^

健康

滲出性中耳炎の症状

中耳の漿液性形態の炎症の特徴の1つは、潜在的な流れである。最初の兆候は塗りつぶされているので、いつもそれを認識することはできません。発生の最初の段階では、そのような症状が現れます:

  • 聴力の低下。
  • 射精と騒音の感覚。
  • 鼻詰まり。
  • 耳の輸血の感覚。

急性の痛みや発熱が常に自分自身を感じさせるわけではありません。したがって、聴力損失の最初の徴候では、耳鼻咽喉科医に相談する必要があります。滲出性耳炎の早期診断および治療は、多くの合併症を回避する。

ステージ

炎症過程の重症度および病態の変化に応じて、これらの段階の滲出性耳炎が区別される

  1. Catarrhal - 聴神経チューブの粘膜のカタラーム炎症を特徴とする。この段階では、換気機能の侵害、すなわち中耳の空気摂取がある。粘膜は空気を吸収し、そのために鼓室に真空が形成され、滲出液が集められる。患者は、聴力の僅かな低下を指摘する。この段階の期間は約1ヶ月です。
  2. 分泌 - 鼓膜では、粘液が蓄積し、分泌腺の数が増加します。耳には充血、圧迫、騒音があります。場合によっては、頭部の位置が変化して聴力が低下すると、患者は輸液の感覚を感じることがあります。ステージの期間は1ヶ月から1年です。
  3. 粘液 - 鼓膜および中耳の他の腔の内容物は、粘稠で密になる。聴力損失が増加し、音の骨伝導の閾値が上昇する。キャビティ全体が粘性のある滲出液で満たされている場合、綿で触れた場合、数十センチメートルの細い糸で引き戻されます。この症状のため、この段階を「粘着耳」といいます。鼓膜が肥厚し、そのチアノーゼが可能である。粘膜炎の持続時間は1〜2年である。
  4. 鼓室の粘膜では繊維 - 変性プロセスが優勢である。徐々に減少し、経時的に粘液の産生を完全に停止し、粘膜および耳小体の線維性変性につながる。混合聴力損失が進行する。鼓室には、中耳炎の原因となる瘢痕が形成される。

実施された研究は、病理学的過程が段階の1つで停止し、形成された接着炎症を伴って再発することを示している。

急性の滲出性中耳炎

この病気はしばしばSARSの合併症であり、中咽頭、中耳および耳管の粘膜に影響を及ぼします。聴覚および鼻の器官の構造の解剖学的特徴に起因して、小児期の患者においてより一般的である。

急性の「粘着性の」耳の症状は3週間持続し、そのような反応によって明らかになる:

  • 爆発の気分になる痛みを撃つ
  • 耳の騒音とぬるみ。
  • 体温が上昇しました。
  • 前庭障害。
  • 一般的な幸福の低下。

急性炎症の治療の妥当性は、器械的および実験室的方法からなる正確な診断に基づいている。治療のために薬物療法、理学療法、マッサージの手順を任命する。鎮静の徴候がある場合、鼓膜を浄化し、聴覚器官の機能を回復させる手術が示される。

慢性滲出性中耳炎

聴覚の悪化を伴う鼓室の粘膜の再発性炎症は、慢性の滲出性中耳炎である。ほとんどの場合、この疾患は両側性であり、20%の症例では2〜5年の患者で起こるが、成人では検出することができる。

障害の主な原因は次のとおりです。

  • Eustachian管の口の閉塞。
  • 聴力管の気道障害および排液機能。
  • 鼓膜圧の低下。
  • 副鼻腔からの分泌物の流出に違反する疾患。
  • 鼻咽頭粘膜の腫脹を引き起こす疾患。
  • 顔面頭蓋の先天性奇形。

非常にしばしば、上気道の炎症過程の背景に対して疾患が現れる。患者はウイスキーに与えられた耳に一時的な低強度の痛みの発生を報告する。また、聴力の低下もあります。

治療上の戦術は、鼓膜の開存性の障害を除去し、鼓膜の炎症性変化を除去し、聴覚を復元することにある。冒された組織および構造における不可逆的硬化性変化の予防に特に注意が払われる。

フォーム

中耳の炎症の滲出型はいくつかのタイプがあり、それらを考慮する:

  1. 外部耳炎 - 外耳道の感染病変。それは外耳道の皮膚からの漿液の痛み、かゆみ、腫脹および排出を示す。それは、外傷における水分の侵入および蓄積だけでなく、その外傷の間の組織の感染のために発生する。
  2. 中耳の中の炎症は、他の臓器に与えることができる急性の痛みを示す。鼓膜への感染性因子の侵入または血液の血行の浸潤のために起こる。このフォームにはいくつかの亜種があります:
    1. 急性 - しばしばウイルス起源を有し、上気道の感染症で起こる。それは耳のうっ血や不快感によって現れます。それは治療なしでは鼓膜および聴覚器官の他の内部構造を損傷する可能性があるので、抗菌治療が必要である。
    2. 滲出性 - 聴診管の内腔の閉塞および鼓室の圧力低下により発症する。ウイルスと細菌の病原体が活動しているときに発生します。外耳道に粘性のある滲出液が蓄積し、聴力低下が起こることが明らかになっています。
    3. 慢性化膿 - 鼓膜の病原性微生物の作用により、開口が形成され、進行性聴力障害が発症する。
    4. 迷走神経炎は、内耳の炎症である内耳炎である。非常にまれです。上記の耳炎の合併症として、または重度の感染症、外傷のためにしばしば働く。この形態の主な危険は不可逆的な脳の損傷です。

上記の形態に加えて、びまん性中耳炎 - 耳介の近くの耳介および皮膚の損傷を伴う外耳道の組織の炎症。また、急性呼吸器ウイルス感染の背景に向かって発達し、鼓膜上の血便(小疱)を発現する水疱性炎症がある。

接着性耳炎は、長期の炎症で起こり、臓器の組織上に瘢痕および粘着性の形成が現れる。中耳のアレルギー性損傷は、急性または慢性の炎症の合併症であり得る。それは、黄色の粘性分泌物の除去、聴力の低下した鋭敏さ、自発性によって現れる。上記の耳炎のそれぞれは、包括的な診断および治療アプローチを必要とする。

滲出性中耳炎

扇状、漿液性または滲出性の中耳炎は、聴診管の閉塞および鼓膜圧の低下によって引き起こされる耳鼻疾患である。ウイルス性または細菌性の感染に曝されたときに発生し、さらなる形態の移行が起こる。

治療は薬物療法や理学療法と複雑です。治療せずに炎症を残すと、伝導性または神経感覚性のタイプの難聴、前庭障害および他の合併症を引き起こす可能性があります。

両側性の滲出性中耳炎

粘液性嚢胞の鼓動に詰まった中耳炎は、耳の滲出型である。両側性病変は、片側病理学的過程よりも頻繁に起こる。この病気の危険性はその合併症であり、適時の診断と治療で予防することができます。

両側の病変の徴候は、小児および成人の両方で同等に現れる:

  • 一時的な領域、顎、首に与える、耳の痛みを伴う感覚。
  • 亜炎症性の体温。
  • ノイズ、耳の詰まり、聴力の持続的な低下。
  • 一般的な幸福の低下。
  • 前庭障害。
  • 苛立ち。

場合によっては、この病気は吐き気や嘔吐、リンパ節の増加を引き起こす。厳しいコースでは、耳からの化膿性排出が可能です。

病理学的プロセスは、免疫系の保護力の低下および身体の過冷却に直接関連する。危険因子には、様々な慢性疾患が含まれる。病気を引き起こす微生物は、聴診管および中耳の腔に浸透する。

治療は病気と病原体の原因の確立から始まります。耳炎が体の慢性疾患によって引き起こされた場合、治療はその排除に向けられる。患者は、抗菌性、全身性の抗生物質および他の薬剤を含む麻酔薬の耳用薬を処方される。保存的治療が期待される結果をもたらさない場合、外科的処置が行われる。両側性炎症の予後は、処方された治療の正確さと適時の診断に依存する。

右側滲出性中耳炎

右耳の滲出性耳炎は、鼓膜の組織、乳様突起および聴覚管に影響を及ぼす炎症過程である。この病気はあらゆる年齢で病気ですが、より多くの場合子供です。

「粘着性の」耳は、ブドウ球菌、連鎖球菌、ウイルス、真菌などの様々な微生物の作用によって発達する。細菌は、耳管を通して中耳に浸透し、鼻および副鼻腔(鼻咽頭)に炎症を引き起こす可能性があります。稀なケースでは、鼓膜の損傷または身体の感染症の血液による感染の際に発症する。

治療は、障害の病因に依存し、薬物治療、理学療法および予防措置のコースからなる。特に重度の症例では、聴力の重症度を維持することを目的とした外科的介入が行われる。

左側滲出性中耳炎

同じ周波数を有する中耳の炎症は、左側と右側の両方で起こる。この疾患の特異性は、粘液分泌の耳腔内での蓄積である。不快な状態は無症候性であり得、病理の唯一の兆候は、聴力の漸進的減少である。

左側滲出性炎症は、急性および慢性の両方の形態で起こり得る。最初のケースでは、急性経過は約3週間持続し、慢性形態は回復後2〜3ヶ月と診断される。

障害の主な原因は次のとおりです。

  • 低免疫
  • 各種アレルギー反応や感染症
  • 不利な生活条件と不十分な生態学。

この疾患の局所的な要因には、聴覚管の換気特性の機械的または機能的障害が含まれる。同様のことが、咽頭扁桃または彼女の炎症過程の肥大で起こる。

左側の病変を治療するための戦術は、聴力管の障害を引き起こした原因および要因を排除することからなる。また、聴覚を回復させ、中耳の形態学的プロセスを防止するための処置が規定されている。これを行うために、理学療法が行われる。治療の薬物成分には特に注意が払われる。医師は、病原体の破壊と局所的な一般的な免疫の強化のための薬物を処方する。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.