^

健康

You are here

大麦の抗生物質による処理

眼に入った大麦は、遅かれ早かれほとんどすべての人が知っている病気です。誰かが早い時期にこの病気に苦しんでいたが、他の病院は大いに後に不運だったが、他の病院は大麦に何度も苦しんでいた。見た目の悪い外観や不快な症状にもかかわらず、老化のプロセスが全く無害であることを除いて、穀物に似た病理そのもの。結局のところ、昔から大麦の主な医薬品は強い茶、アルコール、茹で卵でした。しかし、それは本当にすべてとても簡単で、なぜ医師は、多くの場合、眼の中に大麦のための抗生物質のような深刻な抗菌剤を処方され、明らかに、彼は3〜5日後に行かなければなりませんか?

簡単に目に見えるオオムについて

大麦、またはゴルドレウムは、医療従事者によって音響学的に呼ばれているだけでなく、炎症性であると考えられています。それは、目の毛嚢またはツァイスの皮脂腺でまぶたに発生することがあります。この大麦は外部と呼ばれ、彼が最も頻繁に、医者が直面しています。

化膿性炎症プロセスがマイボーム腺で始まった場合、それはその性質上すでに様々な合併症を伴う膿瘍とみなされている内臓の大麦である。この場合の炎症反応は慢性的になり、その後、ハラジオンと呼ばれるさらに不快な現象が観察される。

ほとんどの場合、大麦は一方の目には現れますが、手の衛生が不十分な場合(例えば、手を洗って目を擦る習慣のため)、他方の目にも広がります。大麦は単一であるか、または弱体化した人々において炎症性の性質(複数)のいくつかの要素からなり、小児期には稀ではなく、定期的な大麦ではない。

この病気は、通常、炎症過程が示されている世紀のその地域で、わずかなかゆみで始まります。この症状は、赤みがなくても発生する可能性があります。

ちょっと後に、まぶたの赤み、優しさや腫れ、目の異物の感覚、涙液漏れがあります。3日目の腫れの上部には、化膿性の内容物を含む黄色のバイアルが見えます。数日後、膿が自然に出てきます。

この後の腫れと発赤は1〜2日間続き、その後大麦の痕跡は見られません。

小児期には、免疫系の不完全性のために、患者には他の症状がある。例えば、発熱、頭痛、衰弱など。一部の人々では、炎症過程に反応してリンパ節が増加する。同じ症状は、多発性または再発性大麦の特徴であり、これは通常免疫が著しく弱まった人々に起こる。

大麦は、ドラフトや汚れた手の目に悪影響を与えたために主に現れたと考えられていました。実際、これは完全に真実ではありません。まぶたの赤い化膿性結節の出現の原因ははるかに大きく、ほとんどすべてが免疫力の低下の背景に対して細菌感染に沸きます。

同じ低体温は、寒さ、風、湿気、下書きの影響下での免疫力の低下のために、正確には危険です。しかし、免疫系やその他の要因の働きを弱める:ストレス、重い身体の運動、肉体的および精神的な過剰なストレス。身体の防御およびさまざまな病気(感染症、胃腸疾患、代謝障害)ならびに治療薬を削減します。

身体に必要な栄養素の欠乏による欠陥のある栄養(特に重度の食事)は、病原性微生物の影響に対する免疫応答を弱めるアビタミン症を引き起こす。

いずれの膿性炎症性プロセスも、この疾患の細菌成分を示す。目で大麦の最も一般的な病原体は、人間の肌や髪など、ほぼどこにでも私たちの周りのこれらの生物、ので、ブドウ球菌や連鎖球菌感染症(炎症過程の原因もののおよび細菌のも、他のタイプ)と考えられています。あなたは条件付きできれいな手でもそれらを検出することができます。だから、細菌が粘膜に乗るように目を擦るだけで十分です。弱い免疫力で暴力的な活動が始まります。

不活性な形態の細菌の中には何年も体内に生きているものもありますが、免疫系を弱めるだけで病原性微生物が病原体となります。今では、彼らは粘膜の眼を含む身体のどの部分でも炎症プロセスの発症を引き起こすことができます。そして、細菌が積極的にさまざまな臓器の内部寄生虫 - ワームに広がるのを助けます。

目で大麦の発生確率は、虫歯、扁桃炎、副鼻腔炎、および他のような感染の自然の慢性疾患を持つ人の方が高いです。病気の開発にいくつかの役割を果たしおよび遺伝的素因ができます。

眼に大麦を含む抗生物質の選定は、炎症が常に抗菌剤以外の方法では破壊されない細菌感染と密接に関連しているという事実に正確に起因する。

適応症 大麦の抗生物質

抗生物質なしで大麦を治すことは可能ですか?それではなぜですか?世紀処理防腐剤や抗点滴(またはキンセンカカモミールの花、強い茶、アロエジュースやアルコール希釈し、水、および他の代替手段の煎じ。)に加えて加熱ゆで卵(乾熱) - 非常に効果的な治療法が、唯一の疾患の初期段階では。言い換えれば、膿の出現前。化膿性の炎症では、いかなる温暖化も排除される。

原則として、あまりにも弱くない免疫または正常な免疫では、そのような治療で十分である。赤みが消え、大麦はまったく形作られません。しかし、この場合、何らかの理由で免除が余裕が出ると、しばらくしてから再度思い出さないという保証はありません。

非常に頻繁にこの状況を見ることができます:代替法で治癒した大麦は1-2ヶ月後に再び現れます。なぜこれが起こっているのですか?それは非常に簡単です、防腐剤の使用は細菌感染の完全な破壊を許さず、しばらくの間弱くなり、不活性になります。病気の期間中に減少し、免疫力と負の因子(同じ寒さ、ストレス、反復感染)の影響がこの病気の新たな発生を引き起こす。

これを避けるために、古い "実績のある"レシピを自己治療したり、セラピストや眼科医の助けを求める必要はありません。彼らはすでに、細菌感染症、さらには頭部の炎症(脳内の炎症過程の発達に悩まされている)が、確実にかつ不可逆的に破壊されなければならないことをすでに知っています。そして、これは抗生物質の助けを借りてのみ行うことができます。

眼に大麦を含む抗生物質は、危険な合併症を避け、感染を他の器官に広げるのに役立ちます。大麦や眼の他の炎症性病状の治療中に、滅菌された純度を維持することは非常に困難です。いいえ、いいえ、手が伸びたり目を擦ったりします。私たちは、子供たちが目の疲れを覚えているかどうかについて、何ができますか?細菌の断片を含む室内や路上のほこりは、病気の経過を複雑にし、罹患したまぶたに簡単に乗ることができます。

私が見ているように、負の要因から痛みを守るためにどれほど努力しても、合併症の危険性は常に存在します。しかし、抗生物質は、滴剤や軟膏の形で古いか新しい感染を広げることはありません。それは、病気が簡単に通過し、すぐに戻ることはまずありません。

大麦における抗生物質の使用の絶対的な適応は、その非定型の形態である:複数のおよび再発する大麦。後者は何らかの形で病気の慢性形態であり、結膜炎、ハラジオンなどのような合併症をいつでも得ることができ、それほど不快な病状はない。いくつかのケースでは、眼の周囲のまぶた全体に影響を及ぼす複数のオオムギは、それ自体が治療が困難であり、危険な合併症で脅かされる。

複雑な病状では、抗菌剤は、外用および経口使用の両方に処方することができる。錠剤の形態の抗生物質。彼らは、再発と複数回の両方に処方することができ、脳に生命を脅かす合併症を引き起こす内臓の大麦のために処方することができます。

医師は一般的な抗菌薬を伝統的な形で処方することができますが、なんらかの理由で他の薬剤や代替方法で治療することは困難です。これは、細菌感染の広がりを防ぎ、病気が慢性化するのを防ぐために必要です。

リリースフォーム

したがって、細菌感染と戦うためには、大麦を含む抗生物質が必要であり、これが世紀の炎症の原因となります。オオムギが目の外にあるという事実は、胃腸管を迂回して、その局在化の領域で病原性微生物に直接影響を及ぼす外来物質の使用を支持している。

局所適用のための抗生物質には、抗菌成分を含む滴剤および軟膏が含まれる。このような薬物の積極的な側面は、それらが胃腸粘膜に対して刺激作用を持たず、内部器官(肝臓、腎臓など)に有害な影響を及ぼさないということである。

ドロップは夕方と昼間の両方で使用できます。通常、彼らは視覚的知覚を損なわない。唯一の不都合は、ソリューションが1世紀の間ずっと長く滞在できず、流れ落ちるということです。

この点で抗生物質を含む軟膏は、効果的に細菌と戦い、眼が長期間にわたって外から感染するのを防ぐことができるため、患部を包み込むため、より魅力的です。しかし、昼間には、すぐに消えない目に半透明のフィルムを形成するので、この形の抗生物質を使用することは非常に便利ではなく、醜い脂肪コーティングが1世紀にわたって残る。

便利で有用な抗生物質が軟膏や滴剤の形態であれば、免疫が大幅に弱まり、常に病原体内に感染が広がり、条件付き病原菌が活性化する可能性があります。これを防ぐために、医師は、感染と戦う内部入院用の抗菌剤を処方し、内と外の両方に入れ子にします。この場合、外部からの手段の使用は、大麦の複雑な抗菌処理の必須の要素である。

経口抗生物質を摂取することができない場合、それらに注射剤を与える。これらの目的のために、アンプルに抗菌剤を使用してください。

オオムギで使用されるいくつかの抗生物質の名前を、様々な形態の放出で考える:

点眼 "スルファセタミド"、 "クロラムフェニコール"、 "Tsiprolet"、 "Floksal"、 "Sofradeks" "ペニシリン、1%溶液"、 "ゲンタマイシン"、 "エリスロマイシン"、 "Torbeks" ら。

眼軟膏:「テトラサイクリン軟膏」、「エリスロマイシン軟膏」薬物「Floksal」と眼軟膏の形で「Torbeks」、「Eubetalら。

全身使用のための抗生物質、「ドキシサイクリン」、「アンピシリン」、「オーグメンチン」、「アジスロマイシン」、「ゲンタマイシン」、「Zitrolid」、「セファゾリン」ら。

投薬および投与

患者のほとんどはすでに遅く、かゆみやわずかな赤みが(膿を持つまたは長いそれなし)明るい赤結節の周りに腫れ世紀になってきたとき、医者に行くので、突然(抗生物質の使用を開始するか、待機するの疑問は、それ自体が解決されます大麦!)、通常発生しません。炎症性の性質を急速に成長している病理学、腫れや膿瘍を意味最初の2〜3日中に始まり - 大麦があることを思い出してください。

多くの患者は、「祖母の」方法を用いた自己治療が反対の結果をもたらすことを見て、医師に向かう。大麦は降下しないだけでなく、世紀の表面全体に広がり、他の目にも広がる。抗生物質を使わずに行う方法はありません。

典型的には、医師はすぐに点眼薬と軟膏の形で抗生物質を処方し、夜中に眼軟膏がよりよく服用され、昼間には落ちるという瞬間を規定する。原則として、あなたは薬の1つのバージョンを使用することができます、主なものは、それがアレルギー反応を持っていないということです。

医者は、患者の状態に基づいて丸薬および注射の予定を決定する。病気が複数のオオムギのように広範囲に分布している場合、または合併症(再発性および内在性の大麦)が蔓延している場合、全身投与のために抗生物質が体系的に処方される。病気が既に合併症を引き起こしている場合も同様です。

オオムギにおける抗生物質の選択は、広域スペクトルの抗菌剤に低減される。事実、大麦は一般的に病原菌の分析を行う時間がないような速度で発達している。だから病気の発症を引き起こす可能性のある病原性微生物のすべてのグループをカバーする薬を選ぶ必要があります。

滴を処方するとき、ペニシリン系の抗生物質が優先され、その病気の主要な原因物質(非保護および保護ペニシリン)に対して活性がある。しかし、これらの薬物は、しばしばペニシリン不耐性から危険なアレルギー反応を引き起こす。この場合、選択される薬物は、多数のマクロライド由来の抗生物質である。

軟膏は、テトラサイクリン系の抗生物質、マクロライド系およびフルオロキノロン系を含むことができる。複合体中に滴剤および軟膏を割り当てることは、病原性微生物の全スペクトルを完全にカバーすることができる。

複雑な病状に有用な大麦およびセファロスポリンの治療に適用される。これらの薬物は主に筋肉内投与される。

オオムギにおける抗生物質の投与方法および用量は、放出の形態および調製のタイプに依存する。特に経口手段の投与中、体の過剰摂食や中毒の症状を避けるためには、主治医と調整しなければならない。

外側に膿大麦バーストと流出した後、医師は(また、「スルファセタミド」として知られている、例えば、溶液又はfuratsilina sulfatsilナトリウム)目消毒液をワイプをお勧めします。大麦は片目だけだったとしても、両眼は、個々の綿棒を洗浄する必要があります。

そして今、医師が大麦で最も頻繁に処方する薬を考えてみましょう。

オオムギ由来の抗生物質を含む軟膏

大麦の処理のために、種々の群の広範な作用を有する抗生物質を含有する軟膏が使用される。薬物の使用説明書に示されているように、薬物の活性物質が眼科感染症の治療に有効であることは重要である。

テトラサイクリン軟膏

テトラサイクリンは、眼領域の炎症プロセスの多数の病原体に対処することができるため、大麦とともに使用される抗生物質の1つである。この抗生物質は薬物の活性物質である。また、目とその周辺の局所治療にラノリンとワセリンを使用する方が便利なように、抗生物質にラノリンとワセリンが加えられています。

軟膏には、1〜3%の2種類があります。我々の場合、他の炎症性眼疾患の場合と同様に、1%の軟膏しか使用されない(1.7および10gの管)。3%が皮膚疾患を治療する。

薬力学。この薬物の原理は、細菌細胞におけるタンパク質の合成をブロックすることに基づいている。殺菌効果はリボソームのレベルで行われる。

薬物動態。眼軟膏は局所的に作用し、実際には血流に入らないので、その薬物動態

禁忌。眼軟膏は比較的安全であると考えられているので、新生児の期間(例えば、細菌性結膜炎など)から既に使用することができる。

軟膏の1%の使用に対する唯一の絶対禁忌は、テトラサイクリンおよび薬剤の他の成分の個々の不耐性である。

妊娠中に使用する。適切な検査の後、妊娠中でもその使用が許可されます。母乳育児は治療をやめるのが最善ではない。

副作用。ほとんどの場合、眼科用軟膏の使用は影響を及ぼさない。ごくまれに患者は食欲の亢進、嘔吐の発作、粘膜の紅潮または乾燥、光感受性を訴えるかもしれない。いくつかのケースでは、Quinckeの浮腫を含むアレルギー反応もあった。

投与方法および用量。この軟膏は患部の眼瞼に塗布され、その周囲のまぶたには塗布されない。瞼にエージェントを適用するには、滅菌綿棒または綿 - ガーゼ綿棒をお勧めします。

推奨薬量は0.2〜0.4gで、1日3〜5回使用できます。治療の経過は5-7日です。

過剰。外部手段の使用は過量を排除する。

他の薬物との相互作用。抗生物質を含む眼軟膏は、独立した外用剤として使用するべきである。眼科におけるテトラサイクリン軟膏と同時に同じ効果を有する局所薬の使用は容認できない。

保管条件。抗生物質を含む軟膏は、直射日光の当たる場所を避けて、涼しい場所に保管することが推奨されています。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。チューブを開封する前に、薬剤を2年以上保管することはできません。パッケージの完全性が壊れている場合は、製品を2ヶ月以内に使用する必要があります。

エリスロマイシン軟膏

この軟膏の活性物質は、マクロライド群の抗生物質であるエリスロマイシンである。軟膏の組成物では、ペトロラタム、ラノリンおよび他の補助成分も見出される。エリスロマイシン軟膏は10gのチューブで販売されています。

薬力学。該薬物は顕著な静菌効果を有する。バクテリアの再生を阻害し、家畜の減少を招く。グラム陽性菌(ブドウ球菌、コリノバクテリウム、クロストリジウム)およびグラム陰性細菌に有効。

これは、ペニシリンに対する耐性のための代替治療として、およびテトラサイクリンに耐性の細菌の制御のために処方することができる。

禁忌。軟膏は、その成分に対する過敏症の場合には使用されない。注意して、抗生物質は肝臓病変の患者に処方されるべきである。

副作用。エリスロマイシンとの軟膏による治療は、不耐性の反応を伴うことは稀である。まれに、消化不良、粘膜のかゆみや赤みの増加、耳の騒音の出現、聴覚、頻脈、および特定のアレルギー症状を悪化させることがあります。

エリスロマイシンによる長期間の治療は、二次感染の発症を誘発する可能性がある。

投与方法および用量。この薬は、テトラサイクリン軟膏との類推によって使用される。推奨される用量は、病状の重症度に応じて0.2〜0.3gであり、患部に1日3回、軟膏を塗布する必要があります。治療の経過は医師によって個別に設定されます。

他の薬物との相互作用。ベースの抗生物質のエリスロマイシンがあるため副作用のため、カフェイン、アミノフィリン、テオフィリン、シクロスポリン、クリンダマイシン、リンコマイシン、クロラムフェニコールと同時に、推奨または治療の影響を低減されていません。

外用の抗生物質は実際に血液に吸収されないので、これらの物質を含む外用剤との併用は避けてください。エリスロマイシン軟膏による治療中に、皮膚および粘膜に乾燥およびはがれが現れるため、スクラブを使用することは推奨されない。

保管条件。軟膏メーカーは室温から保護し、光から保護してください。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。軟膏は3年間薬効を保持します。

軟膏「フロクサン」

かなり興味深い薬、その有効成分はロキサシンのフルオロキノロンです。補助成分として流動パラフィン、動物性脂肪、石油ゼリーがある。3 gのチューブで販売されています。

薬力学。この薬剤は、多数の耐性株を含む眼の組織に炎症を引き起こすことがある多数の細菌に対して著しい殺菌効果を有する。

薬物動態。繰り返し施用することで硝子体に蓄積することができます。毎日の使用による活性物質の半減期は3〜7時間の範囲である。

禁忌。この薬は、妊婦や授乳中の母親の大麦の治療には使用されません。その成分に過敏症の人には、この薬物を使用することはできません。

副作用。この薬物の使用は、望ましくない反応を引き起こすことはめったになく、可逆的でもある。

時には、粘液の目が赤くなったり、顔が腫れたり、涙ぐりをすることがあります。時々、患者は目のめまい、悪心、不快感または灼熱感、視覚の明瞭性の短期的な悪化、粘膜の眼の乾燥、光感受性に訴えることがある。アレルギー反応はまれです。

投与方法および用量。眼瞼の内側には、1日に2〜5回(疾患の原因物質にもよるが)、少量の軟膏を塗布することが推奨される。治療の経過は2週間以下です。

この薬剤は、滴剤および軟膏の形態の2つの放出形態で使用することができる。1日3~4回、眼に滴下することをお勧めします。1眼1回1回 - 1滴。

他の薬物との相互作用。勉強していない。

保管条件。製造業者は、光および熱源から離れた低い室温で医薬品を保管することを推奨しています。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。チューブを開く前に、軟膏を3年間保管することができます。パッケージの完全性に違反すると、有効期間は6ヶ月に短縮されます。

抗生物質を含む点眼剤

もし軟膏が夕方に塗布する方がより好都合であれば、いつでも大麦の抗生物質を含む点眼剤を使用することができる。彼らは一世紀の間脂肪コーティングを残さず、視力の質を変えません。

「アルブシル」の滴

これは、眼科医の非常に好きだったスルファセタミドの基礎(スルホンアミドのグループからの抗生物質)の救済策であり、したがって大麦および細菌性結膜炎は、多くの場合、これらの抗生物質を処方されています。スポイト容積5及び10mLでボトル中の液滴の形で薬剤を販売します。

薬力学。この薬は十分な静菌効果があり、これにより、世紀の炎症の症状を素早く止めることができます。多数の病原体に対して有効である。

薬物動態。薬物の小さな部分は、結膜を通して血流に浸透することができる。

妊娠中に使用する。医師に相談し、すべてのリスクを考慮した後でなければ、妊娠中に薬剤を投与することはできません。

アルブシルによる治療中の母乳育児は望ましくない。小児科では、新生児期以降、治療的および予防的に使用されています。

禁忌。患者が薬物の成分に対して過敏症と診断された場合、その薬物は眼を治療するために使用されない。

副作用。目の領域に点眼すると、患者は急速に灼熱感、痛み、または目の切れ目を感じる。一部の人々は、涙液分泌の増加、粘膜の刺激、かゆみを指摘する。時々、様々な重症度のアレルギー反応が観察される。

投与方法および用量。この薬剤は、一度に1〜2滴の眼に滴下する。薬は1日4〜6回の使用をお勧めします。治療経過の期間は主治医によって決定される。

過剰。推奨用量を超過すると副作用が増えます。

他の薬物との相互作用。「アルブシダム」と銀塩を含む製剤との併用療法や、DicainおよびProcainとの共同適用は推奨されません。

保管条件。小滴の形で薬物が低温で(10~15の範囲で必要で保存上の日光から保護し、C)。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。オリジナルの梱包に開封したボトルは、2年以上保管することはできません。容器を開封した後、液体は4週間以内に消費されるべきである。

「レボマイセチン」の滴

この薬剤はクロラムフェニコールをベースにしており、広範囲の抗生物質とも言われています。追加の成分は精製水およびホウ酸であり、これは目を清潔にするために眼科で首尾よく使用される。この販売は金属鞘にゴム蓋が付いたガラス瓶に入っています。

Famakodinamika。滴は、(通常の投与量で)良好な静菌効果を有する。スルホンアミドやペニシリン耐性株を含む多くの病原性微生物に対して活性があります。抗生物質に対する耐性はゆっくりと発生し、長期間使用することができます。

薬物動態。この薬剤は良好な透過性を有しているので、レンズを除いて眼のすべての部分を含む組織および体液に素早く浸透する。

妊娠中に使用する。薬物の優れた浸透特性のため、妊娠中および授乳中に適用することは禁じられている。

子供は1ヶ月前から薬を処方することができます。この時までは、医師の監督下で最後の手段としてのみ使用されています。

禁忌。薬物は、薬物の成分に対する過敏症のために処方されていない。乾癬、湿疹、真菌症などの皮膚疾患の患部には塗布しないでください。

副作用。この薬は、粘液の目のわずかな刺激や赤み、眼瞼の浮腫やかゆみを引き起こすことがあります。時には、涙液流出、頭痛、めまい、アレルギー反応が皮膚のかゆみおよびかぶれの形で存在することもあります。この薬の不耐症の背景に対して、Quinckeの浮腫の症例があった。

投与方法および用量。眼の上に大麦を含む抗生物質および眼の他の細菌の病状を伴うそのような滴は、1日3回適用されるべきである。ドリップするには、各眼に1滴ずつ(感染症の分布を避けるためには両眼が望ましい)必要です。治療の経過は通常1〜2週間です。

過剰。大量のレボマイセチン点眼液を1回投与すると、視力がぼやけてしまうことがあります。通常、十分な量の清潔な水で目を洗浄した後、すべてが復元されます。

他の薬物との相互作用。眼の治療に「レボマイセチン」と他の外用剤を同時に塗布することは認められていません。薬物の使用間隔は、少なくとも1/4時間にする必要があります。

目のための滴は、軟膏には適用されません。

保管条件。薬物の貯蔵は室温で行われ、薬物を直射日光から保護する。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。元のパッケージングでは、薬物は2年間その特性を保持しています。瓶を開けた後、抗生物質を2週間使用する。

「チプロレート」の滴

製剤は、シプロフロキサシンのフルオロキノロン群からの抗生物質の水溶液である。重症の化膿性感染症でも効果的です。セール中はドロッパー付きのペットボトル入りです。5mlの容量。

薬力学。シプロフロキサシンは、炎症性眼疾患(ブドウ球菌、連鎖球菌、クラミジア、プロテウスなど)の多くの病原体に対して殺菌作用を有する。クロストリジウム、トレポネーマ、バクテリア症、真菌感染症の抑制には効果がありません。

薬力学。母乳を含む様々な体液によく浸透します。

妊娠中に使用する。妊娠中の女性および授乳中の母親の治療における薬物の付着特性は、その使用に対する障害である。

禁忌。フルオロキノロン、ウィルス感染に対する成分の過敏性および過敏性を伴う「Tziprolet」の滴を適用しないでください。小児科では、1年以上の子供を任命する。

副作用。この薬剤は、眼に大麦を含む他の局所抗生物質と同様に、目の周りの組織の炎症(炎症、目の異物の感覚、粘膜のかゆみおよび赤み)を引き起こす可能性がある。時には、患者は薬物に対するアレルギー反応、視力の一時的な障害、角膜炎の発症または重複感染に気付くことがある。

投与方法および用量。眼に薬物を埋めることは1日6回までお勧めします。単回投与 - 各眼に1滴または2滴。重度で複雑な感染症では、1時間おきに点滴を行い、点滴間の時間間隔を徐々に長くすることができます。

指示された用量の医師の処方に従って厳密に適用する。

過剰。滴の局所適用は、それらの過剰分を除外する。

他の薬物との相互作用。この薬剤は、抗生物質の他のグループと良好に組み合わせられ、それらを一緒に使用することを可能にし、効果的にする。

シプロフロキサシンの不適合性は、3〜4単位のpHレベルを有する薬物に関してのみ言及される。

保管条件。光と湿気から保護して、室温で抗生物質と薬を保管してください。子供から遠ざけてください。

点眼薬を凍らせることはできません。

棚の寿命。薬物の殺菌特性は2年間持続する。開封したバイアルは1ヶ月以内に使い切ってください。延滞薬は使用しないでください。

抗生物質を含む外用剤は血流にわずかしか入っていないにもかかわらず、有効期限を過ぎても使用できないため、体内の中毒を引き起こす可能性があります。局所適用のための医薬品を購入することは、特に、眼の治療(眼の軟膏および滴)のために意図されるように監視されるべきである。皮膚疾患の治療のための調製物は、眼科には適用されない活性成分および補助成分の濃度を増加させることができる。

大麦の錠剤とアンプルの抗生物質

外用剤に加えて、合併症の可能性が高いかなり厳しいコースを特徴とする大麦を眼に投与すると、医師はしばしば錠剤および注射剤で抗生物質を処方する。選択の準備は、しばしばテトラサイクリンおよびペニシリン(保護されたものを含む)である。

ドキシサイクリン

「ドキシサイクリン」は、同じ有効成分を含むテトラサイクリン系の経口製剤である。この販売は、ブリスターパックとダンボール箱(ブリスターパックの10カプセル)で包装されたカプセルの形で行われます。

薬力学。多数のグラム陽性およびグラム陰性菌に対して顕著な静菌効果を示す。

薬物動態。ドキシサイクリンは消化管に迅速に吸収され、長期間にわたり効果を発揮します。薬物の半減期は12〜22時間の範囲であり得る。尿や糞中に排泄される。

妊娠中に使用する。胎盤障壁を貫通する危険があるため適用されません。その薬の治療期間中の母乳育児は中止されます。

禁忌。ポルフィリン症や白血球減少症には使用しないでください。薬物に対する絶対禁忌は、テトラサイクリンに対する過敏症および重篤な肝臓障害である。

副作用。最も一般的な副作用の中にある:貧血、過敏症、皮膚の発疹、頭痛、めまいの背景にアレルギー反応、頭蓋内圧亢進、視覚的および聴覚障害、消化管の作業、筋肉や関節の痛み、ほてりとの問題。大量に長期間使用すると重感染が起こる可能性があります。

投与方法および用量。食事中または食事後に薬を飲む。カプセルは噛まれていませんが、水で洗い流されます。

薬物の初期投与量は1日当たり200mgであり、翌日には1日当たり100mgに減量される。治療コースは10日以上です。

過剰。非常にまれに起こります。それは膵炎および腎臓の痛みの形で現れる。治療は、胃をすすぎ、カルシウム塩を服用することからなる。

他の薬物との相互作用。制酸剤は、消化管での薬物の吸収を減少させる。キナプリル療法、スルファニル尿素誘導体およびクレーレ様薬剤に注意を払うべきである。殺菌性抗生物質と並行して適用することは望ましくない。

他の種類の薬物相互作用については、その薬物の説明書を参照してください。

保管条件。3年の貯蔵寿命のために室温で貯蔵しなさい。

ペニシリン系抗生物質の中でも、「アンピシリン」または多数の保護された細菌(「Augmentin」、「フレモキシン」など)からの調製物が最も頻繁に処方されている。ペニシリンに対する陰性反応では、それらはテトラサイクリンまたはセファロスポリンと置き換えられる。

セファゾリン

「セファゾリン」は、注射用粉末の形態のセファロスポリン系の中で最も毒性のない製剤であり、細菌感染症と戦うために眼科でも使用されている。殺菌作用を有する。

薬物動態。胎盤障壁に浸透し、少量の母乳に入ることができます。それは腎臓によって排泄される。

妊娠中に使用する。Limited。

禁忌。ベータラクタム抗生物質に対する過敏症、腎不全、腸の透過性の侵害を指定しないでください。子供は生後2ヶ月から処方されます。

副作用。ほとんどの場合、患者はアレルギー反応(軽度および重度)および消化不良に訴える。それは、腸内微生物叢に損傷を与え、重感染を引き起こす可能性があります。

投与方法および用量。注射可能な筋肉内注射のために、それは氷の薬で希釈される。投与量は感染プロセスの重症度に依存する。通常は0.25~0.5gである。

他の薬物との相互作用。セファジリンとプロベネシド、抗凝固剤、利尿剤を同時に使用することは望ましくない。アミノグリコシドと組み合わせて、後者の毒性作用を強化する。

保管条件。光から保護し、低い室温で元のパッケージングに薬物を保管してください。子供から遠ざけてください。

棚の寿命。注射液の調製のための粉末は、その抗菌特性を3年間保持する。新たに調製した溶液を24時間以内に使用することが望ましい。

患者の身体の診断および特徴に従って治療を処方することができるだけであるため、眼に大麦を含む有効な抗生物質の選択は常に主治医によって行われる。必要に応じて、抗生物質の忍容性を試験する。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.