^

健康

妊娠中の子どもや大人のための喉のフラウラリンでうがいをする:料理の仕方に関する指導

ヒトの病気の大部分は、病原体およびウイルスの体内への侵入の結果である。彼らは口の中で空気と一緒に体に最も頻繁に入り、口、扁桃、喉、気道および肺における感染の優勢な局在を伴う呼吸器および他の炎症性疾患を引き起こす。体を感染から守る主体は扁桃腺です。扁桃腺は免疫力があり、バクテリアやウイルスに自ら対処します。免疫が弱まっている場合、口と喉の抗菌洗浄に使用される外部の救済手段は、内部の防御側の助けになります。この場合、咽喉をすすぐための「フラシリン」は、通常の生理食塩水よりも少なくない頻度で使用されるが、その効果は塩化ナトリウム水溶液の抗菌特性をはるかに上回る。

咽喉の迫害と痛み、風邪と発熱の出現はすべて細菌性またはウイルス性感染の症状です。ARI、SARS、インフルエンザ、扁桃炎、副鼻腔炎、咽頭炎、および口内炎を含む多くの他の炎症性疾患は、呼吸器疾患の唯一の外部の症状である粘膜の炎症及び浮腫を引き起こす病原性細菌の摂取によって引き起こされる正確。

扁桃腺は感染が体内に入るのを妨げていたはずです。しかし、これは常に起こるとは限りません。彼らがその機能に対処しなければ、細菌がこの領域に蓄積し、病気の不快な症状を引き起こすという事実にのみ寄与します。この場合の扁桃腺は赤みを帯び、痛みを伴う、痛みを伴う感覚があります。接触や膿のおそれがあります。このすべてが治癒を促進するわけではありませんが、逆に疾患の重大な合併症を引き起こす可能性があります。

そして、身体の免疫システムを助けるために、「フュラシリン(Furacilin)」などの消毒薬を使用して、それらをうがい薬の解決策として使用します。

喉をすすぐときの「フラライン」の作用

咽喉のすべての不快な感覚は、病原性微生物の存在に関連している。防腐剤は、これらの微生物と戦うために設計されています。しかし、防腐剤の有効性は異なります。そのため、用途によってどのような目的を追求するかが重要です。

「フラシリン」は、うがいから傷の表面の治療に至るまで、幅広い用途を持つ最もよく知られている消毒剤の1つです。この場合の主な活性物質は、ニトロフルラルであり、連鎖球菌、ブドウ球菌、サルモネラ、腸および赤痢ロッドおよび他の病原性微生物に対して有効である。顕著な殺菌効果のため、製剤は患者の口および喉に「沈降」する病原菌に有害な影響を及ぼす。

すすぎの間に、いくつかの細菌は溶液と一緒に体を離れ、残りの微生物は次の40分以内に死ぬ。しかし、フラシリンのこの作用のみに制限はない。この薬は、感染自体と戦うだけでなく、病気と戦うために体の免疫システムを刺激し、細胞の保護特性と身体の病気に対する耐性を高めることができます。これは、弱い免疫性のために発症する感染病理における「フラチノリン」の幅広い応用の理由である。

抗菌薬および抗ウイルス薬のほとんどは内部から細菌感染症に影響を与えながら、外側に病気と闘うために役立ちますので、呼吸器疾患のためのソリューション「furatsilina」でうがいすることは重要なことは、病気の期間を短縮することができます。

だから、喉がフララインですすぎ落とされたらどうなりますか?第1に、膿および細菌沈着物が除去され、感染の広がりに寄与する。第二に、正常な生命活動および病原菌の発生を防止する環境が口腔内に形成され、回復過程を加速させる。第3に、咽喉を消毒剤ですすいで呼吸や食べる過程を妨害する痛みを伴う症状を緩和し、患者の状態を容易にする。

手順の表示

口、喉および鼻腔に細菌感染をネスト全ての病態に有効「Furacilinum」の水溶液を用いてうがい。それは狭心症で起こる痛みと喉の痛みのために使用され、インフルエンザ、SARS、扁桃炎、咽頭炎、喉頭炎、同様に古代人のものを、しかし、ジフテリアや猩紅熱などにもかかわらず、まだ危険な病態として。

「フラシリン」は、呼吸器系の病理学だけでなく、歯肉炎、口内炎、口唇炎などの口腔の炎症性疾患にも使用されています。

狭心症でもってこの病気と戦う最も一般的な手段は、喉のうがいである「フラチリノム」です。結局のところ、この感染方法は病原菌の死滅に寄与するだけでなく、頻繁に起こる狭心症の合併症の予防に重要な身体の保護特性を向上させます。

長期的な抗生物質摂取の必要性を減らし、再発の予防に寄与するため、疾患の急性期だけでなく慢性形態においても、防腐剤による効果的なすすぎが行われる。狭心症などのそのような病理の非常に重要な治療法は、一体化したアプローチがなければ不可能であり、その一つの要素はうがいです。

喉の痛みと「furatsilina」、上気道の多くの疾患の一般的な症状、口と外部の気道に病原性微生物の個体群を駆除のどに不快感を取り除き、喉の粘膜の炎症や腫れを軽減するだけで4〜5日間可能と喉頭をすすぎます患者の状態を非常に容易にする。

小児期および妊娠中に、狭心症およびインフルエンザで使用される伝統的な抗菌薬および抗ウイルス薬の使用が限られている場合、うがい薬は疾患と戦う唯一の有効な方法である。したがって、消毒溶液は、血液への吸収を最小限に抑えて強力な殺菌効果を有するべきである。これらの特性は、正確には「フラ酸」の薬用溶液です。

通常、消毒液は患者から十分に許容されるので、「Thuracilin」の喉のすすぎは安全な処置とみなされます。しかし、一部の人々はニトロフルレールに対する過敏症を抱えている可能性があります。この場合、塩やソーダ溶液、過酸化水素水、 "Iodinol"などで喉をすすぐなど、別の治療オプションに頼らなければなりません。

準備

あなたの喉をすすぐ手順を開始する前に、必要があります:

  • "Furacilin"と水に基づいてすすぎ溶液を調製してください。
  • 以前は生理食塩水またはソーダ溶液で粘液および膿を除去した殺菌剤ですすぎ用の喉を準備します。この目的のために、生理食塩水を適用することができます。極端な場合には、喉の予備的なすすぎのために、精製された蒸留された非炭酸ミネラルウォーターおよび沸騰した水を使用することができる。

「Furatsilinomは」、多くの場合、残念ながら、すすぐための最終的な解決策を見つけることは稀うがいに使用するので、この目的のために、錠剤またはアルコール溶液のニトロフラゾンを砕いています。いくつかの薬局では、カプセルの形で薬を見つけることができます。溶液を調製するために、カプセルを開封し、内容物を水に注ぐ。

「フラライン」の生産形態:

  • 錠剤0.2g(ブリスター中10個)。
  • 発泡性錠剤「フララインアンベベクマ」10個中0.2g。パッケージ内にあります。
  • カプセル0.2g、ポリエチレン製の袋に10個のクリップを入れて詰めた。
  • 活性物質を70%アルコールに溶解したニトロフルアルアルコール溶液(10mlまたは40mlボトル(フラ酸))。
  • 活性物質濃度0.02%のニトロフタル(滅菌)水溶液。蒸留水または生理食塩水は溶媒として作用する。風袋を200mlから2リットルにする。

薬のどんな形であれ、あなたの喉をすすぐことができます。「フラーライン」錠剤を使用して消毒液を調製する場合は、熱水で粉砕または溶解し、ろ過してから喉をすすぐ必要があります。錠剤は完全に溶解する必要があります。なぜなら、ニトロフルールの結晶が粘膜を過剰乾燥させる可能性があります。これは薬物の適切な使用では起こりません。

うがいのためにさらに使いやすく"Thuracilin"は発泡性です。なぜならこれらの錠剤は温水にいつもより速くてよく溶解するからです。カプセルに薬物を使用することには困難はない。

咽喉をすすぐためのスピリチュアルな「フラウラリン」は、まれにしか使用されていません。アルコール溶液および錠剤またはカプセルの有効性は同じであるが、フルチリノボゴアルコールの消費はより多く、経済的ではない。それでも錠剤や既製の薬の水溶液を買う方法がなければ、そのアルコール溶液を使うことができます。

すべてが明白であるように見えますが、多くの読者は非常に関連性の高い質問があります。ふらつきが必要な錠剤はどれくらいありますか?最も一般的に使用される1つまたは2つの錠剤(20mgのニトロフルアを含有する通常、発泡性またはカプセル剤)。錠剤の数は、患者の年齢ではなく、喉の質的治療に必要な水の量によって決定される。したがって、成人および子供の場合、溶液の調製のための有効な単回投与量は20mg(2錠)である。

うがいのための解決策 "Furatsilina"作る前に、あなたは水を取る必要があるかを理解する必要があります。狭心症、口内炎、インフルエンザ及び上部呼吸器官に影響を与える他の感染症とうがいに使用される古典的な処方溶液「Furacilinum」によれば、1つの錠剤製剤を水100mlに溶解し、そして我々は、2つの薬を必要とするうがいハイグレードと品質するための手段とガラス(200ml)の水。医師は少なくとも1袋の消毒液を使用して喉をすすぐことを勧めます。

知らない人のために「Furatsilinom」を繁殖させる方法水をうがいのためには、これらの錠剤は、液体中に非常に難溶性で水が冷たいと熱い(約80〜100度)であることを思い出し、およびすることが知られています最高のすべての沸騰。通常の錠剤がよりよく溶解するためには、事前に粉砕し、次に熱湯に注ぎ、溶液を攪拌することが推奨される。薬物を溶解した後、溶解した活性物質の結晶が喉に入り込まないように、溶液をひずむ方が良い。

消毒液を調製したら、それを温かい状態に冷却しなければならない。喉をすすぐための薬液の推奨温度は36〜40度です。

沸騰した温水には、喉をすすぐためのアルコール溶液「Furatsilina」が飼育されています。同時に、1滴の水にフラシリンアルコール40滴を加える。

しかしそれだけではありません。創傷をすすぎ洗いするための「フラーライニン」溶液を最初に塗布する前に、薬物耐性試験を行うことが推奨される。このために、一滴の溶液を前腕の内側に置き、数分間放置する。皮膚に赤みやかゆみがない場合、体は薬をうまく許容し、うがい薬やその他の外部操作に完全に適しています。

うがい用水溶液「furatsilinaは、」通常の条件の下で長期保存が大幅にその有効性を低下させるので、一度に調理することをお勧めします。それにも関わらず、低温で密閉容器に光のアクセスせずにすぐに使用できる製剤には10日までに、いくつかの情報筋によると(長期間保存することができます。しかし、緊急時のための溶液を調製するの可否に自身が「furatsilinaをうがい練習する人を判断し"

時々または過酸化水素(3%溶液1大さじ。L.)(1時間の量。L.において、例えば、カモミールティー、キンセンカ又はユーカリのセージチンキ)溶液に「Furacilinum」注入とハーブの煎剤を加えることを示唆しています。狭心症とうがいにも使用される「Furacilinum」及びハーブ注入または過酸化水素の混合物は、消毒液の効率を向上させると考えられています。理由だけではなく、薬の結果の操作がない最も快適な味と香りになる場合でも、病気ができるだけ迅速に後退したことがありません。

連絡先

技術 うがいのためのフラ酸

他の防腐剤ですすぎ洗いするのと同じ方法で、 "フラシリン"溶液で喉をすすぐ。準備ができた暖かい溶液を口に注ぎ、頭を後ろに傾けて10〜15秒間喉をすすぎ、その後溶液をシンクに吐き出す。その後、ソリューションの新しい部分が口に取り込まれ、ソリューション全体が完了するまで上記のアクションが繰り返されます。

医師は、喉のすすぎのために一度に100〜200mlの水溶液の形で「フラシリン」を使用することを推奨する。一般に、治療の日には、500ml〜1lの溶液からなる。しかし、2〜5日後には低コスト(薬は予算薬のカテゴリに属しています)では、病気の症状が顕著に軽減されます。

問題は、「フラライン」で何回喉をすすいだのか、その抗菌作用の持続時間が5〜6時間であることを考えると、答えは明らかです。しかし、時間と同じように病気の初期の頃で、(原因飲む、食べること、およびその他の要因に)あまり有効な薬剤(すなわち、その急性期)は、喉をすすぐために少なくとも5-7回日またはすべての1をお勧めします5-2時間。

母親のための "フラシリン"

妊娠は、生まれていない赤ちゃんの安全が、愛する母親によって前向きに行われている、女性の生活の中での期間です。特に感染妊婦の任意の病気は、ほとんどの最悪は、治療を拒否し、それゆえ、胎児の発育や健康に影響を与えることができます - それもこのような理由のために生まれたり、病気に生まれたことがないかもしれない彼女の子供を、リスクを意味します。

一方、真菌感染、ウイルス感染および細菌感染の治療には、子宮の胎児にも害を及ぼす可能性がある薬物(抗生物質および他の薬物)の使用がしばしば必要とされる。そしてどのようになる?

もちろん、免疫系を強化し、感染が体内に入るのを防ぐことができます。しかし、これが起こるならば、可能な限り早急に治療を開始し、体の深部まで感染の広がりを許さないようにする必要があります。そして、将来の母親が抗菌効果を持つ外的手段、例えば呼吸器感染のために咽喉をすすぎ落とすために使用される「フュラシリン(Furacilin)」を助けるためにここに。

妊娠中のThuracilinの喉のうがいは、胎児にとって危険な抗生物質に頼らずに、その芽の中で病気を止めるのに役立ちます。薬物の活性物質は局所的に適用され、この使用では母乳を含む血液および他の液体に浸透しない。うがいのための "Furatsilin"は、妊娠だけでなく授乳にも使用できます。

正しい投薬量(水100ミリリットルあたり1錠)を遵守し、すすぎ手順中に溶液を飲み込まないようにしてください。

子供のためのフラジリン

子どもたちは未来のものです。つまり、成人は健全な成長を確保するためのあらゆる対策を講じなければなりません。しかし、免疫システムがそれほど完璧ではないため、子供たちは成人よりも呼吸器感染症の可能性が高くなります。しかし、すべての子供がこれらの病状で使用されるすべての薬物に適していないので、私たちの子供を治療することは大人の患者よりも困難です。

ここではまた、病気のために早急に相談するのに役立つ手段を探して、子供に害を及ぼさない手段を探すことは、両親にとって必要です。医師との協議の後、彼らは、敗血症治療剤で喉をすすぐことは、同じARIまたは咽喉の治療の最も効果的かつ安全な方法の1つであるという結論に至りました。確かに、 "フラシリン"と他の消毒剤の使用は限定されませんが、大部分の症例の疾患は合併症なしに起こります。

子供をすすぐための「フラライン」は、成人と同じ用量で使用されます。唯一の疑問は、子どもが独立してうがいをすることができるかどうかです。そうでない場合、赤ちゃんは、その後最初に水、塩溶液を使用して、ゲームとしてそれを正しく行うには教えるべきである、と子供がソリューションを嚥下することなく、手順を実行する方法を学ぶことであるときにのみ、あなたは「furatsilinaを」うがい開始することができます。幼児は必ず大人の監督下でこの手続きを受けなければならない。

独立した行動を教えるには時期尚早である、非常に幼い子供たちのうがいは行われません。この場合、首には汚れをすすぐことができます。シリンジ・シンクを使用して、赤ちゃんの頭の上にこのようにして調製し、標準的な「Furacilinum」うがい用溶液、及び屈曲溶液が自由に流下させること、喉および扁桃赤ちゃん洗浄しました。手術の最後には、子供の口に液体が残っていないことを確認してから、飲み込むことができるようにする必要があります。

手順の禁忌

手順「furatsilinaを」うがい用禁忌の中でいくつかのソースも原則的には、薬剤の局所適用は、腎臓の機能に影響を与えることはほとんどありません、にもかかわらず、自分の仕事と腎臓病や尿路障害に注意してください。もう1つのことは、薬物が経口投与される場合である。

この医薬品とこれを行う方法を知らない小さな子供たちですすぎないでください。この場合、彼らは注射器と "フラ酸"の溶液で喉を洗うことに頼っています。

処置後の結果

それ自体、 "フラチノリン"の溶液を使用して喉をすすぐ手順は、大人または子供のいずれにとっても危険ではありません。しかし、これは、手順への禁忌が考慮され、手順自体が正しく実行される場合に当てはまる。

例えば、うがい及び他の目的のための「Furatsilinom」を適用ニトロフラゾン人不耐性は、薬剤、口腔粘膜の刺激に対するアレルギー反応で遭遇することがあります。

何らかの理由で大人または子供が抗菌剤を飲み込んだ場合、しばらくすると悪心、めまい、食欲不振などの不快な症状が生じることがあります。これらの症状は健康に危険なものとはみなされず、すばやく合格する。

大量の薬液を飲み込むと、発熱、消化不良、上腹部の痛み、嘔吐に伴う吐き気、皮膚発疹など、過剰服用の症状が現れることがあります。

喉の洗浄の手続き後の人生の結果や合併症には危険があります。 "Furatsilinom"は観察されません。しかし、これは実験する理由ではない。用量を増やしても薬の有効性には影響しませんが、いくつかの不快な分や時間が加わることがあります。

処置後のケア

咽喉を塩またはソーダ溶液で洗浄した後、咽喉を防腐剤、この場合は「フラウラリン」ですすぎ洗いする。この手続きが結果なく行われ、患者が薬物不耐性または他の不快な症状の反応を示さなかった場合、数時間後に喉のうがいが繰り返される。

処置を有効にするためには、持ち歩いた後、少なくとも30分間食べ物と飲み物を食べることはお勧めしません。これは、できるだけ早く健康な人生に戻っていきたい人には守らなければならない唯一の要件です。

「フラーライニン」を服用した後に不快な症状がある場合は、医師に相談するまでこの手順を繰り返さないでください。

かなりの量の「フラシリン」溶液を飲み込んだ後に薬物過剰摂取の症状が現れるときは、救急処置として胃をすすぐ必要があります。病院で、過剰摂取を有する患者は、(薬物の迅速な排泄のための下剤として)等張液の形態で酔って、硫酸ナトリウムであり得るか、または静脈内に重度のアナフィラキシー反応を防止するためangiotenziamida溶液を投与します。

そして最も重要なことに、あなたの咽喉をすすぎ落とすために使用される「Furatsilin」を感染症の万能薬として服用しないでください。原則として、それは感染性および炎症性疾患の複合療法に使用され、著しい抗菌作用による回復を著しく加速し、身体の防御を強化する。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

炎症性眼疾患は、多くの人々が幼児期に遭遇する問題である。そして、これらの病気の性質が何であっても、ほとんどの場合、眼からの涙液分泌および化膿性の分泌物を伴います。
大人、子供、妊娠のためのうがいソーダレシピ
喉の塩をすすぎ落とすと、痛み、汗、乾燥、燃焼などの風邪の症状が効果的に除去されます。そのような溶液にソーダおよびヨウ素を加えると、この手順の抗炎症効果が高まる。
子供の声のかすれ:なぜ、何をすべきか?
医学用語では、「荒い声」と呼ばれる状態が、1つのタイプの発声障害の1つとして定義される。発声障害は、子供が話すときの質的変化ですが、赤ちゃんは鳴っていますが、音色、音量、声質の音スペクトルが変化します。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.