です。

この薬は効果が高まるだけでなく、組成物中にペパーミントとメントールの精油を含有することによるミントの味と香りが非常に心地よくあります。天然または人工の甘味料、マンニトール、ポビドン、ステアリン酸マグネシウムおよびタルクで提示されるようvyshekazannyh以外の賦形剤は、スクロース、デキストロース、アスパルテーム及びサッカリン作用します。

薬力学

「ガストロマックス(Gastromax)」は、塩酸の刺激作用から粘膜を保護することを必要とする胃腸疾患の治療のための有効な組み合わせ製剤の代表である。効果的に胃液の酸性度を高め、この症状によって引き起こされる症状を和らげます。

調製物中のファモチジンは、ヒスタミンHの唯一の代表である2受容体の第三世代。そのため、胃液の分泌が減少する。この場合、胃液分泌量だけでなく、ペプシンの生成に影響を与えることなく、胃液中の塩酸含量を減少させる。分泌された胃液の量に対するペプシンの比率は同じままである。

ファモチジンは、昼間と夜間の両方で、塩酸の生成を抑制する作用を有する。胃液のアルカリ化は、今度はペプシン(タンパク質食品を分解するように設計された炎症を起こした粘膜のための酵素刺激)の分泌を阻害する。

炭酸マグネシウムのような水酸化マグネシウムは、既知の制酸薬である。一緒に、これらの2つの物質はカルシウムとマグネシウムの源でもあり、身体に必要なので、酸を効果的に中和し、冒された胃腸管の手術のための好ましい条件を作り出します。

ファモチジンおよび制酸剤は、胃の酸性度の増加という不快な症状がはるかに速く消失し、効果がより長く持続するため、薬物に二重の効果をもたらす。この薬剤は、粘膜の潰瘍性およびびらん性病変の組織再生プロセスに正の効果を有する、胃の保護性粘液の発生およびその中の糖タンパク質の濃度を促進する。

逆流症の場合、薬剤は胆汁酸と結合し、半分消化された食物と一緒に胃に戻り、粘膜器官に対して保護作用を発揮する。

薬物動態

薬物の薬物動態は、その成分の薬物動態学的特性に依存する。ファモチジンは、消化管で急速に吸収される物質(バイオアベイラビリティー約45%)です。制酸剤のこの能力をわずかに低下させるが、この点は臨床的意義はない。血液中の薬物の最大濃度は1〜3時間後に観察され、血液タンパク質は20%以上結合する。ファモチジンは体内に蓄積しません。

代謝ファモチジンは、肝臓においてスルホキシドの放出とともに生じる。この場合、初期物質およびその代謝産物の大部分は腎臓によって排泄される。半減期は2〜3時間半の範囲である。

炭酸カルシウムと水酸化マグネシウムの両方が胃の酸性環境を中和する。最初のケースでは、二酸化炭素が二次水と塩化マグネシウムに放出されます。塩化マグネシウムは、便秘の頻度を減少させる腸を空にするのに役立つ塩便下剤と考えられ、時には純粋なファモチジンの摂取中に生じる。制酸効果の延長された効果は、水酸化マグネシウムに起因する。

薬物の効果は用量に依存する。その効果の持続時間は、12時間から1日の範囲であり得る。

妊娠中に使用する ガストロマックス

「Gastromax」という薬は、妊娠中に任命するのは習慣的ではありません。これは、胎盤に浸透するファモチジンの性質によるものであり、母親の子宮内の幼児の永久に未成体の生物に一定の危険をもたらす。

さらに、ファモチジンは母乳に入り、それを介して乳児の体内に入り、消化器系の障害や毒性を引き起こします。この理由のために、母親が薬物で治療する間、子供は人工授乳に移されなければならず、濡れた看護師を雇う必要がある。

禁忌

他の化学薬品と同様に、「Gastromax」は適切であり、もちろん、必ずしも全てではない。胃液の酸性度が上昇すると、胃の重い過密感が伴うことがあります。同様の症状は病理学的に高いpHに特徴的である。酸度の低い胃炎では、この薬は状況を悪化させるだけで、食物の消化過程が複雑になります。

薬物の使用への絶対禁忌は、不耐性、少なくともその成分の一つ、ならびにヒスタミンHの放電アンタゴニストの薬物に対する感受性の増大であると考えられる2 -受容体。

腎不全の患者に薬剤を処方することは望ましくない。この状態は、その特徴的な症状(うつ状態、中枢神経系への悪影響など)を伴う高マグネシウム症を発症する可能性が高いことによって説明される。

この分野での研究が不足しているため、12歳未満の小児の治療のため小児科には使用されていません。腎不全や肝疾患のある青年、高齢者を慎重に指名してください。

クレアチニンクリアランスが低い(30ml /分未満)血漿中クレアチニン含有量が高い場合、用量調整が必要となることがある。この場合、1日に1錠以下を指定してください。

消化性潰瘍の症状を呈して薬剤を治療する場合、そのプロセスが悪性形態に移行していないこと、つまり胃粘膜の組織に癌細胞が存在しないことを確認する必要があります。そのような珍しい要求は、薬物の作用が胃癌の症状を隠すことができるという事実による。

副作用 ガストロマックス

調剤の受領は、人の身体およびシステムからの様々な不愉快な表示を引き起こす可能性がある。頻度の異なる症状が現れる。

薬物 "Gastromax"の最も一般的な副作用は次のとおりです:

  • 血圧の上昇、
  • 不整脈の症状、
  • 心臓ブロック、
  • 口腔粘膜の乾燥、
  • 悪心および嘔吐、
  • 腹部の不快感、
  • 実験室の血球数の変化(血小板 - 、膵臓または白血球減少、顆粒球増加症、血液中のトランスナスの増加)、
  • わずかに上昇した温度、
  • 蕁麻疹の形のアレルギー性皮膚発疹、
  • 筋肉のけいれんと関節の痛み、
  • 気管支痙攣、
  • 疲労および眠気、
  • 乾燥した皮膚、かゆみ。

あまり一般的でない症状は、頭痛、耳鳴り、めまい、便、食欲不振、胆汁うっ滞、脱毛症、重度のアレルギー反応です。

「Gastromax」を廃止した後の最初の日に乳腺の腫大が認められた患者の治療中の患者もいます。

投薬および投与

チュアブル錠 "ガストロマックス"は、経口投与用である。同時に、錠剤は吸収されずに噛まれ、その後は安全に飲み込むことができる。薬物を飲む必要はありません。

胃液の酸性度が上昇するという特徴的な症状がみられたときには、服用してください。その中で最も人気があるのは胸やけです。顕著な症状がない場合、その薬物は食後1時間以内に服用されます。

胃粘膜を保護するために高酸度で使用される薬物の1日用量は、1または2錠(1日1〜2回)である。1日に2錠以上を服用することはお勧めしません。

薬物の投与量は普遍的であり、患者の年齢に依存しない。これは、12歳以上の青少年が高齢者の投薬に薬剤を使用することを意味します。

最小投与量は1錠です。クレアチニンクリアランスが低い人にお勧めです。

過剰摂取

カルシウムとマグネシウムの化合物を含む薬物「Gastromax」の長期使用は、過度状態の発症につながります。患者の腎臓がうまく機能している場合、彼は高カルシウム血症とその特徴的な症状に直面する可能性(眠気、うつ病、piskhoz、筋力低下、高血圧、腎臓結石などの開発。)。

腎不全では、高カルシウム血症は、に加盟するとgipermagniemiyaなど突然の弱さの発症、問題を呼吸、協調運動障害、意識の喪失、麻痺、眠気、吐き気や嘔吐を増加させ、血圧の低下、を特徴とすることがあり

この薬物による長期間の治療はまた、身体の組織および血液中のアルカリ性物質の蓄積を引き起こす可能性がある。びまん性脳虚血(不安、顔および四肢感覚異常の過剰興奮障害感度、めまいの徴候の出現と血液のアルカリ及び全身(アルカローシス)が発生し青白い皮膚、記憶障害など)。

疑わしい症状(嘔吐、四肢の震え、血圧低下、心拍数の上昇など)がある場合は、直ちに薬の服用をやめ、胃をすすぎ、必要に応じて医師の診察を受けてください。重度の症例では、血液透析(血液浄化)が必要な場合があります。

他の薬との相互作用

有効な制酸薬が薬物「Gastromax」の組成物に含まれるので、この薬物を他の薬物と同時に摂取すると、胃腸管における吸収の低下により後者の有効性が著しく低下する可能性がある。

テトラサイクリンおよびフルオロキノロン群の抗生物質、リン酸塩、内服用鉄製剤、バルビツール酸塩、スルホンアミド製剤は、制酸薬とは別に投与すべき薬の不完全なリストです。間隔は、少なくとも1時間、好ましくは2時間でなければならない。

同じことが、「ジゴキシン」「ワルファリン」「イトラコナゾール」「ケトコナゾール」、「アモキシシリン」、「アスピリン」およびそれらの誘導体、ならびにジギタリス製剤として特定の製剤について言うことができます。

炭酸カルシウムは、腎臓によるサリチル酸の排泄を加速し、血液中の含有量を減らすことができる。

保管条件

知られているように、製品が誤って保管されると、通常、早すぎる劣化が起こる。薬についても同じことが言えます。同時に、彼らはその有効性を失うだけでなく、人の健康と人生に一定の危険をもたらす可能性があります。

前述と関連して、製造業者によって指示され、経験によって試験された、薬物の貯蔵条件にどれくらいの重要性があるかを理解することが必要である。

幸いなことに、この薬「Gastromax」は特別な保管条件を必要としません。それは室温(25度以上ではない!)でそれを保つことで十分ですし、日光から保護してください。この薬剤の有用な特性をすべて保存する最良の方法は、元の包装に保存することです。

賞味期限

薬を保管し、それを使用して、胃の酸性度の増加という不快な症状を治療するためには、薬を適切に保存するための要件を満たす必要があります。

インドで製造された "Gastromax"という薬の公式の指示によると、医薬品の有効期限は3年です。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.