^

健康

乾癬のためのスプレー

乾癬は、現代的な方法の助けによって永遠に克服することは不可能な疾患であるが、様々な薬物が皮膚状態を改善するのに役立ち、長時間不快な症状を緩和する。ほとんどの患者は病気に罹りやすいので、その治療には十分な局所薬があります。その中でも、乾癬の噴出が特別な場所にあります。

適応症 乾癬スプレー

乾癬スプレーは、細胞の集中的な成長を遅らせるために使用される。これは、迅速かつ効果的に炎症を除去するのに役立ちます。この治療法は、患者がどのような種類の病気を有するか、乾癬性プラークがどのくらいの空間をすでに占有しているか、病気の形態、および患者の現在の状態に応じて、医師が選択すべきである。典型的には、種々のスプレーは、沈降の過程における寛解または悪化の状態での治療に適している。これは、皮膚の状態を改善し、毎日の外観を改善するのに役立ちます。

リリースフォーム

薬局で現時点では、乾癬のスプレーの数は非常に多くあります。彼らは、患者の多くの個々の特性を考慮に入れて選択されますが、最大の人気を得たものもあります。その中には次のものがあります:

  1. 美容バランス。
  2. スプレー。
  3. スキンキャップ。

また、良好な結果が示され、乾癬によるホルモン噴霧が行われる。しかし、指示に厳密に従わなければならないことに注意してください。

以下では、乾癬による一般的で効果的なスプレーについて検討します。

美容バランス

このスプレーは、患者組成物の健康のために自然で完全に安全である。その有効成分は:ブドウの葉、アロエベラジュース、ウマの栗、本質的なペパーミントオイル、寒天、イチョウのbilobaです。

この環境に優しい組成物のおかげで、美容バランスは、柔らかく、若返り、肌をなめらかにし、乾せんの不快な症状を和らげ、老化の進行を遅らせるのに役立ちます。

このスプレーには、薬物の成分に対する不耐性を除いて、禁忌はない。胎児の発育や妊婦の健康に悪影響を及ぼさないので、妊娠中でも使用することができます。

スプレー999

この薬剤は、寛解中または急性型の乾癬がすでに経過した後に患者に処方される。皮膚の冒された部分を日常的に見て、潤いを与えるのに役立ちます。さらに、このスプレーは、アトピー性皮膚炎および神経皮膚炎の患者にも推奨されます。

スプレーは、よく表現された防腐剤、抗痒み剤、保湿および抗炎症効果が異なる。あなたは乾癬のための他の薬と一緒に薬を使用することができます。

薬は完全に自然です。赤いベニバナ、人工のムスク、ムカデなど30の薬草で構成されています。

スプレーする前に、薬瓶を徹底的に振ってください。皮膚に15cm以上の距離で塗布する。1日2回使用する。調製物は脂っこい斑点を残さず、皮膚に輝くことはないことに留意すべきである。

妊娠中および授乳中にスプレーを使用することは禁忌です。イラストでは、眼の調製物から粘膜を保護します。

スキンキャップ

これは、おそらく今日、国内の薬局で見つけることができるすべてのスプレーの中で最も人気があります。その助けを借りて、コルチコステロイドや細胞分裂抑制剤を摂取することなく、効果的かつ迅速に乾癬を治療することができます。アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、神経皮膚炎、皮膚炎症の治療にもお薦めします。

スプレーの活性成分はピリチオン亜鉛である。スプレーでは、その量は0.2%を超えない。病気が頭皮に影響を与える場合でも、スプレーは乾癬のすべての形態に完全に対応します。

製品を使用する前に注意深くお読みください。まず、罹患した皮膚を適用のために準備する。これを行うには、きれいにして乾燥させる必要があります。ボトルをスプレーでよく振ります。治療の過程で、皮膚を垂直に保持します。薬を皮膚からあまりにも遠くにかけないでください。最適な距離は15-20cmです。

噴霧手順は1日2〜3回繰り返さなければならない。治療期間は、患者の身体の個々の特性に依存する。すでに治療効果がある場合でも、スプレーの使用を中止する必要はありません。頭皮を処理する際には、薬で完全に販売されている特別なノズルが使用されます。

いくつかの場合において、作用物質はアレルギー反応を引き起こし得る。その成分に不耐性の薬物を使用しないでください。

乾癬によるホルモン噴霧

乾癬の治療において、優れた結果がホルモン製剤によって示され、その中で以下のスプレーを強調すべきである。

Oxycyclozole。抗アレルギー作用と抗炎症作用を併せ持つ抗菌剤。乾癬や皮膚の火傷や傷を治療するために使用されます。

スプレーの活性成分は、オキシテトラサイクリンおよびプレドニゾロンである。損傷した皮膚に噴霧する前に、エアゾールボトルを十分に振ってください。乾癬に罹患している皮膚の部分に少なくとも20cmの距離から塗布する。適用は、疾患の主要な症状が消失するまで毎日です。

薬物は、治癒創、皮膚の真菌病変、構成要素の耐容不全などの特定の疾患において禁忌である。また、妊娠中や授乳中には使用できません。

ポリコルトロンTC。この薬物は抗炎症性および抗菌性である。薬物の活性な活性成分は、テトラサイクリン塩酸塩およびトリアムシノロンアセトニドである。

スプレーは、乾癬、毛嚢炎、フルンケルーシス、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎の治療に使用されます。

エアロゾルを使用する前に、薬でバイアルを振る必要があります。影響を受けた皮膚を3秒以内に灌水する。この場合、製品は皮膚から13〜15cmの距離に保つ必要があります。

成人患者の治療では、1日に2〜3回施行される。幼い頃の子供(3年後)は、スプレーを1日1回以上スプレーすることはお勧めしません。治療は5〜10日です。

妊娠中の皮膚の結核、ウイルスや真菌の病気、梅毒、腫瘍、水痘、薬物成分の耐容不全などのために禁忌です。

スプレーの使用による主な副作用は、かゆみ、炎症、刺激、アレルギー反応、にきびです。

薬力学

一般的な非ホルモン薬スキンキャップの例を用いて、乾癬からのスプレーの薬力学および薬物動態を検討する。

その組成物の一部であるジルコニウムピリチオンは、その顕著な抗菌性、抗真菌性、抗炎症性の特性によって区別される。そのような真菌に感受性を有する:Pityrosporum orbiculareおよびPityrosporum ovale。かゆみや皮膚の過度の剥がれを引き起こします。Staphylococcus spp。、Streptococcus spp。、Pseudomonas aeruginosa、Escherichia coli、Proteus spp。

ジルコンピリチオンの作用により、ATPのレベルが低下し、それにより細胞膜が脱分極する。これは、病原性微生物および菌類の死を引き起こす。

薬物動態

外部から適用する場合、ピリチオン亜鉛は、真皮および表皮の上層に沈着する。吸収は非常に遅いです。血で見つけることができます。

妊娠中に使用する 乾癬スプレー

妊娠中の使用の安全性に関する乾癬スプレーの研究は行われていない。したがって、これらの薬剤が妊婦や胎児の健康にどのように影響するかを正確に言うことは困難です。天然の基礎を持つスプレー(スプレー999、美容バランス)は、妊婦に処方することができます。しかし、彼らは治療の医師の監督の下で非常に慎重に散布する必要があります。

禁忌

原則として、乾癬の噴霧には重大な禁忌はない。それらの全ては、薬物の主成分の不耐性での使用には推奨されない。また、一部の医薬品(Polcortolone TC、Oxycyclozole)は、冒された皮膚や真菌感染症には適用しないでください。準備をする前に、指示をよくお読みください。

副作用 乾癬スプレー

ごくまれに、乾癬のスプレーを使用すると、アレルギー反応が起こることがあります:かゆみ、かぶれ、はがれ、刺激、蕁麻疹です。この場合、直ちに使用を中止し、医師に相談してください。

投薬および投与

罹患した皮膚に噴霧する前に、乾癬から噴霧する前に、皮膚を十分に洗浄し、乾燥させるべきである。エアロゾルを入れたフラスコを数回振り、患者の体に当てます。皮膚から少なくとも13 cmの距離で、ボトルを直立させてください。投薬量は個体であり、医師によって処方される。

スプレーは寛解時に最も頻繁に使用されるので、病気の主症状が消滅した後に使用することができます。

過剰摂取

現時点では、乾癬によるスプレーの過剰摂取の症例はなかった。

他の薬との相互作用

乾癬による非ホルモン噴霧は、この疾患の他の薬物と併用することができる。

保管条件

エアロゾルの形で放出される製剤(スプレー)は、子供の手の届かないところに保管してください。空気の温度はゼロより4〜30度上にすることができます。

賞味期限

4年から5年の貯蔵寿命。有効期限が過ぎると製品を使用しないでください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

トリダームは、皮膚科学において使用される複合組成物の局所的ホルモン含有薬剤の薬理学的グループである。
現在、乾癬の最も受け入れ理論は遺伝性免疫、神経性、内分泌および代謝理論(炭水化物、タンパク質、脂肪、環状ヌクレオチド、ケイロンら)障害です。
乾癬はしばしば20〜30歳で始まり、患者の75%が40歳までになる。しかし、一般に、乾癬はあらゆる年齢で起こりうる。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。乾癬のためのスプレー

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.