^

健康

You are here

アルコール中毒からの錠剤

はじめに、アルコール中毒が何であるか、アルコール中毒に対する錠剤を摂取する必要がある理由を明確にします。

過度のアルコール摂取は人体に有害である。エチルの切断プロセスは、内部器官の機能的活性に対する強い毒性負荷を決定する。言い換えれば、ある人がアルコール中毒を受けた。

この中毒の結果は、二日酔い症候群である。二日酔いは、身体が到着した有害物質を迅速に取り除くことができないという事実のために現れる。この状態から抜け出すためには、体が毒素を利用するのを助ける必要があります。この状況では、2つのグループに分かれたアルコール中毒の錠剤が役立ちます。第1のタイプは吸着性薬物を含む。第2のタイプは、対症作用のための薬剤を含む。

吸着剤はアルコールを飲む前に約1時間服用しなければならないことに注意してください。これは、血液中へのエタノールの吸収が迅速に起こるためである。このため、吸着剤には医学的使命を果たす時間がありません。これらの薬剤を予防的なシリーズとして分類する方がより好都合です。

症状がある薬物は、二日酔い症候群の好ましくない症状を除去することを目的としている。また、患者の幸福に対する二日酔いの悪影響を大幅に軽減します。

適応症 アルコール中毒に対する錠剤

  • 渇き。
  • 頭痛
  • 苛立ち。
  • 吐き気、嘔吐。
  • 下痢。
  • めまい
  • 発汗の増加。
  • 心臓の動悸。
  • 悪寒。
  • 一般的な弱点。
  • 口腔内の不快な感覚。

リリースフォーム

吸着基のアルコール中毒による錠剤名

活性炭

薬力学:

植物または動物起源の特別処理炭。高い表面活性を有する。それは、有害物質(毒素)、ガス、重金属、合成および天然アルカロイド、催眠薬、毒物、フェノール誘導体、グリコシド、青酸などを吸収(吸着)する性質を有する。

活性炭の使用に関する兆候:

  1. 中毒は消化不良、鼓腸(腸の腫脹)、下痢、胸やけの形で現れる。
  2. 様々な病因のアレルギー性疾患の悪化。
  3. 感染源の消化器官の病気(赤痢、サルモネラ症)。
  4. 医薬品、低品質食品、有毒金属による中毒。
  5. 肝炎。
  6. 向精神性または麻薬性物質、アルコール性物質による中毒。

適用および投与方法:

いずれの中毒でも、25gの活性炭を懸濁液として処方する(錠剤を打ち、室温で沸騰した水をかき混ぜる)。同様の懸濁液を胃洗浄手順に使用する。さらに、中毒が規定されている場合、この割合の混合物:活性炭2シェア、酸化マグネシウム1部、タンニン1シェア(水1L当たり大さじ2杯)。鼓腸や胸やけが現れたら、2gの活性炭を加え、温かい水の中で撹拌する。

適用時の副作用:

活性炭を取ると、下痢や便秘、脂肪、ビタミン、タンパク質の不足が生じることがあります。この薬物の吸着特性により、他の医薬品の効果の有効性が低下する。

薬の禁忌:

活性炭の使用は消化器系の潰瘍性病変にはお勧めできません。

保管条件:

それは、煙やガスを放出する手段を除いて、乾燥した場所に保管されています。

ポリソルブ

薬力学:

それは吸着特性を有する。内因性または外因性の毒素、アレルゲン(細菌および食物)を体内に束縛して除去する。また、非常に有毒な物質は、腸の器官にタンパク質が分裂した結果として形成される。リンパ、血液から腸への有毒物質の輸送を促進します。

ポリソルブが使用される以下の適応症:

  • 腸の感染症(サルモネラ症、食中毒、食物感染症)。
  • ウイルス起源の肝炎。
  • 様々な中毒(アルコール中毒を含む)。

適用方法および用量:

ポリソルブは、懸濁液の形態で内部に取り込まれる。懸濁液の調製は次の通りである:1リットルの粉末(1.2g)を1リットルの沸騰水中で撹拌する。食事や薬の前に1時間ほどかかります。1日あたりの投与量は約12gである。悪化すると、線量は24g(4〜5回のレセプションに分割)に増加します。一度薬の約7gを取ることができます。

禁忌:

  • 1年まで子供を預けないでください。
  • 腸粘膜の潰瘍性病変およびびらん性病変の存在。
  • 増悪期における潰瘍性疾患。
  • 個別の薬物不耐性を禁忌。
  • 妊娠。

他の物質との相互作用:

アセチルサリチル酸(アスピリン)による一段階摂取では、微小要素の崩壊のプロセスが増加する。また、ポリソルバを使用すると、ニコチン酸の薬力学的特性が向上する。

保管条件:

密閉されたボトルに保管されています。室内の温度は摂氏25度を超えないようにしてください。子供から遠ざけてください。

棚の寿命:

乾燥粉末は3年まで保存されます。調製された懸濁液は、24時間の終わりまで使用することができる。温度は摂氏約10〜15度でなければなりません。

Carbolong

Carbolongは、果実の骨から得られた粉末状の活性炭で製造されています。それは高い収着特性を有する。

適用の方法および用量:

Carbolongは、1日3回、5〜8gで1回投与されます。好ましくは2〜15日かかる。粉末と水の経口混合物を使用する。乾燥粉末を使用することもできます(水を飲む)。

症候群のアルコール中毒による錠剤名

ゾレックス

薬力学:

それは、高い解毒、抗酸化および肝臓保護特性を有する。ゾレックス構造の一部である主な活性物質は、ユニチオールおよびパントテン酸カルシウムである。エタノール(他の毒)のユニティオールと崩壊生成物の相互作用の結果として、毒性のない複合体が形成され、有機体から尿が除去される。パントテン酸カルシウムの存在は、Zorexの解毒の有効性の増加を促進する。

薬物動態:

この薬を服用した結果、体内で最も集中するのは1時間半です。血漿中のゾレックスの最大濃度は約9時間である。消化器の滞在期間は数分(20-25)です。エタノールおよび他の毒素の減衰に要する時間は約8時間である。尿では、薬物の平均55%が体内から排泄され、残りは排泄されます。

ZOREXが表示されているとき:

  • 慢性期のアルコール依存症。
  • アルコール含有飲料による急性中毒。
  • 強心配糖体群の薬物による中毒。
  • 毒性金属による毒性。

投与量および投与量:

それは食事の前に取られます。

アルコール中毒の治療では、1カプセル2回/日(治療期間 - 10日間)をとる。

急性アルコール中毒を治療する場合:同様の投薬量が処方される - 1カプセル2 r /日。用量の悪化を増加させることができる場合:1カプセル3 r /日。治療の経過は数日間(中毒の症状が消えるまで)です。

中毒を毒性金属およびヒ素化合物で治療する場合、1日用量が増加する:350〜1000mgを3回に分けて投与する。少なくとも7日間かかります。

副作用:

用量を増やす場合、動悸、悪心、衰弱などの症状が観察されます。また、アレルギーのタイプとして皮膚反応が非常にまれに発現することもあります。

禁忌:

患者が薬物に対して過敏である場合には、投与することは推奨されない。また、Zorexの使用は、人が腎臓および肝臓の機能不全に関連する病気に罹患している場合は禁忌である。

薬物の過剰摂取:

摂取量を数回超過(10回以上)すると、痙攣、呼吸困難、抑止感や嗜眠感が出現することがあります。この場合、胃を洗浄し、下剤と活性炭をとる必要があります。

Zorexと他の薬剤との相互作用:

有毒な金属およびアルカリを含む薬剤とのZorexの同時使用は、薬剤の崩壊速度の増加をもたらす。

保管条件:

湿気の到着から制限された暗い場所にZorexを保つ。温度は摂氏25度以下です。子供の保管場所へのアクセスは制限されるべきである。

Biotredin

合わせた薬を指す。ビオテレジンはL-トレオニンとビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)からなる。このツールは精神的活動を高め、代謝プロセスを正常化します。急性アルコール中毒および慢性アルコール依存症の症状を克服するのに役立ちます。

使用の兆候:

  • それは慢性期のアルコール依存症の治療に使用されます。
  • アルコールの絶え間ない渇望。
  • アルコール摂取の急激な停止(離脱症候群)の結果として生じた状態。
  • 精神能力の低下。

適用方法および投与量:

アルコールの欲求を中和するために、0.1-0.3gのBiotredinを1回分の用量で処方する。4 r /日(5-7日間)かかる。治療の経過は1年に数回(7-10)繰り返すことができます。

アルコール離脱症状を取り除くには、最大4つのタブを指定することができます。4p /日。治療の次の日に、用量は減少する - 2タブ。3p /日。少なくとも1ヶ月は取る。

禁忌:

Biotredinは、医薬品の治療効果が大幅に低下するため、中毒の状態にあることを推奨しません。

レモン

薬力学:

複雑な薬物リモンターは、クエン酸およびコハク酸からなる。

身体の組織における代謝過程の正常化を促進する。それは高い抗酸化活性を特徴とする。胃の中の塩酸の放出を刺激し、食欲を改善する。アルコール中毒の症状を取り除き、体全体のパフォーマンスを向上させます。

アルコール中毒の予防に使用されます。また、慢性的なアルコール中毒による暴力からの撤退のために。

適用および投与方法:

  • リモナーは内部使用を意図しています。水またはジュースをスラリーの形で塗布する。
  • 予防措置の目的で、飲酒の1時間前に0.25gの薬物を摂取する。
  • 急性アルコール中毒では、2時間ごとに0.25gが使用される(受容回数は4回)。
  • 酔っている状態から推定すると、リモナー(0.25g)は4p /日で5〜10日間服用されます。
  • この薬物を精神安定剤またはバルビツレートと同時に使用すると、後者の薬理学的作用が減少することに留意すべきである。

副作用:

リモンターを服用すると、頭の後ろに耳鳴り、めまい、頭痛などの血圧上昇の徴候がみられることがあります。また、胃の中の痛い感覚の出現。

薬は暗い乾燥した場所に保管してください。

イアンタビット

薬理作用:

生物学的に活性な添加剤Yantavitaの組成の基礎は、高い適応特性を有するコハク酸である。Yantavitの作用は、身体の保護機能を強化し、すべての代謝プロセスを正常化し、抗高脂血症の再生効果を発揮し、副作用の場合のすべての器官およびシステムの機能を改善することを目的としています。

使用の兆候:

  • ストレスの多い状態。
  • 身体的または精神的疲労。
  • 深刻な病気の治療とリハビリの期間。
  • アルコールを含む有毒成分による急性中毒)。
  • 二日酔い症候群の症状の撤回。

どのように用量を適用する:

成人の場合、1日あたりの最適用量は薬物1.0gです。Yantavitは、朝と午後(食事中)に1錠2錠/日を取るべきである。夕方には、Yantavitは体に強壮効果があるので、必要はありません。入学コースの期間は少なくとも1ヶ月です。治療中(2週間後)には、3日間休憩する必要があります。良い結果を得るためには、3ヶ月ごとに治療コースを繰り返す必要があります。

メタキサキシル

Frmacodynamics:

解毒効果が高く、肝保護作用があります。

エタノールの代謝に関与する肝臓の酵素であるアルコールデヒドロゲナーゼとアセトアルデヒドデヒドロゲナーゼを活性化させ、エタノールとアセトアルデヒドを除去するプロセスを加速させます。

それは、フィブロネクチンおよびコラーゲンの合成の阻害による肝硬変の形成を阻害する。思考と記憶を改善し、抑うつ障害を発症するリスクを軽減します。

それは、急性および慢性期におけるアルコール中毒の治療に使用される。また、肝細胞への毒素の長期暴露による肝疾患の治療経過を通過する場合。

放出の薬理学的形態 - 錠剤、アンプル。

適用方法:1回内(1〜2錠)、静脈内または筋肉内(0.5〜2アンプル)。

使用の禁忌:

妊娠、パーキンソン病、薬物に対する過敏症。

グリシン

薬理作用:

グリシンは神経系を落ち着かせ、気分を改善し、うつ状態を除去する。精神的能力を刺激し、睡眠の質を向上させます。薬物中毒およびアルコール中毒による抗毒素活性を増加させる。

使用の兆候:

  • 不幸と疲れ。
  • 神経興奮の増加による睡眠障害。
  • 神経障害(アルコールの長期的な作用によって引き起こされるもの)。
  • ストレスの多い状況が起こった結果としての神経質。
  • 頭部外傷の結果。

適用と投薬の方法は何ですか?

錠剤の形態のグリシンは、舌の下(舌下)または頬(頬)に1つのタブのために取られる。3p /日。コースの期間は少なくとも1ヶ月です。アルコール依存症に関連する疾患の治療において、治療は定期的に繰り返される。

禁忌は、2歳未満の子供、低血圧患者、およびこの薬物に過敏症の人にグリシンを服用させることです。

アルコール中毒の悪心のための錠剤

Anestezine

局所麻酔薬理学的効果を有する。

アプリケーションが規定されている兆候

  • 痛みは胃の痙攣。
  • 吐き気、その原因はアルコール中毒です。
  • 皮膚の赤みとかゆみ。

使用方法および用量:

内部使用のために、アネステインは粉末および錠剤の形態で使用される。胃や悪心の痛みがある場合は、1日当たり4μgの薬剤0.3gを投与する。皮膚疾患の不快な症状を和らげるために、軟膏および粉末(5〜10%)を外用に使用する。

薬物に対する過敏性の増加を伴う禁忌の麻酔薬。

Validol

この薬剤は、神経系に対する鎮静効果、ならびに血管に対する反射性血管拡張効果を有する。メントールの存在により、嘔吐反射を発症する可能性を低減させる。

使用の兆候:

  • 虚血性心疾患。
  • アルコール中毒の結果としての悪心および嘔吐の発生。
  • 神経質やヒステリーが増えました。

使用方法および用量:

Validolは、タブレット形態(0.06g)および溶液として入手可能である。舌の下に置かれた1タブレットのvalidolです。また、溶液(5〜6滴)を使用することもできます。この適用方法のために、薬理効果はかなり迅速に発達する。

保管条件:

保管温度は20度です。validolが溶液として保存されている場合、バイアルは密封されていなければなりません。

メトクロプラミド(Cerucal)

薬力学

この薬は鎮吐効果と抗icic効果を有し、胃腸管の運動活性を活性化する。中枢および末梢D2-ドーパミン受容体を遮断することは、制吐作用を有する。消化管の機能的効率に有利に影響する。

どの表示が:

  • 嘔吐、前庭病因を除く様々な起源の悪心。
  • 消化に関与する臓器の急性および慢性病期:鼓腸、GERD、胆管のジスキネジー。
  • 頭痛
  • 診断研究。

適用方法および治療用量

この薬剤は、内服および非経口の両方の投与を意図している。

内部アプリケーション:1タブ。食べる前に15〜20分間3p /日。

非経口投与:2アンプル/日。

診断研究では、2アンプルメトクロプラミド(20mg)を静脈内に投与する。手順の前に、経口的に30mgの薬物を20分間服用する。

薬の副作用

非常にまれです。時々あなたは眠気を感じることがあります。このため、注意を集中させなければならない活動に従事する人には注意が必要です。発がん性および変異原性の影響が証明されている。

メトクロプラミドは乾燥した暗所に保管してください。子供から遠ざけてください。

アルコール中毒の錠剤は、二日酔いの状態だけをより簡単に伝達するのに役立ちます。急性中毒の場合、人を中毒の状態から取り除くこと、すなわち人工的手段によって胃を洗浄することまたは嘔吐を誘発することがまず必要である。この後でさえ、薬を接続することは可能です。アルコール(慢性アルコール依存症)の一定した長期使用と麻薬学者に相談する必要があります。最善の選択肢は、ホットドリンクに中毒することではありません。その後、アルコール中毒のための薬は、医者にハイキングだけでなく、必要はありません。健康に良い!

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "アルコール中毒からの錠剤" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.