^

健康

You are here

ファラザジン

Pharmazolineは鼻の血管の狭窄に寄与します - それは鼻粘膜の腫れ、そして鼻が閉塞されたときに鼻からの呼吸を改善する副鼻腔をも減少させます。

適応症 ファラザジン

Farmazolinは鼻から呼吸の問題を伴う急性型、喉頭炎、花粉症および副鼻腔炎ではアレルギー性鼻炎の原点に罹患している患者の症状の治療のための薬剤として使用されます。薬剤はまた、浮腫鼻咽頭粘膜、中耳の炎症の場合に使用され、加えて、鼻腔に外科的または診断的処置中浮腫に対する予防剤として。LSは、鼻咽頭粘膜の腫脹または充血の急性症状および異なる起源の鼻を排除するために使用される。

リリースフォーム

点鼻薬の形で生産されています。パッケージには、ポリエチレンボトル(印刷の制御が可能)を10mlの容量で使用できます。

薬力学

ファーマゾリンは、非選択的なαアドレナリン作動薬であり、粘膜に位置する血管の局所狭窄を促進し、また炎症プロセスの強度を低下させる。粘膜への薬物の適用は、抗浮腫効果を有し、その結果、静脈洞における血液循環が減少し、鼻の呼吸が促進されるように、体液および充血の分泌を減少させる。

薬物動態

薬は基本的に粘膜を介して吸収された局所的効果を有する。活性物質の効果は5〜10分後に始まります。一般に、ファーマゾリンの作用の持続時間は約5-6時間である。

妊娠中に使用する ファラザジン

薬は血管収縮特性を有するので、子供を抱く過程で使用すべきではない。

禁忌

受信用禁忌の間で:タイプ閉鎖緑内障、高血圧、萎縮性鼻炎の形態、甲状腺中毒症、動悸、PMがアテローム性動脈硬化症を発現した成分に過敏症。

副作用 ファラザジン

乾燥、灼熱感、ヒリヒリ感や鼻腔内:副反応があるかもしれません。膨張した濃度での長時間または頻繁に使用Farmazolina鼻粘膜(主として、長期使用)と出現骨吸収抑制効果(嘔吐、頭痛の発生、急激な血圧上昇、心拍の正常なリズムを混乱させる、めまい、睡眠の損失、過渡視覚障害)の浮腫につながることができます。高用量での薬物の長期間の使用は、うつ病を引き起こす可能性があります。

投薬および投与

12歳以上の子供および成人には、1〜3滴の用量があります。両方の鼻孔に0.05%または0.1%の溶液を1日1〜3回投与する。6-12歳の子供:2-3滴、子供6ヶ月/ 5年:1-2滴。薬物0,05~1~3摩擦/日。両方の濃度(0.05%または0.1%)の薬物の治療経過は3〜5日間持続する。6ヵ月までの乳児は1滴を落とすことができます。両方の鼻孔に0.05%の溶液を6〜8時間おきに投与するが、医師の絶え間ない監督の下でのみ行う。

過剰摂取

鼻で乾燥、頻繁に頭痛、うつ病の感情だけでなく、吐き気、血圧の急激な増加、一過性視覚障害など - 服薬不必要に過度の集中を頻繁に使用すると、過剰摂取の兆候の出現を引き起こす可能性があります。

この場合、治療をキャンセルし、拮抗薬(アルファ遮断薬(トロパフェンやフェノラミンなど)や交感神経遮断薬など)を使用する必要があります。また、対症療法を適用する必要があります。

誤って薬を服用した場合、上記の処置に加えて、胃洗浄の手順を実行し、腸溶性剤および下剤を使用する必要があります。

他の薬との相互作用

ファーマゾリンは、吸収特性の存在下でのみ他の薬物と相互作用することができる。医薬品 - 他のグループからの副腎擬似薬は、ファーマゾリンの有効性を高め、アドレナリン性薬による交感神経遮断薬、ならびにカルシウム拮抗薬は、逆にそれを減らす。この薬剤はまた、三環系およびモノアミンオキシダーゼ阻害剤の心血管系に対する高血圧効果を増加させる。

保管条件

太陽から閉じて子供に近づく場所に薬を保管してください。温度条件は、±8~15内に維持されなければならない S.

賞味期限

従来のポリエチレンボトルの中のファーマゾリンは、3年間保存することができます。印刷を制御するバイアルでは、1年間保管することができます。印刷されたボトルは28日間使用することができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "ファラザジン" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.