^

健康

You are here

ファーマテックス

精子の細胞膜を損傷し、受精能を奪う非ホルモン性局所避妊薬であり、さらには消毒性を有する。薬剤の有効成分は塩化ベンザルコニウムである。

適応症 薬局

閉経の開始前に、後半の妊娠可能年齢で、流産、不規則な性生活、産後の期間中、授乳中:薬剤が不可能の場合に望まない妊娠からの保護のために推奨されるか、そうでない場合は避妊のより効果的な手段の使用のされています。

ヘリックス、コンドーム、子宮頚部キャップ、隔膜、ホルモン避妊薬と、その受信の違反の場合を含む:より効果的な予防および性交中の感染リスクの低減のための他の避妊薬と組み合わせて使用することがFarmateks。

リリースフォーム

膣内投与のための避妊薬は、以下の形態で利用可能である:

  • 錠剤(12個) - 有効成分20mg;
  • 坐剤(10個)およびカプセル(6個) - 18.9mg;
  • タンポン(2個) - それぞれ60mg。
  • アプリケータ・ドーザー付きチューブに72g(30個のアプリケーションで計算) 

薬力学

避妊薬の有効成分(塩化ベンザルコニウム)は精子の細胞膜を損傷させることにより殺精子効果を有し、精子の卵子の受精を妨げる。活性成分との接触による精子の死滅は20秒以内に起こる。避妊薬のいずれかの単位(タンポンを除く)またはクリームの1回の注射は、精液の中和を含み、平均して1つの射精に含まれる。繰り返される性行為のたびに、避妊薬を追加投与する必要があります。

さらに、実験室での試験の間、淋菌、クラミジア、トリコモナス、生殖器ヘルペスウイルスおよび黄色ブドウ球菌は、塩化クロライドに対して感受性であった。それに抵抗性マイコプラズマ、酵母真菌カンジダ、ガーデナレール、淡いtreponemaに関連して活性物質の重要な活動。

イン・ビボでは、Pharmatexの抗菌活性はわずかに低下しますが、同時にコンドームと併用すると、性交中に感染する機会はほとんどありません。

避妊薬は膣の生存と月経周期の持続に影響しません。 

薬物動態

有効成分は膣上皮に吸収されず、清潔な水および膣からの生理的排泄物で洗い流される。

妊娠中に使用する 薬局

妊娠初期に局所避妊薬を使用した臨床試験では、その催奇形性は明らかにされていないため、Pharmatexの使用は適切ではありません。

授乳期間中は、この薬剤で避妊薬を使用することができます。なぜなら、ごく少量の有効成分が母乳中に浸透する可能性があるからです。

禁忌

任意の起源の粘膜外陰部、膣、子宮頸部および外陰部(傷、骨折、亀裂、潰瘍)の完全性を損なう、コンポーネントを避妊に対する感作。

医薬品や植物製剤を使用して局所治療を行う場合、有効成分の殺精子活性を低下させることができるため、Pharmatexで保護することは推奨されません。      

副作用 薬局

身体に全身的な行動が起こらないので、望ましくない影響の可能性はごくわずかです。可能な局所アレルギー反応(かゆみ、刺激)。 

投薬および投与

精子への暴露後、投与された薬物の用量(タンポンを除く)はその活性を失うので、2回目の性交前に新しい用量を導入しなければならないことに留意すべきである。

以前はきれいな水に漬け込まれた膣に錠剤を置く。膣に挿入された錠剤形態の薬物は、投与の瞬間から物質の作用の開始が最低10分を経過しなければならないまで、3時間の避妊に適している。

坐剤は、きれいな手で殻から取り除かれ、好ましくは仰臥位で膣に挿入される。キャンドルを膣に挿入した状態での調製は、投与の瞬間から物質の作用の開始が最低5分間を経過しなければならないまで、4時間の避妊に適している。

膣内投与されたカプセルは10分後に作用し始め、活動期間は4時間続く。

ディスペンサーアプリケーターによって導入されたクリームは即座に作用し、その殺菌効果は最大10時間持続する。クリームの膣内投与のための最良の姿勢は、背中に横たわっている。
シェルから取り除かれた綿棒は、清潔な指で膣内に深く(子宮頸部と接触する前に)置かれます。この形態の殺精子効果は、即時であり、3回の性交に十分であり、1日持続する。この期間の後、タンポンを取り外す必要があります(このための身体の好ましい位置はつまずくです)。水(浴、プール、屋外池)に浸漬すると、タンポンの殺精子活性が低下する。 

過剰摂取

Pharmatexの投与量を超える症例は不明である。

他の薬との相互作用

膣内使用のための他の薬剤と治療中の薬物の形態のいずれかを使用して、特に、減少または消失避妊効果をもたらし得る - 殺精子塩化ベンザルコニウムの特性に対するヨウ素の有害な効果の解決策を。

Pharmatexを導入した後は、外部生殖器を洗浄する際に石鹸を使用しないでください。これは薬物の有効成分に破壊的な影響を与えるためです。

保管条件

25℃までの温度範囲に従ってください。子供から遠ざけてください。

賞味期限

坐剤とクリーム、3つ以上のカプセル剤と錠剤は3年以下である。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。
You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.