^

健康

A
A
A

小児の挫傷

 

モル数が危険なことがあるという事実は、私たちの多くが聞いてきました。しかし、また、すべての傷跡は非常に注意深く扱われるべきであるという事実と同様に。そういうわけで、子どもの母斑は、両親の懸念の根本的な原因ではありません。結局のところ、すべてのお母さんとお父さんは子供たちが健康で美しいのを見たいと思っています。小さいサイズの丸いマークがハンドルや背もたれや子供のお尻のどこかにあると、両親に愛情を与えます。別の問題は、顔にある大きな不規則な斑点、衣類に隠されていない他の場所です。彼らは審美的に魅力的ではないだけでなく、子供の人生に隠された脅威も秘匿することができます。

原因 子供のモル数

モルズ - 人の肌の異常な新生物。これらの色素沈着したスポットの不思議さは、それらが子供の誕生の瞬間から任意の年齢で発生することができるということです。確かに、新生児の臼歯(母斑)の存在 - 百人のうち1児に発生する非常にまれな現象です。それにもかかわらず、事実は残っており、子どもはすでに傷跡と呼ばれる傷跡を持って生まれる可能性があります。生まれつきのマークは、多かれ少なかれ強烈な茶色または赤色で、サイズが異なることがあります。

通常、子供の臼歯は6ヶ月齢から皮膚に現れ始めますが、ほとんどの場合、この過程は2〜3年後に始まります。4歳までに、大部分の子供は、皮膚上に様々な大きさの10モルを有する。すると、しばらくの間、色素点の量の増加は起こらないか遅くなります。母斑の数の増加の次のピークは、臼歯の出現が体内のホルモンの変化と関連している青年期にあります。

原理的には、ヒトのモル数の出現は自然な過程である。これは、皮膚の色素沈着の様々な変化を引き起こすいくつかの場合には、メラニン細胞である特殊細胞のヒト皮膚内に存在するためである。

子供の臼歯の出現の理由は、遺伝性であり、内的(思春期のホルモンの背景の変化)および外的(日光の影響)曝露の結果である可能性があります。赤ちゃんの属に数多くの傷跡が残っていた場合、彼は多くの傷跡を残すでしょう。さらに、彼らは主に、そのような腫瘍の名前の理由である親戚と同じ場所に現れます。

青年期において、ホルモンの爆発は、皮膚の色素沈着を引き起こす物質であるメラニンの産生を増加させる可能性がある。思春期の時に、母斑は、どのようにして活発に出現し、消滅するのか。そしてモル数のこのような行動は、体内の病理学的プロセスを直接的にも、皮膚に直接的にも示さない。これは正常で自然な反応です。

皮膚の色素沈着を変化させると、例えば虫刺された場合、またはメラノサイトの表面に分かれて到達する過程を誘発するウィルス感染の影響など、皮膚に外傷性の影響を引き起こすという理論もある。皮膚にはほとんど見えない傷跡があります。子供は誤ってそれを傷つけることがあり、色が暗いものに変わります。

紫外線が皮膚に及ぼす影響もまた、母斑の数の増加、ならびにそれらの外観(色、サイズ、形状)の変化を引き起こす可能性がある。そして、それは小児期、青年期、および成人期のいずれの年齢でも起こります。それは後に、モルの変性および変性の病理学的過程を引き起こすことができる紫外線の影響である。

いくつかの研究は、赤ちゃんが時期尚早であるか、または非常に軽い肌を有する場合、新生児における母斑点の出現確率が高いことを示している。肌色のよい子供では、沢山の肌の老人よりも臼歯が多いことがよくあります。母斑の数と子供の性別との間には関係がある。原則として、少女は母斑を形成する可能性がより高い。

症状 子供のモル数

上述したように、モルは異なる形状、サイズおよび色を有することができる。子供の丸斑の色域は、ほとんど見えない暗いベージュから豊かな赤色、さらには黒色まで変化します。子供の通常の安全な母斑は、茶色の縁が一様で、1.5mmまでの小さなサイズの規則的な丸い形をしています。彼らは完全にフラットであるか、または赤ちゃんの肌からわずかに目立つことがあります。親はそのような新生物について心配すべきではありません。

中程度(10mmまで)および大(10mmを超える)の臼歯は、それぞれ損傷および傷がつきやすく、悪性新生物への再生の可能性が高い。良い指標は、その大きさにかかわらず、モル自体に髪が存在することです。そのような母斑は、それらの毛を引っ張ってはならない場合、退化する傾向はありません。

この部門に加えて、医療行為では、外見や形成方法に応じて、老人や血管の母斑に分かれています。普通の母斑は、薄いピンクまたは褐色の滑らかな新生物である。時々彼らの色は濃いですが、これは親を恐れてはいけません。

子供の黒い滑らかな丸斑は、偏差よりも標準です。この場合の飽和した暗い色は、赤ちゃんの生命に対する危険の指標ではありません。別の問題は、丸印が多かれ少なかれ飽和色相に変わると、そのような傷跡がたくさんあります。黒い臼歯が1であれば1.5cm以上です。これが皮膚科医に相談する理由です。

子供の赤い斑点は、その血管起源を表しています。血管の傷跡は、それらが血管の大きな蓄積から構成され、したがって赤い色をしているため、その名前が付けられています。彼らはさまざまな形を持つことができ、その色はライトピンクからリッチレッドまで様々です。

子供の血管の傷跡は、さまざまなタイプと形態で来る:

  • 腺腫
  • 「牡蠣の咬傷」 - 赤い橙色の飽和した新生児の印
  • 「ワインスポット」 - 茶色がかった赤色またはブルガンディー新生物(炎症性母斑)

血管腫は、その美的外観にもかかわらず、皮膚上の良性の形成である。その外観はすぐには見えません。これは、赤ちゃんの誕生から2〜3週間後、または1年後に起こる可能性があります。そのようなマークは、異なるサイズおよび位置を有することができる。その特徴は成長の可能性です。たとえ子供がそのような傷跡を非常に早く成長させたとしても、審美的な観点からの不快感を除けば、生命に危険はない。通常、1年半で血管腫はより軽くなり、10歳で完全に消える。

血管腫には「イチゴ」と「海綿」の2種類があります。"イチゴ"は触っても柔らかく、同じ名前のベリーに似た凸構造と色をしています。このような母斑は、頭、首、頸部だけでなく、子供の顔面に現れることが最も多いが、内臓を含む他の場所でのそれらの発生も除外されない。

「海綿状」血管腫は少し違って見える。それは、紫色の、豊富なブルゴーニュまたは青みがかった灰色の色合いを有し、皮膚の層に深くまで延びる密度の高い構造を有する。しばしば、このスポットは、形状が不規則で、1つまたは複数の互いに近接した焦点からなる。体のさまざまな部分に出現することができます。

両親は、子供の顔や頭の中で暴力を振りかざしています。しかし、そのような新しい地層は消えてしまうので、あなたはただ忍耐強くなければなりません。通常は治療されません。赤ちゃんがそのような傷跡を傷つけず、傷つけないように、すべての対策をとるだけです。結局のところ、生命を脅かす新たな成長への変化の主な理由は、その外傷です。また、サイズが大きく、皮膚の表面上に顕著であるほど、損傷の確率は高くなる。

ほとんどの場合、ヘッドの乳児の顔と背中に黄色やクリーム赤いあざのように子供を、このようなマークを満たすことができ、冗談めかして「コウノトリの一口」(または「天使のキス」)と呼ばれます。それは、大きなサイズのピンク色またはクリーム色の単一のスポットまたはいくつかの斑点のクラスターであり得る。通常、これらのマークは年によって消えますが、より長い期間にわたって残る場合があります。

赤ワイン色の平滑な新生物 - 「ワインスポット」ではより困難です。このような小児の発疹は、子供の成長と共に増加する傾向があるが、年齢とともに消えない。削除することはできません。あなたは、肌やプロの化粧品の汚れを軽くするための家庭救済の助けを借りて、目立たないようにすることができます。場合によっては、赤外線またはレーザー治療のコースを推奨することができます。

そのような汚れが太陽の後ろに隠れて、子供たちが太陽の下に長時間滞在できるように誤って信じている人もいることは注目に値する。このような心配のない姿勢は、スポットの色がより彩度の高い色に変化するだけで、何らかの形で欠陥を隠すことはありません。さらに、日光の紫外線への暴露が増加すると、モルの変性につながる可能性があります。

出生斑の中の特別な場所は、子供の掛け臼歯によって占められています。それは、赤ちゃんの首や腕の下に位置することができます。どの年齢でも出現することができます。それは自然な、またはより暗い色のぶら下がった肌の小さな片のような臼のように見えます。ぶら下がっているのは、赤ちゃんの注意の対象になるかもしれないが、壊れたり傷つけたりすることはないということです。あなたが子供の健康を気にしている場合でも、この傷跡を自分で取り除く必要はありません。最も正しい決定は、調査とアドバイスのために皮膚科医に相談するだけでなく、母斑の色と大きさを変えるために、吊るしたモルの行動を詳しく監視することです。

モルの変性の症状

一般に、モルモットが人生で負傷しておらず、目立った変化を受けていない場合、モルモットはその健康を損なうことなく、長い間、その所有者の体に存在する。これは主に、直径6mmまでの小さなモルに対して典型的である。子供の危険な母斑は、6mmを超える大きさのものです。それ自体は危険ではなく、そのような新生物における傷害の危険性は、小さなスポットよりも高いという事実によって。

同じことが子供の凸形の母斑にも当てはまります。赤ちゃんは、体に異常なバンプを感じ、それに特別な注意を払うでしょう。彼はいつもそれに触れて、それを引き裂こうとします。このような傷害の危険性は非常に高いので、傷跡の行動だけでなく、それに関連した赤ちゃんの行動も注意深く監視する必要があります。

子供の大臼歯は、それがどんなに見えても、間違いなく赤ちゃんを皮膚科医に紹介する理由です。医師は、悪性腫瘍の母斑の変性の可能性を評価することができ、必然的に母斑の治療について助言を与えるでしょう。

子どもの無害な母斑および母斑の医師による危険な悪性新生物への変換の病因はまだ完全には研究されていないが、これらの変化を引き起こす理由は確実に決定される。この傷跡の表面へのこのトラウマ、不確実な方法と手段による傷跡の除去に失敗しただけでなく、必要な保護なしに長時間太陽にさらされた。

これらの理由の影響の結果と合併症は、最も悲劇的なことがあります。外傷の母斑は、母斑からの潰瘍および出血を引き起こす可能性があり、停止することは非常に困難である。病変の部位では、この場合、モルの領域では、悪性腫瘍(メラノーマまたは皮膚癌)が発生し、これは身体のすべての部分への多発性転移を伴う非常に急速な発達を有する。同時に、メラノーマ発症の初期症状は、成功した治療の可能性が95%であることが明らかになった。病気が誘発された場合、この確率は20%に低下し、残りの80%の症例が患者の死亡につながる。

赤ちゃんの体に残っている傷跡は両親の注意を必要とします。モル数を定期的に検査することで、モルの変化の最初の兆候とその悪性腫瘍への変化を知ることができます。そのような兆候には、以下を運ぶことが可能です:

  • 新生物の非対称性(非対称性)。理想的には、丸印は円形または楕円形であり、その半分は互いに対称(類似)である。もし、片側が他のものよりも強くなるなら、これを調べる機会です。
  • 不規則な母斑の境界(境界の不規則性)。正常な健康な臼歯では、縁は常に均一です。母斑の縁がぼやけていれば、これはすでに黒色腫の発症の徴候の1つです。
  • 色(色)の変更。ノーマルは、着色したスポットの均質な色です。母斑の均一に着色された表面上の任意の色の包含は、目に見えるようになる。奇妙な色や形の子供の奇妙な母斑は、両親の保護を警戒すべきです。
  • モルの直径(直径)。直径が6mmを超えない場合は、専門医に連絡する必要はありません。それを定期的に制御するだけで十分です。大きな直径の臼歯は、その発達と成長を評価するために皮膚科医に直ちに示す方がよい。
  • 行動の変化(進化)。原則として、人生の間にあった1モルは、特別な変更を受けません。上記の特徴のいずれかが変化し始めた場合、またはそれらのいくつかが直ちに開始された場合、悲しい結果を防ぐために、すぐに子供を皮膚科医または腫瘍専門医に紹介する方が良いでしょう。それに似た多数の母斑の周りの出現もまた警戒しなければならない。

良好な品質と安全性のために傷跡を検査するこの方法は、一般にABCDE法と呼ばれている。

どこが痛みますか?

合併症とその結果

子供のモル数の変化やその周辺の領域が皮膚がんの発症の可能性を示しているわけではありません。例えば、子供がモルを有する場合、これは病理学的過程の開始と自然生理学的発現の両方であり得る。結局のところ、生まれつきは子供とともに成長する。その場合に皮膚科医に見えるようにするためには、費用や立場はあるが、事前に「風に」それ自体は必要ではない。短期間(1ヶ月以内)に卵巣の大きさが著しく増加した場合、医師への訪問をデバッグすることは間違いなく価値があります。

子供の臼歯の周囲に白い染みがあると、危険はまったくありません。コントラスト色素沈着を伴うこの母斑は、セトンの母斑と呼ばれる。それは、激しい色素沈着を伴うスポットが内部に形成され、そのハローがまったく色素沈着しない場合、肌の日焼けの結果であり得る。そのような母斑は数年後に消えてしまい、痕跡が残っていません。

子供が軽度のつま先を持っている場合、これは乾いた肌の症状または体内のビタミンの不足である可能性があります。しかし、この症状に注意を払うことは危険である。なぜなら、特に他の変化も加えられた場合、それが胎児の変性の始まりを示す可能性があるからである。

医師のあいまいな態度と、子供の大臼歯の出現。一方では、ブラックベリーに似た荒い構造が、良性新生物である乳児の皮内の母斑を有する。一方、臼歯はかなり滑らかな表面をもち、粗さの外観に注意する必要があります。さらに、将来、このようなモルは亀裂および出血を起こし、感染を引き起こし、この領域および他の危険な結果における皮膚の炎症を引き起こす可能性がある。いずれにしても、子供は皮膚科医に紹介されなければなりません。皮膚科医は、さらに進める方法と母斑の構造について心配する価値があるかどうかを教えてください。

子供がモルモットを持っている場合、これはしばしば彼女の外傷の結果です。母斑に損傷がないかどうか検査し、もしあれば、傷口を脱塩素で治療する必要があります。たとえそれが重要ではないとしても、痛みがなくなるまで待つことはない。すぐに医者に相談し、それによって悪影響を防ぐことがより良いことです。外的損傷がなければ同じことをしなければならないが、モルドは傷つき続ける。これは、病理学的変化の発症を示している可能性があります。

子供の赤ちゃんの赤色はいつも親を心配しています。しかし、いくつかの種類の臼歯(血管腫)は当初この色を持ち、負傷していないと危険を伴わない。赤ちゃんの色素が色が変化して赤色に変わって色が濃くなったり、単に色が茶色から赤色に変わった場合、これはすでに外傷や紫外線への曝露に伴う炎症過程の存在を示しています。この場合、時間の経過とともに腫瘍が発達するのを防ぐため、皮膚科医および腫瘍専門医への訪問は直ちに行うべきである。

診断 子供のモル数

子供の体に奇妙な傷跡があることに気づいたり、疑わしい変化を見つけた場合、両親は直ちに質問をします。アドバイスを求める場所と、良質の子供の傷跡をどこで確認できますか?皮膚科医は、暴行行為の診断と予後に従事しています。つまり、まず第一に彼らに適用する必要があります。皮膚科医は、モル悪性プロセスの疑いがある場合、それはほとんどの患者は、通常の腫瘍医に、その非存在下で、Dermatooncologyによって調べ、あるいはすべき指示することができます。

器用の臼歯の器械診断の最も一般的な方法は、皮膚鏡検査である。以前の時代には、この目的のために顕微鏡が使用されていました。現代の医学研究では、大臼歯と呼ばれる特別な装置が優先され、子供や成人のモルの構造のわずかな変化を考慮して複数の増加が認められています。

検査の後、患者は彼の手のひらの写真を完全な説明で入手する。皮膚鏡検査の結果は、母斑とその変化の鑑別診断にさらに用いられる。

2番目によく知られているが、より正確な羊の研究方法は、色素沈着斑のコンピュータ診断、または科学的デジタル皮膚鏡検査である。母斑とその境界のすべてのパラメータを非常に正確に決定するために、10倍、さらには100倍の増加で、卵巣の画像を得ることができます。

画像の精度が高いため、メラニンの正確な含有量、皮膚の表面の介在物および血管のわずかな変化など、最小のニュアンスを考慮することができます。いくつかのデジタルビデオカメラは、皮膚癌の発症を示す変異細胞の存在を検出することができる。

患者の身体の臼歯の位置の概略図がデータベースに格納され、データベースに入力され、その後の医者の訪問時の比較分析が可能になる。

しかし、これらのメソッドの両方がだけあり、この場合、腫瘍学であるか否かを明確にモルにおける悪性のプロセスが存在するが、ショーをとることができる、唯一の組織学的分析不審な成長を除去した後に行われ、(生検)することができます。組織学的検査のために、切除されたモルの生存細胞が採取される。

何を調べる必要がありますか?

処理 子供のモル数

国土 - これは、アルコール含有治療薬で何が燃え尽きる可能性がある場合には、それが消えるような、にきびではありません。モル数の治療は、最も多くの場合外科手術またはレーザー除去である。小児の臼歯は主に第2の方法で取り除かれる。痛みが少なく、事実上病変の部位に美観の傷を残さないからである。さらに、レーザー療法は、腫瘍転移の発症を予防するのに役立ちます。

それにもかかわらず、このような手術は、悪性腫瘍における良質のマークの変換の場合に、より頻繁に行われる。外科手術のための第2の指示子供におけるモルの除去は、大幅に(手のひらと足の裏などに、腕の下、カラー領域における首に)衣類などの外傷の可能性を増大モルのような大きさ、形状及び位置の来ることができます。

小児の大臼歯の保守的治療は非常にまれで、医師によると。これは、小さな患者の年齢と体重を考慮に入れます。同じ方法および手段が、成人の治療のために使用される。しかし時には治療はその過程を悪化させるだけであるため、そのような措置を講じることを決定する前に、賛否両論を数百回体重測定する必要があります。

モルを除去しない治療は、通常、赤臼歯で処方され、それらが変化した場合にのみ、成長し始めるか、母斑に頻繁に外傷を負う危険がある。小血管腫の治療のために、医師は低温暴露(数秒間の低温暴露)を処方することができ、96%の症例でこの問題を積極的に解決するのに役立ちます。

大きなサイズの単純な血管腫は、投薬によってホルモン療法を受けることができる。この目的のために、「プレドニゾロン」は、2ヶ月齢から開始して、子供の体重1kgあたり4〜6mgの割合で使用される。推奨される2回摂取量:午前6時に1日用量の3分の1、午後9時に2分の3が推奨されます。治療の経過は、1日おきに薬剤を服用してから4週間後です。

身体の閉鎖部分の小児における経皮的に改変されたモルは、レーザー除去の対象となることが最も多い。このような痕跡が顔面に観察された場合、外層を損傷することなく皮膚の下の臼の細胞が死滅するように調製物を皮膚の下に注入すると、硬化治療が使用され得る。このような薬物には、キニーネ - ウレタン、ヒドロコルチゾン、70%アルコール、塩化ナトリウムの10%ラスターが含まれる。治療の経過は長く、10-15回の注射であり、2週間ごとまたは1ヶ月に1回行われる。

深くて広範な血管腫の場合、治療の開始に続いて血管造影が行われ、卵巣への血液供給の性質が決定される。その後、徴候に従って、ヒドロゲルによる塞栓術が行われ、腫瘍への血液供給が減少し、その減少が引き起こされる。低温分解による処理は、モルをさらに除去することなく終了する。彼女はその後、自分自身を解決し、魅力のない痕跡を残しました。これは、より成人時代の整形手術によって除去されます。

モル数の代替治療

代替薬物は、モル(mole)の治療のために役に立たず、危険でさえあるとは言えません。しかし、子供の場合、そのような薬物を使用する前に、皮膚腫瘍学者から乳がんへの母斑の出現の可能性を排除するために赤ちゃんを検査する必要があります。結局のところ、代替薬は、斑点を「特定」するか、または軽くすることができますが、皮膚癌と戦うためには適切ではありません。

悪性プロセスの存在下では、そのような治療は状況を悪化させるだけであり、貴重な時間を失うことになります。小児の大臼歯の治療は、代替医療を含む様々な方法や手段の使用について、医師との詳細な協議の後にのみ行わなければならない。

昔のおばあちゃんや、暴力に対処するためのより現代的な代替方法を試してみたい人には、いくつかのレシピを挙げます:

  1. 過酸化水素を1日に3回塗布すると、1週間以内に恒久的に除去したり、色素のスポットをあまり目立たなくすることができます。
  2. ニンニクとレモンのジュース。あるいは、1週間に1回または数回、別のジュースでモルを広げて、消えてしまいます。
  3. あなたは、粉砕したチョークと大麻の油の混合物で、丸い目を潤滑することができます。これは、丸い目立たないようにするのに役立つようです。
  4. 時折、母斑を除去するために、母斑ジュースを使用します。これは母斑に1日数回適用されます。
  5. あなたは、蜂蜜が消えるまで、卵を丸く塗ることができます。この美味しいレシピは害を及ぼさず、養蜂製品にアレルギーがないと赤ちゃんを喜ばせます。
  6. 黒大根のカシツァ(Kashitsa)は、石膏で貼り付けると、1日4回汚れにそれを当てるならば、斑点を取り除くのに役立ちます。
  7. あなたは、未熟なリンゴの粥で、ハチミツと等しい割合で混ぜ合わせて、それを自分で行うこともできます。
  8. 生ポテトからモルにマッシュを適用することは、モルの色素沈着をほとんど目に見えない斑点に減少させるのに役立つ。

小児および成人の臼歯の除去および清澄化のための代替医療では、漢方治療も使用されている。

  1. ジュースグラススプルージは、長期間母斑に注油すると、モルを取り除くのに役立ちます。
  2. タンポポの根元に良い効果があります。毎日これを行い、組成物を数時間放置して粘着テープで固定する。
  3. セランジンジュースは、1日3回使用すると過酸化水素のように働きます。
  4. パウダーを軽くすると、彼女は1日数回パセリジュースを滑らかにします。

我々が見てきたように、代替の薬では、闘うための虫歯は倹約的な、そしてむしろ積極的な方法として使われています。そしてあなたの子供の上でそれらをチェックするかどうか、それはあなた、両親に任せられます。

防止

遺伝が彼らの発生において決定的な役割を果たしているので、子供がモル(モル)の出現から保護することは不可能です。それにもかかわらず、新生児の発育の予後を決定するため、いくつかの予防措置を取る必要があります:それは赤ちゃんの生涯を通じて無害または親と子供のための最も強い "頭痛"に変わることはありません。

これは、主に太陽、特に春と夏に子供を見つけることに関連しています。小さな子供の頭部は必然的にパナマやスカーフで覆われていなければならず、残りの部分は軽い「通気性のある」衣服で覆われていなければなりません。この方法は、新しい母斑の出現を防止するとともに、既存の母斑の退化を防止する。

保護されていない身体部分は、特にビーチに滞在中は日焼け止め剤で潤滑されなければならない。今日、太陽からの子供用製品の多くは、体のためのクリーム、エマルジョン、スプレー、ミルクの形で、紫外線の負の影響からさまざまなレベルの保護を受けています。

あなたの子供を見て、もしあなたが自分の部分の傷跡に注意を喚起すれば、傷跡に触れたり傷つけたりすることはできないと説明してください。子供が小さい場合、あなたの服の下で丸ごとを隠そうとすることはできますが、場合によってはバンドエイドの下に隠れません。ティーンエイジャーは、自分自身で嫌われた母斑を取り除こうとすることができます。医師に相談しないと、このことをする必要はないことを彼らに説明してください。

最も怪我を受けやすい傷跡は、悲しい出来事を待つことなくすぐに取り除く方が良いです。これにより母斑の損傷が防止され、その後黒色腫が発生する可能性がある。

子供のモル数を体系的に調べ、病気の初期段階で病理学的変化を特定するのを助け、危険な母斑治療の予後を一般的に陽性にする。モル数の代わりにメラノーマが発症した症例の95%で完全治癒が得られます。

臼歯と母斑は、皮膚に対する免疫力が低下する領域であり、他のものよりも負の退化を起こしやすいことを意味する。また、彼らはしばしば不注意ぶら下がっモルの場合、または血管腫と明るい色があるとして、それはかなり、皮膚表面上に際立っている場合は特に、母斑を損傷する恐れがあり、若手研究者の関心の高まりを引き起こします。そういうわけで、子どもの臼歯は、そのような新生物の時期尚早または間違った治療が子供に命を掛けることがあるので、常に両親の注意を払うべき対象であるべきです。

!
エラーが見つかりましたか?それを選択し、Ctrl + Enterを押します。


トピックに関するその他の記事

大臼歯、または母斑(母斑)は皮膚の先天性奇形である。また、ウイルス性の良性組成の腫瘍の生涯を通じて、生殖巣を得ることができる。モルモットに痛みがある場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
近年、世界中の医師が皮膚癌患者の数が常に増えていることに気付き始めています。さらに、この疾患は、高齢者だけでなく、若者においてもますます診断されている。
私たちの多くは、幼い頃から、あなたが母斑を剥がした場合に起こることについての恐ろしい話を覚えています。しかし、現実にはそれほどひどいことはありますか?それを理解しよう。

ソーシャルネットワークで共有する

You are reporting a typo in the following text:
Simply click the "Send typo report" button to complete the report. You can also include a comment.