^

健康

You are here

膀胱炎の治療フラダンス:どのように飲むために、何日飲む?

膀胱の炎症の治療に有効な薬剤はフラドニンです。膀胱炎では、細菌の再生を止め、回復を加速します。

膀胱炎は、女性の尿生殖器系の最も一般的な疾患の1つである。医療統計によると、症例の約80%が女性です。痛みを伴う状態は、膀胱の粘膜の炎症を引き起こす種々の病的原因から生じる。

治療は、以下の基準に従って分類される多くの要因に依存する:

  • エージェントの種類:細菌(クラミジア、ウレアプラズマ、淋病、ブドウ球菌、連鎖球菌など)および非細菌(毒性、医療、アレルゲン)。
  • 現在の性質:急性および慢性。
  • 体内の形態変化:潰瘍性、胆汁性、嚢胞性。
  • 病理の局在化:膀胱粘膜、粘膜下層、筋肉層。

泌尿器科医、腎臓科医、婦人科医など複数の専門医が同時に治療を行っています。適切に選択された治療レジメンでは、回復は7〜12日で起こる。ほとんどの場合、病原体の作用により病気が発症します。それらの破壊のために、抗菌薬および抗菌薬による特定の治療が行われる。

フラドニンは、ニトロフランの薬理学的グループからの抗菌剤である。各錠剤は、50 / 100mgの活性成分ニトロフラントインを含有する。活性成分は、細菌細胞における細胞膜の透過性およびタンパク質合成を破壊する。それは静菌作用および殺菌作用を有する。

この薬剤は、グラム陰性およびグラム陽性細菌に対して高い活性を示す。そのような病原体のための最も効果的な:ストレプトコッカス属、スタフィロコッカス属、サルモネラ・パラチフスA、チフス菌、サルモネラ菌パラチフスB、大腸菌(Escherichia coli)、エンテロバクター属、プロテウス属、シゲラ・ソンネ.... この薬は店頭にありますが、担当医師との同意が必要です。

フラストニンによる膀胱炎の迅速治療

膀胱炎は、女性と男性の両方が直面する不快な病気です。下腹部の不快感、痛みを伴う排尿、性器の灼熱感をあらわにします。炎症の進行が慢性化するにつれて、その初期の段階で疾患を治療する方が良い。

治療法の選択は、病気の原因(感染、低体温、真菌感染)に依存する。効果的な薬物を選択し、障害の原因を特定するために、尿分析が示される。

炎症が感染によって引き起こされる場合、抗菌剤および抗生物質が示される。フラドニンは、膀胱炎の迅速な治療のための最も有効な薬物の1つである。この薬は感染症に対抗するだけでなく、炎症過程をも止める。広範囲の抗菌作用を有する。これは副作用を引き起こす可能性があり、禁忌があるため、医療目的でのみ使用されます。

適応症 膀胱炎のフラドニン

フラドニンは、ニトロフランの薬理学的グループからの抗菌剤である。その使用の主な適応症は、薬物感受性微生物によって引き起こされる尿路の感染性疾患および炎症性疾患である:

  • 膀胱炎
  • ピエリット。
  • 尿毒症
  • 腎盂腎炎。

また、この薬剤は、泌尿器科手術、サイトスコープ検査、カテーテル検査の予防剤として使用される。

急性膀胱炎のフラドニン

大抵の場合、膀胱の炎症は急性の形態で進行する。不快な症状は、頻繁で痛みを伴う排尿、尿膿、血液、低悪性度の体温によって示される。

治療は包括的でなければならない。急性膀胱炎のフラドニンは、全身性抗炎症薬、利尿薬、抗菌薬で処方されています。この薬剤の作用は、病原性微生物の破壊および炎症の軽減を目的としている。他の薬物との相互作用は、短期間で安定した治療効果を提供する。治療の経過は平均5〜7日間です。

リリースフォーム

この薬剤は経口投与用であり、放出の2つの形態を有する:

  • 錠剤は、12,20,30,40および50個のパッケージの腸溶コーティングで覆われている。
  • 計量カップまたはスプーンでのサスペンション。

放出の形態の選択は、患者の年齢および計画された治療の期間に依存する。

フラジオニン膀胱炎の錠剤

膀胱の炎症の治療の義務的な要素は、医学療法である。病気が感染因子と関連している場合、膀胱炎のために抗菌剤および抗菌剤の錠剤が処方される。フラドニンは最新です。

この薬物は、広範囲の作用を有し、ニトロフランの群に含まれる。それは微生物の再生を停止し、それらを破壊する。尿路感染症に使用されます。

錠剤は腸溶コーティングで覆われているので、摂取後は消化管からよく吸収されます。活性物質は、胎盤を通り抜けて脳脊髄液と母乳に浸透するため、妊娠中や小児患者の使用に制限があります。

フラドンアベクシマ

Aveximaの完全なサイクルの製薬会社は、様々な活動スペクトルの医薬品、物質、医薬品の開発と生産に従事しています。この企業は、Furadonin Aveximaを含む30種類以上の既製医薬品名を製造しています。

抗菌剤は、尿路の感染症を治療するために使用されます。グラム陽性およびグラム陰性微生物に対する活性が存在する。それは消化管からよく吸収され、バイオアベイラビリティは約50%であり、血漿タンパク質への結合は60%である。肝臓や筋肉組織で代謝され、腎臓によって完全に排泄される。

  • 使用の兆候:尿路の細菌感染、泌尿器科の手術における感染症の予防および診断操作。
  • 投薬量と投与量:口から、多量の液体で。成人は100〜150mgを1日3〜4回投与する。小児のための用量は、5~8mg / kgであり、1日当たり4分割用量に分割される。最大単回用量は300mgであり、最大1日用量は600mgである。急性感染の治療期間は7-10日です。
  • 副作用:悪心、嘔吐、アレルギー反応、眠気の増加、めまいと頭痛、咳など。
  • 薬、慢性腎不全、肝硬変、急性ポルフィリン症、2-3度の心不全、3歳未満の年齢、妊娠及び授乳に過敏。
  • 過剰摂取:悪心および嘔吐、アレルギー反応。治療のためには、できるだけ早く薬物を除去するために大量の液体を採取することが推奨される。

フラドニンAveximaは非処方薬ですが、医療目的で使用する必要があります。

薬力学

抗菌性を有するニトロフラン群の薬剤。バクテリアにおける細胞膜の透過性とタンパク質合成を阻害する。それは静菌作用および殺菌作用を有する。

グラム陰性及びグラム陽性微生物、特にストレプトコッカス属、ブドウ球菌属に対して、サルモネラ・パラチフスA、チフス菌、サルモネラ菌パラチフスB、大腸菌(Escherichia coli)、エンテロバクター属、プロテウス属、シゲラ・ソンネ高活性。

活性物質 - ニトロフラントインは、ニトロフラン、尿防腐剤のグループに属する。尿中濃度が上昇し、特に尿路病変に有効です。

フラジドニンはどのくらい迅速に膀胱炎に役立ちますか?

Furadoninを膀胱炎に処方された多くの患者のレビューによると、治療効果は投与後3〜4時間で現れる。活性成分は、腸および他の器官に影響を及ぼすことなく排泄系にのみ作用する。このため、炎症過程および他の痛みを伴う症状が軽減される。

この薬剤は、広範な抗菌効果を有する。感染を完全に破壊するには、5〜7日間服用しなければなりません。錠剤を予防目的で使用する場合は、就寝時に1カプセルを3日間服用してください。

薬物動態

摂取後、ニトロフラントインは消化管に速やかに吸収されます。約50%の生物学的利用能、食物摂取はこの値を増加させる。血漿タンパク質への結合は60〜95%である。活性成分は肝臓で部分的に代謝される。薬剤は尿路に静菌作用および殺菌効果を有するので、約30%が尿中に変化しないまま排泄される。

組織および血液中の治療濃度は生じない。半減期は約60分です。尿中の高レベルのニトロフラントインは12時間持続する。薬物の成分は、胎盤および血液脳関門ならびに母乳に浸透する。

妊娠中に使用する 膀胱炎のフラドニン

ニトロフラン誘導体の使用は、妊娠初期の妊婦の治療には禁忌である。フラドニンは毒性の低い薬物を指すが、その活性物質は胎盤障壁を貫通し、胎児に毒性作用を及ぼすことがある。子宮内の突然変異および他の胎児発達障害にとって危険である。

この薬剤は、第2の妊娠から、非常に少量で、1日当たり0.1~0.5mg(3~4回)投与することができます。授乳中に医薬品を使用する場合は、有効成分が母乳中に浸透するため、授乳を中止する必要があります。抗菌剤の使用の妥当性に関する決定は、女性の期待される治療効果と子供のリスクを考慮して、主治医が行うべきである。

禁忌

フラドニンは、活性成分および他のニトロフランの個々の不耐性の場合には使用することができません。また、そのような場合には禁忌である。

  • 慢性腎不全。
  • II-III度の慢性心不全。
  • 肝硬変。
  • 慢性肝炎。
  • 急性ポルフィリン症。
  • グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼの不十分。
    肺線維症。
  • 腎盂腎炎。
  • Oliguria。
  • Anuria。
  • 慢性肝炎。
  • 神経炎および多発性神経障害。

妊娠中および授乳中の治療には使用されません。また、血液透析の患者および1カ月齢未満の子供のために禁止されています。

副作用 膀胱炎のフラドニン

投薬の勧告に従わないと、様々な有害反応が発生する危険があります。抗菌剤はこのような症状を引き起こす可能性があります:

  • 消化管:吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢。
  • 神経系:頭痛、めまい、眠気、頭蓋内圧の上昇。
  • 免疫系:過敏反応および自己免疫反応。
  • 呼吸器系:胸痛、息切れ、発熱。
  • 肝臓および胆道:胆汁うっ滞性黄疸、肝炎。
  • 皮膚および血管:充血、発疹、かゆみ、血管浮腫、唾液腺の炎症。
  • 造血系およびリンパ系:白血球減少、血小板減少、溶血性貧血。

ほとんどの場合、副作用は、投与量および治療期間が守られていない場合に発生する。上記の症状の出現は、医学的助言と一時的な錠剤の服用を拒否することを必要とする。

投薬および投与

この薬剤は食事中または食事後に大量の水で洗い流されます。投薬量は膀胱炎の経過の特徴に依存する。成人および12歳以上の患者には、以下の用量を推奨します:

  • 急性感染症:1日2回、100mgを1週間投与する。
  • 重度の慢性反復感染:100mgを1日3〜4回、7日間投与する。
  • 外科的介入および診断操作の間の感染の予防:処置の1日2回および3日後に100mg。

12歳未満の小児のための投薬量は、1日あたり5-8mg / kgで4回に分けて計算される。最大一回量 - 毎日300mg〜600mg。治療期間は、病状の重篤度に依存する。

膀胱炎でフラドンを正しく飲むには?

治療レジメンは、患者ごとに個別に選択される。使用説明書によると、フラドニンは1-2錠(100-150mg)を1日3-4回服用するべきです。治療期間は5-10日です。同時に早期治療が開始されると、治療効果が高くなる。多くの患者は、2〜3日間痛みを伴う状態の軽減を認めている。肯定的な結果にもかかわらず、この疾患は再発するかまたは慢性になる可能性があるので、治療を止めることは不可能である。

薬を適用するときは、抗菌治療のいくつかの特徴を考慮する必要があります:

  • 注意して、薬物は、腎機能障害を有する患者に処方される。活性物質の排泄の減少および尿中のその濃度の違反は、血漿中のニトロフラントインのレベルを増加させる可能性がある。体の中毒には危険です。
  • これは、貧血、内分泌疾患、電解質の不均衡、およびB群ビタミン、肺疾患、身体の一般的な疲労の患者の治療には注意が必要です。
  • 長期の治療では、特に高齢の患者では、肺の反応が悪化する危険性があるため、呼吸機能を監視する必要があります。
  • 長期の治療では、肝機能と血液画像を監視する必要があります。慢性肝炎および胆汁うっ滞性黄疸を発症するリスクがある。
  • 投薬は結腸の正常な微生物叢を混乱させるので、クロストリジウム・ディフィシルによって引き起こされる下痢を引き起こす可能性があります。
  • まれなケースでは、長期の治療は細菌耐性につながります。状態を正常化するには、薬物の服用をやめ、別の抗菌剤を服用してください。

フラドーニンは、メカニズムの操作や自動車の管理の際に、精神運動反応に影響を与えません。

フラジドニンは膀胱炎で何日かかるのですか?

抗菌剤が体に害を与えることなく最大の治癒効果を有するためには、正しい投薬量および治療期間を選択する必要がある。膀胱炎が無症状である場合、以下の治療レジメンが示される:

  • 12歳未満の子供 - 5-8 mg / kg /日。用量は4分割用量に分割される。
  • 12歳以上の患者 - 1日100〜100回2-3回。
  • 16歳以上の人は100 mgを1日4回7日間服用してください。

平均して、丸薬は5〜10日間飲酒される。その薬が予防目的で使用される場合、それは100mg以上の治療期間の単回用量であり得る。

フラドニンを使用する場合は、正しく取ることが重要です。錠剤は、食事中または食事の直後に消費される。カプセルは噛まれず、水で十分に洗われない。次の予約が欠落した場合、次の予約は投与量を変更することなく行われます。ほとんどの患者では、2〜3日の治療後に痛みを伴う状態の軽減が観察される。

膀胱炎の予防のためのフラドン

膀胱の感染性炎症の治療において、予防措置に特別の注意が払われる。膀胱炎の悪化を防ぐために、プラデモニンの維持投与を推奨します - 1日1回、好ましくは就寝時に50〜100 mg。

そのような治療の期間は、医師によって決定される。原則として、予防は3〜12ヶ月間続きます。薬物療法に加えて、個人衛生の基本的なルールに従うことと、控えめな食事に従うことが重要です。これにより、感染の再発リスクを大幅に軽減することができます。

膀胱炎の女性のフラドニン

膀胱の炎症は女性で最も頻繁に診断される。膀胱炎の有病率は、その解剖学的特徴によって説明される。女性の場合、尿路は男性よりも短く、尿道の開口部は肛門の近くにあり、尿道に細菌が入る。また、この疾患は女性の体内でのホルモンの変化と密接に関連している。

治療のために、抗炎症、抗菌薬および他の薬物を使用する。炎症が感染によって引き起こされる場合、抗菌剤が使用される。フラドニンは、このカテゴリーの薬物に属しています。それは静菌性および殺菌性を有する。急性および慢性膀胱炎に効果的である。原則として、5〜7日間、女性は100〜150mgを1日3〜4回処方します。また、炎症を予防するために薬を使用することもできます。

膀胱炎の男性のフラドニン

男性の膀胱炎の有病率は、女性よりもはるかに低い。膀胱炎症では、40歳以上の患者が直面する可能性がより高い。この疾患は、泌尿器科の問題、すなわち、炎症性または感染性疾患に罹患した後に発症することによって引き起こされ得る。

投薬の摂取は治療の不可欠な要素であり、実際には女性の治療とは異ならない。フラドニンは、病原体によって引き起こされる膀胱炎:グラム陽性およびグラム陰性好気性細菌に有効である。

錠剤は経口で服用する。投与量および治療期間は、疾患の経過の特徴に依存する。炎症が合併症でない場合は、100〜150 mgを1日3〜4回、5〜10日間投与します。疼痛状態の緩和は、処置の2〜3日目に観察される。

膀胱炎の子供のためのフラドニン

小児科練習における膀胱炎の治療は、多くの有効な薬物が禁忌であるため、多くの困難を伴う。フラドニンに関しては、12歳未満の子供への使用は相当に強くなければならない。生後1ヶ月未満の子供には禁じられています。

12歳未満の患者のための投薬量は、1日あたり5-7mg / kgで計算される。1日用量は4等量に分けられる。12歳以上の子供には、100mgを1日2〜3回。治療期間は5〜7日間です。

フラドンの類似体についても読む

過剰摂取

薬剤の長期使用または医師の処方された用量超過は、有害反応の発症によって危険です。ほとんどの場合、過剰摂取はそのような症状によって現れる:

  • 悪心。
  • 嘔吐。
  • 頭痛とめまい。
  • 多発性筋炎。
  • 皮膚アレルギー反応。

特定の解毒剤はありません。治療のためには、薬物の排泄を促進するために大量の液体を採取することが推奨される。また、腸溶性剤、抗ヒスタミン薬、B群の製剤を服用する必要があります。特に重度の場合は、胃または血液透析を洗う必要があります。

他の薬との相互作用

非常にしばしば膀胱の炎症の治療のために、様々な医薬品の複合体が使用され、これはお互いを補完し、病気の原因を取り除く。治療スキームを設計するとき、すべての薬物の相互作用の可能性と副作用を発症するリスクが考慮される。

フラドニンを使用する場合、そのような薬剤との適合性を考慮する必要があります:

  • 制酸薬およびナリジクス酸の調製は、薬物の抗菌効果を低下させる。
  • 尿中のニトロフラントインの濃度を低下させ、その治療効果を減少させるので、フルオロキノロン類とは不適当である。これは薬物の毒性を増加させる。
  • ウリコツリチェキー(Irikozuricheskie)は、血液中のニトロフラントインの濃度を増加させることを意味し、その撤回に違反することを犠牲にする。これは、薬物の抗菌効果を低下させ、その毒性を増加させる。
  • 避妊薬との相互作用は、避妊効果の低下をもたらす。
  • 炭酸脱水酵素の阻害剤は、薬物の抗菌活性を有意に低下させる。
  • ニトロフラントインの抗菌効果はアルカリ性尿中で低下するため、尿のpHを上昇させる手段と組み合わせてはならない。
  • ペニシリンとセファロスポリンとの同時施用では、すべての製剤の抗菌効果が高まる。それはテトラサイクリンおよびエリスロマイシンとよく相互作用する。

治療中、アルコール含有飲料は副作用の発現を増加させ、ニトロフラントインの有効性を低下させるので、アルコール含有飲料を使用することは禁じられている。

保管条件

錠剤フラドドンは、乾燥した場所で日光から保護され、子供が手の届かない場所に保管してください。推奨保管温度は25°C以下であること。貯蔵条件の違反は、薬物の早すぎる劣化をもたらす。

賞味期限

使用説明書によれば、抗微生物剤の有効期限は製造日から60ヶ月(5年)です。この期間の後、フラドニンは処分されるべきです。遅滞した投薬は、制御されていない副作用を引き起こす可能性があるため、使用を禁じられています。

レビュー

フラジオニンを膀胱炎に服用している多くの患者は、この薬剤について肯定的な見解を残しています。薬剤は比較的低コストであるが、病原体によって引き起こされる炎症に有効に対処する。また、薬物の投与量の増加およびその長期使用は、腸からの副作用(吐き気、嘔吐、腹痛)および神経系を引き起こすことにも留意されたい。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

膀胱の炎症は、泌尿器系の最も一般的な疾患の1つである。病理学の主な特徴は、その痛みを伴う急性症状である
膀胱炎は重症疾患であり、尿路、尿管、腎臓における炎症過程の侵害に基づいている。この疾患の最も危険な症状は膀胱炎の血液です。

膀胱炎はかなり重篤な疾患であり、重度の痛み、不快感、および限られた仕事能力を伴う。

ソーシャルネットワークで共有する

注意!

To simplify the perception of information, this instruction for use of the drug "膀胱炎の治療フラダンス:どのように飲むために、何日飲む?" translated and presented in a special form on the basis of the official instructions for medical use of the drug. Before use read the annotation that came directly to medicines.

Description provided for informational purposes and is not a guide to self-healing. The need for this drug, the purpose of the treatment regimen, methods and dose of the drug is determined solely by the attending physician. Self-medication is dangerous for your health.

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.