^

健康

A
A
A

狂犬病(疎水性) - 予防

 
、医療編集者
最後に見直したもの: 25.06.2018
 
Fact-checked
х

すべてのiLiveコンテンツは、可能な限り事実上の正確さを保証するために医学的にレビューまたは事実確認されています。

厳格な調達ガイドラインがあり、評判の良いメディアサイト、学術研究機関、そして可能であれば医学的に査読された研究のみにリンクしています。 かっこ内の数字([1]、[2]など)は、これらの研究へのクリック可能なリンクです。

当社のコンテンツのいずれかが不正確、期限切れ、またはその他の疑問があると思われる場合は、それを選択してCtrl + Enterキーを押してください。

狂犬病に対する予防接種は、予防的かつ予防的に行うことができます。仕事感染のリスクに関連して免疫した人に予防から(獣医師、林業、ハンター、sobakolovy、屠殺場の従業員、taxidermists、ストリート狂犬病ウイルスを扱う研究室のスタッフ)。一次免疫には、それぞれ1mlの3回の注射(0日目、7日目および30日目)が含まれる。1回目の再接種は1年後に行われ、1回の注射で1mlの用量で行われる。次回の再接種は3年毎に1回、1mlの用量で1回注射する。禁忌を考慮して予防接種を実施する。

治療と予防接種は、狂犬病または不明動物の疑いのある狂犬病患者の接触および咬傷によって行われ、この場合禁忌はない。妊娠と乳児期は、治療的および予防的予防接種を拒否した理由ではありません。

狂犬病の曝露後の予防には、創傷治療、および抗イムノグロブリンと組み合わせた抗アラビコカスワクチンの導入が含まれる。同時に、破傷風予防は既存のスキームに従って実施される。

動物の咬傷の影響を受けた者には、直ちに、またはできるだけ早く咬合させるべきである。傷、傷、擦り傷又はなめを石鹸や洗剤を流水で十分に洗浄しプレイス、70°アルコールまたは5%ヨウ素溶液で処理した創傷の縁は、無菌包帯を適用しました。最初の3日間の創傷の縁は切断されず、縫製されていません。縫合糸の適用は、専ら以下の場合に示される:大規模な創傷の場合、創傷の前治療後にいくつかの先導的な皮膚縫合が適用されるべき場合; 外部出血を止める(出血血管を縫合する必要がある)。化粧品の適応症(顔の傷への皮膚縫合の適用)。局所治療後、創傷はすぐに治療を開始し、予防的な予防接種を行い、被害者を外傷センターに送る。緊急破傷風予防は、既存のスキームに従って実施される。

現在、狂犬病ワクチンおよび狂犬病免疫グロブリンは、狂犬病のワクチン - 血清予防に使用されている。高い反応原性を有する以前に使用された脳ワクチンの代わりに、培養物が使用される。現在、最も広く使用されている抗カルビラル濃縮精製精製不活性化乾燥ワクチン(COCAV)。培養ワクチンは、単一の場合のみ、局所的および一般的な性質の反応を引き起こす。異種(馬)、または相同(ヒト)狂犬病ウイルス中和-厳しい複数の咬傷危険なローカライズでは、ワクチンと一緒に狂犬病免疫グロブリンを投与されています。抗生物質免疫グロブリンは、受動免疫を作り出すために、咬合後の最初の数時間(3日以内)に投与しなければならない。典型的には、アナフィラキシー反応を予防するために投与されたときに特定のルール(アレクサンドル・ベスレッドカの導入)を遵守しなければならないようにするために、免疫された動物(ウマ、ラバ、羊など)を使用し、抗狂犬病血清免疫グロブリンの実施において使用される調製のため。狂犬病免疫グロブリンの投与量は、相同免疫グロブリンを投与された場合、異種および20 IU / kgの投与40 IU / kgでの計算から決定されます。免疫グロブリンを投与するための適切な用量を決定するために、被害者は、重量40(20)MEを乗じ及び(ラベルに記載)MEで測定した免疫グロブリン活性によりその数を分割しなければなりません。免疫グロブリンの計算された用量は、創傷の周囲および創傷の深部に浸潤する。傷の解剖学的位置は、あなたが傷の周りのすべての投与量を入力することはできません場合は、免疫グロブリンの残りの部分は他の場所で筋肉内に注射されます。抗狂犬病免疫グロブリンは、狂犬病ワクチンの導入後には使用されない。COCAVを0,3,7,14で三角筋(小児 - 大腿筋の筋肉)に1mlの用量で6回注射する。30日と90日。

trusted-source[1], [2], [3], [4], [5], [6], [7], [8], [9], [10], [11], [12], [13]

狂犬病に対する予防的予防接種の適応症の決定

咬傷に苦しんでいる人を調べるときは、いずれの場合も、狂犬病の曝露後予防の問題を解決する必要があります。その人を攻撃した動物を捕まえるためにあらゆる努力をする必要があります。破壊は、すべての野生動物のために必要な人を刺され、家畜のさ - 、病気のワクチン接種を受けていない、ロービング、異常行動や狂犬病の他の徴候を持っている人にいわれのない攻撃を犯しました。動物の頭部は、狂犬病ウイルスの抗原を決定するために、脳の免疫蛍光染色のための専門実験室に検査のために直ちに送られる。結果が否定的である場合、動物の唾液は薬剤を含有することができず、それを防止する必要はない。捕えられない野生動物に人が噛まれた場合、能動免疫と受動免疫の両方が同時に行われる。狂犬病が家畜に共通しない地域では、明らかに健康な犬と猫が隔離され、10日間観察されます。病気の症状が現れたり行動が変化したりすると、動物は破壊され、その頭部は狂犬病ウイルスの抗原に対する脳の免疫蛍光染色のための特殊実験室に送られます。動物が10日間病気にならなかった場合、その咬傷の時点で、その唾液は狂犬病ウイルスを含むことができなかった。この場合、開始された予防接種は停止される(患者はワクチンの3回の注射を受ける時間がある - 咬合の0,3および7日後)。狂犬病が犬の間で共通する地域では、特に重度の咬傷の場合には、動物の脳の即時研究が正当化される。COCAVおよび抗狂犬病免疫グロブリンの治療的および予防的ワクチン接種のスキームは、これらの薬物への指示書に記載されている。せいぜい1歳、投与3回のワクチン0番目あたり1ミリリットルの注射、第三、第七日には存在しなかったの処置および予防的または防止ワクチン接種の閉鎖の前にフルコースを受けた者。1年以上経過している場合、または不完全な予防接種が行われている場合、0,3,7,14,30および90日目に1mlの用量でワクチンを投与する。適応症によれば、抗狂犬病免疫グロブリンと組み合わせたワクチンが使用されている。

グルココルチコイドと免疫抑制剤はワクチン療法の失敗につながる可能性があるので、これらの薬剤を服用することに対するバックグラウンドに対する予防接種の場合、ウイルス中和抗体のレベルを決定する必要があります。ウイルス中和抗体がない場合、さらなる治療コースが必要である。

ワクチン接種者は、予防接種中および卒業後6ヶ月間にアルコールを飲むことはできません。過労、低体温、過熱も避けるべきです。

COCAWおよび抗狂犬病免疫グロブリン(抗狂犬病免疫グロブリン)の治療的および予防的ワクチン接種のスキームは、

ダメージカテゴリ

接触の性質

動物のデータ

治療

1

皮膚の損傷や脱臼はなく、直接接触していない

狂犬病患者

割り当てられていない

2

または無傷の皮膚、擦り傷、単一刺されや傷(頭、顔、首。ブラシ、指やつま先、性器を除く)トランク、上下肢の表面になめは、国内および農場の動物を与えました

動物を監視して10日間健康であれば、治療は停止される(すなわち、3回目の注射後)。他のすべての場合において、動物を観察することが不可能な場合(死亡、死亡、逃亡、消失等)。このスキームに従って治療を継続する

直ちに治療を開始する:0,0,3,7,14,30および90日目に1mlずつCOCAA

3

粘液膜、頭の噛み傷、顔。首、手、指、手および足。性器、複数の噛み付き、および深刻な単一の噛み傷がある。野生の肉食動物、コウモリ、げっ歯類によって引き起こされるあらゆる犯罪と被害

動物を観察することが可能であり、10日間健康である場合、治療は停止される(すなわち、3回目の注射後)。他の全ての場合において、動物を観察することが不可能な場合には、示されたスキームに従って処置を継続する

直ちに併用療法を開始する:0日目、3日目、7日目、14日目、30日目および90日目に、0日目+抗COCAA1mlの抗イムノグロブリン

投与量と予防接種のスケジュールは、子供と大人にとって同じです。狂犬病の治療は、犠牲者の救済処置に関係なく、狂犬病または未知の動物の疑いのある患者と接触してから数ヶ月後であっても処方される。

trusted-source[14], [15], [16], [17], [18], [19], [20]

知っておくことが重要です!

狂犬病の診断は、患者が保存された意識を伴い脳容積プロセスの徴候を伴わずに脳幹傷害の徴候を示す場合、大幅に単純化される。 もっと読む...

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.