^

健康

閉経と不眠症のための手段

閉経を伴う不眠症は、かなり頻繁で不快な症状です。これは、一般に、女性の体内のエストロゲンの量が不十分であるために起こります。そういうわけで、この場合の不眠症の治療の医師は、ホルモン補充療法または植物エストロゲンを含む植物製剤をしばしば使用するのです。

今日まで、閉経中に不眠症を治療するための最も一般的で効果的なツールは、赤いクローバーの抽出物に基づくKleverolである。

これは、ホルモン剤に対する安全な代替薬と考えられています。この薬のおかげで、あなたは迅速かつ閉経の主な症状、特に不眠症を排除するために多くのトラブルなしにすることができます。その組成物には、イソフラボンと呼ばれる植物性エストロゲンが存在する。彼らの助けを借りて、不眠症だけでなく、ホットフラッシュ、高熱、頭痛、めまいは排除されます。非常に重要な特性は、イソフラボンが悪性腫瘍の発症を予防するという事実である。

適応症 閉経時の不眠症の手段

Cleverolは、更年期前および閉経期に発生する精神的および自律的障害を治療するためによく使用されます。この治療は、まばゆい、不眠症、眠気、発汗の増加、疲労、うつを軽減する。

リリースフォーム

閉経と不眠症のための代替手段

閉経における不眠症の一般的な代替レシピの中で、以下のことを強調する必要があります:

  1. 薬用カモミールを含むお茶は、神経を落ち着かせ、緊張を和らげ、その状態を改善するのに役立ちます。このお茶はいつものように醸造されています。これは、蜂蜜、暖かい牛乳、シナモンを追加することができます。
  2. ジンジャーやフェンネルのチンキを作る - 不眠症に対処するだけでなく、腸の機能を改善するのに役立ちます。準備のためには、すべての成分を1杯分摂取し、沸騰した水を半分にする必要があります。約1時間主張する。睡眠1時間前に大さじ1杯を飲む。
  3. 閉経時には優れた治療法はバナナのアーモンドです - バナナには筋肉の興奮性を低下させるマグネシウムがあり、アーモンドはホルモンの背景を正常化させます。夜はこれらの製品のサラダを作ることができますが、砂糖や酸っぱい乳製品を加えることはお勧めしません。
  4. ホップとサンザシのコーンの煎じ薬 - サンザシとホップの大さじを取る必要があります、熱湯を注ぐ。午前中には最高の状態にしてください。夜になるまで汁がよく醸造されます。100mlのスープを小分けして飲む前に飲む。

薬力学

「クレヴェロール」という薬は、赤いクローバーに含まれる植物エストロゲンで構成されています。原則として、閉経前および閉経後および卵巣摘出後に使用される。イソフラボンは、視床下部に見出されるエストロゲン受容体に非常に類似している。これにより、LHの量を減らすことができる。

薬物動態

この薬物の薬物動態学的特徴は研究されていない。

禁忌

「クレヴォール」という薬の使用に対する唯一の禁忌は、その成分の不耐性です。この治療法にアレルギー反応があると思われる場合は、別の薬剤を処方することについて治療中の医師に警告する方が良いでしょう。妊娠中の女性や授乳中の乳児を治療するための薬剤の使用は禁じられています。

副作用 閉経時の不眠症の手段

一部の患者では、閉経後の不眠症から「クレベラ」を適用した後、次の不快な症状が現れることがあります:

  1. 急速な体重増加。
  2. 乳房の緊張の出現。
  3. 血液や粘液の形で膣から排出される。

これらの症状が現れたら、直ちに薬物の使用を中止する必要があります。

投薬および投与

肯定的な結果を得るには、24時間以内に1つまたは2つのカプセルを飲む必要があります。投与量は、患者の個々の状態に従って選択される。女性が閉経前に入った場合、専門家は閉経が起こるまで薬を1〜2年間使用することを勧めます。

保管条件

+25度以下の気温で、小児が近づけない場所に保管することをお勧めします。

賞味期限

閉経に伴う不眠症の資金の有効期間は、通常3年から5年です。この期間の終了後に薬を服用することは推奨されません。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

膣の粘膜の炎症は、必ずしも感染性であるとは限らない。生殖能力の絶滅の時期に、性ホルモン - エストロゲンの産生が減少し、生殖器の状態に影響を与える。 

女性は、出産機能の絶滅に関連して身体の生理学的な再構築を避けることはできません。つまり、閉経、その主な特徴は月経停止です。

閉経の徴候の1つは、皮膚の乾燥である。クライマックスでは、すべての女性がこの問題に直面しています。この病理とその治療の原因を考えてみましょう。

The latest research relating 閉経と不眠症のための手段

科学者たちは、特殊な脳受容体をブロックすることができる新薬の研究を完了する段階にあり、これは閉経期に女性に影響を及ぼす主要な症状を緩和するのに役立ちます。

統計によると、閉経のアプローチをしている女性は、多くの不快な症状だけでなく、性別への無関心からも苦しんでいます。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "閉経と不眠症のための手段" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.