^

健康

子供の咳のためのシロップアンブロジェン

これは、計量カップで販売されているシロップです。シロップは透明色が異なり、わずかに黄色がかって見える。子供たちに大人気のラズベリーの香りがしています。これらの薬物の性質(心地よい香りと味)により、子供はこのシロップを飲むことができます。彼らは薬を安定させ、持続可能で効果的にする。

薬力学

薬物の薬理学的特性は公知である。違いはアンブロキソールにはメチル基がなく、ヒドロキシル基もあることです。この薬物の主な作用は、分泌、分泌および呼吸器への去痰作用である。

前臨床試験の結果が示すように、アンブロキソールの作用の本質は、漿液性細胞を刺激し、その活性を増大させることである。痰がより流動的になります。これは、気道を清潔にし、開存を正常化し、炎症性および感染性プロセスを排除するのに役立ちます。その結果、分泌細胞および毛様体細胞が活性化される。腺上皮が活性化され、これは気管支および粘膜の粘膜の保護特性を改善するのに役立つ。界面活性剤が特別な役割を果たすことは注目に値する。その量は劇的に増加している。これが起こると、肺胞、肺胞細胞および肺細胞に直接的な影響を与える。これは、痰の量と粘性を増加させ、粘液繊毛の輸送を改善する。

また、アンブロキソールが体に抗酸化作用を及ぼす能力があることに興味があります。アンブロキソールは抗生物質と併用することができ、その結果、薬物の効果が相互に向上する。

この記事の子供向けの咳止めシロップについてもっと読む 

薬物動態

薬物の効果は摂取から30分後に始まります。同時に、曝露期間は約6〜12時間であり、すなわち、この薬物は、長期作用を有する薬物に起因する可能性がある。

行動の持続時間は平均8時間であり、免疫系の状態、疾患の重篤度、疾患の持続時間、および身体の一般的な抵抗レベルによって決定されるという結論に至った。主な作用は分泌型、分泌型である。去痰効果についても言及する価値がある。

この薬物は、絶対的な生物学的利用能によって特徴付けられる。その大部分は肺組織に蓄積する。約30〜40分後、薬物の生物学的利用能は徐々に低下し始める。バイオアベイラビリティの低下と関連して、腎臓の徐々の排出がある。

アンブロキソールは、血漿タンパク質(約85%、時には90%まで)に結合する能力を有する。特徴的な特徴は、血管の壁を貫通し、脳脊髄液に蓄積する能力である。薬物は約22時間後に回収される。約90%が腎臓を通して排泄される。したがって、様々な腎疾患に罹患している患者には注意を払う必要があります。そのような強力な排泄は体に強い負荷を生じさせる。

最大の治療効果を提供しながら、非常に長い時間身体から排泄されるので、慢性病状について処方する方が優れていることは注目に値する。

副作用 シロップアンブロベン

副作用は主にアレルギー反応として現れる。アレルギー反応の遅延型になりやすい人々は、血管浮腫、皮膚発疹、かゆみ、燃焼、呼吸困難を発症する。即時型のアレルギー反応の傾向により、アナフィラキシーのタイプに応じてアレルギー反応が発現する可能性がある。Quinckeの浮腫がしばしば観察される。

咳が増加すると、痰の体からの排泄率が増加し、喀痰、炎症性および感染性プロセスの低下に寄与する。スティーブンジョンソン症候群の患者では重度の皮膚疾患が発症することがあります。皮膚の構造と機能が変化した場合は、すぐに医師に知らせてください。

投薬および投与

独立してこの治療法で3日間以上治療することは禁忌である。体内に十分な量のインコヒーレントな水分があるという条件の下で、痰の液状化が正確に起こることを考慮する必要があります。

この薬剤は、2歳未満の患者であっても服用することができる。従って、2歳未満の患者は、半分の測定用カップで薬物を服用することが推奨される。2〜6歳で、投与量は劇的に増加する可能性があります。したがって、すでに1回の計量カップを1日3〜4回服用することができます。6〜12年の間、1日4〜5回ガラスを飲むことをお勧めします。

過剰摂取

過剰摂取は中毒の症状を伴い、むしろあまり表現されない。治療は集中治療を提供することです。しかし、このような措置は、重度の中毒症状を伴う急性の急性過量の場合に頼りにされる。一般的に、治療は主に症候性である。

指示の特別な指示として、薬物は鎮咳薬と一緒にとることはできないことが示されている。これは、咳を強めるという事実によるものですが、逆に鎮咳薬はそれを減らします。これは気管支肺胞系の鬱血を引き起こす可能性があります。痙攣、けいれん、呼吸機能の障害もあります。したがって、子供のための咳止めシロップは、医師との予備的な協議の後にのみ撮影する必要があります。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.