^

健康

You are here

胃腸管

おそらく多くのような碑文で一度同じ黄色の段ボール箱で目立つハーブティーを薬局を訪問するとき:「Gastrofit」、「Nephrophyt」、「Gepatofit」、「Bronhofit」と人間の内臓の模式図。これらの手数料は、ハリコフの科学・製造会社「エイミー」によって生産され、多くの医師とその患者の認知に値するものです。

今回は、 "Gastrofit"という薬について話します。その関連性は、消化器系の病気が、人類に知られているすべての病理の中でライオンの分担を占めているという事実によるものです。もちろん、薬が多すぎますが、それらのすべてが粘液性GITに対するそのような控えめな作用では効果的ではありません。そしてここでは、治療とケアの両方を一人で行います。

適応症 胃腸管

葉、花、果物や「Gastrofit」と呼ばれる15件のハーブの根のコレクションは、消化管の必要な正規化は、のような病態の進展に起因する障害の場合に規定されています。

  • 胃液の正常または低酸性のバックグラウンドに対して生じる胃炎の慢性形態(胃粘膜の炎症)は、
  • 機能性消化不良、消化管の有機性病変ではありません(別名非潰瘍性消化不良やエッセンシャル、神経症胃炎、胃神経症、など)、
  • 十二指腸粘膜の炎症(十二指腸炎)、十二指腸粘膜の炎症
  • 胃の幽門粘膜および隣接12十二指腸潰瘍(胃十二指腸炎)の炎症、
  • 腸炎(胃腸管の最も一般的な疾患であり、腸の炎症を特徴とし、肉腫および小腸の両方を覆う)

この薬剤はまた、胃および十二指腸の潰瘍性病変、大腸の粘膜の炎症(大腸炎)の複合治療にも使用される。

治療薬としての「Gastrofit」は、消化器系の様々な病態の治療に有用であるばかりでなく、疾患の再発を予防するための予防手段としても有用である。

リリースフォーム

薬「Gastrofit」は、植物の葉、果実、花、根茎の粉砕部分の形で提示された医薬品の形態で製造され、胃腸管の疾患に有効である。組成物の色は異種であり、様々な色の要素を含む灰緑色である。この混合物からは、目立たない、楽しいハーブのフレグランスが得られます。

野菜の収集物は、個々の包装用フィルターバッグに密封包装され、輸液醸造に便利である。1つの袋の重量は1.5 gです。

フィルターバッグは、黄色の段ボール箱に人の内部器官の模式図を描いて20個ずつ包装されている。このスキームは、消化器系を明確に示しています。

コレクションは15のプラント構成要素で構成されています。各フィルターバッグには、

  • ayr(根茎) - 90 mg、
  • アルテア(根)-105mg、
  • クミン(花) - 105 mg、
  • エルダーベリーブラック(花) - 90 mg、
  • セントジョンズワート(草) - 90 mg、
  • カレンデュラ(花) - 105 mg、
  • イラクサ(葉) - 105 mg、
  • ミント(葉) - 105mg、
  • 쑥(草) - 75 mg、
  • カモミール薬局(花) - 105 mg、
  • 日本のソフォラ(果実) - 120 mg、
  • スイート(根) - 120 mg、
  • ヤロウ(草) - 90 mg、
  • セージ(葉) - 90 mg、
  • ローズヒップ(フルーツ) - 90 mg。

場合によっては、フィルターバッグなしの段ボール容器に梱包されたコレクションを見つけることができます。医薬品コレクション「Gastrofit」を含むパッケージの重量は100gです。

  • 虫 - 5グラム、
  • エール、エルダー、セントジョンズワート、ヤロウ、セージ、犬のバラ - 6グラム、
  • althae、キャラウェイ、カレンデュラ、ミツバチ、ミント、カモミール - それぞれ7グラム、
  • 日本のソフォラと甘草 - 8g。

この薬剤の形態は、薬剤に付着していない大さじを投与することを提供する。

薬局の棚の手数料に加えて、シロップの形で同じ薬剤を見つけることができます。これは、3年から始まる小児の胃腸病理を治療するために使用することができます。

シロップは、コレクションと同じハーブの抽出物を含む。それは、150mlのポリマーボトルに詰め込まれ、その後、プラント料金のパッケージングと同様の外観で段ボール箱に入れられる。

薬力学

薬用消化管のコレクション "Gastrofit"は、顕著な鎮痙効果を示します(胃腸管の平滑筋の痙攣や痛みを和らげます)。調製に含まれる多くのハーブのおかげで、消化器系の様々な器官の粘膜への医薬品コレクションの抗炎症および鎮静効果について自信を持って話すことが可能である。

さらに、薬物は、十二指腸を含む胃および腸の損傷組織の迅速な治癒および再生を促進する。この説明書には、漢方治療薬の胆汁性および軽度の下剤作用も記載されています。

消化管の炎症を除去し、粘膜の状態を改善するGastrofitは、消化管を調節し、腸の運動を刺激し、便を正常化することができます。

薬物動態

多成分薬物における薬物動態学的研究を行うことは非常に困難であるため、そのような研究に関する情報は薬物への指示にはない。

禁忌

公式の指示によると、「Gastrofit」という薬は以下の使用禁忌を持っています:

  • 高血圧(II BおよびIII度)、
  • 急性心不全、
  • HSN、
  • 血清中の低レベルのカリウム(低カリウム血症と呼ばれる状態);
  • 機械的黄疸、
  • 石の胆嚢に存在し、その大きさは10mmを超える(胆石症)、
  • 胆嚢の急性炎症(医学的には胆嚢炎の急性期)、
  • 肝臓の炎症の重大な徴候を特徴とする肝炎の急性期、障害のある仕事、
  • 肝硬変、
  • 膵臓の急性炎症(急性型の膵炎)、
  • 小児における気道の炎症、喉頭(クループ)の狭小化、
  • 呼吸機能(閉塞性気管支炎)の制限を伴う気管支の炎症、
  • 増加した神経筋興奮性および発作を発症する傾向を特徴とする破傷風症候群、
  • 血栓(血栓性静脈炎)の形成による静脈壁の炎症、
  • 高い血液凝固速度、
  • 薬物のいずれかの成分に対する過敏症である。

ハーブや植物のコレクションの形の薬は、12歳未満の子供の治療のためのものではありません。シロップは、まだ3歳になっていない小さな患者の治療には望ましくない。

妊娠中または授乳中に「Gastrofit」という薬を使用する可能性は、医師に相談してください。妊娠中の女性にこの分野の研究が不足しているため、意図しない結果を避けるために、薬物だけ手数料の形で処方された女性のための利点は、胎児のリスクよりもかなり高い場合にのみされています。

授乳中は、母乳育児を拒否した場合や、授乳中に赤ちゃんを一時的(または恒久的)に服用した場合に、この薬を服用することができます。

副作用 胃腸管

「Gastrofit」は、大部分のハーブ調製物のように、大部分の患者が十分に耐えられる。アレルギー反応の発症のまれな症例は、主として、多成分薬物の1つまたは複数の成分の個々の不耐性に関連する。

薬物の副作用は、様々なかゆみ、皮膚炎、皮膚上での腫脹の形で観察することができる。一部の患者では、日光に対する皮膚の感受性が増加する(光感作)。

そして、薬物の最初の投与の間の重度のアレルギー反応は観察されないが、薬物のさらなる使用は、危険な患者へのこれらの症状発現を増強し得る。したがって、同様の反応が発生した場合には、直ちに主治医に相談して、その予定を再考する必要があります。

投薬および投与

「Gastrofit」には異なる2種類の放出があり、異なる投与量があるので、その適用方法はわずかに異なります。

最も便利な形態は、計量されたフィルターバッグ中の薬剤である。これらの袋のうち2袋(3g)に150gの沸騰水を注ぎ、飲んだ後15分後、暖かい形で30分ぐらい食べる前に注ぎます。注入をフィルタリングする必要はありません。この手順を1日中3回繰り返す。

コレクションの100グラムの経済的な束を購入するには、薬の適切な量を測定するために別の乾燥テーブルスプーンを保存する必要があります。

この場合、1リットルの沸騰水の植物混合物を2リットル醸造し、1日1回の薬用輸液を調製することが望ましい。1時間製剤を主張する。使用すると、適切な量(150g)が暖かい状態に温められます。投与量と投与量の多重度は前の場合と同じです。子供(12歳以上)や成人に普遍的です。

治療経過の持続時間は、患者の病態および状態に依存し、主治医によって決定される。ほとんどの場合、薬物の治療は1〜2ヶ月間遅れるが、非潰瘍性消化不良の場合と同様に、症状が消化管の働きの中断によるものであれば、1週間は十分である。必要に応じて、治療の経過を繰り返すことができます。

シロップの形態の薬物は、患者の年齢に応じて投与される。したがって、3〜7歳の子供の場合、1回の投与量は5ml、子供の7〜14人の子供は5〜10mlのシロップを与えられ、青少年と成人のための投与量は同じです - 10ml。

入院の多重度は、医師によって確立され、1日に3回から5回まで変化し得る。この場合、薬物は純粋な形態として採取し、それを水または茶に加えることができる。

過剰摂取

ハーブの準備 "Gastrofit"は、体に無害です。これは、製剤への指示書に記載されている十分に大きな投与量において、結果なしで使用される。この時間が過ぎる前のケースについて説明した。

しかし、それは、実験する必要はありません、少なくとも薬の副作用の増加につながり、そのような吐き気、嘔吐などの現象を引き起こす可能性が途切れることなくお勧め、または長い時間のためのより高用量で使用すると、合成や漢方薬ので、スツールなど

他の薬との相互作用

植物由来のものであっても、他の医薬品を服用している場合は、他の薬剤との薬物相互作用を考慮して摂取することが望ましい。

「Gastrofit」薬、不整脈と一緒に薬の長期使用の場合には、強心配糖体、副腎皮質ステロイドと同様に、下剤や利尿剤大半は体内の水分・電解質バランスの崩壊を引き起こす可能性があります。

集中が必要な作業を行う前に "Gastrofit"を使用しないでください。薬で治療期間中車を運転することから、拒否することも望ましいことです。

保管条件

準備「Gastrofit」の保管条件:包装植物採集やシロップはない25以上の温度で保管すること子供、湿気や直射日光から離れて、C。

賞味期限

有効期限は2年であり、回収とシロップの両方で使用することは禁じられています。

同じ名前の他の薬

医療ポータルのページには、経口投与のための解決策の形でさらに2つの薬草製剤の説明があります。

ロシアの会社「Farmafit」が100 mlボトルに入れたものの1つが製造されています。薬の組成には、甘草、ヤロウ、セイヨウの葉、アニス油が含まれる。追加成分:アルコール、水、砂糖。

調製物中のハーブは、抗炎症性、鎮痙性、再生性、胆汁性疾患、駆虫作用および回復作用を有する。これに関連して溶液「Gastrofit」「Farmafit」からそれが正常と胃炎のための有効な薬剤であると考えられる、胃中の酸産生を減少させ、ハリコフとシロップを収集する使用のための指示に記載されているすべてのこれらの病変。

この薬は、成人患者および7歳以上の子供の治療を目的としています。妊娠中および授乳中の植物性溶液の望ましくない摂取、ならびに薬物の特定の成分の個々の不耐性。組成物中の糖含有成分の存在は、真性糖尿病を有する患者に摂取されたときに注意を与える。

1 tspの薬を飲む。1日3回。純粋な形ではなく、1杯の水または他の飲料(乳飲料と乳飲料を除く)の1/3に希釈する方がよい。

2年間日光から保護された場所に溶液の形でハーブの準備 "Gastrofit"を保管してください。保管温度は2〜18度以内にしてください。

一部の薬局のサイトでは、「Gastrofit」という名前の薬がもう1つ宣言されています。確かに、この薬の写真はどこにも貼られておらず、そのプロデューサーも言及されていません。カモミールの花とキンセンカ、ノコギリソウ、フェンネルの精油(薬局別名フェンネル)、クロウメモドキ樹皮、ソルビトール(40%):それはそこにあるその一部として、それは、内部使用のための植物解決することのみを示しています。

指示書によれば   薬物の使用の適応症は:

  • 胆道のジスキネジー(運動障害)
  • 便秘、腸の平滑筋の活動の低下によって引き起こされる(これはまたアトニックとも呼ばれる)
  • 気泡や腹部膨満、逆流、しゃっくり、大声と豊富な放屁、胃のゴロゴロにおける痙攣痛みの形で現れる過剰なガス形成(鼓腸)。今度は、病理学的状態は、特定の製品及び特定の疾患(dysbacteriosis、膵炎、大腸炎、肝硬変)、腸における炎症過程、腸の感染症および寄生構造異常の使用によって引き起こされる可能性があります。

 消化管植物溶液の使用に対する禁忌は:

  • 様々な病状に起因する胃腸管からの出血、
  • 出血を開く可能性があるために胃および十二指腸の潰瘍性病変、
  • 急性期の肝炎、
  • 閉塞性と呼ばれる機械的な黄疸は、
  • 腸の閉塞、
  • 腹腔内の急性炎症過程(虫垂炎、腹膜炎など)、
  • 急性および慢性の糸球体腎炎(血液を濾過する腎臓の糸球体の危険な免疫炎症性疾患)が含まれる。

経口投与のための溶液の形での薬物「胃腸管」の使用は、授乳中の妊娠中受け入れられないと考えられている。この薬は、小児科での使用を目的としたものでもありません。

ソルビトールの含有量が非常に多いので、注意して糖尿病患者に甘い解決策を適用する必要があります。

投薬を受けることは、アレルギー反応、腸疝痛、糞便遅延および増加した排便行為を伴い得る。

投与方法および用量。任意の病理のための単回投与量は、三回摂取の条件下で5ml(1 tsp)であり、1日2回服用する場合には10mlである。

純粋な形で、または少量の液体で希釈して、食事の前に半時間飲む。

治療コースは通常21-28日であるが、必要であれば治療コースを繰り返すことができる。

薬や栄養補助食品?

場合は、「目的」から「Gastrofitは」漢方薬のカテゴリに関連して、同じ名前の他の多くのツールがいくつかの消化管異常の症状を緩和し、生物学的に活性な添加剤(BAA)、及び自己消化にプラスの効果に起因することができます。

そのようなサプリメントには、「New Life」という会社の錠剤の形態である「Gastrofit」(錠剤2錠のブリスター10錠)が含まれています。その組成では、マリゴールド、リンデン、カモミールの花、セントジョンズワートの草、沼地とヤロウの花が見られます。

ハーブの大部分は、胃腸粘膜に対して抗炎症、消毒および鎮静作用を有する。セントジョンズワートは、とりわけ止血剤と考えられ、ヤロウは効果的にワームを駆除することができる。また、薬物の鎮痙、再生、顕著な尿および胆汁排泄および意義のない解熱効果が示される。

食事の前に10-15分、1日2回錠剤で栄養補助食品を服用してください。単回投与-1錠剤。

薬物のいくつかの成分に不耐性の反応がある場合、それを服用することを拒否する方がよい。

空気の温度が5〜25度の室内に保管すると、有効期間は3年です。

"Gastrofit"または "Gastrophyt"?

オンライン薬局のページに目を向けると、「Gastrofit」と呼ばれる別の薬を見つけることができますが、緑色の厚紙パッケージの名前はロシア語と英語で書かれています。後者は「ガストロフィー」と読みます。

この薬剤は、パキスタンの会社BioZoneによって開発されたもので、植物原料に基づく医薬品の製造に特化しています。生産拠点はカザフスタンを含む様々な国にあり、輸入された栄養補助食品「Gastrofit」が作られています。

準備VioZone会社は、効果的に吐き気を扱う120ミリリットルのボトルで野菜シロップとして薬局で表さ痛みがなくなり、胃粘膜や一般的な消化管に顕著な鎮静効果を持っています。

この薬物の作用は、その組成に起因する:

  • スクラブは消化を大幅に改善し、とりわけ鎮痛、抗炎症および利尿作用を有し、
  • ダマスカスはまた、胃の痛みを和らげ、真菌感染症を含む病原体と効果的に戦い、抗酸化物質と収斂性を示し、血液を浄化し、
  • ミントは、胃の分泌機能を正常化し、胃および腸の運動機能を刺激し、吐き気、嘔吐および過度のガス発生の症状を緩和し、
  • 甘草 - 消化薬草に最も有用なものの1つで、胃の酸性度を正常化させるのに役立ち、優れた鎮痙性および抗炎症性を有し、
  • フェンネルは鼓腸の有効な治療薬と考えられており、小児科の診療では広く普及しており、
  • センナ - 普遍的に認められている効果的で安全な下剤は、便秘、
  • ジンジャーは、胃や腸の炎症や痙攣を和らげ、緩やかな下剤効果もあり、
  • クミンおよびシナモンはまた、顕著な鎮痙効果で有名であり、悪心および嘔吐などの症状を緩和し、シナモンはまた収斂性および防腐性を有し、
  • Ferula - 優れた抗酸化剤、鎮痙剤、消毒剤、効果的に寄生虫(ワーム)と戦って、粘液のGITを被害から守ります。

薬剤はすべての年齢の子供たちのために安全であると考え、さらには学校で貧しい食生活に関連した重苦しさや胸焼けの不快感や他の教育機関と、だけでなく、ファーストフードやソフトドリンクの使用の使用をお勧めします。

この薬は、胸やけ、鼓腸、痛み、吐き気、嘔吐、便障害に良い影響を与えます。それは、胃炎、胃および十二指腸の潰瘍性病変のような病状において示される。

投与方法および用量。 シロップ「胃腸管」は、患者の年齢に応じて投与される。単回投与量は:

  • 子供1〜2歳 - 0.5 tsp。、
  • 2歳から12歳の子供 - 1杯、
  • 青年と大人 - 2 tsp。シロップ。

シロップは甘いジンジャーの味わいがあり、優しいミントノートが付いているので、レセプションでは小さめのものでも問題はありません。

あなたは1日3回野菜シロップを飲む必要があります。これは、純粋な形態で消費されてもよいし、15日間のコースで水に希釈されてもよい。慢性病理では、治療コースを年に3-4回、特に春と秋に繰り返すことが推奨されており、疾患が悪化する。

この 薬の使用には特別な  禁忌はありませんが、高感度の背景には、アレルギー反応が現れることがあります。幼児の治療に薬物を使用しないでください。

シロップは甘味料を含んでいるので、血糖値が上昇している人、特に真性糖尿病患者には注意が必要です。

ハーブティー "ガストロフィット"

消化管の酸性度および潰瘍性病変の増加した胃炎の補助ツールとして、植物茶「Gastrofit-1」も使用されています。それはカザフスタンの会社「TES」によって生産されています。

茶の包装には、以下の植物の粉砕された部分を含む1.5グラムの20個のフィルターバッグがあります:

  • カモミール(花)、
  • ヤロウ(草)、
  • アヤ(根茎)、
  • 甘い(根)。

投与および用量  すべての年齢や病態のために同じハーブティー:1つのまたは2のフィルタバッグ煮沸した水を、組成物の栄養素のより良いリリースを時々かき混ぜながら、約半分の時間を主張しています。

主食の1時間後にお茶を飲むことをお勧めします。入学の多重度 - 1日3〜4回。

茶の組成は非常に控えめですが、胃腸管の病理学に有効です。香水ハーブドリンクの1つまたは複数の成分に対して過敏症を有する人々にのみ適しています。

医者の処方箋なしでお茶を買うことができます。乾燥した換気の良い場所で2年以上保管しないでください。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.