^

健康

You are here

整形外科 - 外傷学者

整形外科 - 外傷学者 - 筋骨格系の診断、治療、予防を担当する医師。また、この身体システムで生じる病理、怪我、および病気。誰が整形外科 - 外傷学者であるか、彼の任務に含まれているのか、彼のレセプションに行く必要があるのかを考えてみましょう。

整形外科 - 外傷学者 - 2つの専門医を組み合わせた職業 - 整形外科医と外傷学者の職業。整形外科 - 外傷学者は、両方の専門分野の知識とスキルを有する普遍的な専門家です。整形外科の外傷学者は各外来部、外傷部および病院に所属しています。医師の義務は、患者の診察、怪我の治療、適切な治療の選択と処方、カウンセリングと予防です。

良い専門の整形外科 - 外傷学者は、高い知性、責任、注意力を持っていなければなりません。医師は、生理学、解剖学、および外傷学の分野で知識を持ち、筋骨格系の特徴を知り、診断と治療の基本的な方法をマスターする必要があります。

整形外科の外傷専門医は誰ですか?

整形外科の外傷専門医は誰ですか?これは筋骨格系に関連する怪我や病気の治療に実践的なスキルを持つ医師です。また、医師は、手足の軟部組織欠損を修正し、骨折を固定し、関節を治療するための現代的な技術を用いて、緊急かつ計画的な支援を提供する。

患者が脚が壊れている場合、整形外科の外傷学者は骨折を検査し、直ちにX線撮影を行う。X線により、骨折のすべての特徴を見ることができます。その後、医師は骨折をまっすぐにし、壊れた骨を正しい位置に与えます。これらのすべての手順の後、医者は、最も速く正しい合体および治癒のために壊れた骨を固定するよりも、石膏を与える。

今日まで、整形外科の外傷学者は、最近まで絶望的で絶対的に治癒できなかった病気や怪我に容易に対処することができます。したがって、整形外科 - 外傷学者は、関節症などの病気の影響を受ける関節を置換することができます。ほとんどのプロの整形外科外傷医師は、アメリカ、イギリス、ドイツにいます。

私は整形外科の外傷学者にいつ行くべきですか?

あなたは姿勢に問題があるか、筋骨格系の問題の骨折が間違って骨折してしまったため、医学的支援が必要です。整形外科 - 外傷学者に対処する必要があるとき、検討しましょう。

  • 複雑な骨折、骨の異常な融合、ポリオ病。
  • 筋肉や靭帯が伸び、軟組織の変形を引き起こす昆虫や動物の刺さる。
  • 関節、脊柱または四肢に重度または慢性の痛みがある。
  • 脊椎、胸郭、四肢、筋肉および骨系の様々な変形および病変を伴う。
  • 手足の凍傷、血管系の障害、平らな足。

整形外科の外傷専門医にどのような検査を渡す必要がありますか?

医師に相談するときは、いくつかの検査を受ける必要があります。これにより、病気を診断するプロセスをスピードアップすることができます。考えてみましょう、それを分析するものは、整形外科 - 外傷学者への言及を引き渡す必要があります。

  • 尿と血液の一般的な分析。
  • 血液凝固アッセイ。
  • トロンボプラスチン時間の分析。
  • プロトロンビン時間(RT)+フィブリノゲン。
  • プロトロンビン時間(RT)。

実施されるべき検査の正確なリストは、整形外科の外傷専門医によって処方される。場合によっては、医師が独立して試験を受け、研究を実施します。

整形外科 - 外傷学者はどの診断方法を使用していますか?

各医師には独自の診断方法があり、病気を特定し、適切な治療を処方することができます。整形外科の外傷の専門家によって使用される診断方法を見てみましょう。

  • 目視検査 - 外部の徴候が疾患を判定することを可能にする。
  • 触診の方法 - 変形および病変のために使用される。この方法は、医師が疾患の複雑さを判断し、その理由を見つけることを可能にする。
  • 骨折、挫傷、および捻挫には、X線検査法が必須です。これは、整形外科の外傷学者が問題を視覚的に評価し、理想的な治療法を選択する機会を与えます。
  • 救済は閉鎖外科的介入の方法である。この方法を使用すると、医師は病的な問題や変形を手で修正します。四肢の湾曲、骨折の不適切な融合に使用されます。

整形外科の外傷学者は何をしていますか?

整形外科の外傷学者がやっていることは、最初にこの医者を見に行く多くの患者に関わる質問です。整形外科 - 外傷学者の仕事には、骨折や転位から筋骨格系に負の影響を与える重傷までの傷害の診断と治療が含まれます。

整形外科 - 外傷学者の主な仕事は、関節、腱、筋肉系、骨、靭帯および神経を含む筋骨格系の診断である。医者は、怪我、機械的、放射性、化学的、電気的および他の怪我のために、身体の状態およびそれに起こる過程を研究する。

整形外科 - 外傷学者はどのような病気を治療していますか?

整形外科 - 外傷学者 - は、筋骨格系および骨系の治療および診断を取り扱う普遍的な専門家である。整形外科 - 外傷学者がどのような病気を治療するのかを考えてみましょう。

整形外科 - 外傷学者は、以下のような疾患の治療を扱っている:

  • 平らな足。
  • 姿勢と背骨の問題。
  • 骨の悪性腫瘍と良性腫瘍。
  • 骨折(単離、閉鎖および開放骨折)
  • 靭帯の挫傷、靱帯の損傷。
  • 関節の転位および亜脱臼。
  • 骨、軟骨、関節の発達の異常、欠陥および変形

医師整形外科 - 外傷学者のアドバイス

医師整形外科 - 外傷学者のアドバイス - これは健康維持を目的とした実際の推奨事項です。整形外科 - 外傷学者からのいくつかの勧告を考えてみましょう。

  • 健康的なライフスタイルと身体活動 - 定期的な運動と適切な栄養が健康を改善するのに役立ちます。このアドバイスは、大人と若年患者の両方に関係します。
  • 新鮮な空気の中でもっと時間を過ごす。太陽がビタミンDの源であることを忘れないでください。太陽は肌を整え、美しく、日焼けさせ、免疫力と気分を高めます。
  • 健康的な食べ物と睡眠は、肉体的、精神的健康の約束です。正しく、定期的に食べ、十分な睡眠を取って悪い習慣を放棄する。これらは、整形外科の外傷学者の主な原則であり、アドバイスです。

Orthopedist-traumatologist - 外傷、挫傷、捻挫などを扱う多機能専門医。整形外科 - 外傷学者は、身体の歩行系と連携し、骨の変形や病変に対処するのに役立ちます。医師にタイムリーにアピールすることで、病理学的な性格をとる前に問題を特定し、解決することができます。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。

トピックに関するその他の記事

整形外科
整形外科医は文字どおり:「真実を教える医者」。したがって、整形外科は、骨および筋肉の変形の予防および治療を研究する医学の枝である。
神経外傷学者
Neurotraumatologyは、脳と脊髄損傷の急性傷害、神経系の患者を扱って、そして、そのような怪我の影響がなくなり、専門家である(血腫、打撲、脳膿瘍を、不十分などの頭蓋骨の変形の骨片を配置して。)。
吸入外傷

吸入外傷 - 火災時の燃焼生成物を吸入して気道、肺、身体全体が敗北する。吸入による外傷を孤立させたり、皮膚の火傷と合併させたりして、火傷の経過を有意に重み付けし、予後を悪化させる可能性があります。

についての最新の調査 整形外科 - 外傷学者

頭部外傷は、出血性脳卒中のリスクを10倍に増加させる
外傷性脳傷害(TST)後、次の3ヶ月で脳卒中のリスクは10倍に上昇する...
科学者たちは、不自然な人たちが正常に歩くことができるようにする装置を作りました
科学者たちは、電気インパルスを放出するデバイスを作りました。それは人々に行動の自由を与え、彼らは正常に歩くことができます...

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.