^

健康

You are here

Tadimaks

良性前立腺肥大症(BPH)、または単純な前立腺腺腫は、中年および高齢の男性を待つ非常に不快な疾患の1つです。一見良性の安全性の観点からの腫瘍学点変化、それにもかかわらず、それは重大な不快感や精神的ストレスにリンクされているが、男性の生活のさまざまな球に影響を与えます。 

適応症 Tadimaksa

薬物「Tadimax」は、この疾患に固有の排尿障害を患っている患者の生活を促進するように設計されています。

尿の問題が腫瘍ではなく、前立腺内の炎症過程だけではなく観察されているので、薬物「Tadimaks」を使用するための別の指標は、前立腺炎の35年間で、多くの人に知られています。

このような調製の必要性がないだけでBPHまたは前立腺炎と診断された男性が感じる特定の不快感によって引き起こされます。尿道を圧迫し、従って、尿の排出を遮断する(による膨潤または炎症)前立腺の増加は、結果的に、腎結石症、膀胱炎、膀胱炎として知られており、開発を、中毒を促進する尿の停滞という事実腎臓(すべて同じ腎盂腎炎)。

「Tadimax」はBPHや前立腺炎の不快な症状を取り除くだけでなく、これらの疾患の不快で危険な合併症を予防する予防手段です。

リリースフォーム

「Tadimax」は、ブラウンコーティングを施した放出 - 楕円形錠剤の1つの形態を有する植物性原材料をベースとする調製物であり、21個のブリスターである。それぞれに パッケージには2〜3個のブリスターが含まれています。

薬力学

薬力学は、薬物の基礎を構成する活性物質の特性に起因する。薬用植物の豊富な複合体を有する組成物は、抗炎症および殺菌作用だけでなく、痛みを完全に除去する。さらに、彼は血管内の血流を正常化し、緊張を高め、代謝を改善し、腫れを和らげるという仕事にうまく対処します。

 調製物の組成:

  • krynumの葉の抽出物。美しい花で目を楽しませるアマリリスのこの球根の植物は、優れた癒しの特性を持っています。その優れた解熱および抗癌効果で有名です。
  • 根の抽出物のanemarenes asphodel。これは、解熱剤、抗炎症剤、抗腫瘍剤、鎮静剤としてチベット医学で使用される醜い植物のように見えます。この植物は、腫瘍中の突然変異細胞の増殖を防止する。
  • アムールベルベットの樹皮の抽出物。抗ウィルス、解熱、胆汁および利尿作用を有する素晴らしい消毒剤です。
  • 母草抽出物。この顕著な回復は、珍しい強壮剤と鎮静剤(鎮静作用)を意味します。とりわけ、母親は良い抗菌効果を持っています。
  • ピーチ抽出物。ピーチはおいしい日当たりの良い果物だけでなく、若者と健康のエリクサーです。ピーチエキスは体の老化を防ぐ特別な抗酸化物質です。体内の毒素や毒素を除去し、熱を除去し、炎症を取り除くのに役立ちます。それに加えて、それは最も強力な抗癌と鎮痛効果を持っています。
  • alism(chasushi plantain)の根から抽出します。この植物の有用な特性は、中世以来、薬理学において知られ、使用されている。これは素晴らしい利尿薬と抗炎症薬です。
  • ピオン紫の根茎の抽出物。特別な癒しの特性を持つもう一つの信じられないほど美しい花。美しい花の根の中に潜んでいる、庭のちょうど同じ薬。牡丹の根の抽出物は、痛みを軽減するのに役立ち、炎症や腫れを和らげ、緊張と不安を和らげます。それは顕著な鎮痙および利尿特性を有する。
  • 中国のシナモンの樹皮の抽出物は、その抗炎症性および抗菌性の特性で有名である。

あなたが見ることができるように、薬の処方を効果的かつ安全に可能な限りその停滞と関連する合併症の予防、前立腺や尿道だけでなく、身体からの尿の排泄の容易さに炎症や痛みを軽減するような方法で選択されています。

薬物動態

薬物の薬物動態は研究されていない。

妊娠中に使用する Tadimaksa

妊娠中および小児期の「Tadimax」の使用は、男性の年齢関連疾患を治療するために設計されているため、不可能である。

禁忌

"Tadimax"がハーブの調製物である限り、全体としてのその適用は身体に損害を与えません。植物製剤「Tadimax」の使用に対する主な禁忌は、薬物の組成および重度の肝臓障害における1つの(複数の)成分の個々の不耐性である。

しかし、一部の患者グループでは、その薬剤を服用することに一定のリスクが生じる可能性があります。慎重に、低血圧と低心拍数(徐脈)、胃液の酸性度の上昇、肝機能障害のある人には、「Tadimax」の使用に近づくべきです。これらの患者群における薬物の使用は、副作用を増加させる危険性に関連する。

副作用 Tadimaksa

かなりまれに観察された。ほとんどの場合、発疹、腫れ、かゆみを伴うアレルギー反応です。患者の約5%が、服用初日に肛門部に灼熱感を訴える。時にはめまい、失神さえあり、重度の疲労と衰弱、効率の低下、注意力の低下、圧力の低下があります。すべての異常な感覚は、担当医師に報告して、予定の見直しを行う必要があります。

投薬および投与

錠剤「Tadimax」は、胃液の酸性度が増加した胃腸粘膜に対して顕著な刺激作用を有する。この点で、彼らは食べてから食べることをお勧めします。この薬剤の1日量は6錠であり、3回分に均等に分配される。

前立腺腺腫および前立腺炎の治療には、7週間の中断を伴う3週間のコースが含まれる。主治医の能力の範囲内で、治療の経過を増やす必要があるかどうかの決定が行われます。

過剰摂取

薬物の過剰投与は、推奨用量を繰り返し超過した場合に起こることがあり、薬剤の副作用の増加として現れ、医師に報告されるべきである。

他の薬との相互作用

「Tadimax」と他の薬剤との薬物相互作用に関する詳細な情報はありませんが、組成物によって判断すると、鎮静剤、精神安定剤、アルコールの作用を高めることができます。

「Tadimax」は胃の酸性度を上昇させるのに役立つので、この薬物での治療では、胃液の酸性度を測定して胃の検査を行う必要があります。これは、胃炎の不快な症状を回避し、胃腸管における潰瘍性プロセスの発症を予防する。

「Tadimax」は通常、適切な副作用が発現する場合を除いて、注意および反応速度の集中に影響を与えません。

保管条件

保管温度は25度を超えないようにしてください。15〜25の最適温度についての C.

この薬は日光に敏感なので、日光から保護された場所に保管する必要があります。子供への薬へのアクセスも制限されるべきである。

賞味期限

薬は保管日を厳守して保管日から3年以内に保管してください。 

有効期限が過ぎてから使用することは推奨されていません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "Tadimaks" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.