^

健康

You are here

キモトリプシン

キモトリプシンは、注射溶液の製造に使用される凍結乾燥粉末である。薬は眼の処置に使用されます。

適応症 キモトリプシン

そのような場合に使用されます:

  • 網膜上の中心静脈における新鮮な血栓症(広範なタイプ)および炎症または損傷による硝子体の不透明性;
  • 前部ブドウ膜炎、虹彩炎、視神経カメラの前部における出血、外傷または手術後による目の周りの組織浮腫、および嚢内白内障抽出型で、
  • 気管支炎または気管炎、肺炎症または膿瘍および気管支喘息、過分泌を伴う;
  • 肺における手術による合併症の予防;
  • 褥瘡、火傷、または血栓性静脈炎のような化膿性のタイプの様々な創傷;
  • 洞様式の副鼻腔炎、骨髄炎、粘液滲出液を伴う腺管炎。

リリースフォーム

10mgのアンプルで製造された。パックの中に - 5または10アンプルのパウダー。

キモトリプシン結晶

キモトリプシン結晶は、潰瘍および創傷表面の治療に使用される酵素薬である。

薬力学

膵臓の大きな角質動物から抽出されるタンパク質分解酵素薬物。それはタンパク質分子内のペプチド間に存在する結合を分解するのに役立ち、芳香族アミノ酸の残存粒子の形成によって形成された結合以外に、それは抗炎症効果を有する。

生きた細胞の領域に影響を与えることなく、死んだ組織を溶解する。これは、薬剤中に特異的な抗酵素が存在するために達成することができる。

妊娠中に使用する キモトリプシン

授乳中の母親や妊婦にキモトリプシンを使用する情報はありません。

禁忌

禁忌の中でも、

  • 代償不全心臓活動;
  • 呼吸器機能不全の背景にある肺気腫;
  • 肝硬変、さらにはジストロフィー;
  • 感染性形態の肝炎、膵炎、ならびに出血性素因を含む。

出血があった空洞に溶液を注入すること、および既存の悪性組織の表面に形成された潰瘍にそれを適用することは禁じられている。

結核患者が活動的な状態で呼吸管を使用する場合は注意が必要です(必ず特定の薬剤と併用する必要があります)。

副作用 キモトリプシン

溶液を適用した後、副作用は、投与部位における充血および痛みの形態で生じ得、さらに、アレルギー、頻脈および一時的な温度上昇の徴候を生じ得る。

時折結膜に浮腫や刺激があります。吸入を行った後、ho声が発色することがあります。

投薬および投与

キモトリプシンの溶液の注射は、1日5〜10mgの量で必要とされる(小児の場合、1日1回2.5mgである)。使用前に、塩化ナトリウムまたはノボカインの溶液(0.5-2%、この溶液2mlを採る)に10mgの薬物を溶解し、次いで臀部領域の深部(外側上部象限)に注入する必要がある。コースは約6〜15回の注射です。

眼科では、静脈注射、浴(0.2%)または点眼剤(1日3〜4回1〜3日間)用の溶液(0.25%)中の特別な溶液のために、 。

肺科学において、溶液は10〜12日間の期間、5〜10mgの量で筋肉内に投与される。吸入するには、塩化ナトリウム溶液(3 ml)の中に10 mgの物質を溶解し、吸入器を使用して、気管内プローブまたは気管支鏡検査で注入する。処置の数は、処置がどれほど効果的であるか、そして病理の過程にも依存する。吸入後は、鼻を洗浄したり、温かい水で口腔をすすぐ必要があります。患者は、手術の直後に、蓄積された痰を咳止めする(または、穿刺が失敗した場合に吸引する)。

外科的処置では、溶液を投与する:

  • 筋肉内(耳炎、血栓性静脈炎、膿性副鼻腔炎、骨髄炎など);
  • 胸膜腔内(膿胸またはhemothoraxを伴う);
  • 疥癬の下で、細い針(圧痛または火傷)を有する注射器を使用する。
  • 局所的に - 溶液中で予め湿らせたタンポンを使用する(膿性創傷の除去)。

用量の大きさおよび処置の頻度は、薬学的適応症に依存する。

他の薬との相互作用

キモトリプシンは、気管支拡張剤および抗生物質と組み合わせることができる。

アレルギーを予防または排除するために薬を使用する場合は、抗ヒスタミン剤と併用することができます。

保管条件

キモトリプシンは日光から閉鎖された場所に保存する必要があります。温度限界は0〜10℃である。

賞味期限

キモトリプシンは、医薬品の製造後3年以内に使用することができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.