^

健康

You are here

オオムギの軟膏

大麦はまつ毛の化膿性炎症であると考えられており、これはブドウ球菌による90〜そのため、治療の前に何が炎症の形成に至ったのかを知る必要があります。今日まで、大麦は主に軟膏で治療されています。なぜなら、この病気と戦うのに最も効果的だと考えられている薬です。

適応症 オオムギ由来の軟膏

通常、オオムギを処理する場合、軟膏抗生物質が使用される。以下の症状が現れたときに使用することをお勧めします。

  1. まぶたが腫れて痛い。
  2. 世紀の赤みが現れます。
  3. 罹患した目は水に濡れ始める。
  4. 患者は目に異物を持っているように見えます。

原則として、初期の治療では、大麦はそれ自体で通過することができるので、軟膏は使用されない。これが起こらない場合は、特定の投薬を処方する眼科医に連絡する必要があります。

リリースフォーム

軟膏は大麦治療のためのより一般的な形態の医薬品と考えられている。これは、例えば、落ちるなど、広がっていないという事実によって説明することができる。彼らは様々な抗菌物質を含んでいます。軟膏は常に炎症の焦点に正確に作用するので、感染はより迅速に進行する。さらに、多くの患者は、滴を眼に注ぐよりも、眼瞼に軟膏を塗布するほうが容易であることを見出している。

オオムギの眼の軟膏の名前

今日のドラッグストアでは、大量の抗菌剤を見つけることができ、それは軟膏の形で発行され、眼の大麦の治療に使用することができます。それらの中で最も人気があります:

  1. テトラサイクリン軟膏。
  2. Phloxal軟膏。
  3. ビシュネフスキーの軟膏。
  4. ヒドロコルチゾン軟膏。
  5. レボメコール軟膏。
  6. イチチオール軟膏。
  7. オクソノババ軟膏。
  8. アシクロビル軟膏。
  9. エリスロマイシン軟膏。
  10. シンホマイシン軟膏。

次に、それぞれの機能と利点を別々に検討します。

テトラサイクリン軟膏

主に眼科で使用されている抗菌効果のある一般的な治療法です。その助けを借りて、大麦を含む様々な感染症や炎症性疾患を治療してください。

この薬物は、活性物質テトラサイクリンを含有する。また、薬剤に基づいて、ラノリンおよび石油ゼリーなどの追加成分がある。これらのおかげで、テトラサイクリンの治療効果はより長くなります。

軟膏は、下まぶたまたは上まぶたの後ろに置かれる(正確には、大麦がどこに位置するかに依存する)。炎症の兆候が治まるまで、1日3〜5回使用してください。

治療を受ける前に、薬剤を使用することの副作用を考慮に入れることができる専門家に相談することは非常に重要です。眼の真菌性およびウイルス性疾患を有する患者は、この薬物を使用するテトラサイクリン不耐容が禁止されている。また、妊婦、5歳未満の子供、母乳育児の母親に軟膏を塗布することは推奨されません。

テトラサイクリン軟膏の使用によるネガティブな症状はまれです。その中には

  1. 胃腸障害。
  2. アレルギー。
  3. 真菌感染症の状態の悪化。

テトラサイクリンはエナメル質や象牙質に沈着し、正常な歯の形成を妨げてしまうため、薬物の保存条件をすべて遵守し、子供の歯が生えている間は使用しないことが非常に重要です。

軟膏軟膏

細菌病因の様々な眼疾患を治療するために使用される薬物。軟膏や点眼剤の形で製造されています。この薬物は、ロキサシンの活性物質を含有する。また、基本的には、羊毛脂、流動パラフィン、白色ペトロラタムなどの追加成分がある。殺菌作用と抗菌作用が異なります。

軟膏軟膏は、大麦、眼瞼炎、涙嚢炎、結膜炎、クラミジア眼疾患、角膜炎の治療に使用される。

軟膏は、下まぶたまたは下まぶたの下に小さな薄い帯が付いています。24時間で2〜3回服用する。治療期間は疾患と重症度によって異なりますが、2週間以上は使用できません。より効果的な治療のために、軟膏をPhloxal滴と組み合わせることが可能である。

薬剤を服用していないオロキサシン耐性患者は禁じられています。妊娠中や授乳中の治療には使用しないでください。薬を使用すると、充血、アレルギー、目の不快感、灼熱感、ドライアイ、光の恐怖、めまい、涙などの症状があらわれることがあります。

ヴィシュネフスキーの軟膏

おそらく、多くの病気に役立つ最も一般的な治療法です。構図Wisniewskiの軟膏かなりシンプルですが、自然さ、安全性と有効性を異なりますxeroform粉末(微生物と戦う効果的な防腐剤)、タール、白樺(増加による血液循環には、組織の栄養を改善し)、ヒマシ油は、(他のすべての物質の軟膏のパフォーマンスが向上します)。

大抵、ビシュネフスキーの軟膏は、大麦を治療するために使用され、感染症や炎症を効果的に治療します。適用は、不快な大麦の症状がなくなるまで、1日に数回個々の投与量で行う。それをとるための薬物の成分の少なくとも1つに不耐性の患者は禁じられています。

ヒドロコルチゾン軟膏

活性物質ヒドロコルチゾンを含むコルチコステロイド。それは、抗炎症性、免疫抑制性、抗増殖性および抗アレルギー性の効果が異なる。

投与量は、患者の状態、可能性のある副作用および重症度に依存するため、個々である。治療期間は専門医が決定します。24時間以内に2〜3回を超えて適用しないでください。

ウイルス性および真菌性眼疾患、トラコーマ、結核病変、眼の上皮のハイドロコルチゾン軟膏の使用は禁止されています。妊娠中の女性や授乳中の乳児の治療にはお勧めできません。

低カルシウム血症、高ナトリウム血症、脱力感や疲労、肥満、無月経、妄想、うつ、嘔吐、視力の低下、創傷治癒不良、斑状出血、アレルギー、痛み、leucocyturia、かゆみや灼熱:軟膏を適用する場合は、次の症状の発現かもしれません。

レボメコール軟膏

この薬は、眼科で使用される複雑なツールです。薬剤には、以下の活性物質が含まれる:メチルウラシルおよびクロラムフェニコール。軟膏は、大麦および他の感染症の治療だけでなく、様々な程度の火傷のためにも積極的に使用されている。

下瞼または上瞼の下に少量ずつ(炎症を起こしたピントの場所に応じて)毎日塗ります。クロラムフェニコールまたはメチルウラシルに対する耐性のない患者は、この薬剤を使用すべきではない。軟膏は、ラクティアまたは妊娠中に使用することができますが、適用前に、専門家に相談する必要があります。

まれなケースでは、レボメコール軟膏の使用はアレルギー反応につながる可能性があります。

イチチオール軟膏

局所使用のための消毒剤。それは顕著な鎮痛、消毒および抗炎症効果を有する。この薬物は、活性物質イチチオールを含有する。

薬を使用すると、関節の痛み、火傷、傷、湿疹、大麦の治療に推奨されます。病変に細い線をかける(下まぶたまたは上まぶた)、こすらないでください。薬を使用した後、必ず手をよく洗ってください。投薬量は個人であり、眼科医によって決定される。原則として、24時間で2〜3回適用されます。

12歳未満の患者、およびイチチオールに対する不耐性の患者は、この薬剤を使用すべきではない。ときには、患者は薬の成分にアレルギー反応(発疹、燃焼、充血)を起こすことがあります。この場合、治療を中止すべきである。

オクソノバヤ軟膏

眼に大麦を含む風邪を防ぐために、秋と冬に頻繁に使用される抗ウイルス剤。原則として、OKソニババ軟膏0.25%が眼科で使用されている。この薬物は、活性物質であるオキソリンを含有する。

大麦と結膜炎を治療するために、まぶた下の薬剤の薄い帯(上または下)を重ねる。アレルギー反応が頻発し、薬剤の成分に不耐性を示して軟膏を使用する患者は禁じられています。妊娠時には非常に慎重に使用してください。

発疹、発赤、蕁麻疹、刺激など、さまざまなアレルギー反応を起こすことがあります。

アシクロビル軟膏

局所的に使用される抗ウイルス薬。有効成分はアシクロビルである。また、ニパギン、lipocomp「C」、ニードース、ポリエチレンオキシド400、精製水などの追加成分がある。

下まぶたや下まぶたの下に細い線を1日に5回塗ります。この場合、アプリケーション間の間隔は少なくとも4時間にする必要があります。治療は、疾患の重症度に応じて、5〜8日間持続する。

アシクロビルまたはそれを使用するための軟膏の他の成分に対する不耐性の患者は禁止されています。妊娠中の女性や2歳未満の子供の治療にはお勧めできません。

まれに、薬物の投与後、次のような症状が現れることがあります:皮膚のかゆみ、かゆみ、赤み、腫れ、腫脹。

エリスロマイシン軟膏

抗菌および抗炎症効果が異なる眼科における医薬製剤。軟膏の組成物中には、マクロライド系抗生物質エリスロマイシンの群からの活性物質がある。また、その中には、ペトロラタム、ラノリン、二硫化ナトリウムなどの追加成分がある。

この薬は、1日3回下まぶたの下に置かれます(場合によっては、24時間以内に5回まで適用することも可能です)。治療期間は、患者の状態に応じて主治医によって設定される。しかし、それは14日を超えてはならない。

肝機能障害およびエリスロマイシン不耐性を有する患者は、軟膏を使用すべきではない。まれに、患者は薬物成分にアレルギーを発症する。

シンホマイシン軟膏

大麦を含む多くの病気を治療するために使用される抗生物質。それは効果的な抗炎症効果を有する。軟膏活性物質クロラムフェニコールの組成において。

投与量および治療期間は、患者の状態に応じて医師によって決定される。薬物の部品にアレルギーのクロラムフェニコールへの不寛容、弾圧出血、乾癬や湿疹、と人々は軟膏を使用しないことに留意すべきです。妊娠中、授乳中、1歳での使用も禁止されています。

フィードバックによると、経験するかもしれない患者でsintomitsinovoy軟膏を使用しながら:白血球減少、血小板減少、貧血、無顆粒球症、二次真菌感染症、アレルギー、発疹、崩壊、皮膚に局所的な刺激を。

子供の大麦の軟膏

眼に入った大麦は痛い病気です。あなたの子供の大麦の最初の症状に気づいた場合は、すぐに将来の治療のために薬剤の選択を決定しなければなりません。

子供の大麦治療によく使用される最も有名な抗菌性軟膏は、エリスロマイシンです。場合によっては、テトラサイクリン軟膏にも役立ちます。しかし、最後の手段は、眼科医に相談した後にのみ、子供を治療するために使用できることを理解する価値があります。準備をする前に、指示を注意深くお読みください。一般的には、1日2回または3回、まぶたの下に軟膏を置く。

薬力学

大麦からの軟膏の薬力学および薬物動態を、人気のある薬物「テトラサイクリン軟膏」の例を用いて考察する。

テトラサイクリンは、作用の広いスペクトルを有する既知の静菌性抗生物質である(肺炎連鎖球菌(Streptococcus pneumoniae)、リステリア属、インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)、クレブシエラ属、百日咳菌、赤痢菌属、クラミジア属、トレポネーマ属。)。皮膚や粘膜に接触した後、リボソーム及びトランスファーRNA病原体との間の関係を混乱させる開始します。これはタンパク質の合成に違反し、細菌の死を招く。

薬物動態

薬物動態効果は調査されなかった。

妊娠中に使用する オオムギ由来の軟膏

大麦は免疫力の低下した人に出現することが多いので、この病気は妊婦に人気があります。大麦は通常、発症から5〜7日後に消えます。しかし、改善が見られない場合には、入手可能な抗菌薬を軟膏の形で使用する必要がある。妊娠中は、まず副作用を避けるために医師に相談する必要があります。さまざまな医薬品を無制限に使用すると、子供に危害を加える可能性があることに注意してください。妊娠中に最も人気があるのはレボマイセチン軟膏です。

禁忌

  1. 軟膏の一部である活性物質の不耐性。
  2. 頻繁なアレルギー反応。
  3. 目のウイルス性または真菌性疾患。

副作用 オオムギ由来の軟膏

  1. 刺激、発疹、発赤、かゆみ、燃焼。
  2. 貧血。
  3. 白血球減少症。
  4. 無顆粒球症。

投薬および投与

  1. あなたの目を調べた後、眼科医が処方した軟膏だけが最も効果的です。
  2. 正しく使用するには、常に慎重に指示を読んでください。
  3. 治療中はコンタクトレンズを使用することは禁じられています。
  4. まぶたの下に軟膏を塗る前に、手をよく洗ってください。薬物を使用した後も同じ手順を繰り返す必要があります。
  5. 治療中は、化粧品(シャドー、マスカラ)を使用することはできません。
  6. 軟膏は濃い一貫性を持っているので、30分または1時間ビジョンを適用した後に少し悪化する可能性があります。
  7. オオムギの軟膏を適用する最適な頻度は、24時間で2〜3回である。
  8. 追加の点眼剤を使用する場合は、軟膏の塗布と液滴の塗布の間に少なくとも30分は経過しなければなりません。
  9. 大麦の軟膏を2週間以上使用しないでください。

保管条件

小児から保護された場所に、大麦に対する軟膏を含むあらゆる薬剤を保管することが非常に重要です。直射日光の当たる場所に置かないでください。

賞味期限

原則として、軟膏は2〜3年間保存されます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "オオムギの軟膏" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.