^

健康

You are here

子供のための琥珀酸:使用のための適応症、投与量

コハク酸とは、二塩基性のカルボン酸をいい、生体の細胞呼吸(生化学的反応)に関与する無色の結晶性物質である。したがって、本質的に、それは全ての植物、動物、琥珀色、茶色の石炭に含まれています。これは、琥珀廃棄物から、または合成的に、化学反応によって作られています。その適用範囲は非常に広く、成長刺激剤としての植物栽培、家畜および家禽栽培、および生物の保護特性を高めるために、食品業界では、酸化防止剤として、製品を酸化から保護し、色を保存し、保存期間を延ばす添加剤E363; 化粧品、特に老化防止スキンケア製品に使用することができる。

薬理学において、その組成物中の多くの薬物は脳voskulyarnyh、心臓血管障害、および他のアルコール中毒、神経根炎、貧血、風邪およびウイルス性疾患の治療を含む、コハク酸を含有します。それは生物のトーンと免疫を増加させ、中枢神経系の働きを改善し、エネルギー代謝を促進し、インスリンの合成を刺激することが確立されている。このような「実績」により、問題が生じますが、このツールを子供に適用することはできますか?

子供の利益と害

だから、この物質は子供に与えられますか?子供たちの利益と害を評価しようとしましょう。コハク酸は医薬品ではなく、体内に蓄積せず、毒性がなく、中毒性にはなりません。保護資源を活性化し、細胞内のエネルギー交換を加速します。

健康な人では、毎日約200gのコハク酸が産生され、その一部にはサワークラウト、サワーミルク製品、チーズ、未熟果実が含まれています。ビール酵母には、子供の食生活に陥らない高齢ワインがあります。スポーツ、ストレス、感染の流行の結果としての知的運動または身体運動の増加の場合、この物質の過剰な消費が起こり、その不足がある。体は健康、疲労、病気を悪化させてこれに反応します。

成人の肺炎や気管支喘息の治療におけるコハク酸のプラスの影響は実験的に証明されており、子供の季節性感染症に対処することができます。この予防措置に訴えることによって、予防または病気の際の普及期間中に子供を助けることは論理的です。移送された病気や病原体が枯渇した後は、リハビリ、武力復旧、重要な活動のための措置を講じるのに余計なことはありません。それにもかかわらず、それにもかかわらず、小児科医は解決すべきである。彼は患者の健康状態を知っているだけで、すべてのリスクを評価して評価することができます。

薬を服用してからの害は、消化器官、アレルギーに違反した場合に起こります。コハク酸の使用に対する他の障害は、泌尿器系の石または高血圧であり、時には青年期に起こる。

適応症 子供のためのコハク酸

コハク酸の使用の適応症は無力状態である:強度の低下、慢性疲労、神経疲労。両親が子供に正常な活動を示さなかったり、過度に興奮していることを気づいた場合、そのような症状を引き起こす他の原因がなければ、この薬物の使用の可能性について医師に相談することができます。学校時代には、現代生活のダイナミクスと、時には子どもの健康を犠牲にして、親が完全に発達した人格を育成するという願望によって、彼の任命に対する証言は多くのストレスになる可能性があります。彼らは追加のクラスに送られ、様々なグループに訪問し、これは身体を枯渇させます。喘息症状、感染症、糖尿病、様々な中毒の季節的な流行で、薬物は、病気の症状を緩和し、体内の毒素を除去し、慢性疾患の寛解期間を延ばす。

リリースフォーム

錠剤形態の薬物と粉末がある。コハク酸以外の錠剤の異なる製造者は、アスコルビン酸、ジャガイモデンプン、タルク、砂糖、アエロジル - 二酸化ケイ素などの様々な補助物質を加える。

薬力学

薬力学は、組織代謝の調節機能、その抗酸化特性(フリーラジカルの形成速度の低下)によってもたらされ、身体の防御を強化する老化プロセスを遅くする。

この薬剤は胃の中の塩酸の産生を刺激し、食欲を亢進させ、これは子供の食生児の摂食障害にとって重要である。筋肉の収縮活性は、生物酢酸ため安全にそれらを変換することにより、アセトアルデヒド及びエタノールの酸化を促進する、酸化還元反応を改善する、任意の細胞のエネルギー成分 - コハク酸は、ATPの合成を促進します。遺伝子レベルでこのような変換を受けない人々は、アルツハイマー病の老齢になりやすい。

薬物動態

薬物の薬物動態は次の通りである:口を介して消化管に摂取してから10~20分後、物質は組織および血液に吸収され、さらに代謝過程に必要な細胞エネルギーの放出に関与する。30分後、水と二酸化炭素が崩壊し、体内から完全に排除されます。

禁忌

ときに身体上のコハク酸の正の効果を複数のアプリケーションにはいくつかの禁忌があります。まず第一に、それは薬物に対する過敏症である。また、彼の受信と互換性のない多くの疾患があります。妊娠中の冠状動脈性心臓病、狭心症、高血圧症、消化管潰瘍の悪化、緑内障の目、後半子癇前症(別の名前 - 後半中毒症、腎臓および脳血管の原因の故障)。

副作用 子供のためのコハク酸

コハク酸を服用すると、胃の上部の胸やけ、痛み、肥満の形で副作用が起きることがあります。胃液の分泌が増えて吐き気や嘔吐が起こることがあります。薬物の長期使用は血圧の上昇を引き起こす可能性がある。

投薬および投与

コハク酸は、まずそれを水または果汁に溶解し、コンポートする。子供が悪い食欲を持っている場合、胃液の生産を刺激するために、食べる前に飲みなさい。他のケースでは、胃に悪影響を及ぼすのを防ぐために食後に服用することが最善です。

1歳未満の小児には1年から5年の間、1日に3回、5歳から12歳までの半分の錠剤(0.1g)を投与しないでください。全錠剤で12年後。推奨される入学期間は1ヵ月です。その後、2週間休憩し、コースを繰り返す必要があります。

妊娠中の1日量は0.25gですが、特定の日付に表示されます。したがって、第2、第3期および誕生の10〜20日前に、0.25g /日で10日間のコースを取ることが推奨されます。夜間はコハク酸を飲まないでください。それは脳を興奮させる。

過剰摂取

コハク酸の過剰投与は不可能である。体内に蓄積しません。

他の薬との相互作用

抗生物質、抗炎症剤、抗結核薬との併用は、それらの作用を強化し、付随する症状を軟化させるという、他の薬剤との相互作用におけるコハク酸の積極的役割が知られている。効果の低下により、向精神薬やバルビツール酸と併用することはお勧めしません。

保管条件

コハク酸は、25℃を超えない温度で小児が近づけない乾燥した場所に保存される。

賞味期限

貯蔵条件による貯蔵寿命は、発行日から3年である。

レビュー

インターネット上のフォーラムでは、コハク酸の治療特性に関する様々なレビューがあります:完全拒絶反応からプラス効果の明白さまで。懐疑派は、身体の200gを毎日合成すると、外から私達に来る小さな線量は目に見える効果を持つことができないと主張する。試行錯誤している人たちは、自分の状態にプラスの変化を感じました。コハク酸や「プラセボ」効果が改善されたものは何かを語るのは難しいです。医師は、研究データに基づいて、さまざまな生理学的過程を正常化および調節し、様々な外部の攻撃的な薬剤に対する身体の抵抗力を高める生物学的なものとして彼を認識します。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.