^

健康

軟化フットクリーム

生きて、ひび割れや亀裂がなく、足の皮膚は美的外観だけでなく、痛みを伴う感覚です。踵と足全体は、常に重い負荷に苦しんでいます。それだけで美しさの不足だけでなく、不快感:足がかゆみ、皮膚が急速に粗くなっている、傷が表示されます。この問題を解消すると、足のクエン酸を質的に軟化させることができます。

適応症 足のクリームを柔らかくする

上記のすべてと、足にクリーム軟化剤を使用するための適応症があります。それがなければ、脚の肌の粗さ、コーン、カルスなしで、柔らかくすることはほとんどできません。残念ながら、これは問題が無視されたときに認識されます。彼女は定期的にそれを示し、証明しています。そして、最も重要なことに、彼女は足を適切に見守っていない、それが重要だとは思わなかった。しかし、状況を修正するのは遅すぎることはありません。今日、そのようなクリームの選択の不足はありません:販売では、コストの民主的で、高価な、知られている世界のブランドがあります。

軟らかい足のクリームの名前

真剣に自分の足を助け、彼らの獲得でデビューする間に決定した人のために、最も人気のあるものを推薦することが可能です。最初の年ではなく非常に多く使用されている足の軟らかいクリームの名前は次のとおりです。

  • 足のクリーム "美しさの百レシピ";
  • フットクリーム "エイボン";
  • フットクリーム "DiDerm";
  • フットクリーム "Oriflame";
  • フットクリーム "Belita"。

これは完全なリストではなく、継続することができます。しかしまた、これらのいくつかのクリームは、足の問題の皮膚を整えるのに役立ちます。

リリースフォーム

いくつかの軟らかい足のクリームの例では、彼らがどのように動作するかを見ることができます。

クリーム "美の百レシピ"

このブランドの下で、一連の高級化粧品。柔らかいフットクリーム "One Hundred Beauty Recipes"を意味するなら、それはその民主的な価格のためだけでなく、人気があります。このクリームには年齢制限がなく、あらゆるタイプの肌の女性に適しています。

トウモロコシ油とカボチャパルプのおかげで、クリームは足の皮膚の乾燥に首尾よく抵抗し、それを復元し、乾燥を和らげ、剥離する。視覚的には、効果はまるで印象的です。脚は整えられており、肌は滑らかで柔らかいです。これは、この家庭用クリームの有益なvitaminizingと再生効果に注意する必要があります。しかし、それはすべてのプラスしていない:クリームは服や靴を台無しにしない、迅速に吸収され、脂肪フィルムを残していません。アプリケーションでそれは簡単です:純粋な足でマッサージするために少量のクリームと少しを置く必要があります。

フットクリーム "エイボン"

ほとんどの女性は、高品質の化粧品とパーソナルケア製品だけを生産するこの会社に精通しています。フットクリーム "エイボン"を作成すると、同社はその原則を変更していない:効率と手頃な価格。その使用説明書には、明確かつ検証された推奨事項が記載されています。彼らは一度エイボンクリームを試して、それを永久のランクに上げた人たちによって補足されました。

最大の効果を得るために知っておくべきこと:

  • クリームを塗る前に足を洗ってください。
  • できるだけ可能な限り「過剰」のない通常の層で足全体に「エイボン」を塗布する。
  • 足を垂直に10分以上立てます。

最後のポイントは特別な注意を払う必要があります:このポジションと足の回転に加えて、血液はより積極的に循環する機会を得ます。これは、静脈瘤のリスクを軽減します。

フットクリーム "ベリタ"

注釈に足のクリーム「Belita」を製造するベラルーシの製造業者は、足を消毒する能力を強調する。これは、クリームの抗炎症性および消毒性に重要な意味を持つ。効果はティーツリーオイルとビタミンPPとAを提供します。これらの基本的なコンポーネントはまた、足の皮膚を軟化させます。"Belita"は、どんなタイプの肌の女性にもおすすめです。唯一の制限 - 年齢は18歳未満であってはなりません。

使用の原則は他のフットケアクリームと事実上同じです。主なものは、軽くマッサージする、きれいでよく拭いた足に "Belita"を適用することです。必要に応じてこれを行います。

フットクリーム "Oriflame"

化粧品が長い間、何百万人もの女性の認知を得ている有名なブランド。

フットクリーム「Oriflame」は基本的に小麦胚芽とオレンジブロッサムの2つの成分を持っています。最初は積極的に乾燥した肌に栄養を与えます。2つ目はそれを積極的に緩和することです。このクリームはペディキュアを長く保つのに役立つことが実践によって示されています。また、脚マッサージにも効果があります。

フットクリーム "DiDerm"

女性は国内のフットクリーム「DiDerm」を高く評価しました。その組成において、保水成分の複合体:グリセリン、アラントンおよび尿素。彼らは角質の革の層を柔らかくし、その形成と肥厚を防ぐのに役立ちます。植物起源のオイルのいくつかのタイプ - ヒマワリ、ココナッツ、アボカドスは水分の保護として働き、正常な量を失うことはありません。クリームと抗菌効果があります:セージエキス、樟脳、ファルネソールの存在が感染に抵抗します。

クリームには、ビタミンA、E、Fのビタミン複合体が含まれています。代謝過程を担っています。クリームの足の肌に傷を癒すために、カレンデュラ、ミント、および既に命名されたセージが追加されています。

薬力学

起源の国にかかわらず、足のクリームを軟化させるクリエイターは、2つの必須パラメータによって導かれます。第1のものは、薬力学または皮膚に対するクリームの効果のメカニズムの存在、その有効性、すなわち 生物学的効果。

薬物動態

薬物動態は、物質が吸収され、分配され、次いで身体から放出される原則である。足のクリームを軟化させる際に、これらの2つのパラメーターは抗菌成分または特性を有する。

妊娠中に使用する 足のクリームを柔らかくする

妊娠している女性の立場は、あなたがすべてのことでできるだけ慎重であることが必要です。この困難な時期に、多くの点であなた自身を否定する必要があります。将来の子供のための最大限の安全性の観点から、3回のテストされ、証明されたフットクリームの使用にも接近すべきである。今日知られているすべてのクリームのうち、妊娠中のものを使用することが推奨されます:「グリーンママ」。足の皮膚を柔らかくすることに加えて、妊娠していない女性がほとんど妊娠していない褥瘡を取り除くのに役立ちます。

効果的なのは「グリーンママ」と静脈瘤の場合です。馬の栗、甘いクローバー、そばとプロポリスのおかげで、妊娠している女性を悩ませている "重い足"の感覚は最小限に抑えられます。血管の壁の状態はより安定し、弾性的になり、血液は集中的に循環する。顔 - 麻酔効果について。そして、脚を「軽い」メントールとミントオイルにする。

脚に疲れを感じるときは、クリーム「グリーンママ」を塗るだけで十分です。やさしく足でマッサージしてください。

禁忌

妊婦に加えて、認定軟化フットクリームの使用に対する禁忌はありません。例外は、クリームを構成する1つ以上の成分の個々の不耐性の場合にのみ可能である。そして、アレルギーに苦しむ人たちは慎重に自分自身を傷つけないように、各クリームの概要を確認する必要があります。

投薬および投与

脚の軟化クリームの適用スキームまたは投与方法は、基本的に名前とは異なりません。特定のクリームへのアレルギーの不足を扱ったので、それを適用し始めることができます。この手順は、清潔な足で、好ましくはハーブバスの後、軽石の処理が容易に行われる。次のステップは、あなたの足を徹底的に拭き、水分を残さないことです。次に、少量のクリームを塗布し、15〜20分間放置する。この間、クリームは吸収され、靴の中で摺動して落下する可能性があります。したがって、夜間にこの手順を実行する方が良いです。そうすれば、暖かい靴下を着て寝るだけで十分です。

保管条件

足のクリームの保存条件や保存期間は無視してください。長時間にわたるクリームや激しい日光に繰り返し暴露されただけでは、足の皮膚を軟化させる効果が得られないだけでなく、悪化します。そして、あなたは彼の助けを信じる必要はありません。さらに、製造元によって示されたものとは異なる温度範囲で保存された過度のクリームは有害である可能性がある。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

ICD-10の国際分類によれば、脚の象眼はIXカテゴリーに含まれている循環器系疾患(I00-I99)

疾患状態の段階に応じて、患者は特別な選択肢が選択される。薬はリンパの形成を減少させ、組織の栄養およびリンパ管の状態を改善する。
中枢または末梢起源の片側吊り下げ止めとは対照的に、両側吊り止めは、末梢神経または筋肉に常に損傷を示す。この疾患の発症は遅く、その結果、患者は徐々に歩行の変化に慣れ、または鋭利なものとなる。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

情報の認識を簡素化するため、この薬物の使用説明書は、薬物の医療使用に関する公式の指示に基づいて特殊な形で翻訳され提示されています。軟化フットクリーム

説明は情報提供の目的で提供され、自己治癒の手引きではありません。 この薬物の必要性、治療レジメンの目的、薬物の投与方法および投与量は主治医によってのみ決定される。 自己投薬はあなたの健康にとって危険です。

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.